WiFiレンタルどっとこむの特徴や料金を解説!キャンペーンはやってる?

  • 2020年6月1日
  • by.haru.10

WiFiレンタルどっとこむTOP

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

短期間のWi-Fiルーターの利用には、レンタルWi-Fiのサービスがおすすめです。

契約期間の縛りなどもなく1日単位で利用することができるのが注目のポイントです。

旅行中に使うだけ、引越し後のインターネットが開通するまでの間だけの短期間でも、気軽にWi-Fiルーターを利用することができます。

レンタルWi-Fiの中でもおすすめのサービスが、国内レンタルWi-Fiで利用者数が圧倒的に多い「WiFiレンタルどっとこむ」です。

今回は「WiFiレンタルどっとこむ」の特徴や料金プランについて紹介していきます。

WiFiレンタルどっとこむのポイント
  • 1日単位でレンタル可能
  • 受取方法や返却方法が選べて便利
  • プランや機種のラインナップが豊富
\ レンタルWiFiおすすめNo1 /
ちなみに、2020年6月時点では『お得なキャンペーン』は実施されていませんでした。今後に期待です。

トップ画像引用元:【公式】WiFiレンタルどっとこむ|WiFiレンタル日本国内専用

「WiFiレンタルどっとこむ」の特徴

WiFiレンタルどっとこむ

画像引用元:【公式】WiFiレンタルどっとこむ|WiFiレンタル日本国内専用

国内最大手のレンタルWi-Fiサービスの「WiFiレンタルどっとこむ」。

レンタルWi-Fiというのはその名の通り、Wi-Fiルーターを購入するのではなく、レンタルで利用できるサービスです。

本体代金の支払いも必要なく、通常のWi-Fiルーターの契約に較べて、料金プランや契約期間に柔軟性があるのが特徴です。

その中でも今回紹介する「WiFiレンタルどっとこむ」は、通常のWi-Fiルーターのような契約期間による縛りもなく、1日単位でレンタルが可能となっています。

使いたい時に使いたいだけ使用することができるというのが、「WiFiレンタルどっとこむ」の最大の魅力です。

申し込みもインターネットから簡単にでき、最短当日に発送されます。

申し込みの翌日には手元に届くので、急ぎで必要な場合にも安心です。

レンタルWi-Fiを提供している業者は多くありますが、利用するならこのようにサービスの充実しているWiFiレンタルどっとこむがおすすめです。

では、WiFiレンタルどっとこむの特徴について詳しく見ていきましょう。

WiFiレンタルどっとこむの5つの特徴
  • 1日単位でレンタル可能
  • 最短当日発送
  • 選べる返却方法
  • 日本(国内)はもちろん海外での利用も可能
  • 多様なプランや機種から選ぶことができる

1日単位でレンタル可能

WiFiレンタルどっとこむでは、1日単位でWi-Fiルーターのレンタルが可能となっています。

必要な時に必要な期間だけ利用することができるのが、WiFiレンタルどっとこむの最大の魅力です。

例えば、旅行先や出張先などでWi-Fiルーターが使えたら便利なのに、と思った経験はありませんか?

普段からWi-Fiルーターを利用する機会が多い人なら、月額制のWi-Fiルーターを契約すればいいでしょう。

ですが、たまにしか使わないものに月額料金のかかる契約をするというのは現実的ではありません。

そんな時に便利なのが、WiFiレンタルどっとこむです。

WiFiレンタルどっとこむなら、1日単位でWi-Fiルータが使えるので、旅行や出張の期間に合わせてレンタルをすることができます。

その他にも、引越し先でインターネット回線を契約してから開通するまでの期間にレンタルするなど、様々な場面で利用することができるでしょう。

もちろん、料金も1日単位に設定されているので、無駄なく使うことができます。

また、レンタル期間を延長する時も自動延長が適用されるので、予定が変わってしまったという場合でも安心して利用することができます。

1日だけの利用から長期間の利用まで、柔軟にレンタル期間を設定できるのがWiFiレンタルどっとこむの特徴です。

最短当日発送

WiFiレンタルどっとこむは、インターネットから申し込みを行います。

公式サイトの申し込みフォームから24時間365日申し込みが可能で、当日15時までの申し込みで当日中に発送されます。

申し込みフォームに入力した利用開始日に合わせて発送されるので、利用開始日当日には手元に端末が届きます。

継続的な利用ではなく、決まった目的のための短期間利用が中心のレンタルWi-Fiでは、申し込みから手元に届くまでのスピードも非常に重要になります。

その点でも、申し込みから発送までが早いWiFiレンタルどっとこむはおすすめです。

また、受け取り方法も、

  • 宅配受取
  • 空港受取
  • コンビニ受取

3種類から選択することができます。

宅配受取

宅配受取では宅配住所を指定することができます。

自宅はもちろん、病院やホテルなどでも受取可能な施設であれば、受取場所に指定することが可能です。

入院や旅行先などで急にWi-Fi環境が必要になった時にも、WiFiレンタルどっとこむは強い味方となるでしょう。

空港受取

続いて、旅行先での利用や日本への一時帰国の際に便利なのが、空港受取です。

WiFiレンタルどっとこむのレンタルWi-Fiルーターは、日本(国内)の主要な空港で受取が可能です。

空港によって受取の可否が異なりますので、利用する空港が受取サービスに対応しているかどうか事前に確認しておきましょう。

コンビニ受取

そして、WiFiレンタルどっとこむは全国のコンビニでの受取にも対応しています。

コンビニ受取なら、365日24時間受取ができるので、宅配受取のように決まった時間に受取をすることが難しいという人にもおすすめです。

ファミリーマートやサークルKなどのコンビニに対応しているので、お近くのコンビニを指定して受け取ることができます。

いずれの受取方法を選択しても、発送料は1台で540円、2台以上なら4台までは1,080円となります。

次の章でも引き続き、WiFiレンタルどっとこむの特徴について詳しく紹介します。

選べる返却方法

WiFiレンタルどっとこむでは、受取方法だけでなく、返却方法も選ぶことができます。

受取と同じように宅配返却や空港返却に対応している他、ポスト返却も可能です。

申し込み時に宅配返却を指定した場合には、レンタルWi-Fiルータに返送用伝票が同梱されるので、同梱の伝票を使って返却します。

宅配業者に自宅への集荷を手配することもできますし、コンビニなどの集荷店で発送することも可能です。

集荷完了日が利用終了日になるので、宅配業者に引き渡した時点で利用が終了となります。

WiFiレンタルどっとこむは自動延長で利用することができるので、発送日が遅くなると余計に料金がかかってしまうので注意が必要です。

また、受取時と同じように空港での返却もできます。

こちらは空港カウンターで返却するだけなので、飛行機を利用する際にはもっとも便利な方法でしょう。

ポスト返却も利用可能だから便利

返却時にはポスト返却も可能です。

申し込み時にポスト返却を選択した場合には、返送用袋が同梱されているので、専用の伝票を貼ってポストに投函します。

こちらも集荷が遅れると自動延長で利用料金が発生してしまうので注意が必要です。

ポスト返却の場合は、利用終了日の翌朝8時までにポスト投函しなくてはならず、これより遅くなると延長となってしまいます。

ただし、ポスト返却の場合、モバイルバッテリーやACアダプタといったオプションを利用することはできません。

このように、WiFiレンタルどっとこむでは受取方法も返却方法も選ぶことができ、利用状況に合わせた方法を選択することができます。

組み合わせも自由なので、例えば空港で受け取ってポスト投函で返却するといった方法も可能です。

WiFiレンタルどっとこむを利用する際は、利用目的に合わせて受取方法や返却方法を決めると良いでしょう。

日本(国内)はもちろん海外での利用も可能

WiFiレンタルどっとこむのレンタルWi-Fiルーターは、日本(国内)はもちろん海外で利用可能な機種も用意されています。

もちろん、全ての機種や回線タイプで利用できるわけではなく、対象の機種は決まっています。

現状、WiFiレンタルどっとこむでは海外対応のWi-Fiルーターとして、「SoftBank GlocalMe」が提供されています。

SoftBank GlocalMeの特徴は、日本(国内)も海外もこれ1台でWi-Fiが使えるというところです。

日本(国内)では、データ量は無制限で利用することができ、海外では1日あたり1GBまで利用することができます。

1日あたりの上限が1GBに設定されているので、大容量の通信をしない限り問題はありませんが、1GBを超えると通信速度が低速になります。

海外利用時の料金は2段階定額制となっています。

0〜500MB利用時と501MB以上利用した時の2段階に切り分けられ、それぞれの使用量に応じた料金が発生します。

この海外利用によって発生する料金は、通常のレンタル利用料金に追加で料金が発生します。

海外利用料金も1日単位で計算されるので、Wi-Fiを使わなかった日にはこれらの料金は発生しないので、かかるのは通常のレンタル利用料金のみで無駄がありません。

ただし、海外で利用していても日付のカウントは日本時間が基準となるので注意が必要です。

また、海外利用料金に関しては、利用する国や地域によって異なります。

項目データ使用量料金・日額
対応国A500MB670円
1GB970円
対応国B500MB970円
1GB1,270円
対応国C500MB1,270円
1GB1,570円

このように、利用できる国が3つに分けられており、利用する国や地域で金額が若干異なります。

どの国が対応国A・B・Cに該当するのかについては、『対応国一覧』で確認するのが良いでしょう。

これを見ると、SoftBank GlocalMeは多くの国で利用することができることがわかります。

なので、短期間でいくつかの国に渡航するような場合にも、SoftBank GlocalMeは非常に役立ちます。

多様なプランや機種から選ぶことができる

WiFiレンタルどっとこむでは、先ほど紹介した海外対応のレンタルWi-Fiルーターの他にも、日本(国内)での利用に向けた機種やプランを多数提供しています。

無制限でがっつりインターネットを使いたいという人にも、利用頻度が少ないので制限があっても安く使いたいという人にも最適なレンタルWi-Fiルーターが用意されています。

他のレンタルWi-Fi業者と比較して、WiFiレンタルどっとこむでは多くの機種が用意されているので、きっとあなたに合った機種が見つかるでしょう。

次の章では、WiFiレンタルどっとこむのWi-Fiルーターの機種と料金プランについて紹介します。

「WiFiレンタルどっとこむ」の機種と料金プラン

WiFiレンタルどっとこむでは、プランに応じて利用可能なギガ数や1日あたりの料金が決まっています。

ここでは料金プランと主要な機種について見ていきましょう。

利用可能データ量無制限のプラン

まずは、WiFiレンタルどっとこむで1番人気のあるデータ量無制限のプランを紹介します。

データ量が無制限で利用可能なレンタルWi-Fiルーターには下記の2機種があります。

  • E5383
  • 501HW

いずれもソフトバンクの4GLTE回線を利用したものとなっており、ソフトバンクの電波が入るところであれば利用可能です。

E5383は元々SIMフリー端末として販売されているWi-Fiルーターで、高速通信にも対応したモデルとなっています。

高速通信に対応しており、データ量も無制限で利用できるということもあり、がっつりインターネットを利用したいという人には1番おすすめの機種となります。

続いて、501HWはソフトバンクでも取り扱いのあったWi-Fiルーターです。

E5383と比較して旧型の機種であるため、通信速度や連続通信時間などのスペックは全体的に見劣りします。

レンタル利用料金はいずれの機種も同じ金額なので、機種の在庫がある限りはE5383を選んだ方が良いと言えます。

こちらの2機種を利用する際の料金に関しては、以下のようになります。
料金表(利用可能データ量無制限のプラン)_修正後の内容

画像引用元:料金プラン【短期も長期もお得】 | 【公式】WiFiレンタルどっとこむ

また、この2機種は原則としてデータ量に制限はないので、通信制限を気にかけることなく利用することができますが、例外的に制限がかけられる場合があります。

それは、1日10GB以上の過度の通信利用があった場合です。

1日10GB以上となると、余程の事がない限りは超えることがないので、ほとんど心配はないでしょう。

利用可能データ量無制限(1日1GBの制限付き)のプラン

こちらもデータ量に制限のないプランですが、1点上記のプランと異なるのが1日あたり1GBの上限が設定されていて、1GBを超えると低速になるという点です。

その代わりに、上記の無制限プランと比較して1日当たりのレンタル利用料金が安いのが特徴です。
WiFiレンタルどっとこむのレンタル料金表 1日1GBの制限付き

画像引用元:料金プラン【短期も長期もお得】 | 【公式】WiFiレンタルどっとこむ

仮に通信制限にかかってしまっても、翌日0時以降には解除され、また高速通信を利用することができるようになります。

1日1GBなので、頻繁に動画を視聴したり、オンラインゲームをプレイしたりするには少し苦しいところがあるかもしれません。

ですが1日に1GBも使えれば十分だという人が大半ではないでしょうか。

また現在このプランの対象になっている機種は、601HWという機種でWiFiレンタルどっとこむで提供されているレンタルWi-Fiルーターの中でも、高性能な機種となっています。

通信速度に関しても高速通信に対応しており、安定した速度でWi-Fiを利用できます。

料金も無制限プランに比べて安く、高性能な機種が使えるので1日1GBの制限に抵抗さえなければこちらのプランでの利用がおすすめです。

海外でも利用可能なプラン

こちらは先ほども紹介した、SoftBank GlocalMeです。

SoftBank GlocalMeは日本(国内)では、データ量無制限で利用することが可能です。

レンタル利用料金も日本(国内)で利用する分には、E5383や501HWと同じ料金設定となっています。

海外で通信を行った場合には、利用する国や地域に応じた料金が加算されます。

海外に持っていっても、常に海外利用の料金が加算されるわけではなく、現地で通信を行った日だけ料金に反映されるので、無駄なく使うことができます。

WiFiレンタルどっとこむなら、日本(国内)でも海外でも1つのWi-Fiルーターでお得に利用することができます。

5GBまで利用可能なプラン

WiFiレンタルどっとこむでは、利用頻度が少ない人向けのプランも用意されています。

利用可能データ量が5GBと、使える容量は少ないのですが、他のプランと比較して低価格で利用することができるのが特徴です。

1ヶ月利用しても、たったの3,600円しかかからないという破格の安さです。

5GBという上限はありますが、利用頻度があまり多くない人や緊急時の利用のみであれば十分な容量でしょう。

そのような場合には、低価格でWi-Fiルーターを利用できるこちらのプランがおすすめです。

レンタルWi-Fiを利用するならWiFiレンタルどっとこむが便利

今回は、レンタルWi-Fi最大手のWiFiレンタルどっとこむについて紹介をしてきました。

ざっくりと特徴をおさらいしてみます。

WiFiレンタルどっとこむの特徴
  • 1日単位でレンタル可能
  • 受取方法や返却方法が選べて便利
  • プランや機種のラインナップが豊富
\ レンタルWiFiおすすめNo1 /

現代人にとっては、仕事にもプライベートにもインターネット環境が不可欠となっています。

そんな中で、端末の購入や長期契約を結ぶ必要なく気軽に利用できるレンタルWi-Fiは、今後も利用者が増えていくことでしょう。

ぜひWi-Fiルーターが必要になった時には、WiFiレンタルどっとこむでレンタルをしてみてはいかがでしょうか?

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ