Xiaomi(シャオミ)の歴代スマホ一覧比較

【2024年最新】Xiaomi(シャオミ)の歴代スマホ一覧比較|おすすめ機種はこれ!

  • 更新日:2024年4月19日
  • 本記事には広告が表示されます

本記事では人気スマホの中でも世界第3位のシェアを誇るXiaomi(シャオミ)のスマホを比較し、おすすめ機種を紹介します。

Xiaomiのスマホはラインナップが多く、どれも手の届く価格帯なので、選ぶ際にも迷ってしまうのではないでしょうか?

本記事では、日本で購入できる全ての機種のスペックや発売日、価格をまとめています。

【2024年】Xiaomiおすすめスマホ8選
吹き出しアイコン

Xiaomiのスマホが気になる人は、この記事の比較を参考に選んでみてください。

Xperia 1 VIならau Online Shopがおトク!

  • Xperia 1 VIへの機種変更で合計最大22,000円割引!
  • au Online Shop限定モデルも対象!
  • 7月31日(水)まで期間限定!

【2024年最新】Xiaomiスマホおすすめ比較8選

Xiaomiスマホおすすめ比較11選
ここからは、2024年6月時点でXiaomiが国内販売しているおすすめスマホを紹介します。

以下の8デバイスについて紹介しますので、購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

それぞれの特徴とスペック、価格を解説します。

なお、記事中に記載した販売価格は記事執筆時点のものです。

Xiaomi 13T Pro

Xiaomi 13T Pro

画像引用元:ソフトバンク

Xiaomi 13T Proのスペック
ディスプレイサイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:162 mm
幅:76 mm
厚さ:8.5 mm
重さ約206g
SoC(≒CPU)Dimensity 9200+
RAM12GB
ストレージ256GB
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:1,200万画素
望遠:5,000万画素
インカメラ2,000万画素
バッテリー5,000mAh
認証指紋・顔
5G対応
防水・防塵IP68
カラーブラック
メドウグリーン
アルパインブルー
Xiaomi 13T Proの評価
総合評価S
カメラ性能4.5
処理性能4.5
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • Dimensity 9200+搭載
  • リフレッシュレート144Hz
  • 望遠カメラが追加されトリプルカメラに
  • 専用ACアダプタで19分でフル充電
デメリット
  • micro SD非対応
  • メインカメラの画素数ダウン
  • 日本版はライカ監修ではない

Xiaomi 13T Proは、2023年12月8日発売のハイエンドスマホです。

CPUはSnapdragon 8 Gen 2越えともいわれるDimensity 9200+を搭載し、処理能力はトップクラスです。

また、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、専用の120W充電器なら約19分で最大充電できます。

カメラは広角・超広角・望遠のトリプルレンズを搭載し、望遠は2倍光学ズームにも対応。

全体的に高水準でまとまっているので、ハイエンドモデルを少しでも安く手に入れたい人におすすめの1台です。

Xiaomi 13T Proの価格

項目価格
一括払い94,320円
分割払い917円×24回(1〜24回)
3,013円×24回(25~48回)
新トクするサポート適用時22,008円(917円×24回)
詳細ソフトバンクオンラインショップ

Xiaomi 13T Proは、Xiaomi公式だけでなくソフトバンクでの取り扱いもあります。

ソフトバンクが力を入れている機種で、通常価格でもXiaomi公式より安く販売されています。

さらに、新トクするサポートを利用すれば実質22,008円と激安に!

Xiaomi 13T Proの購入はソフトバンク一択といっていいでしょう。

Xiaomi 13T

Xiaomi 13T

画像引用元:au

Xiaomi 13Tのスペック
ディスプレイ6.7インチ
本体サイズ高さ:162 mm
幅:76 mm
厚さ:8.7 mm
重さ197g
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:1,200万画素
望遠:5,000万画素
インカメラ2,000万画素
バッテリー5,000 mAh
RAM8GB
ROM256GB
CPUDimensity 8200-Ultra
OSAndroid 13
認証指紋
カラーブラック
メドウグリーン
アルパインブルー
Xiaomi 13Tの評価
総合評価A
カメラ性能4.5
処理性能4.0
画面性能4.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.5
メリット
  • ゲームも快適な高性能モデル
  • 5,000万画素の高性能カメラ
デメリット
  • micro SD非対応
  • 日本版のカメラはライカではない

Xiaomi 13Tは、2023年12月8日発売の高コスパモデルです。

Xiaomi 13T Proより若干性能を抑えて、その分価格を安くしています。

5,000万画素の高性能カメラと明るく見やすいディスプレイで、スマホで気軽に写真を撮りたい人にもおすすめの1台です。

海外版と異なりライカ製レンズではありませんが、コスパ重視でAndroidスマホが欲しいならXiaomi 13Tを検討してください。

Xiaomi 13Tの価格

Xiaomi 13T価格割引適用時※詳細
au65,000円7,900円公式サイトを見る
UQモバイル65,000円43,000円公式サイトを見る
※ auは乗り換えでスマホトクするプログラム、UQモバイルは乗り換えで指定プラン・オプション加入時

Xiaomi 13Tは、国内販売はKDDIの独占状態です。

auなら乗り換えとスマホトクするプログラムで実質7,900円の激安販売です。

Xiaomi 13Tを購入するなら、必ずauオンラインショップを利用しましょう。

Redmi 12 5G

Redmi 12 5G

画像引用元:au

Redmi 12 5Gのスペック
ディスプレイ6.8インチ
本体サイズ高さ:169 mm
幅:76 mm
厚さ:8.2 mm
重さ200g
アウトカメラ広角:5,000万画素
深度センサー:200万画素
インカメラ500万画素
バッテリー5,000 mAh
RAM4GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 4 Gen 2
OSAndroid 13
認証指紋
カラーミッドナイトブラック
ポーラーシルバー
スカイブルー
Redmi 12 5Gの評価
総合評価A
カメラ性能3.5
処理性能3.5
画面性能4.5
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • 安くて割と高性能
  • Snapdragon 4 Gen 1搭載
  • 5,000万画素のカメラ搭載
デメリット
  • ほぼ防水性能なし
  • 屋外では画面が見づらい
  • モノラルスピーカーで音質に期待できない

Redmi 12 5Gは、2023年10月6日発売のエントリーモデルです。

2万円台とかなり安く手に入るモデルながら、ミドルレンジ並みの性能があります。

おサイフケータイやハイレゾ対応など機能面も結構充実しています。

しかし、防水性能はIPX3と全く期待できず、水周りや雨の日の利用には注意が必要です。

安くて割とサクサク動くスマホが欲しい人は、Redmi 12 5Gがぴったりな1台となるでしょう。

Redmi 12 5Gの価格

Redmi 12 5Gの価格割引適用時※詳細
au22,001円47円~公式サイトを見る
ソフトバンク21,984円18,960円公式サイトを見る
UQモバイル22,001円1円~公式サイトを見る
IIJmio4GB/128GB22,800円4,980円~公式サイトを見るIIJmio
8GB/256GB31,320円14,800円~
Xiaomi公式29,800円-公式サイトを見る
※ auは乗り換えでスマホトクするプログラム適用時、UQモバイルとIIJmioは他社から乗り換えの場合

Redmi 12 5Gは、auとUQモバイル、IIJmioで販売されています。

いずれもXiaomi公式より通常価格が安く、さらに乗り換えなら大幅に安く購入できます。

特にauの実質価格は破格なので、Redmi 12 5Gはauでの購入がおすすめです。

Redmi 12C

Redmi 12C

画像引用元:Xiaomi Redmi 12C

Redmi 12C
ディスプレイサイズ約6.71インチ
本体サイズ高さ:168.76mm
幅:76.41mm
厚さ: 8.77 mm
重さ192g
アウトカメラ5,000万画素
インカメラ500万画素
バッテリー5,000mAh
RAM3GB
ROM64GB
CPUMediaTek Helio G85
OSAndroid 12
認証指紋・顔認証
カラーグラファイトグレー
ミントグリーン
ラベンダーパープル
Redmi 12Cの評価
総合評価A
カメラ性能3.0
処理性能3.0
画面性能3.5
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0
メリット
  • 5,000万画素の高性能カメラ
  • 普段使いなら問題ない性能
デメリット
  • 防水性能はないに等しい
  • ゲームはNG

Redmi 12Cは、2023年3月16日に発売されたエントリーモデルです。

スペックは価格の割に高めで、普段使いなら普通に使える性能です。

また、カメラも5,000万画素の高画素数で、HDR・ナイトモード・ポートレートなど撮影機能も豊富です。

安いスマホでもいい写真を簡単に撮りたい方は、Redmi 12Cが最適な1台です。

Redmi 12Cの価格

Redmi 12C通常価格割引後詳細
IIJmio17,820円2,480円公式サイトを見る
mineo11,088円-mineo公式サイトを見る

Redmi 12Cは、人気格安SIMのIIJmioとmineoが販売してます。

どちらも価格は1万円台で手に入るため、価格重視の人に人気です。

この2社に乗り換えOKなら、Redmi 12Cとのセット契約を検討しましょう。

Xiaomi 12T Pro

Xiaomi 12T Pro

画像引用元:ソフトバンク

Xiaomi 12T Pro
画面サイズ約6.7インチ
本体サイズ高さ:163mm
幅:76mm
厚さ:8.8mm
重さ約205g
アウトカメラ広角:2億画素
超広角:800万画素
マクロ:200万画素
インカメラ2,000万画素
ストレージ128GB
CPUSnapdragon 8+ Gen 1
認証指紋・顔
防水IPX3
5G対応〇(Sub6のみ)
カラーブラック
ブルー
Xiaomi 12T Proの評価
総合評価S
カメラ性能4.5
処理性能4.0
画面性能5.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.5
メリット
  • 2022年モデルとして最高峰の性能
  • 2億画素の高性能カメラ
  • ソフトバンクで実質5万円台
デメリット
  • 防水性能が弱い

Xiaomi 12T Proは、2022年12月16日に発売されたハイエンドモデルです。

高性能CPU「Snapdragon 8+ Gen 1」を搭載し、処理能力は価格に見合わない高さです。

冷却システムも備えており、本体内部に熱が籠るのを防ぐことが可能なのもポイント。

長時間使用してもパフォーマンスを維持できます。

Xiaomi 12T Proの価格

項目価格割引適用時※詳細
Xiaomi公式109,800円-公式サイトを見る
ソフトバンク108,000円54,000円公式サイトを見る
IIJmio98,820円79,800円公式サイトを見るIIJmio

※ ソフトバンクは新トクするサポート適用時、IIJmioはMNP限定割引適用

Xiaomi 12T Proは、ソフトバンクとIIJmioが販売しています。

特にソフトバンクの実質価格が安いため、端末のみでもソフトバンクから買った方がいいでしょう。

POCO F4 GT

POCO F4 GT

画像引用元:POCO F4 GT | Xiaomi Japan

POCO F4 GTのスぺック
画面サイズ6.67インチ
本体サイズ高さ:162.5mm
幅:76.7mm
厚さ:8.5mm
重さ210g
アウトカメラメイン:6,400万画素
超広角:800万画素
マクロ:200万画素
インカメラ2,000万画素
ストレージ128GB/256GB
CPUSnapdragon 8 Gen 1
認証指紋・顔
防水非対応
5G対応〇(Sub6波のみ)
カラーステルスブラック
ナイトシルバー
サイバーイエロー
詳細POCO F4 GTの評価レビュー

POCO F4 GTは、2022年6月23日発売のゲーミングモデルです。

「Snapdragon 8 Gen 1」を搭載したハイエンドモデルで、6.67インチの有機ELディスプレイ、5G対応、さらに高速充電にも対応しています。

ゲームコントローラーのように操作できるポップアップトリガーや、高速処理時の発熱を防ぐ冷却システムなど、ゲーミング利用に特化しているのが特徴。

ドルビーアトモス対応のクアッドスピーカーと3つのゲーミングマイクを搭載し、オンラインゲームも快適にプレイできます。

POCO F4 GTの価格

POCO F4 Gの価格
IIJmio65,980円公式サイトを見るIIJmio

POCO F4 GTは、Xiaomi公式の販売が終了しています。

2024年6月現在は、IIJmioからの購入のみです。

IIJmioは端末のみ購入がないため、購入するなら乗り換え必須です。

他回線で利用する場合は、中古ショップに常態の良いモデルがないか探してみましょう。

Xiaomi
POCO F4 GT
公式サイトで端末を購入する

Redmi Note 11 Pro 5G

Redmi Note 11 Pro 5G

画像引用元:Redmi Note 11 Pro 5G | Xiaomi Japan

Redmi Note 11 Pro 5G
画面サイズ約6.67インチ
FHD+(1,080 x 2,400)
AMOLED 395ppi
リフレッシュレート最大120Hz
本体サイズ高さ:164.19mm
幅:76.1mm
厚さ:8.12mm
重さ202g
アウトカメラ広角:約1億800万画素
超広角:約800万画素
マクロ:約200万画素
インカメラ約1,600万画素
バッテリー5,000mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 695 5G
認証指紋・顔
防水・防塵IP53等級
カラーポーラーホワイト
グラファイトグレー
アトランティックブルー
詳細Redmi Note 11 Pro 5Gレビュー

Redmi Note 11 Pro 5Gは、2022年5月30日発売のしたRedmi Noteシリーズの最新モデルです。

低価格ながら、耐久性の高い有機ELディスプレイと180MPの高画素カメラを搭載

CPUはSnapdragon 695で、通常の使い方なら一切困ることのない優秀な処理速度となっています。

大容量5,000mAhのバッテリーに加えて同梱のターボチャージ充電器を使えば15分で約50%の急速充電が利用できます。

Redmi Note 11 Pro 5G の価格

Redmi Note 11 Pro 5Gの価格
Xiaomi直販44,800円公式サイトを見る
mineo37,488円mineo公式サイトを見る
イオンモバイル44,000円公式サイトを見る
IIJmio32,800円公式サイトを見るIIJmio
楽天モバイル38,280円公式サイトを見る

Redmi Note 11 Pro 5G の直売価格は44,800円

同じ価格帯の製品の中では、最高クラスのカメラ性能を誇ります。

また、楽天モバイルや格安SIMでも取り扱っており、直販価格より安くなっています。

Redmi Note 11

Redmi Note 11

Redmi Note 11
サイズ幅:73.87mm
高さ:159.87mm
厚み:8.009mm
重量179g
画面サイズ6.55インチ
OS種類MIUI 13(Android 11準拠)
CPUQualcomm Snapdragon 680
CPUコア数オクタコア
ストレージ64GB
メモリ(RAM)4GB
インターフェースUSB Type-C
画面解像度2,400x1,080
背面カメラ広角:50MP
超広角:8MP
マクロ:2MP
深度測定:2MP
バッテリー5,000mAh
前面カメラ13MP
カラースターブルー
トワイライトブルー
グラファイトグレー
発売日2022年3月10日
詳細Redmi Note 11 レビュー

Redmi Note 11はSnapdragon 680を搭載したミドルレンジスマホで、日常利用をメインとする人に最適です。

カメラ性能が高く、外部ストレージにも対応。

バッテリー容量も5,000mAhと十分なので、外出先で1日中スマホを使う人にもおすすめです。

ミドルレンジスマホでありながらも有機ELディスプレイを搭載しており、画質重視の人でも満足できるでしょう。

Redmi Note 11の価格

Redmi Note 11の価格
Xiaomi直販24,800円公式サイトを見る
イオンモバイル22,800円公式サイトを見る

Redmi Note 11の直販価格は24,800円とエントリーモデル並の価格で販売されています。

この価格でミドルレンジスマホ相当のスマホが購入できると考えると、非常にコスパに優れた1台です。

カメラ性能が割といい2万円台の安いスマホが欲しいなら、Redmi Note 11を検討してください。

Xiaomi歴代スマホ一覧

Xiaomi歴代スマホの比較一覧表
ここで、Xiaomiのスマホの価格・発売日を一覧にまとめます。

発売中の機種から販売終了の機種まで掲載しているので、Xiaomiのスマホを購入する際の参考にしてください。

なお、価格は2024年6月時点のXiaomi公式サイトの価格を表示しています。

機種名価格発売日
Xiaomi 13T Pro109,800円2023年12月8日
Xiaomi 13T65,000円2023年12月8日
Redmi 12 5G29,800円2023年10月6日
Redmi 12C23,800円2023年2月16日
Xiaomi 12T Pro109,800円2023年2月10日
POCO F4 GT59,360円2022年6月23日
Redmi Note 11 Pro 5G44,800円2022年5月30日
Redmi Note 10T14,800円2022年4月22日
Redmi Note 1124,800円2022年3月10日
Xiaomi 11T Pro128GB: 64,800円
256GB: 79,800円
2021年11月5日
Xiaomi 11T54,800円2021年11月5日
Redmi Note 10 JE-2021年8月13日
Mi 11 Lite 5G-2021年7月2日
Redmi Note 10 Pro30,800円2021年4月16日
Redmi Note 9T-2021年2月26日
Redmi 9T17,490円2021年2月5日

Xiaomiは、コスパの良さとスペックの高さを両立した機種も多数販売されています。

最新モデルのXiaomi 13T/13T Proは、キャリアからも購入できる人気モデルです。

高コスパで性能高めのスマホが欲しいなら、ぜひXiaomiのスマホを手に入れてください。

コスパ重視はもちろん、性能で選びたい人にもXiaomiはおすすめ!

Redmi Note 11

画像引用元:Redmi Note 11

Xiaomiのスマホはエントリーモデルからハイエンドモデルまで揃っており、求めるスペックや機能に応じて最適な機種を選べます。

いずれもコスパに優れており、安くて性能のいいスマホを購入したい人におすすめです。

Xiaomiスマホのおすすめポイント
  • 高品質・高性能なスマホを安価に購入可能
  • 直販モデルが多く、キャリア以外の販路が豊富(一部キャリアモデルあり)
  • 格安SIMでの購入端末に最適
  • ハイエンドからエントリーモデルまで多種多様
  • どの機種を選んでも価格以上のハイスペック

ハイエンドモデルも10万円ほどと、昨今のスマホ価格高騰の中でもかなりの企業努力が感じられます。

もちろん、エントリーモデルやミドルレンジモデルも、価格に見合わない高性能っぷりです。

安くてもスペックの不安なくスマホを使いたいなら、ぜひ今回紹介したおすすめのXiaomiスマホを購入してください。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃からモバイル販売を中心に仕事してきた経験を活かし、わかりやすさを心がけて書いてます。 最近はAIに興味津々で、執筆の合間にChatGPTなど各種AIで遊んでいます。