Xiaomi POCOPHONEはRAM8GB・大画面・高コスパ…買わない理由は?

  • 2018年11月15日
  • by 
Xiaomi POCOPHONEはRAM8GB・大画面・高コスパ…買わない理由は?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

中国の総合家電メーカーXiaomiから、新ブランド「POCO」シリーズのAndroidスマホ「POCOPHONE」が発売されました。

価格の割に高性能と話題になり、コスパ重視で狙っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、Xiaomi POCOPHONEは日本正規販売はなく、無闇に購入するとデメリットで困ることも。

そこで今回はXiaomi POCOPHONEのスペックや機能と日本で利用するデメリットを解説します。

コスパだけで購入して困らないように、しっかりチェックしてくださいね!

今回の流れ

  • Xiaomi POCOPHONEのスペック・特徴
  • Xiaomi POCOPHONEはコスパが高い!
  • Xiaomi POCOPHONEを買わない理由はなに?

トップ画像引用元:Mi Global Home

1 Xiaomi POCOPHONEのスペック・特徴

画像引用元:Mi Global Home

早速Xiaomi POCOPHONEの基本性能を確認しましょう。

POCOPHONEのスペック

項目通常版Armored Edition
本体サイズ高さ:155.5 mm
幅:75.2 mm
厚さ:8.8 mm
高さ:155.7 mm
幅:75.5 mm
厚さ:8.9 mm
重さ182g187g
SoC(CPU)Snapdragon 845
2.8GHz + 1.7GHz
オクタコア
OSAndroid 8.1
ストレージ(ROM)64GB
128GB
メモリ(RAM)6GB
8GB
画面サイズ6.18インチ
2,248 × 1,080
メインカメラ12MP+5MPデュアルカメラ
インカメラ20MP

1-1 POCOPHONEは最高峰の処理性能

画像引用元:Mi Global Home

Xiaomi POCOPHONEの最大の強みは、現行Androidで最高のスペックを誇ることでしょう。

最新のSnapdragon 845はもちろん、RAM 6GBまたは8GBを搭載しています。

Snapdragon 845を搭載した機種は数多くリリースされていますが、6GB以上のRAMを搭載した機種はまだまだ限られています。

RAM6GB以上の高性能Androidおすすめ機種ランキング【2018年最新版】

低コストで最高性能のAndroidが欲しい方には最高の1台になりますね!

1-2 大画面だがディスプレイ性能は普通

画像引用元:Mi Global Home

Xiaomi POCOPHONEは、6.18インチの大型ディスプレイを搭載しています。

iPhoneX登場以降に主流になった全画面ディスプレイで、画面上部のカメラがノッチになっている流行りの構造ですね。

ただ、フラグシップモデルがこぞって採用するOLED(有機EL)ディスプレイではなく、POCOPHONEは一般的なLCDディスプレイです。

解像度もそこまで高くはなく、反応速度も他のローエンド~ミドルレンジモデルと大差ありません。

iPhoneXSやGalaxy S9などのフラグシップモデルと比較しなければ十分にキレイなディスプレイですが、過度な期待はしない方がいいかもしれませんね。

1-3 筐体はプラスチックとアラミド繊維の2モデル

画像引用元:Mi Global Home

Xiaomi POCOPHONEの筐体は、プラスチック製の通常エディションとアラミド繊維」を取り入れたアーマードエディションの2モデルがあります。

最近はガラス筐体や金属筐体で高級感を出しているモデルが多いため、どちらのモデルも少し安っぽく見えてしまいます。

ただ、アーマードエディションで採用しているアラミド繊維は、AQUOS zeroなど一部のフラグシップモデルでも利用されている素材です。

防弾チョッキや建材にも利用される耐久力・衝撃吸収性能があるので、万が一の落下でもそうそう壊れることはないでしょう。

POCOPHONEのスペック・特徴まとめ

  • 処理能力は現行Androidの最高性能
  • ディスプレイ性能は普通
  • デザインに高級感はない

ここまでをまとめると、Xiaomi POCOPHONEは価格相当の見た目にも関わらず、かなりの高性能モデルということですね。

2 Xiaomi POCOPHONEはコスパが高い!

続いて、Xiaomi POCOPHONEの価格をチェックしましょう。

日本での正規販売がないモデルですが、東南アジア中心に販売されているため日本円にして約40,000円~とかなりの高コスパです。

ただ、購入するネットショップによってかなり価格差があります。

POCOPHONE(RAM6GB/ROM128GB)の価格

販売店価格
Amazon(国内)57,990円
Banggood44,436円
GearBest39,696円

国内のショッピングサイトでは、並行輸入品が販売されています。
価格が少し高めの設定になりますが、輸入手続きや関税もなく1~2日で手元に届くのがメリットですね。

一方、海外サイトでは販売価格は安いのですが個人輸入になります。
手数料や関税がかかり、20日前後待つことになるので少し面倒ですね。

とはいえ、SIMフリースマホで同等スペックを購入すると10万円前後のモデルばかりです。

Xiaomi POCOPHONEのコスパが高いことに変わりないので、価格と手間のどちらを取るかで購入方法を決めるようにしましょうね!

次のページではXiaomi POCOPHONEのデメリットを解説し、買わない理由をチェックしましょう。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ASUS ROG Phoneのスペックと価格は!?ゲーミングスマホって何?... ゲーミングPCでも人気の高いASUSから、ゲームプレイに特化したASUS ROG Phoneが発売されました。 ASUSのスマホといえばZenFoneシリーズが高コスパで人気ですが、今回のモデルはフラグシップモデルのみの登場です。 ...
Honor 8X Maxレビュー|7.12インチの大画面スマホの使い心地... HUAWEIのHonorシリーズは、格安SIMで人気の低価格モデルです。 日本でも多くのモデルが発売されていますが、Honer 8X Maxなど一部のモデルは海外モデルのみ展開されています。 とはいえ、最近では海外モデルもショッ...
HUAWEI nova 3レビュー|高いデザイン性と高コスパのSIMフリースマホ... SIMフリースマホを多くリリースし、格安SIM事業者での取り扱い機種も多くユーザー数も多いHUAWEI。 HUAWEIの人気から、「P」シリーズがキャリアでも取り扱われるようになりました。 その中でも「HUAWEI P20 Pr...
Xiaomi Mi Max 3レビュー|6.9インチの大画面スマホ!日本で使うには?... 中国のスマホメーカーとして近年、知名度が急上昇中のXiaomiから発売された『Xiaomi Mi Max 3』。 このスマホが高スペック高コスパの優良SIMフリースマホであると定評があるのはご存知ですか。 2018年7月に発売さ...