Xiaomi Mi Max 3レビュー|6.9インチの大画面スマホ!日本で使うには?

Xiaomi Mi Max 3レビュー|6.9インチの大画面スマホ!日本で使うには?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2-3 Xiaomi Mi Max 3 | 5500mAhの超大容量バッテリー

画像引用元:Xiaomi

他のスマホではほとんど見ることのない5,500mAhの超大容量バッテリーも搭載されています。

充電MAXの状態で動画が最大17時間連続再生できるといわれており、充電の持ちがかなり良いスマホとして定評があります。

もちろん経年劣化はしてくるので徐々に充電の消耗は激しくなりますが、元が5,500mAhなので比較的長い間ストレスなく充電をあまり気にせずに使うことができます。

2-4 Xiaomi Mi Max 3 | 64GB+4GBか128GB+6GBが選べる

画像引用元:Xiaomi

Xiaomi Mi Max 3は64GBと128GBから本体容量を選ぶことが可能です。

また、RAMに関しても64GBは4GB、128GBは6GB搭載されており、ある程度複数のアプリを同時に起動させていてもサクサク進みやすい設計となっています。

スマホのRAMはアプリの起動の肝

本体にアプリやデータを入れる容量のことがROMであることに対し、RAMは一度にアプリを起動できる容量のことをさします。

RAMの数値が大きければ大きいほど同時に複数のアプリを起動させることができ、重くならずに快適に使いやすくなります。

一般的なRAMの数値だと3GBから4GB程度で、少し性能が良くなると6GBから8GB程度になります。

PC(パソコン)の中には32GBという大容量のRAMを搭載したものもあります。

2-5 Xiaomi Mi Max 3 | スタイリッシュなデザインと3色のカラーバリエーション

画像引用元:Xiaomi

シックな色合いのブラック・ブルー・ゴールドの3色が展開されています。

とてもスタイリッシュなデザインで、アジアを中心としてiPhoneに似せて作るメーカーが多い中、Xiaomiは上品でシックな雰囲気に仕上げていると思われます。

男女関係なく使いやすいデザインと色合いであり、さまざまなスマホケースとも合わせやすい点も魅力的です。

3 Xiaomi Mi Max 3の価格と日本での発売

既にスペック表でご紹介していますが、Xiaomi Mi Max 3はかなり安い価格で購入することができるという点も大きな魅力です。

しかし、肝心な点は日本で発売されているのかというところです。

Xiaomiは中国市場で活躍しているスマホメーカーで、海外進出を積極的に行っている様子はあまり見られません。

どこで、日本で購入することができるのか、できない場合どのように手に入れるべきなのかを紹介していきます。

3-1 Xiaomi Mi Max 3の価格は日本円で3万円程度!コスパ抜群!

64GBのXiaomi Mi Max 3は日本円にして27,000円で購入することができ、128GBは日本円にして、なんと32,000円で購入することができます。

ちなみにHUAWEI P20に関しては、本体容量128GBのXiaomi Mi Max 3と同様にRAM6GBの超高性能なスマホですが、HUAWEI P20の価格は約65,000円程度です。

つまり、同じようにRAMやROMが備わっているHUAWEI P20よりも遥かに安いスマホであるということがわかります。

それだけ安いのであれば何かあるのではないか?と思ってしまいがちですが、Xiaomiは中国版Appleと呼ばれるくらいに高性能なスマホの開発を重視しています。

少なくとも、同じくらいの価格帯のスマホの中では群を抜いて高スペック高コスパのスマホと考えても良さそうです。

3-2 Xiaomi Mi Max 3 | 日本での発売は発表されていない

日本で発売されているかどうか確認をしてみましたが、Xiaomi Mi Max 3は残念ながら日本では未発表・未発売のスマホです。

つまり、日本のスマホを取り扱っているショップでは手に入りにくいということになります。

どうしても日本で使いたいということであれば、ネット通販を利用して購入するなどの方法があります。

運が良ければオークションでも出品されているかもしれません。

日本語対応していないので漢字が変になるかも

日本でも購入が不可能ではないので、日本で購入してXiaomi Mi Max 3を使うことはできます。

しかし気をつけてほしいのが、日本では未発表のスマホであるため、日本語対応がしっかりと備わっているかわからないという点です。

以前あったアジア圏から入荷されたスマホでは、一応日本語対応はあったものの、濁点が句得点の位置にあったり、漢字が中国語の特有のものを使用しているなど、日本で購入したスマホのようには使えない印象がありました。

英語表記は恐らく問題ないかと思うので、英語力に自信のある方は英語で使うのも1つの方法です。

しかし、慣れ親しんだ日本語で使わないということで少しストレスに感じてしまうかもしれません。

まだ2018年7月に開発された新しいスマホなので、今後日本に上陸することを期待しましょう。

スマホにするならiPhoneかAndroidのどっちがいい?初心者のスマホの選び方

次のページでは、「Xiaomi Mi Max 3のメリット・デメリット」について紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ