LINE PayとPayPayどっちがいい?ポイントやメリット・デメリットを比較

LINE PayとPayPayどっちがいい?ポイントやメリット・デメリットを比較

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

LINE PayとPayPay、今注目を集めているQRコード決済の中でも知名度が高いサービスです。

しかし、一見似たようなサービスに見えるために、どっちを使えばいいのか悩んでいませんか?

QRコード決済では、

  • チャージ方法
  • 決済方法
  • 機能

に違いがあり、実際に利用すると使い勝手がかなり違います。

そこで今回は、LINE PayとPayPayのポイント還元率やメリット・デメリットなどを比較し、使い方別にどっちがおすすめなのかをまとめました。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

トップ画像引用元:PayPay株式会社|ペイペイ株式会社

LINE PayとPayPayどっちがいいのか

ラインペイ

画像引用元:サービス – LINE Pay 店舗用アプリ (コード決済)

LINE PayとPayPayのどっちがいいかは、使い方や環境によって変わってきます。

比較した時のLINE PayとPayPayの主なメリット・デメリットをまとめると次の通りです。

LINE Payのメリット・デメリット

  • 単独のポイント還元率が高い
  • チャージ方法・決済方法が豊富
  • LINE Pay対応店の他にJCB加盟店でも使える
  • クレジットカードでポイント2重取りがしにくい

PayPayのメリット・デメリット

  • クレジットカードによる支払い・チャージも可能
  • クレジットカードでポイント2重取りしやすい
  • 利用可能店舗のマップ表示・ルート案内機能あり
  • 残高を銀行口座に出金できない

上記の詳しい内容やその他のメリット・デメリットについては、この後詳しく紹介していきます。

1 LINE PayとPayPayのポイント還元率の比較

悩む男女

QRコード決済を利用する上で真っ先に気になるポイント還元率。

果たして、LINE PayとPayPayではどっちがポイント還元率がお得なのかを比較しました。

1-1 アプリ単体でのポイント還元率の比較

スマホのアプリ

まずは、LINE PayとPayPay、それぞれキャンペーンがない状態で使用した時のポイント還元率を比較しました。

ポイント還元率LINE PayPayPay
前月利用額
0~9,999円
0.5%0.5%
前月利用額
1万~4万9,999円
0.8%
前月利用額
5万円~9万9,999円
1%
前月利用額
10万円
2%

PayPayはキャンペーンがない場合、ポイント還元率は一律0.5%です。

一方のLINE Payは、前月のLINE PayおよびLINE Payに連携したクレジットカードの利用額に応じてランクが変わる「マイカラープログラム」という制度により、ポイント還元率も0.5~2%に変化します。

つまり、キャンペーンを考慮しない場合、1万円以上利用した翌月はPayPayよりもLINE Payの方がお得になります。

例えば、お得なキャンペーン期間中に数万円分のまとめ買いや高額の買い物をした場合、LINE Payならその翌月もポイント還元率がいいというわけです。

1-2 ポイント2重取りのしやすさの比較

よろこぶ女性

続いて、LINE PayやPayPayにクレジットカードを登録した時のポイントの2重取りのしやすさについて比較します。

クレジットカード比較LINE PayPayPay
種類VISA
MasterCard
JCB
American Express
Diners
VISA
MasterCard
Yahoo!JAPANカード
残高チャージ可否×
支払い可否
LINE関連サービスのみ

表の通り、LINE PayやPayPayでは「利用できるクレジットカードの種類」と「クレジットカードを利用できる範囲」がかなり違います。

注目したいのが、LINE Payでは登録したクレジットカードを利用できる範囲がかなり狭いという点です。

登録できるクレジットカードの種類自体はLINE Payの方が多いのですが、

  • クレジットカードによる残高チャージができない
  • クレジットカード支払いはLINE関連サービスのみ

と、かなり限定されています。

一方、PayPayの方は登録できるクレジットカードの種類こそ少ないですが、PayPayが利用できる店舗であれば

  • 登録したクレジットカードからの支払いが可能
  • Yahoo!カードであれば残高チャージも可能

となっています。

クレジットカードによる支払いを選択した場合は、「PayPayの0.5%+クレジットカードのポイント還元率」還元となるので、クレジットカードの種類によってはLINE Pay単独のポイント還元率よりもお得になることもあります。

また、Yahoo!JAPANカードでチャージした場合はチャージ額の1%分のTポイントが還元されるため、「PayPayにチャージ→PayPay残高決済」を行うことで合計1.5%分のポイントが獲得できることになります。

このため、クレジットカードの使いやすさ、ひいてはポイント2重取りのしやすさという点ではPayPayの方がリードしているといえます。

PayPayとは|使い方・他のスマホ決済との違い・メリット・注意点

次のページでは、LINE Payのメリットについて紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
yuu5yoshikawa
yuu5yoshikawa
関西在住のお茶をこよなく愛するライター。得意ジャンルはWebサービス・ガジェット・アプリのレビュー、日常のお役立ち情報など。長年タブレット+ガラケー2台持ちだったが、ようやくスマホ(ZenFone 5)を購入を決意。買ったからにはとことん役立てようと探求中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ