上半期ワイヤレスイヤホン売れ筋|1位、2位をAirPodsシリーズが独占

  • 2022年8月20日
  • by.Fenway2

AirPods Pro

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

BCNは、2022年上半期の完全ワイヤレスイヤホンの実売台数ランキングを発表しました。

ランキングの1位・2位をApple・AirPodsシリーズが独占しています。

※記事内の価格はすべて税込みです。

トップ画像引用元:AirPods Pro – Apple(日本)

2022年上半期実売台数の1位・2位をAirPodsシリーズが独占

AirPods Pro

画像引用元:AirPods Pro通販|ソフトバンクセレクション

BCNは、全国の主要家電量販店・ネットショップのPOSデータを集計し、2022年1月1日から6月30日までの上半期完全ワイヤレスイヤホン実売台数ランキングを発表しました。

Apple・AirPodsシリーズが1位・2位を独占しており、完全ワイヤレスイヤホン市場での人気の高さがわかります。

発表されたランキングは、以下のとおりです。

2022年上半期完全ワイヤレスイヤホンランキング

順位モデル名型番メーカー
1位AirPods ProMLWK3J/AApple
2位AirPods(第3世代)MME73J/AApple
3位ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット ブラックWF-1000XM4(B)Sony
4位AirPods with Charging CaseMV7N2J/AApple
5位AirPods ProMWP22J/AApple
6位LinkBuds グレーWF-L900(H)Sony
7位ワイヤレスステレオヘッドセット ブラック
WF-C500(B)Sony
8位ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット プラチナシルバーWF-1000XM4(S)Sony
9位LinkBuds ホワイトWF-L900(W)Sony
10位ワイヤレスステレオヘッドセット ブラックHA-A5T-BJVCケンウッド

1位に輝いたのは「AirPods Pro 2021年モデル」で、販売台数シェアは12.2%と全体の1割を超えており、2位以下のモデルを大きく引き離して首位を獲得しています。

2021年の年間ランキングで首位を獲得したAirPods Pro 2019年モデルの人気をそのまま引き継いだ形です。

AirPods Pro 2019年モデルも5位にランクインしており、依然として人気の高さがうかがえます。

完全ワイヤレスイヤホン市場は、AirPodsシリーズの独走状態ですが、Appleは2022年7月1日価格改定を実施し、一斉値上げを行いました。

そのため、AirPods Pro 2021年モデルは30,800円から38,800円と、8,000円も値上がりしています。

この価格改定が下半期のランキングにどう影響するのか、要注目です。

Appleと人気を二分する「Sony」

WF-1000XM4

画像引用元:WF-1000XM4 | ヘッドホン | ソニー

ランキングの3位に入ったのは、Sonyの「WF-1000XM4(B)」です。

同モデルは2021年6月に発売され、2021年の年間ランキングでも3位に入っており、2022年も継続して人気を集めています。

他のSony製品では、耳を塞がないユニークな穴あき形状が話題になった、2022年2月発売の新モデル「LinkBuds」が6位・9位にランクイン。

トップ10の内、9位までをApple・Sonyの2大メーカーが占めており、完全ワイヤレスイヤホン市場は両メーカーで人気を二分しているといえます。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。