どんなときもWiFi「いつでも解約サポート」が違約金なしの理由

  • 2019年7月12日
  • by.ssisdk

どんなときもWiFi

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

どんなときもWiFiは、通常2年間の契約期間が定められており、契約期間中に解約すると最大19,000円の違約金がかかります。

しかし、どんなときもWiFiには違約金なしで解約できる「いつでも解約サポート」というのが存在します。

解約すると違約金が実際にかかるのか気になる方も多いかと思います。

今回はどんなときもWiFiが違約金なしで解約できると言われる理由、手順や注意事項を解説していきます。

『いつでも解約サポート』が違約金なしで解約できる理由と注意事項
  • 通常解約では違約金が最大19,000円発生する
  • 違約金なしで解約するにはどんなときもWiFiが紹介する他社への乗り換えが条件
  • ユーザーにあった回線を紹介してくれるので利用の際に必ず伝えよう
  • 乗り換え後に元のどんなときもWiFiに戻れない
  • 解約後に初期契約解除やエリアキャンセルで違約金が請求される点も注意
どんなときもWiFiのデメリットが致命的?最新の超おすすめを別途紹介

違約金なしで解約できる「いつでも解約サポート」

どんなときもWiFiの「いつでも解約サポート」は、

  • 契約ユーザーなら契約期間中いつでも利用可能
  • ユーザーに合った乗り換える回線・WiFi会社を紹介
  • 違約金なしで解約後に他社回線に乗り換え

というのが特徴です。

通常解約の他にも、いつでも解約サポートと呼ばれる上記の特徴を持ったサービスを利用すると、違約金なしで解約出来ます。

いつでも契約サポートを利用すると違約金なしで解約できるので、一見するとお得なサービスに見えますが、実はきちんと理由があるのです。

なぜ違約金なしで解約できるのか?その理由を次項でご案内します。

どんなときもWiFiが紹介する他社への契約で違約金なしになるのが理由

どんなときもWiFiを解約する方法は下記の表のようになります。

解約方法違約金の有無解約後のネット契約の有無
通常解約有り
※更新月のみ無し
無し
いつでも解約
サポート
無し紹介された他社で継続

通常解約の場合は、契約更新月以外では違約金がかかるものの、解約後に契約は残りません。

いつでも解約サポートは違約金なしで解約できるのですが、紹介してもらう他社で回線サービスを申込む必要があります。

ユーザー自身に合った契約を見直したいなら適していますが、今の通信契約を全て解約してリセットしたいという人には向いていませんのでご注意下さい。

いつでも解約サポート利用時にどの通信会社がおすすめされるかは公表されていない

いつでも解約サポート利用時には、ユーザーとどんなときもWiFi側で乗り換え先の通信事業者を決めていくようになっています。

乗り換え先を提案するのは、どんなときもWiFiで、ユーザーへのヒアリングを基におすすめの通信会社を紹介されるようですが、どの会社をおすすめされるかは非公表です。

1つの予想ですが、どんなときもWiFiを運営している株式会社グッド・ラックが運営している、下記のモバイルWiFiや固定回線を提案されるのでは?という声もあります。

  • NEXT mobile(モバイルWiFi/ホームルーター)
  • ONE MOBILE(モバイルWiFi)
  • モバレコAir(ホームルーター)

この3社はどんなときもWiFiよりも前から株式会社グッド・ラックが運営している通信会社なので、信頼しても良いかと思います。

いつでも解約サポートを利用するシチュエーション

いつでも解約サポートは、どんなときもWiFiがおすすめする通信事業者に乗り換えると、違約金なしになる特殊な解約方法で、利用されるシチュエーションも通常解約とは違います。

どんなときもWiFiが想定している、いつでも解約サポートの利用シチュエーションは、主に以下の2点です。

無線よりも有線の固定回線を使いたくなった人

どんなときもWiFiのモバイルルーターの受信速度は、最大150Mbpsで実効速度は30~50Mbps程度、どうしても光回線には通信速度が及びません。

ビジネスで利用する人や自宅で高画質な動画をたっぷり見たい人には、モバイルルーターよりも固定回線の方が適性は高いのでいつでも解約サポートはおすすめできます。

モバイルルーターの通信速度が遅いので乗り換えたい人

「どんなときもWiFiを家の固定回線の代わりに契約したが、想定以上に通信速度が遅い」という方には2年契約を継続するより、いつでも解約サポートを推奨しています。

ただし、どんなときもWiFiのモバイルルーターの仕様上、今まで使えていたのに急に遅くなった場合は、他社に乗り換えた場合でも通信速度が改善しない可能性もあります。

通信速度が遅くなったから、「いつでも解約サポートを利用して別のモバイルWiFiが欲しい」という方は一旦、モバイルルーターが故障を起こしていないか確認しましょう。

モバイルルーターの通信速度が急低下なら故障の可能性あり

モバイルルーターの通信速度低下が解約の理由になる場合、解約は少し待って、モバイルルーターが故障や不具合を起こしていないか確認した方がおすすめです。

最初から異常をきたしているなら初期不良の可能性がありますが、今まで問題なく使えていたのに急に通信速度が落ちた場合は、回線起因ではなくモバイルルーターが原因の可能性があります。

どんなときもWiFiは複数のLTE回線が使用できる仕様な点を思い出そう

どんなときもWiFiのモバイルルーターはドコモ、au、ソフトバンクの3社のLTE回線が使える次世代クラウドSIMを搭載したモバイルルーターです。

1社のキャリア回線が使えない、速度が低下した場合は、他社の回線がフォローするので通信の安定性が高いのが特徴です。

それでもモバイルルーターの通信速度が急に下がった場合は、モバイルルーターの故障や不具合の可能性が高くなってきます。

通信速度の低下はモバイルルーターの故障や不具合の可能性もある

どんなときもWiFiのモバイルルーターの通信速度が急に低下した場合、すぐにいつでも解約サポートを利用せず、他のスマホのLTE回線で問題なく通信が出来ているか確かめてみましょう。

スマホで問題なく通信が出来ている場合は、同じ回線を使うモバイルルーター自体が故障や不具合を起こしている可能性があります。

その場合他社に乗り換えるのも1つの手ですが、修理交換を依頼して改善が見られるかを確かめた方が、解約の手間はかからないのでおすすめです。

次の章では、いつでも解約サポートを利用する手順について詳しく説明します。

いつでも解約サポートを利用する手順

いつでも解約サポートを利用して他社のネット回線に乗り換える場合、乗り換え先がモバイルルーターか固定回線かで手続きが若干変わります

具体的には、乗り換え先が開通前の手続きまでは一緒ですが、乗り換え先が開通後の手続きが、固定回線の方が若干手間はかかるので留意しておきましょう。

下記の手順で手続きすることになります。

モバイルルーターに乗り換える場合の手順

  1. 0120-320-146(いつでも解約サポート連絡先)に電話
  2. オペレータにいつでも解約サポートでモバイルルーターに乗り換え希望の旨を伝達
  3. どんなときもWiFi側から対象のモバイルルーターを案内される
  4. ユーザー側で同意後、どんなときもWiFi側で手続き開始
  5. 移行先のモバイルルーター開通後、どんなときもWiFiを解約
  6. どんなときもWiFiの機器一式を返却し完了

いつでも解約サポートを利用して、他社のモバイルルーターに乗り換える場合の手続きは上記のようになります。

どんなときもWiFiの解約は移行先の回線が開通後、どんなときもWiFiで承るとの事なので、解約の連絡が必要か否か事前に確認しておきましょう。

固定回線に乗り換える場合の手順

  1. 0120-320-146(いつでも解約サポート連絡先)に電話
  2. オペレータにいつでも解約サポートで固定回線に乗り換え希望の旨を伝達
  3. どんなときもWiFi側から対象の固定回線を案内される
  4. ユーザー側で同意後、どんなときもWiFi側で手続き開始
  5. 開通後、再度1の電話番号へ電話し解約希望の旨を伝達
  6. どんなときもWiFiの機器一式を返却し完了

固定回線の場合はモバイルルーターの時と違い、開通後ユーザー側で解約の手続きを踏まなくてはいけません。

忘れずに最初に解約の電話をかけたフリーダイヤルに連絡し、どんなときもWiFi解約の旨を伝えておきましょう。

固定回線が開通できたからどんなときもWiFiの契約も完了していると思い込んでしまうと、手続きが完了しませんので早めに解約手続きを行いましょう。

乗り換え後は速やかにどんなときもWiFiに機器一式を返却しよう

モバイルルーターと固定回線どちらで乗り換える場合でも、最終的にどんなときもWiFiは解約するので、レンタルした機器一式の返却が必要です。

モバイルルーターから充電用ケーブルまで一式揃えて期日までに返却しないと、機器損害金18,000円が違約金とは別に請求されてしまいます。

機器損害金はいつでも解約サポートでは免除されないので、不要な出費を避ける為にも、解約後には忘れずに早めにレンタルした機器を返却しましょう。

いつでも解約サポートを利用する際の注意点

いつでも解約サポートは、通常解約とは異なった処理なので、その分ユーザー側も注意事項を抑えておく必要があります。

いつでも解約サポートを利用する際の注意点
  • 事務手数料や初期費用は免除されない
  • 乗り換え後の回線で初期契約解除やエリアキャンセルすると違約金が請求される
  • 乗り換え後はどんなときもWiFiの契約に戻せない

重要なのは主に3つですが、その他の注意事項の項目も大事なので、一通り目を通してからいつでも解約サポートを申込みましょう。

事務手数料や初期費用は免除されない

いつでも解約サポートで免除されるのは違約金のみで、契約初期の初期費用や事務手数料は免除されずキャッシュバックもされません。

先ほどお伝えした機器損害金18,000円も免除の対象外なので、いつでも解約サポートを利用しても、ユーザー側で手続きが遅れると追加料金が発生する可能性があります。

よくあるケースとしては、「モバイルルーター本体は返送したのは良いがケーブルの返品が必要無いと思って同梱を忘れてしまった」という、うっかりパターンがありますのでご注意下さい。

乗り換え後の回線で初期契約解除やエリアキャンセルすると違約金が請求される

いつでも解約サポートで移行したモバイルルーターや固定回線を使用したが、調子が悪い、エリアが通じないといった理由で解約すると免除された違約金が再度請求されます。

この注意事項があるので、どんなときもWiFiをいつでも解約サポートで解約し→移行先で初期不良申告で契約解除→結果的に違約金無しで解約という裏技は使えません。

いつでも解約サポートを利用した時の唯一違約金が請求されるパターンなので、移行したら必ず利用するという気持ちでいるべきでしょう。

乗り換え後はどんなときもWiFiの契約に戻せない

いつでも解約サポートを利用して他社のモバイルルーターや固定回線に乗り換えた後、やっぱり、どんなときもWiFiに戻したいと思っても契約を戻す事は出来ません。

他社に移行した時点で、どんなときもWiFiの契約は既に解約済みなので、どうしてもどんなときもWiFiを契約したいなら新規で契約し直す必要があります。

その場合、再度新しい回線は2年契約でスタートしますので、乗り換え前にはどんなときもWiFiを解約しても良いか、よく考えてから申し込みしましょう。

その他の注意点
  • いつでも解約サポートを利用すると1年間は再度適用できない
  • 乗り換え後の回線で初期費用や開通工事費用が発生した場合は、どんなときもWiFiは関知しない
  • 解約までに開通できない場合は一旦違約金を請求し開通後に違約金をキャッシュバックする

いつでも解約サポートのその他の注意事項は上記になり、特に注意したいのが、1度利用すると1年間は利用出来ないので乱用はできません。

違約金なしには出来ますが、固定回線で開通工事費が生じた場合も免除の対象外になるので、契約次第では出費もある点は覚悟しておきましょう。

回線にどうしても不満の場合にいつでも解約サポートを利用しよう

いつでも解約サポートは違約金なしで解約できるので、一見すると解約し放題に思えますが、紹介される他社との契約が必要です。

これは、回線に不満がある人が利用する為のサービスなので、お得な解約手段というよりも、回線に納得できない方への救済措置としての意味合いが強めです。

『いつでも解約サポート』が違約金なしで解約できる理由と注意事項
  • 通常解約では違約金が最大19,000円発生する
  • 違約金なしで解約するにはどんなときもWiFiが紹介する他社への乗り換えが条件
  • ユーザーにあった回線を紹介してくれるので利用の際に必ず伝えよう
  • 乗り換え後に元のどんなときもWiFiに戻れない
  • 解約後に初期契約解除やエリアキャンセルで違約金が請求される点も注意

どんなときもWiFiは通信の安定性が高いトリプルキャリア回線ですが、どうしても速度や通信が安定しない方は利用してみるのも1つの手でしょう。

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ