スマホにするならiPhoneかAndroidのどっちがいい?初心者のスマホの選び方

スマホにするならiPhoneかAndroidのどっちがいい?初心者のスマホの選び方

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

スマホを購入する時に、まず最初に悩むのは『iPhoneかAndroidのどちらがいいのか』ということではないでしょうか。

「周りにはiPhoneを使っている人が多いけれど、さまざまなデザインがあるのはAndroidだし…」

「そもそもiPhoneとAndroidは根本的になにが違うのかがまったくわからない…」

という方も多いかと思います。

使い方がわからなくても自分で調べていくことに抵抗がない人、説明書すら読むのが億劫な人、その使い手も多様でしょう。

そこで今回はスマホ初心者のために『iPhoneかAndroidのどちらがいいのか』について解説していきます。

1 初心者にもわかる!iPhoneとAndroidの基本的な違い

さて、まずはスマホについてなにもわからない!という、これからスマホを持つ初心者の方のためにiPhoneとAndroidの基本的な違いをお教えしようと思います。

細かな違いは非常にたくさんあるのですが、まずは大まかに言うとこれらが違う、という点をお話します。

どのスマホを購入するか決める前に、この違いだけは知っておきましょう。

1-1 iPhoneとAndroidなにが違うのか | 開発会社や販売会社が違う

iPhoneとAndroidは、そもそも開発会社や販売会社が違います。

iPhoneはApple社のみから販売されており、その発売されているスマホはiPhone Ⅹ、iPhone 8、iPhone SEなど、すべてApple社が開発から販売まで手掛けているスマホばかりです。

したがって、Androidと比べるとそのスマホの種類はそれほど多くはありません。

比べてAndroidは、SONYやSHARP、富士通やSumsungなど日本メーカーだけではなく、海外メーカーからも発売されるスマホです。

その発売されるスマホの種類にも、XperiaやAQUOS、arrowsやGalaxyといった多種多様なスマホが販売されています。

したがって、どの製品を使いたいかによってもiPhoneを選ばなければいけないのかAndroidを選ばなければいけないのかが変わってきます。

1-2 iPhoneとAndroidなにが違うのか | OSの種類

OSとは「Operating System」の略で、簡単に言うとスマホの入出力や同時並行処理などを管理する基本的なプログラムのことを指し、このOSが、iPhoneとAndroidでは異なります。

iPhoneのOSは「iOS」でApple社が独自で開発しているOSです。

AndroidのOSはそのまま「Android」で、こちらはGoogle社が開発したOSを各メーカーがスマホに搭載し、販売している形です。

Google社に特許があるAndroidですが、各メーカーでもある程度はカスタマイズできるため、同じAndroidのOSを使っているのに、ユーザーインターフェースが違ったりします。

そのため、現在販売されているような非常に多様なAndroidスマホがあるということが大きな特徴です。

iPhoneとAndroidではOSが異なるため、ホーム画面やアイコン、カスタマイズなどがiPhoneとAndroidではまったく違うのです。

1-3 iPhoneとAndroidなにが違うのか | 使えるアプリ

iPhoneとAndroidではOSが違うため、両者では使えるアプリが異なる場合があります。

iPhoneとAndroidのどちらでも共通に使えるアプリももちろん存在するのですが、iPhoneのみ、もしくはAndroidのみで使えるアプリもあります。

これは、Apple社とGoogle社でそれぞれ開発したアプリをリリースするために通らなければならない審査基準、そして各社に支払わなければならない金額の差も理由になります。

まずは各社の審査基準についてですが、AndroidよりもiPhoneの方が登録したいアプリに対する審査基準が厳しいと言われています。

また、審査にかかる時間もiPhoneの方が長くかかるそうです。

これは、iPhoneのアプリは専門家が厳しいチェックを行うので審査に1週間から2週間ほどかかってしまうと言われています。

Androidでは自動化されたシステムがアプリの審査を行うため、Androidでは最速登録したその日にリリースできるようです。

また、それぞれ完成したアプリをApple社のApp Store、AndroidのGoogle Playでリリースしたい場合、

  • App storeでは年間100ドルの支払いが必要
  • Google Playでは初期の登録時に25ドルの支払いのみ

と違いがあります。

これらの違いから、iPhoneではリリースされているアプリがAndroidではリリースされていなかったり、逆にAndroidではリリースされているアプリがiPhoneではリリースされていないことがあります。

iPhoneシェア率が異常!世界と逆をいく日本のスマホ市場【2019年10月】

次のページでは、iPhoneをAndroidと比較しながらiPhoneのメリット、デメリットを紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ