arrows Be3とarrows Uの違い|どっちがおすすめか、その理由

arrows Be3とarrows Uの違い|どっちがおすすめか、その理由

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

arrows Be3とarrows Uは、発売日が1ヶ月程度しか違わない、同じ富士通から発売されたスマホです。

どのような違いがあるのでしょうか。

arrows Be3とarrows Uの違いとは
  • スペックはほぼ同等
  • 価格はarrows Uの方が少しだけ安い
  • カメラ性能はarrows Uがデュアルカメラになっている
  • arrows Be3は洗うことが可能なスマホ

今回は、そんなarrows Be3とarrows Uのスペックや特徴を解説し、それぞれどのように違うのか検証してみました。

併せて、どちらがおすすめかという点についても言及していくので、是非参考にしてください。

トップ画像引用元:arrows U 製品特長(アシスタントキー) – スマートフォン – FMWORLD.NET(個人) : 富士通

arrows Be3のスペックと特徴

アロウズ ビースリー

画像引用元:arrows Be3 F-02L – スマートフォン – FMWORLD.NET(個人) : 富士通

まず、arrows Be3の特徴やスペックについて解説していきます。

簡単にarrows Be3とarrows Uの比較表を作ってみたので、まずは表を見ていきましょう。

項目arrows Be3arrows U
価格33,048円30,720円
ディスプレイ5.6インチ5,8インチ
バッテリー容量2,780mAh2,880mAh
RAM/ROM3GB/32GB3GB/32GB
CPUQualcomm
Snapdragon450
オクタコア
Qualcomm
Snapdragon450
オクタコア
OSAndroid 9 PieAndroid 9 Pie
カメラ背面カメラ
:1,220万画素
前面カメラ
:810万画素
背面カメラ
:1,310万画素
  500万画素
前面カメラ
:800万画素
防水洗える生活防水
耐衝撃
キャリアドコモ公式ショップソフトバンク公式ショップ

arrowsは富士通が取り扱うスマホシリーズであり、既にarrowsシリーズのスマホは何種類も発売されています。

arrowsシリーズは価格が3万円以下のスマホも多く、格安スマホとも言われることもあり、性能もライトユーザー向けのものが多い傾向にあります。

そんなarrowsの新モデルであるarrows Be3も、ある程度支障なく使える程度のスペックが兼ね備わった、ライトユーザー向けのスマホであることがわかります。

価格は33,048円とリーズナブル

arrows Be3は3万円台で購入することができるスマホです。

3万円台で購入できるスマホの時点で、格安スマホと呼ばれるような非常にリーズナブルなスマホであることがわかります。

最近はどの機種も高いスペックとなり、値段も上がっていて、ハイエンドスマホとして売り出す傾向が高くなってきています。

後述しますが、その中でもarrows Be3はあくまで必要最低限のスペックで3万円台を実現させた、格安スマホとして発売されているということが価格から知ることができます。

RAM3GB/ROM32GBの必要最低限のスペックが備わったスマホ

アプリを実行するRAMの容量は3GB、本体に保存できるデータやアプリの容量であるROMが32GBになっています。

もちろん、SDカードなどの外部データの利用は可能ですが、RAMとROMも最近のスマホでは少ないと思える程に最低限の容量しか備わっていません。

最近のスマホのほとんどはRAMが4GB以上あるのが普通ですし、ROMも64GB以上あります。

その分、機種代金も5万円台以上になるものが多いですが、RAM6GBやROM128GBとなると10万円を超えるケースも非常に多いです。

それらと比較すると、arrows Be3は「そんなに高い性能は要らない」と考えているライトユーザーの人にぴったりな設計です。

つなぎ目のない滑らかなフォルム

デザインは湾曲が美しく、光沢のある滑らかなボディが印象的です。

つなぎ目がほぼなく、非常に滑らかな見た目と触り心地で、片手にフィットしやすいサイズ感が魅力的です。

ディスプレイのサイズもそこまで大きくない為、女性の手でも片手で使いやすいのは嬉しいポイントです。

ぼかし具合を調整してよりハイクオリティなポートレートに

カメラ性能についてはポートレート機能がアップしています。

背景のぼかし具合を調整することができるので、自分の好みに写真を編集できるのと、ぼかし具合を写真によって変えて、よりクオリティの高いポートレートを撮影することができるようになります。

ポートレート撮影はどのスマホでも人気の機能なので、arrows Be3も力を入れていることがわかります。

9つのシーンを自動で認識し撮影ができるAI搭載

また、arrows Be3のカメラ性能はAIも搭載しています。

撮影時に9つのシーンから自動で認識して撮影することができます。

風景や動物、食事など写真のシーンに合わせた最適な状態に設定を変えてくれる機能なので、常に最高の1枚を撮影することができるようになります。

AIがシーンを自動で認識してくれるので、自分でわざわざ設定を変えたり編集をする必要は一切ありません。

洗うことができるのでいつでもスマホを綺麗な状態に

arrowsは耐衝撃や防水加工にも元々定評のあるスマホです。

arrows Be3もまた、耐衝撃設計で非常に壊れにくくなっており、普段からスマホを壊すような人にも安心できるスマホとなっています。

また、防水加工も非常にレベルが高く、液体洗剤の利用も可能になりました。

つまり、arrows Be3は常に液体洗剤を使って洗うことができるスマホなのです。

arrows Be3のスペックと特徴

  • 価格は33,048円とリーズナブル
  • スペックはあくまでライトユーザー向けの必要最低限レベル
  • 9つのシーンを自動で認識して撮影ができるAI搭載
  • 洗うことができ、壊れにくい丈夫なスマホ
arrows Be3レビュー|画面割れに強い頑丈な日本製スマホといえばコレ!

次のページでは、arrows Uのスペックと特徴について詳しく解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ