【厳選まとめ】おすすめワイヤレスイヤホン!人気メーカーも多数紹介

  • 2018年12月24日
  • by 
【厳選まとめ】おすすめワイヤレスイヤホン!人気メーカーも多数紹介

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhoneのイヤホンジャックが廃止されるなどの動きもあり、イヤホンの形態が従来の有線接続からBluetooth接続のワイヤレスタイプへとシフトしつつあります。

しかし、ワイヤレスイヤホンはいまだ「完全」なものではなく、さらなる機能の向上へ向けて各メーカーが取り組んでいる段階です。

それぞれのイヤホンには長所も短所もありますし、ユーザーの好みもかかわってくることでしょう。

この記事では、人気メーカーの製品をはじめとして、おすすめのワイヤレスイヤホンについてくわしくご紹介します。

トップ画像引用元:AirPods – Apple(日本)

1 ケーブルがなくてスッキリ!完全ワイヤレスイヤホン おすすめ5選

ワイヤレスイヤホンの形状は、ケーブルのあり・なしによって、大きく二分することが可能です。

このうち、まったくケーブルのないものは、「完全ワイヤレスイヤホン」と呼ばれています。

ふたつの耳栓があるような形の完全ワイヤレスイヤホン。

ケーブルそのものが存在しないため、ケーブルによる煩わしさを感じなくて済むというメリットがあります。

完全ワイヤレスイヤホンの注意点

うっかり耳から落とし、紛失してしまうといったリスクがあります。

また、総じて販売価格が高く、連続再生時間もそこまで長くはないので、購入前によくスペックなどを確認しておきましょう。

1-1 Apple「AirPods」

画像引用元:AirPods – Apple(日本)

「AirPods」は、Apple製のワイヤレスイヤホンです。当然ながらiPhoneで使用することが想定されているため、iPhoneと相性が良いつくりとなっています。

このAirPodsが世に出たことから、完全ワイヤレスイヤホンという存在が世間で注目されるようになりました。

すべての音域をクリアに聞くことができるため、音源そのままのクォリティを楽しむことができるでしょう。

連続再生時間は5時間。バッテリー切れの際は、15分の急速充電により約3時間の使用が可能に。

また、バッテリーケースを用いることで、24時間の再生にも対応します。

通信は安定していて、音飛びや遅延といったこともほとんどありません。やはりApple製品のユーザーには、おすすめのイヤホンです。

iPhoneとMacなど、同じAppleの製品間であれば、ワンタッチで接続先を切り替えることもできます。

そのほか、AIアシスタントのSiriを使っての再生や音量調整、さらには電話の発信も可能です。

AirPodsのステータス

項目詳細
対応コーデックSBC/AAC
ノイズキャンセリング×
防水性能×
連続再生時間5時間
重量4.0g
価格約17,000円

バッテリーケースの使い方

画像引用元:AirPods – Apple(日本)

AirPodsは、ケース自体がバッテリーケースとなっています。

充電方法は少しユニーク。バッテリーケースそのものを充電した上で中にAirPodsを入れると、AirPodsも充電されます。

直接充電で5時間の連続再生が可能となりますが、バッテリーケースへ収納しつつ使用すれば、その都度充電されます。

トータルで24時間以上の連続再生が可能に。

1-2 BOSE「SoundSport Free wireless」

画像引用元:SoundSport Freewireless headphones | ボーズ

「SoundSport Free wireless」は、BOSEのワイヤレスイヤホンです。

元よりBOSEのイヤホンについては、その品質に定評があります。製品名に「Sport」のワードが含まれているように、身体を動かしながら音楽を聴きたい方にはうってつけです。

優れた耐水性に加え、心拍数も表示されるなど、運動をサポートする機能も搭載しています。

もちろん、BOSEならではのテクノロジーによって実現した音質はハイクオリティ。まるでライブに参加しているかのような感覚を味わえるでしょう。

完全ワイヤレスイヤホンとしては、最高レベルの音質です。

SoundSport Free wirelessのステータス

項目詳細
対応コーデックSBC/AAC
ノイズキャンセリング×
防水性能○(IPX4)
連続再生時間5時間
重量9g
価格約29,000円

1-3 Anker「Zolo Liberty+」

画像引用元:Zolo Liberty+|Bluetoothイヤホンの製品情報 | Anker(アンカー)公式オンラインストア

「Zolo Liberty+」は、Ankerのワイヤレスイヤホンです。

Bluetoothは、最新の規格である「バージョン5」に対応しています。AACコーデック対応なので、iPhoneユーザーには特におすすめです。

深みのある低音と鮮明な中低音が、全体のバランスを高めています。

それだけでなく、専用アプリ「Zolo Life」を使用することで、イコライザーによる調整も可能です。

販売価格は決して安くはありませんが、音質のクォリティを鑑みれば、十分にコスパが良いと言えるでしょう。

Zolo Liberty+のステータス

項目詳細
対応コーデックSBC/AAC
ノイズキャンセリング×
防水性能○(IPX5)
連続再生時間3.5時間
重量5.0g
価格約15,000円

1-4 Totemoi「S2」

画像引用元:Amazon

Totemoiの「S2」は、完全ワイヤレスイヤホンです。このタイプのイヤホンでは、Amazonでも人気が高いモデルとなっています。

デザインにシックな印象があり、ファッションの観点からもコーディネートの雰囲気を損ねることはありません。

接続が安定しているので、音楽を聴いている最中に曲が途切れ、ストレスを感じてしまうということもないでしょう。

音質はすっきりしていて、高い音域がより鮮明に聞こえます。

充電ケースからは、本体に6回の充電を行うことができ、スマホ本体のバッテリー残量が少ないときにはモバイルバッテリーとしても用いることが可能です。

S2のステータス

項目詳細
対応コーデック不明
ノイズキャンセリング
防水性能○(IPX7)
連続再生時間4時間
重量5.0g
価格約4,100円

1-5 Jabra「Elite 65t」

画像引用元:Jabra Elite 65t

Jabraは老舗のオーディオメーカーながら、精力的に新製品を開発しています。

「Elite 65t」は、2018年5月に発売された完全ワイヤレスイヤホンです。

注目すべき機能としては、まず、マルチペアリング機能を挙げることができるでしょう。

「マルチペアリング」とは、複数機器とのペアリング設定を記憶できる機能のことです。

これに初めて対応したのはAirPodsでしたが、Elite 65tも同様にこの機能を備えています。

また、装着すると音が再生され、耳から外すと自動的に音が停止する機能も搭載。

5時間の連続使用も可能で、これば完全ワイヤレスイヤホンの中では最長の水準となっています。

Elite 65tのステータス

項目詳細
対応コーデック不明
ノイズキャンセリング
防水性能○(IP55)
連続再生時間5時間
重量約12.3g
価格23,130円

防塵性能と防水性能

画像引用元:Jabra Elite 65t

Elite 65tの防水性能はIP55です。最初の数字が防塵性能、後の数字が防水性能となります。

つまり、防塵性能が「5」で、防水性能が「7」ということです。

なお、「IPX」と記載されている機器もありますが、この場合の防塵性能は「X」(数字の表記がない)。

つまり、防水性能だけが示されていることになります。

次のページでは、ワイヤレスイヤホン全般の人気モデルをご紹介します。

【2018年】重低音重視派におすすめ!高音質の人気イヤホンランキング

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ysn
ysn
北海道出身。就職活動が厳しい中、幸いにして希望していた会計事務所勤務を実現。しかしコミュ力不足が露呈し即挫折。諸々のアルバイト経験などを経て約15年前、ウェブライターの仕事に出会う。私生活はアナログながら、デジタル分野の知識を情報収集力でカバー。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ