Windows10がフリーズしたときには?原因や対処法を解説します

本記事では、Windows10がフリーズしたときの原因や対処法などを解説しています。パソコンがフリーズすると、内部のデータが消失してしまう可能性があります。大事なデータを復旧させたい場合は豊富な知識と高い技術力を有しているデータ専門復旧業者へ依頼しましょう。
  • 2022年11月18日
  • by.bitdds

パソコン

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

「起動時にWindows10がフリーズする」「特定のアプリケーションのみがフリーズする」といった症状が発生すると焦って再起動を繰り返してしまう場合があります。

再起動を繰り返すなどの不適切な処置を行ってしまうと、不具合が悪化し、データが消失する可能性があるため注意が必要です。

しかし、適切に対処すればデータを復旧させることができる可能性もあるのです。

今回は、Windows10がフリーズしたときの原因や注意点・対処法を解説していきます。

Windowsがフリーズするときの注意点
  • 使用を続けない
  • 強制終了しない
  • 通電しない
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

Windows10がフリーズするときの症状

パソコン

Windows10がフリーズするときの主な症状は3つあります。

Windowsがフリーズするときの症状
  • 特定のアプリケーションのみがフリーズする
  • 起動時にWindows10のサービスがフリーズする
  • システムがフリーズする

特定のアプリケーションのみがフリーズする

アプリケーションのほとんどが正常に起動できるにもかかわらず、特定のアプリケーションだけがフリーズしてしまうことがあります。

これは特定のアプリケーションが、CPUを高い優先度で使用してしまうことで起こります。

このCPUとは、パソコンのデータ処理などを管理する中央処理装置のことで、パソコンの処理速度に関係しています。

また、メモリや出力装置をアプリケーション同士で競合することで、フリーズする場合があります。

起動時にWindows10のサービスがフリーズする

デスクトップやスタートアップの画面でフリーズが起こり、正常に操作できなくなってしまいます。

サインインして最初に開くアプリケーションを「シェル」と言いますが、この「シェル」がフリーズすると、スタートアップやデスクトップが通常通りに作動せず、ファイルが開けなくなるといった症状が発生します。

システムがフリーズする

Windows10の動作やアプリケーションがフリーズするという症状が生じることがあります。

しかし、動作が完全に停止しらからといって、むやみに強制終了などをしてしまうと症状が悪化する可能性があるため注意が必要です。

Windows10がフリーズする原因

Windowsがフリーズするときは、主に2つの原因が考えられます。

Windowsがフリーズする原因
  • 論理障害
  • 物理障害

論理障害

論理障害とは、データやファイルが破損することによって生じるデータ障害のことです。

Windows10がフリーズする原因として、ソフトウェアの障害が挙げられます。

パソコンがスペック不足の際に「タブを大量に開いている」「大量のメモリを使用するアプリケーションを開いている」状態によって、ソフトウェアに遅延が生じることがあります。

論理障害には下記のような症状があります。

論理障害の症状例
  • フォーマットを要求される
  • OSが起動しない/フリーズする
  • ブルースクリーンが表示される
  • 勝手にファイル名が書き換わる
  • ファイルやフォルダが開けない

軽度の論理障害は個人で復元できる可能性もありますが、重度の場合は、復元が難しく、データが消失してしまうこともあります。

そのため、データを確実に取り出したいのであれば、データ専門復旧業者へ相談しましょう。

復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

物理障害

物理障害とは、熱劣化や経年劣化、衝撃などによって物理的に破損していることを指します。

パソコン内に内蔵されているHDDは、経年劣化や物理的衝撃によって破損しやすいと言われています。

また、ホコリの蓄積やファンの不具合、直射日光などが原因で、熱暴走を起こすことがあります。

物理障害には下記のような症状があります。

物理障害の症状例
  • カチカチ、カタカタという異音がする
  • Windowsが認識しない
  • 読み書きできない
  • 異臭がする
  • フォーマットを促される

物理障害は、専門業者でも復旧するのが難しいと言われています。

そのため、個人での復旧は極めて困難であり、最悪の場合データが全て消えてしまう可能性も考えられます。

したがって、物理障害が疑われる場合はデータ専門復旧業者へ依頼することをおすすめします。

復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓

Windows10がフリーズするときの注意点

Windowsがフリーズするときにはどのようなことに注意すれば良いのでしょうか。

以下では3つの注意点についてご紹介します。

Windowsがフリーズするときの注意点
  • 使用を続けない
  • 強制終了しない
  • 通電しない

使用を続けない

Windows10がフリーズしている状態で使用を続けると、内蔵HDDやSDDがクラッシュを起こし、破損する恐れがあります

HDDやSDDが破損するとデータが消えてしまう可能性があるため、手遅れになる前にデータを取り出す必要があります。

データを確実に取り出したい場合はデータ専門復旧業者に依頼するのをおすすめします。

強制終了しない

Windows10がフリーズがフリーズした際、強制終了しようと考えるかもしれませんが、これらが繰り返されるとPCに大きな負担がかかってしまいます

負荷がかかるとHDD内部のデータを保存している部分が傷つき、状態がさらに悪化してしまう可能性があります。

また、データが消失する可能性もあるため、HDDが破損する前にデータ専門復旧業者へ相談しましょう。

通電しない

ハードディスクに不具合が生しているときに通電してしまうと、状態が悪化してしまう可能性があります。

物理的破損や熱暴走などの物理障害が疑われる場合、個人で修理をすることはできません。

さらに、データの破損につながる恐れがあるため、通電をすることはなるべく控えるようにしましょう

Windows10がフリーズするときの対処法

Windowsがフリーズするときは、どのように対処すれば良いのでしょうか。

マウスが操作可能な場合と不可能な場合に分けてご紹介します。

マウスが操作可能な場合

マウスが操作可能な場合の対処法は主に4つあります。

マウスが操作可能な場合の対処法
  • フリーズしたソフトウェアを終了する
  • 再起動する
  • デバイスのパフォーマンスおよび正常性を調べる
  • Windows10のツールで問題をチェックする

フリーズしたソフトウェアを終了する

パソコンが下記のような状態にあるとき、パソコンのスペック不足によってフリーズが発生することがあります。

スペック不足でフリーズしうる状態
  • 大量のブラウザのタブを開いている
  • ソフトウェアを複数使用している
  • 動画画像の編集ソフトを使用している

しばらく待機するか、またはタスクマネージャーを表示して反応していないアプリケーションを終了しましょう。

また、他に開いているタブやソフトウェアがあれば閉じるようにしましょう。

再起動する

再起動を行うことで、メモリ容量が一旦リセットされ、一時的な改善が期待できます。

しかし、再起動をしても改善しない場合は、経年劣化による不具合が考えられるため、専門業者へ相談してみましょう。

デバイスのパフォーマンスおよび正常性を調べる

Windowsには「デバイスのパフォーマンス」というツールがあり、OSまたはデバイスの状態や問題を確認できます。

検索ボックスにて「デバイスのパフォーマンス」と打ち込むことで簡単に表示されます。

そして「新たに開始」→「追加情報」→「開始する」の順に進み、OSのクリーンインストールを行うことで、デバイスの動作の改善が期待できます。

Windows10のツールで問題をチェックする

Windowsには「エラーチェック」「タスクマネージャー」「メモリ診断」など、フリーズの原因を特定・推測できるツールがあります。

これらのツールを活用することで、Windows10のフリーズの改善につながる可能性があるため、一度試してみましょう。

マウスで操作不可能な場合の対処法

マウスで操作することができないときは以下の方法を試してみましょう。

終了してセーフモードを起動する

セーフモードとは、必要最低限のシステム環境を確保できる回路部分やOS部分だけを使用して、起動する役割を担う方式のことを言います。

そのため、フリーズしてしまうなど、正常に起動しなくなった場合でも、セーフモードであれば起動できる可能性があるのです。

しかし、セーフモードで機能できない場合は重度の障害が発生していることが考えられるため、専門業者に相談することをおすすめします。

データ専門復旧業者へ依頼する

Windowsがフリーズする原因として、論理障害や物理障害がありますが、その原因を特定するのは非常に難しいと言われています。

また、個人で原因を判断し、誤った対処をしてしまうと、内部のデータが全て消失する危険性もあるのです。

しかし、データ専門復旧業者であれば豊富な知識を有しているため、正確に原因を特定し、適切に対処することができます。

大切なデータを安全かつ迅速に復旧させたい場合は、データ専門復旧業者へ依頼しましょう。

おすすめのデータ復旧業者

ここで、編集部おすすめのデータ復旧業者の特徴やサービス内容について解説していきます。

データ復旧の依頼を検討している人はぜひチェックしてみてください。

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリートップページ

デジタルデータリカバリーは、国内売上11年連続No.1のデータ復旧業者です。(第三者機関調べ/2007年~2017年)

技術力は国内トップクラスで、データ復旧率の最高値は95.2%(※2018年2月)と信頼できる実績があります。

さらに、ハードディスク、PC、スマホ、USB、sdカード、ビデオカメラ等の幅広い機器に対応できる、官公庁・法人からの依頼実績も多数など、技術力の高さは間違いありません。

また相談窓口は年中無休の24時間365日受け付けているので、急なデータトラブルが発生しても安心のサポート体制が整っています。

デジタルデータリカバリーのおすすめポイント
  •  11年連続データ復旧シェアNo.1
  • データ復旧実績は95.2%!
  •  初期診断無料で安心して相談できる
  •  365日営業・最短即日でデータ復旧対応可能
  •  国際水準のセキュリティ対策で信頼できる
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

デジタルデータリカバリーのサービス特徴

項目デジタルデータリカバリー(DDR)
営業時間・相談窓口年中無休 24時間受付 夜間の電話相談あり
持込・宅配・出張 への対応持込:◎
宅配:◎
出張:◎
ラボ見学も可能
初期診断
費用:無料
最短5分で診断完了
配送料無料
(キャンセル時の返送料金のみお客様負担)
実績✓復旧率最高値95.2%
✓ご相談件数29万件超
✓ご依頼の約8割を48時間以内に復旧
設備クリーンルーム クラス100
ドナーHDD 7,000台以上
セキュリティ認証ISO27001/ISMS
Pマーク
従業員数164名
(エンジニア40名以上在籍)
拠点5ヶ所
本社:東京
運営会社デジタルデータソリューション株式会社
詳細公式サイトを見る
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

Windows10がフリーズの原因・注意点・対処法まとめ

今回はWindows10がフリーズしたときの原因や注意点・対処法について解説しました。

何らかの障害が発生している場合、強制終了したり、通電したりすると症状の悪化やデータの消失が生じる可能性があります。

Windows10をフリーズさせないためには、こまめにアプリケーションやブラウザのタブを閉じることが大切です。

大切なデータを取り出したい場合はデータ専門復旧業者へ相談しましょう。

Windowsがフリーズするときの注意点
  • 使用を続けない
  • 強制終了しない
  • 通電しない
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

 

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。