【2022年最新】Xiaomi(シャオミ)スマホ比較|おすすめ機種はこれ!

Xiaomi(シャオミ)のスマホを比較!Xiaomiは中国発のメーカーで、高品質かつ安いスマホが特徴です。スペックもハイエンドからミドルレンジまで揃っており、求めるスペックや機能に応じて最適なデバイスを選ぶことができます。そんなXiaomiから最新おすすめスマホを紹介します。
  • 2022年8月6日
  • by.Iris777

Xiaomiスマホを徹底比較

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

本記事では世界第3位のシェアを誇るXiaomi(シャオミ)のスマホを比較し、おすすめ機種を紹介します。

Xiaomiのスマホはラインナップが多く、どれも手の届く価格帯なので、選ぶ際にも迷ってしまうのではないでしょうか?

本記事では、日本で購入できる全ての機種のスペックや発売日、価格をまとめています。

Xiaomiのスマホが気になる人は、こちらの比較を参考に選んでみてください。

Xiaomiスマホのおすすめポイント
  • 高品質・高性能なスマホを安価に購入可能
  • 直販モデルが多く、キャリア以外の販路が豊富(一部キャリアモデルあり)
  • 格安SIMでの購入端末に最適
  • ハイエンドからミドルレンジまで多種多様
  • どの機種を選んでも価格以上のハイスペック
  • 2022年6月にゲーミングモデル「POCO」が日本上陸

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

Xiaomi(シャオミ)とは

高速充電

画像引用元:Xiaomi 11t Pro

Xiaomi(シャオミ)は、中国に本社を置く総合家電メーカーです。

現在はモニターやウェアラブルデバイスなどさまざまな機器を扱っていますが、元々スマートフォンメーカーとして創業した会社だったため、スマホに最も力を入れています。

市場からの人気も高く、2021年通年の販売台数は世界第3位。

ヨーロッパ圏での売り上げでサムスンを抑えて1位になるなど、近年急速にシェアを伸ばしています。

人気の理由は、性能が良いデバイスを他社より安価に購入できる点にあると考えられます。

Xiaomiのスマホはなぜ安い?

Xiaomiで高品質なスマホが安く購入できるのは、薄利多売の戦略を取っているためです。

通常はできるだけ利益を多く得られるように販売価格を設定しますが、Xiaomiの場合は純利益率を5%未満に抑えるようにしています。

従って、販売した1台のスマホから得られる利益が少ないのが特徴です。

多くの人が欲しくなる、デザイン性が高く高性能、かつ低価格なスマホを販売。最終的にはAppleのiPhoneのようにメーカーやブランドの固定ファンが生まれるのを狙っています。

Xiaomiスマホは日本で買える?

日本でもXiaomi直販サイトやMVNO、キャリアなどでXiaomiのスマホが販売されています。

Xiaomiが日本市場に参入したのは2019年12月と比較的新しいものの、多数の機種をラインナップしているのが特徴です。

2022年8月現在、直販モデル・キャリアモデルをあわせて11つの機種を販売しています。

グローバルモデルの販売もあり

他にも、Amazonや海外スマホを取り扱うショップなどでグローバル版のデバイスを購入可能です。

しかし、日本に向けて販売しているスマホではなく、正常に動作しなかったり通信が不安定なったりする可能性があるため、購入時には注意しましょう。

あまりスマホに詳しくない人は、日本で購入できる機種から選んで利用したほうが安心して使えます。

グローバル版の利用は自己責任になるため、リスクがあることを考えて購入するかどうか判断する必要があります。

【2022年最新】Xiaomiスマホおすすめ比較11選

Redmi Note 11

画像引用元:Redmi Note 11

ここでは、Xiaomiが日本国内で正規販売しているデバイスをすべてご紹介します。

今回は2022年8月時点で購入可能なXiaomiのスマホをピックアップしました!

以下の11デバイスについて紹介しますので、購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

【2022年最新】Xiaomiおすすめスマホ
  • POCO F4 GT
  • Xiaomi 11T Pro
  • Xiaomi 11T
  • Mi 11 Lite 5G
  • Redmi Note 11 Pro 5G
  • Redmi Note 11
  • Redmi Note 10T
  • Redmi Note 10 JE
  • Redmi Note 10 Pro
  • Redmi Note 9T
  • Redmi 9T

それぞれの特徴とスペック、価格を解説します。

なお、記事中に記載した販売価格は記事執筆時点のものです。

POCO F4 GT

POCO F4 GT

画像引用元:POCO F4 GT | Xiaomi Japan

POCO F4 GTのスぺック
画面サイズ6.67インチ
本体サイズ高さ:162.5mm
幅:76.7mm
厚さ:8.5mm
重さ210g
アウトカメラメイン:6,400万画素
超広角:800万画素
マクロ:200万画素
インカメラ2,000万画素
ストレージ128GB/256GB
CPUSnapdragon 8 Gen 1
認証指紋・顔
防水非対応
5G対応〇(Sub6波のみ)
カラーステルスブラック
ナイトシルバー
サイバーイエロー
詳細POCO F4 GTの評価レビュー

POCO F4 GTは、2022年に登場したXiaomiの新ブランドPOCOのフラッグシップモデルです。

最新CPU「Snapdragon 8 Gen 1」を搭載したハイスペックモデルで、6.67インチの有機ELディスプレイ、5G対応、さらに高速充電にも対応しています。

ゲームコントローラーのように操作できるポップアップトリガーや、高速処理時の発熱を防ぐ冷却システムなど、ゲーミング利用に特化しているのが特徴。

ドルビーアトモス対応のクアッドスピーカーと3つのゲーミングマイクを搭載し、オンラインゲームも快適にプレイできます。

POCO F4 GTの価格

POCO F4 Gの価格
Xiaomi公式74,800円公式サイトを見る
IIJmio65,980円公式サイトを見る

POCO F4 GTのメーカー直売価格は74,800円

ハイエンドモデル相当の性能でありながら、7万円代は格安。よりハイスペックな機種へと買い替えたい人におすすめです。

最低限のコストでゲーミングスマホを用意したいという人にも最適なモデルです。

ゲーミングスマホとしてガッツリ使いたいのであれば、Amazonで購入できる12GBモデルが良いでしょう。

Xiaomi 11T Pro

Xiaomi 11T Pro

画像引用元:xiaomi-11t-pro

Xiaomi 11T Pro
サイズ幅:76.9mm
高さ:164.1mm
厚み:8.8mm
重量204g
画面サイズ6.67インチ
OS種類MIUI 12(Android 11準拠)
CPUQualcomm Snapdragon 888
CPUコア数オクタコア
ストレージ(ROM)128GB
256GB
メモリ(RAM)8GB
インターフェースUSB Type-C
画面解像度2,400x1,080
背面カメラ広角:180MP
超広角:8MP
テレマクロ:5MP
バッテリー5,000mAh
前面カメラ16MP
カラーセレスティアブルー
ムーンライトホワイト
メテオライトグレー
発売日2021年11月5日
詳細Xiaomi 11T Proレビュー

Xiaomi 11T ProはSnapdragon 888を搭載したハイエンドスマホで、3Dゲームをプレイするなどハードにスマホを使うユーザー向けの1台です。

カメラ性能にもこだわっているのが特徴で、超大型イメージセンサーを搭載した180MPの広角カメラを搭載しています。

スマホで写真を撮影する機会が多いユーザーにとっても最適なスマホです。

さらに5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、120Wでの超高速充電に対応しています。

一方で重量が204gとやや重く、持ちにくいと感じる人もいるので注意が必要です。

可能であれば実機をチェックし、問題なさそうか確認したほうがいいでしょう。

Xiaomi 11T Proの価格

Xiaomi 11T Proの価格
Xiaomi公式128GB:69,800円
256GB:79,800円
公式サイトを見る
OCN モバイル ONE128GB:56,140円ocn mobile one公式サイトを見る
IIJmio128GB:52,980円公式サイトを見る

Xiaomi 11T Proの直販価格は69,800円で、Snapdragon 888を搭載したスマホとしては激安レベルの価格です。

非常にコスパがいいスマホなので、ハイエンドスマホを安価に購入したいと考えているなら、ぜひXiaomi 11T Proを検討してみてください。

MVNO事業者(格安SIM)で高性能端末としても販売されているので、セール時が狙い目です。

Xiaomi 11T

Xiaomi 11 T

画像引用元:xiaomi-11t

Xiaomi 11T
サイズ幅:76.9mm
高さ:164.1mm
厚み:8.8mm
重量203g
画面サイズ6.67インチ
OS種類MIUI 12.5(Android 11準拠)
CPUMediaTek Dimensity 1200-Ultra
CPUコア数オクタコア
ストレージ(ROM)128GB
メモリ(RAM)8GB
インターフェースUSB Type-C
画面解像度2,400x1,080
背面カメラ広角:180MP
超広角:8MP
テレマクロ:5MP
バッテリー5,000mAh
前面カメラ16MP
カラーセレスティアブルー
ムーンライトホワイト
メテオライトグレー
発売日2021年11月5日
詳細Xiaomi 11Tレビュー

Xiaomi 11Tは、前述したXiaomi 11T ProよりSoCの性能が下がった分より安価に購入できるスマホです。

この2デバイスは同日に発売されており、Xiaomi 11Tは廉価版の位置づけです。

搭載しているMediaTek Dimensity 1200-UltraはSnapdragon 888より性能が低いとはいえ、MediaTek製チップの中では最高性能のものなので、実用性に問題はありません。

Snapdragon 870程度の性能なので、長期利用を検討している人にも向いています。

カメラ性能やバッテリー性能、充電性能などは上位モデルのXiaomi 11T Proとほぼ同等です。

重量がやや重いというデメリットも共通なので、持ちやすさを重視する人は実機をチェックすることをおすすめします。

Xiaomi 11Tの価格

Xiaomi 11Tの価格
Xiaomi直販54,800円公式サイトを見る
OCN モバイル ONE47,938円ocn mobile one公式サイトを見る
mineo51,480円mineo公式サイトを見る
IIJimio47,850円公式サイトを見る

Xiaomi 11TはXiaomi 11T Proより15,000円程度安く販売されています。

3Dゲームをプレイする場合はチップの性能差が影響するため、上位モデルがおすすめです。

しかし、日常利用がメインの場合は体感差を感じることは少ないため、Xiaomi 11Tを検討してみてもいいでしょう。

Mi 11 Lite 5G

Mi 11 Lite 5G

画像引用元:mi-11-lite-5g

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gのスペック
サイズ幅:75.73mm
高さ:160.53mm
厚み:6.81mm
重量159g
画面サイズ6.55インチ
OS種類MIUI 12(Android 11準拠)
CPUQualcomm Snapdragon 780G
CPUコア数オクタコア
ストレージ(ROM)128GB
メモリ(RAM)6GB
インターフェースUSB Type-C
画面解像度2,400x1,080
背面カメラメイン:6,400万画素
超広角:800万画素
テレマクロ:500万画素
バッテリー4,250mAh
前面カメラ2,000万画素
カラートリュフブラック
シトラスイエロー
ミントグリーン
発売日2021年7月2日
詳細Mi 11 Lite 5Gレビュー

Mi 11 Lite 5Gは6.55インチの大画面、4,250mAhの大容量バッテリーでありながら、159gという圧倒的な軽さが魅力のスマホです。

重さは159g、薄さは6.81mmと、他のスマホにはない唯一無二の洗練されたデザインです。

またベゼル幅は1.88mmなので、没入感抜群で動画やゲームを楽しめます。

シンプルで軽くて美しいスマホが欲しいならMi 11 Lite 5Gがおすすめです。

軽くて持ちやすいスマホ、ミドルレンジでストレスなく使えるスマホを探している人に向いています。

Mi 11 Lite 5Gの価格

Mi 11 Lite 5Gの価格
Xiaomi公式43,800円公式サイトを見る
OCN モバイル ONE34,040円ocn mobile one公式サイトを見る
BIGLOBEモバイル38,544円公式サイトを見る
mineo40,920円mineo公式サイトを見る

Mi 11 Lite 5Gは、Xiaomiの直販サイトのほか、OCNモバイルONEやmineoなどのMVNOで購入できます。

デザイン面に目が行きがちですが、スペックにおいてもミドルレンジスマホとして十分なレベルです。

これだけの性能がありながら4万円台で購入できるので、コスパ重視の人はぜひ検討してみてください。

Redmi Note 11 Pro 5G

Redmi Note 11 Pro 5G

画像引用元:Redmi Note 11 Pro 5G | Xiaomi Japan

Redmi Note 11 Pro 5G
画面サイズ約6.67インチ
FHD+(1,080 x 2,400)
AMOLED 395ppi
リフレッシュレート最大120Hz
本体サイズ高さ:164.19mm
幅:76.1mm
厚さ:8.12mm
重さ202g
アウトカメラ広角:約1億800万画素
超広角:約800万画素
マクロ:約200万画素
インカメラ約1,600万画素
バッテリー5,000mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 695 5G
認証指紋・顔
防水・防塵IP53等級
カラーポーラーホワイト
グラファイトグレー
アトランティックブルー
詳細Redmi Note 11 Pro 5Gレビュー

Redmi Note 11 Pro 5Gは、2022年5月に発売したRedmi Noteシリーズの最新モデルです。

低価格ながら、耐久性の高い有機ELディスプレイ(CORNING GORILLA GLASS 5)と高画素カメラを搭載したモデルです。

CPUはSnapdragon 695で、通常の使い方なら一切困ることのない優秀な処理速度となっています。

大容量5,000mAhのバッテリーに加えて同梱のターボチャージ充電器を使えば15分で約50%の急速充電が利用できます。

注目したいのはカメラ機能です。8K動画も撮影できる1億800万画素の高角カメラにくわえて、スマホには珍しいマクロカメラも搭載。

おサイフケータイには対応していますが、防水・防塵性能はIP53と生活防水程度となっているため、水回りでの使用には注意が必要です。

Redmi Note 11 Pro 5G の価格

Redmi Note 11 Pro 5Gの価格
Xiaomi直販44,800円公式サイトを見る
mineo40,920円mineo公式サイトを見る
イオンモバイル41,800円公式サイトを見る
OCN モバイル ONE46,449円ocn mobile one公式サイトを見る
IIJmio38,800円公式サイトを見る
楽天モバイル42,980円公式サイトを見る

Redmi Note 11 Pro 5G の直売価格は44,800円

同じ価格帯の製品の中では、最高クラスのカメラ性能を誇ります。

また、各種格安SIMでも取り扱っているモデルなので、今後のことを考えて5G対応モデルへの機種変更を考えている人にもおすすめです。

Redmi Note 11

Redmi Note 11

Redmi Note 11
サイズ幅:73.87mm
高さ:159.87mm
厚み:8.009mm
重量179g
画面サイズ6.55インチ
OS種類MIUI 13(Android 11準拠)
CPUQualcomm Snapdragon 680
CPUコア数オクタコア
ストレージ64GB
メモリ(RAM)4GB
インターフェースUSB Type-C
画面解像度2,400x1,080
背面カメラ広角:50MP
超広角:8MP
マクロ:2MP
深度測定:2MP
バッテリー5,000mAh
前面カメラ13MP
カラースターブルー
トワイライトブルー
グラファイトグレー
発売日2022年3月10日
詳細Redmi Note 11 レビュー

Redmi Note 11はSnapdragon 680を搭載したミドルレンジスマホで、日常利用をメインとする人に最適です。

カメラ性能が高く、外部ストレージにも対応。バッテリー容量も5,000mAhと十分なので、外出先で1日中スマホを使う人にもおすすめです。

ミドルレンジスマホでありながらもOLEDを搭載しており、画質重視の人でも満足できるでしょう。

Redmi Note 11の価格

Redmi Note 11の価格
Xiaomi直販21,080円公式サイトを見る
mineo23,760円mineo公式サイトを見る
OCN モバイル ONE21,500円ocn mobile one公式サイトを見る
IIJimo21,800円公式サイトを見る
イオンモバイル25,080円公式サイトを見る
LIBMO25,872円公式サイトを見る

Redmi Note 11の直販価格は24,800円とエントリーモデル並の価格で販売されています。

この価格でミドルレンジスマホ相当のスマホが購入できると考えると、非常にコスパに優れた1台です。

購入できる会社も多く、セット割りやセールなどで1万円代にまで下がることもあります。

もしも安くなっていたら非常にお買い得な機種です。

Redmi Note 10T

Redmi note 10

画像引用元:Redmi Note 10t 仕様 | Xiaomi 公式(日本)

Redmi Note 10T
画面サイズ約6.5インチ
本体サイズ約76×163×9.0mm
重さ約198g
アウトカメラ約5,000万画素+約200万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー5,000mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUSnapdragon™ 480 5G
(オクタコア)
2.0GHz+1.8GHz
防水IPX5/IPX8
防塵IP6X
カラーナイトタイムブルー、アジュールブラック、レイクブルー
詳細Redmi Note 10Tの実機レビュー

Redmi Note 10TはRedmi Note 9Tの後継機として登場した、コスパ重視の機種です。

Snapdragon 480搭載の5G対応エントリーモデルで、リフレッシュレート90Hzの6.5インチの大画面はベゼルも細く、動画視聴などは非常に快適に行えます。

防水・防塵性能は最高クラスのIP68なので雨の日などにも安心感があり、バッテリーも5,000mAhの大容量です。

全体的にゲームや動画編集などの重たい処理には向いていませんが、通常利用であれば不満のないスペックです。

Redmi Note 10T の価格

Redmi Note 10T の価格
Xiaomi公式34,800円公式サイトを見る
ソフトバンク27,360円公式サイトを見る
OCN モバイル ONE31,500円ocn mobile one公式サイトを見る
イオンモバイル34,980円公式サイトを見る
mineo32,208円mineo公式サイトを見る
IIjmio29,800円公式サイトを見る

Redmi Note 10Tは各種携帯会社から発売されていますが、ソフトバンクで購入すれば最安27,360円で購入可能。

3万円以下の低価格で5G対応。しかも、同価格帯のモデルと比較しても十分に高いスペックです。

Redmi Note 10 JE

Redmi Note 10 JE

画像引用元:Xiaomi Redmi Note 10 JE – 5G Pioneer | Xiaomi Japan

Redmi Note 10 JE
ディスプレイ6.5インチ
本体サイズ高さ:163mm
幅:76mm
厚さ:9.0mm
重さ200g
アウトカメラメイン:4,800万画素
マクロ:200万画素
深度:200万画素
インカメラ800万画素
バッテリー4,800mAh
RAM4GB
ROM64GB
SoC(≒CPU)Snapdragon 480 5G
OSMIUI 12.5
認証指紋・顔
おサイフケータイ対応
カラークロームシルバー・グラファイトグレー

Redmi Note 10 JEはXiaomiとしては珍しくキャリア専売モデルとして展開しているデバイスです。

取り扱っているキャリアKDDIのみ。中古以外だと、auとUQモバイルで購入可能です。

スペック面では、最高レベルであるIP68の防水防塵性能・5G対応・大容量バッテリー・6.5インチ FHD+のディスプレイと、機能が充実しています。

必要十分な機能が備わったミドルレンジスマホなので、「スマホにこだわりはないけどそれなりの性能は欲しい」という方におすすめです。

Redmi Note 10 JEの価格

Redmi Note 10 JEの価格
au28,765円公式サイトを見る
UQモバイル28,765円公式サイトを見る
※1: スマホトクするプログラム適用の場合

Redmi Note 10 JEはau・UQモバイルのどちらでも28,765円と非常に安価です。

重い3Dゲームをプレイするのでもない限り十分なスペックなので、安価でそれなりに使えるスペックのスマホを探している人はぜひ検討してみてください。

ただし、キャリア経由でしか販売されていないので調達難易度がほかのデバイスより高いのがデメリットです。

Redmi Note 10 Pro

Redmi Note 10 Pro

画像引用元:redmi-note-10-pro

Redmi Note 10 Pro
画面サイズ6.67インチ
本体サイズ高さ:164mm
幅:76.5mm
厚さ:8.1mm
重さ約193g
アウトカメラ標準:1億800万画素
超広角:800万画素
マクロ: 500万画素
深度:1,600万画素
インカメラ約1,600万画素
バッテリー5,020mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 732G
認証顔・指紋
防水IPX3
カラーオニキスグレー・グレイシャーブルー・
グラディエントブロンズ
詳細Redmi Note 10 Pro 評価レビュー

Redmi Note 10 Proは2021年4月発売のXiaomiスマホです。

低価格スマホでありながら、カメラ性能が高いのが大きな特徴です。

メインカメラは180MPと数値で見てもすごいのですが、さまざまな機能を搭載しているためハイクオリティな写真を撮影できます。

「AIポートレートモード」「長時間露光モード」などの機能を使って、写真撮影を楽しみましょう。

Redmi Note 10 Proの価格

Redmi Note 10 Proの価格
Xiaomi公式31,800円公式サイトを見る
OCN モバイル ONE31,500円ocn mobile one公式サイトを見る
mineo31,680円mineo公式サイトを見る
イオンモバイル33,880円公式サイトを見る

Redmi Note 10 Proは直販サイトや格安SIMで発売されています。

Xiaomi直販価格は31,800円となっており、比較的購入しやすいデバイスです。

ミドルレンジスマホを検討しているなら、選択肢の1つに入るでしょう。

Redmi Note 9T

Redmi Note 9T Xiaomi公式サイト

画像引用元:Redmi Note 9T

機種名Redmi Note 9T
(ソフトバンクモデル)
画面サイズ6.53インチ
本体サイズ高さ:162mm
幅:77mm
厚さ:9.1mm
重さ約200g
アウトカメラ約4,800万画素
約200万画素
約200万画素
(トリプルレンズ)
インカメラ約1,300万画素
バッテリー容量5,000mAh
RAM4GB
ROM64GB
OSMIUI 12
(Android 10ベース)
CPUMediaTek Dimensity 800U
2.4GHz+2.0GHz
認証指紋 / 顔
防水防滴
外部メモリ容量最大512GB
カラーナイトフォールブラック
デイブレイクパープル
5G対応
FeliCa/おサイフケータイ対応
価格21,600円
詳細Redmi Note 9T 評価レビュー

「Redmi Note 9T」は、ソフトバンクが国内独占販売する5Gスマホです。

ミドルレンジデバイス向けSoCを搭載しており、さまざまな用途で快適に使用可能。6.53インチの大画面なので、動画鑑賞に使いたい人でも満足できるでしょう。

さらに、臨場感溢れる動画や音楽を楽しめるデュアルオーディオスピーカーを内蔵していて、48MPのAIトリプルカメラや長持ちバッテリー、おサイフケータイなども搭載。

ソフトバンクユーザーで機種代金を抑えたいのであればおすすめの機種です。

Redmi Note 9Tの価格

Redmi Note 9Tの価格
ソフトバンク21,600円公式サイトを見る
※新トクするサポート+適用の場合

元々も21,600円と低価格ですが、ソフトバンクの購入プログラム(新トクするサポート+)を適用すれば10,800円になり、5Gスマホの中でトップクラスの安さです。

5Gスマホを格安で購入したいならRedmi Note 9Tに決まりです。

Redmi 9T

Xiaomi Redmi 9T

画像引用元:Redmi 9T

Redmi 9T
ディスプレイ6.53インチ
本体サイズ高さ:162.3mm
幅:77.3mm
厚さ:9.6mm
重さ198g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:800万画素
マクロ:200万画素
インカメラ800万画素
バッテリー6,000mAh
RAM4GB
ROM64GB
SoC(≒CPU)Snapdragon 662
OSMIUI 12
(Android 10ベース)
認証指紋・顔
おサイフケータイ×
カラーオーシャングリーン・カーボングレー
詳細Redmi Note 9Tのレビュー

Redmi 9Tは、6,000mAhの大容量バッテリーが特徴的です。

Xiaomi製のスマホは5,000mAh前後の大容量バッテリーを搭載しているものが多いですが、Redmi 9Tはさらに大容量のバッテリーを搭載しています。

Xiaomiの公式サイトによると、待ち受けで28日、動画再生で17時間も使える仕様となっています。

指紋・顔認証つきで、4,800万画素カメラ+超広角カメラ付きと、スタイリッシュなデザインも含めて値段以上に使える・見える機種ではないでしょうか。

Redmi 9Tの価格

Redmi 9Tの価格
Xiaomi直販17,490円在庫なし
イオンモバイル17,380円BIGLOBEモバイルイオンモバイル公式サイト

Redmi 9Tは、現時点では一番古いモデルということもあり購入できる場所は限られていますが、最安価格なら20,000円以下で購入可能

できるだけ電池持ちの良いスマホを購入したい人にとっては、文句の無い機種だと思います。

格安SIMと合わせてサブ利用機にするのもおすすめです。

Xiaomi歴代スマホの比較一覧表

Xiaomi Mi 10 Lite 5G

画像引用元: Xiaomi Japan

ここまで紹介してきた機種の価格・発売日を一覧にまとめました。

Xiaomiのスマホ購入の際は比較・検討の材料にしてください。

なお、販売場所が複数ある場合は、最安値をピックアップしています。

機種名価格発売日
POCO F4 GT74,800円2022年6月23日
Redmi Note 11 Pro 5G38,800円2022年5月30日
Redmi Note 10T27,360円2022年4月22日
Redmi Note 1121,500円2022年3月10日
Xiaomi 11T Pro128GB: 52,980円
256GB: 79,800円
2021年11月5日
Xiaomi 11T43,500円2021年11月5日
Redmi Note 10 JE28,765円2021年8月13日
Mi 11 Lite 5G34,040円2021年7月2日
Redmi Note 10 Pro31,500円2021年4月16日
Redmi Note 9T21,600円2021年2月26日
Redmi 9T17,380円2021年2月5日

キャンペーンや割引プログラムによっては上記の価格より安価に購入できる可能性もあるので、購入の際には各販路の公式サイトをチェックしてみてください。

ゲーミングモデルの「POCO」が登場するなど、コスパの良さとスペックの高さを両立した機種も多数販売されています。

キャリアで購入できる機種は限られていますが、オンラインショップや楽天・AmazonのXiaomi公式ストアで簡単に入手できるので、格安SIMで使うための端末としてもおすすめです。

ただし、上記のデバイスは全て日本国内現行販売モデルとしてXiaomi公式サイト上に掲載されてはいますが、発売日が古いものは欠品も出始めています。

購入したいスマホによっては、いくつかの販路をチェックしなければならない可能性があるので注意してください。

コスパ重視はもちろん、性能で選びたい人にもXiaomiはおすすめ!

Redmi Note 11

画像引用元:Redmi Note 11

Xiaomiのスマホはハイエンドからミドルレンジまでそろっており、求めるスペックや機能に応じて最適なデバイスを選べます。

いずれのデバイスもコスパに優れており、安価でも性能のいいスマホを購入したい人におすすめです。

Xiaomiスマホのおすすめポイント
  • 高品質・高性能なスマホを安価に購入可能
  • 直販モデルが多く、キャリア以外の販路が豊富(一部キャリアモデルあり)
  • 格安SIMでの購入端末に最適
  • ハイエンドからミドルレンジまで多種多様
  • どの機種を選んでも価格以上のハイスペック
  • 2022年6月にゲーミングモデル「POCO」が日本上陸

価格を見ても高額なスマホはないため、ハイエンドモデルを探している人は候補から除外してしまっているかも知れません。ですが、実際には他社で10万円以上するような機種と同等のスペックの機種が登場しています。

処理速度やカメラなどの面で高性能な機種を求めている人も、最新機種から過去モデルまで一通りチェックしてみてください。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。