LINEとSNSの違いは何?ラインはSNSに含むの、含まないのどっち?

  • 2020年5月15日
  • by.araki

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e-2

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

「SNS」という言葉が日本に登場してから20年近くが経ちました。

「SNS」とはSocial Networking Service=ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略です。

「SNS」は、インターネット上で人々と交流できるサービスの総称にあたります。

匿名だったり、不特定多数のユーザーからコメントがもらえたりするSNS。

その特性はインターネットならではの交流として、今やすっかり生活の一部として馴染んでいますよね。

そんな中「LINEはSNSに含まれるの?」と疑問を抱く方もいます。

確かにLINEは、どちらかといえば電話やメールなどに近い感覚で使っている方も多そうです。

このページでは、LINE(ライン)はSNSに含むのか含まないのか、その定義や違いなどについて考えていきます。

トップ画像引用元:コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

「SNS」に明確な定義はある?

SNS

まず、SNSについて考えてみましょう。

果たして、「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)」という言葉に細かな定義はあるのでしょうか。

もしはっきりとした定義があるのなら、LINEがそれに含まれているのかどうか、簡単にわかりそうですよね。

しかし残念ながら、SNSに細かい定義はありません。

SNSは「交友関係を構築するWebサービス」などと説明されることが多いのですが、これではあまりにも漠然としていますよね。

線引きをするのはちょっと難しそうです。

ただ最初に結論を言うと、LINEもSNSに含まれるものと考えられます。

日本で、SNSという言葉が本格的に広まり始めたのは2000年代中盤で、GREEやモバゲー、mixiといったサービスの流行がきっかけでした。

mixiの隆盛とSNSによる事件

mixiアプリ

画像引用元:‎「mixi 趣味のコミュニティ」をApp Storeで

特にmixiは、2010年にユーザー数が2,000万人を超えるなど、SNSの象徴として大いに盛り上がったものです。

mixiなど日本発のSNSには、匿名で不特定多数を相手にコミュニケーションが取れるという特徴があります。

年齢も性別も自由に設定でき、プロフィール画像も本人の写真ではないケースが非常に多いです。

そんなこともあり、たびたびSNSは出会い系サイトとして利用されることもありました。

これにより、未成年が事件に巻き込まれるなど、SNSの負の面もすぐに浮かび上がってきたのです。

Facebookの台頭

facebook

画像引用元:‎「Facebook」をApp Storeで

しばらくすると、アメリカのFacebookが日本でも流行し始めました。

Facebookの特徴は、何といっても非匿名性です。

ユーザーは基本的に実名であることが求められ、現実社会の延長線上にあることを意識する仕組みとなっています。

そのため、Facebookは「危なくないSNS」として、若年層だけでなく、mixiなどとは無縁だった中高年にも広まりました。

とはいえ、日本発のSNSとFacebookには共通点があります。

それは、自身が投稿する内容(日記など)が不特定多数に公開されるという点です。

Twitterブーム

Twitter

画像引用元:「twitter」をApp Storeで

ほどなくして、日本発のSNSやFacebookとは、少し毛色の違うSNSが流行し始めました。

それが、Twitterです。

Twitterは、投稿手段を「日記」ではなく「つぶやき」に限定したことや、個人間の繋がりを薄めたことで、「より手軽なSNS」として人気を博しています。

ただ、Twitterも投稿内容を不特定多数に公開するという点は他のSNSと変わりません。

※いずれのSNSも設定によって公開範囲を限定することは可能です。

一般ユーザーが思い浮かべるSNSの定義

上のような経緯もあり、日本ではSNSというと、多くのユーザーが無意識に次のように考えているのではないでしょうか。

匿名か匿名でないかは問わず、投稿は不特定多数に見られるもの(見せることができるもの)

特に「不特定多数が相手であること」という点は、日本人のSNSへの意識として大きいと思います。

それではLINEはどうでしょうか。

LINEは主に個人間での連絡を目的としています。

グループへの投稿もできますが、それはあくまで事前に登録したメンバーに向けての発信ですよね。

そのため、SNSというよりは電話やメールの代わりとして使われていることが多く、「SNSはやってないけどLINEはやっている」と考えている方も少なくありません。

だからこそ、LINEはSNSなのか否かといった疑問が出てくるのでしょう。

実はLINEも不特定多数に投稿にできる

実はLINEも他のSNSのように、不特定多数を相手にする投稿が可能です

とはいえ、純粋にLINEを電話やメールの代わりとして使っている方にとっては、馴染みがない話かもしれません。

しかし、LINEの機能「タイムライン」という言葉は、きっと聞いたことがあるはず。

この機能を使えば、相手を限定することなくTwitterのつぶやきのような投稿ができるのです。

他人のタイムラインへの投稿に対しては、返信や「いいね」もできます。

こうして見ると、完全にSNSそのものですよね。

さらに、すでにLINE上で友だちになった人だけでなく、設定で「全体に公開」を選択すれば、他のSNS同様、新しいつながりも期待できます。

タイムラインの他に「ホーム」という機能もあり、やはり「全体に公開」を選択することで不特定多数への投稿が可能です。

タイムラインには以下の手順で投稿できます。

  1. 画面下の「タイムライン」タブをタップ
    タイムライン
  2. 右下の「+」マークをタップ
    タイムライン投稿
  3. 「投稿」をタップ
    タイムライン投稿

また、「ホーム」へは以下の手順で投稿できます。

  1. 「ホーム」タブをタップ
    ラインホーム
  2. 自身のユーザー名をタップ
    自身のユーザー名
  3. 「投稿」をタップ
    ライン投稿
  4. 「+」アイコンをタップ
    ラインプラスアイコン

だからLINEもSNS!

LINEアプリ

画像引用元:‎「LINE」をApp Storeで

個人間のやり取りのみならず、タイムラインやホームのような不特定多数への投稿が可能な機能がある以上、LINEもやはりSNSと言えるでしょう。

逆に他のSNSにも個人間のやり取りを行う機能はありますし、どのSNSも今は多機能です。

それこそ交友関係を構築するWebサービスであれば、何でもかんでもSNSと言っても過言ではありません。

定義にこだわる必要なし!自分に合った用途でSNSを楽しもう!

以上、LINEとSNSについてでした。今回のまとめは以下のようになります。

LINEとSNSの関係性まとめ
  • SNSという言葉が日本で広まったのは2000年代中盤から
  • mixiやFacebook、TwitterがSNSの代表格として定着
  • 一般的にSNSというと、「不特定多数に向けて投稿をするもの」という認識が強い
  • LINEは電話やメールの代わりとして使っているユーザーが多い
  • でも実はLINEも「タイムライン」や「ホーム」で不特定多数への投稿が可能
  • だからLINEも間違いなく「SNS」
  • 逆に他のSNSでLINEのような使い方ができる場合もある

結論としてはLINEも立派なSNSです。

ただ、だからどうしたというものでもあります。

SNSであろうとなかろうと、LINE自体が変わるものではありません。

「タイムライン」や「ホーム」を使って、不特定多数へ向けて発信してもいいですし、これまで通り電話やメールの代わりとして使うだけでも良いのです。

スマホやアプリについては、よく「使いこなせない」という声を聞きますが、必ずしも全部の機能を使う必要なんてありません。

興味がなければ「へぇー、不特定多数にも投稿できるんだ」と聞き流し、自分に必要な機能だけを使いましょう。

子どものLINE利用には注意を

ただ、お子さんにLINEを使わせる際は注意してください。

「LINEは友だちとの連絡にしか使えないものだ」と勘違いしていると、いざお子さんがトラブルに巻き込まれたときに、発見や状況理解が遅れてしまうかもしれません。

保護者として、お子さんのLINEの用途を友人との電話・メッセージ交換に限定したい場合は、「タイムライン」と「ホーム」には投稿しないよう、事前に言い聞かせておきましょう。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ