人気のドコモXperiaシリーズへできるだけ安く乗り換える方法

人気のドコモXperiaシリーズへできるだけ安く乗り換える方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Xperiaシリーズは、幅広い層に人気を誇るソニーモバイルコミュニケーションズのスマホです。

中でも2016年冬~2017年夏モデルとして発売されたXperia X Compact SO-02JXperia XZs SO-03JXperia XZ Premium SO-04Jの人気は高く、根強いファンがいることでも有名です。しかし、後継のXperia XZ1 Compact SO-02KとXperia XZ1 SO-01Kが2017年11月に発売されたこともあり、旧機種をお得に機種変更するチャンスです。まずは各端末のスペックを見ていきましょう。

他のドコモの機種と比較してどれくらい人気があるかも気になるところだと思います。Xperiaはスマホとしての歴史も長く、Android界ではトップに位置する存在ですので、ここを基準にすると他のスマホが良く見えなくなるかもしれません。

Xperia X Compact SO-02J

カラーは4色展開です。

Mist Blue、White、Soft Pink、Universe Blackですが、現在生産が行われているのはSoft Pinkのみです。

ディスプレイ

4.6インチ
高さ 約129mm
幅 約65mm
厚さ 約9.5mm
重さ  約135g

連続待ち受け時間(静止時)

LTE 約540時間
3G 約600時間
GSM 約470時間

連続通話時間(最大)※状況により変化有

LTE(VoLTE)  約850分
LTE(VoLTE:ビデオコール) 約280分
3G 約730分
GSM 約620分

電池持ち時間(最大)※状況により変化有

約95時間

充電時間

ACアダプタ06またはmicroUSB変換アダプタ B to C 01 
約155分

CPU

Qualcomm MSM8956
1.8GHz(デュアルコア)+1.4GHz(クアッドコア)
ヘキサコア

OS

AndroidTM 6.0
バージョンアップが必要な場合がありますが、7.0にも対応しています。

内蔵メモリ

ROM 32GB
RAM 3GB

UIMサイズ

nanoUIM
SIMロック解除可

バッテリー

2700mAh

電池パック取り外し不可

Xperia X Compact SO-02Jの特徴

4.6インチの小型で女性や手の小さい方でも持ちやすいサイズです。
またデザインも光沢があり、スッキリしています。

カメラセンサーは3種類搭載され、手軽に綺麗な写真が撮れることも魅力です。
カメラ機能は色々とこだわりがあり、手のひらをかざすだけでシャッターが反応する「ハンドシャッター」機能が搭載されています。
またカメラ起動から撮影までは0.6秒で行うことが可能で、アクティブな写真を撮りやすい「先読みオートフォーカス」も搭載されています。

音楽はハイレゾ音源に対応しているため、音質にこだわりのある方にもぴったりです。

バッテリーも状況に合わせて劣化を防ぐ「いたわり充電」が採用されているため、2年以上使用しても劣化しにくいことが特徴です。
また充電差し込み口は上下が関係なく、どちらからでも差し込み可能です。上下を間違えないので破損も防げます。

Xperia X Compact SO-02Jをお得に機種変更したいなら?

ドコモオンラインショップでは、Xperia X Compact SO-02Jの機種変更に対応しています。

新規変更、MNP、機種変更の最安値に変化はありません。
オンラインショップでは月額実質負担金が648円となっています。
24回払いなので、15552円が端末料金です。

ただしXperia X Compact SO-02Jは2016年11月発売の端末で、現在の生産はSoft Pinkしか行われていないことからオンラインショップでは品切れになっていることもあります。
その場合は店頭に在庫があるか確認を取ってみましょう。どちらにしても機種代金は変わりません。

Xperia XZ1 Compact SO-02Kがドコモで2017年11月17日から発売されているため、もし購入できない場合はこちらを候補に入れても良いでしょう。

バッテリー容量やディスプレイサイズに変化はありませんが、電池持ちは後継機種が優れています。
RAMも3GBから4GBに性能がアップしており、AndroidTM 8.0に対応しています。
CPUはSnapdragon 835 (Qualcomm MSM8998)2.45GHz(クアッドコア)1.9GHz(クアッドコア)オクタコアです。

ただしやや端末本体が重くなっていることと、連続待ち受け時間の減少はあります。また数分ですが充電時間も長くなっています。その点は端末本体の性能が上がったことに関わっています。
Compactシリーズはどちらもカメラと音楽にこだわりを見せています。Xperia XZ1 Compact SO-02Kでは3D撮影に対応している他、本格的なオーディオを搭載し迫力ある音楽を聴くことができます。
カメラの搭載機能もグレードアップしており、連写などに対応していることが特徴です。

Xperia XZ1 Compact SO-02Kは月額実質負担金が1107円で契約できます。合計で26568円が端末の負担金になります。
それほど大幅な機種代金の増加ではありません。こちらも新規契約、MNP、機種変更どの形態でも最安値に変化はありません。

Xperia XZ Premium SO-04J

カラーは3色展開です。
Rossoは2017年10月27日に発売された新色です。
Deepsea BlackとLuminous Chromeは2017年6月16日から発売されています。

ディスプレイ

5.5インチ
高さ 約156mm
幅 約77mm
厚さ 約7.9mm

重さ 約191g

連続待受時間(静止時)

LTE 約460時間
3G 約500時間
GSM 約350時間

連続通話時間(最大)※状況により変化有

LTE(VoLTE) 約1140分
LTE(VoLTE(HD+)) 約960分
LTE(VoLTE:ビデオコール) 約350分
3G 約1150分
GSM 約740分

電池持ち時間 (最大)※状況により変化有

約105時間

バッテリー

3230mAh

充電時間

ACアダプタ 04/ポータブルACアダプタ 01
約200分
ACアダプタ 05またはACアダプタ 06
約185分

CPU

Qualcomm MSM8998
2.45 GHz(クアッドコア)+1.9 GHz(クアッドコア)
オクタコア

OS

AndroidTM 7.1

内蔵メモリ

ROM 64GB
RAM 4GB

UIMサイズ

nanoUIM

SIMロック解除可

電池パック取り外し不可

Xperia XZ Premium SO-04Jの特徴

2017年5月23日時点で世界初の4KHDR映像対応のディスプレイが特徴です。

色鮮やかでコントラストもはっきりしているため、動画だけでなくサイトの文字も見やすい仕様です。
dTVを見る時にも4KHDR動画が見られるため、美しい映像にこだわりがある方にぴったりです。

またカメラ機能にも独自性を備えています。こちらも世界初の機能が搭載されており、メモリ積層型イメージセンサーを利用した高速撮影が可能になっています。
また一般的なビデオの32倍のスーパースローモーションも使えます。

1回シャッターを押すと最大で4枚の写真が記録される先読み撮影もあり、撮りたい瞬間が撮影できます。連写機能にもオートフォーカスがかけられるので、動きのある写真も綺麗に撮影可能です。

もちろんハイレゾ音源にも対応しており、音楽にこだわりがある方にも最適です。

Xperia XZ Premium SO-04JはXperiaの人気機種の中でも最大のメモリを持っていることが魅力です。
やや本体の重さは重くなりますが、CPUも最新のものでRAM4GB、ROM64GBのメモリを搭載しているので動きがスムーズです。

大容量の通信を行う場合や、スマホの動作のスムーズさを重視する方に向いています。
端末内に不要なタスク消去が自動で行えるスマートクリーナーが搭載されているので、更に快適です。

連続待受時間と連続通話時間はXperia X Compact SO-02Jに比べると少し短く設定されています。また充電時間はやや長めです。
ただしバッテリー容量は多いため、ストレスなく使える範囲です。
5.5インチと少し大きめの画面で、見やすいディスプレイが魅力です。

Xperia XZ Premium SO-04Jをお得に機種変更したいなら?

ドコモオンラインショップでは、Xperia XZ Premium SO-04Jの機種変更に対応しています。
2017年11月時点では3色とも在庫があるので、好きなカラーを選択可能です。

Xperia XZ Premium SO-04Jは機種変更、新規契約ともに月額実質負担金が1647円となっています。
他社からのりかえの場合には月額実質負担金が648円になっているため、Xperia XZ Premium SO-04Jに機種変更を考えているなら他社からMNPがお得です。

Xperia XZs SO-03J

カラーは4色展開です。
Ice Blue
Warm Silver
Black
Citrus

ディスプレイ

5.2インチ

高さ 約146mm
幅 約72mm
厚さ 約8.1mm

重さ 約161g

連続待受時間(静止時)

LTE 約590時間
3G 約650時間
GSM 約480時間

連続通話時間(最大)※状況により変化有

LTE(VoLTE) 約1220分
LTE(VoLTE(HD+)) 約1070分
LTE(VoLTE:ビデオコール) 約270分
3G 約 850分
GSM 約 740分

電池持ち時間(最大)※状況により変化有

約95時間

バッテリー

2900mAh

充電時間

ACアダプタ 04/ポータブルACアダプタ 01
約180分

ACアダプタ 05
約160分

ACアダプタ 06
約160分

CPU

Qualcomm MSM8996
2.2GHz(デュアルコア)+1.6GHz(デュアルコア)
クアッドコア

OS

AndroidTM 7.1

内蔵メモリ

ROM 32GB
RAM 4GB

UIMサイズ

nanoUIM

SIMロック解除可
電池パック取り外し不可

Xperia XZs SO-03Jの特徴

Xperia XZs SO-03Jはカメラにこだわりが強く、先読み撮影機能やスーパースローモーションなど多彩な機能を搭載しています。
Xperia XZと比べて5倍の画像読み出し速度を備えているので、スムーズな撮影が可能です。
暗いところでも撮影がしやすいように、大型ピクセルのセンサーも搭載されています。

内蔵メモリは4GBの大容量で、操作も快適です。アプリの起動やレスポンスも高速なので、使いやすさを重視する方にも向いている端末です。
スマートクリーナーが内蔵されているため、不要なタスクは自動的に消去されます。

Xperia XZs SO-03Jは充電を最適に行えるよう「いたわり充電」機能が搭載されています。
使用者の行動に合わせた充電が可能なため、バッテリーの劣化を長期間防ぐことができます。

またバッテリーに関しては使用中の節電レベルを設定できることが特徴です。
3種類のレベル設定が可能なSTAMINAモードを搭載しています。

普段の使用者の行動から学習を行い、STAMINAモードのONを通知する機能もあります。

電池がなくなる見込み時間を知らせてくれる他、STAMINAモードをONに切り替えることでどのくらいの時間まで電池が持つかを教えてくれます。

またハイレゾ音源対応で、高品質な音楽を聴くことが可能です。ソニーならではの技術で、スマホでも快適に音楽を楽しめます。

端末本体の素材はメタルで、サンドブラスト加工を施しています。カラーも4色展開で男女問わず使いやすい端末が揃っています。

Xperia XZs SO-03Jをお得に機種変更したいなら?

ドコモオンラインショップでは、Xperia XZs SO-03Jの機種変更に対応しています。
機種変更、または新規契約の月額実質負担額は1080円です。

他社からのりかえを行う場合には割引適用があるため、月額実質負担額は648円となっています。

Xperia XZs SO-03Jに機種変更するなら、他社からMNPを行うのが一番お得です。
2017年11月時点では4色とも在庫があるため、好きなカラーを選ぶことができます。

Xperia XZs SO-03Jは2017年11月17日より端末購入サポートの対象機種となっています。

端末購入サポートは「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」「シンプルプラン(スマホ)」「データプラン(スマホ/タブ)」のどれかに加入した上で、指定のパケットパックまたはシェアオプションに加入することが条件です。

また12ヶ月の継続契約が条件になっているため、最低でもドコモで1年継続して契約を行う必要があります。

Xperia XZs SO-03Jの端末購入サポートは現時点で他社からのりかえの場合のみ適用されます。
その他の購入時には月々サポートのみが適用になっているので注意しましょう。

ドコモのXperiaシリーズに機種変更する際、共通で利用できる主なキャンペーンは2017年11月現在2種類です。

まずは家族まとめて割が利用できます。※2017年11月30日までのキャンペーンです。
家族で2台以上対象機種を購入し、「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」「シンプルプラン(スマホ)」「データプラン(スマホ/タブ)」のどれかに加入することが条件です。

対応プランは2年定期契約型もしくはハーティ割引です。
その上でシェアパック、シェアオプションを契約する必要があります。
1台あたり5184円がその場で値引きされます。

2つ目のキャンペーンは下取りプログラムです。
最大46000ポイントがもらえるため、持っている機種によっては大きな値引きを受けることが可能です。
ポイントはドコモの支払いにあてることができます。

ただし下取りができる端末は一定の条件を満たしたものになります。
正常に動作することやネットワーク制限がかかっていないことなどが条件です。また付属品も全てセットになります。
なお正規の商品であることも条件のひとつです。

どんな人にどの機種が向いている?

他社からのMNPを考えている場合

Xperia XZs SO-03J
Xperia XZ Premium SO-04J

どちらもMNPのみ対象で機種代金の割引があります。特にPremium SO-04Jは新規や機種変更と比べて大幅に値引きされているためお得です。

中古端末の利用を考えている場合

Xperia X Compact SO-02J

2016年冬の発売機種のため、現在ドコモオンラインショップでも在庫切れが発生しています。
また生産終了のカラーもあるため、白ロムを購入するつもりならXperia X Compact SO-02Jも機種変更の対象になるでしょう。

ただし他の機種はMNPの場合月額648円で機種変更が可能ですし、新規や機種変更のみの場合でも20000円~40000円程度が実質負担金額です。
Xperia X Compact SO-02Jの白ロム価格は40000円~60000円程度が相場になっているため、よほど思い入れがなければドコモオンラインショップの在庫が入荷するのを待った方が良さそうです。

最新の機種に変更したい場合

Xperia XZ1 Compact SO-02K
Xperia XZ1 SO-01K

2017年11月17日に発売されたばかりの最新機種です。

Xperia XZ1 Compact SO-02KはXperia X Compact SO-02Jの後継機種となります。
月額実質負担額は1107円です。24回払いで合計26568円で機種変更できます。白ロムでXperia X Compact SO-02Jに機種変更するよりお得なので、Xperia X Compact SO-02Jが欲しかったけれど手に入らないと考えている方にもおすすめです。

Xperia XZ1 SO-01KはComoactよりやや高めの月額1512円の設定ですが、ROM64GB、RAM4GBの高性能機種です。
一番最新のXperiaに機種変更したい場合は、こちらの機種も候補に入れてみましょう。

機種変更前の注意点

機種変更時にはいくつか気をつけておきたいポイントがあります。お得に機種変更を行いたいのであれば気を配っておきましょう。

他キャリアからのMNPを行う場合

契約更新月にMNPを行う
他キャリアからMNPを行う場合、違約金が発生するケースがあります。多いパターンは2年縛りの途中でMNPを行う場合です。

自分の更新月は公式サイトのマイページなどで確認することができます。機種変更前にチェックしておきましょう。

3キャリアの場合、更新月は契約満了月から2ヶ月間に設定されています。格安SIMの場合は以前まで縛りがないことが多くなっていましたが、最近は値引きを前提に2年~4年程度の縛りを設けているところがあります。

更新月は契約満了月から1か月に設定されているところが多いため、注意しておきましょう。

どの会社も違約金が9500円に設定されていることが多いですが、会社によっては継続している期間の長さで違約金が変わることもあります。

MNPには手数料がかかる

MNPを行う場合は手数料がかかります。解約する会社だけでなく、ドコモ側でも手数料が発生するため覚えておきましょう。

MNP転出手数料は解約する会社に支払う手数料です。MNP予約番号を取得する際に必要になります。

キャリアは3000円ですが、格安SIM系は2000円に設定されていることもあります。
またドコモでXperiaを契約する際には、新規事務手数料がかかります。こちらは3000円です。

そして契約解除手数料(違約金)がかかる場合のことも考えておきましょう。

解約月にかかる費用

別の会社からMNPまたは新規契約でドコモを契約する場合、解約する会社の月額料金が割り増しになることがあります。

特に2年定期契約などを行っている場合、月額料金の割引がなくなることで解約月の料金が高くなります。

auの場合
毎月割は解約月の場合対象にならないため、割引が少なくなります。また月の途中で解約した場合でも、2年契約(誰でも割)」などの基本料金は日割りではなく1か月分の請求です。

以前までは更新月の1日中に解約を行えば月額費用がかからないシステムがありましたが、すでに契約している方を除いて2016年12月でルール自体が廃止されています。
基本的には更新月は割高な月額料金がかかるものと思っておきましょう。

ソフトバンクの場合
更新月の前に日割りになるようプラン変更をしておくことができます。ただし内容が複雑なため、スタッフに確認しながら行うことが大切です。

もちろんスタッフも分からないようなシステムがあることも考えられるため、必ず前月にプラン変更しておけば解約月の負担が減らせるわけではありません。

基本は1か月分の割引適用なしの料金がかかるものと思っておきましょう。

ドコモオンラインショップで契約する
ドコモの店頭では、頭金が設定されていることがあります。

この頭金は店舗によって設定が異なるため、お得に契約できる店舗を探すことも可能です。
ただし頭金を不要とする代わりにオプション加入が必須になっていたり、店頭で契約を行うと不利になることもあります。

もちろんスタッフと相談しながら契約を進められるため安心感はありますし、プランを間違えることもありません。
ですがお得に機種変更を行うことを一番に考えているなら、どこもオンラインショップが有利です。

オンラインショップは自分で手続きを行わなければならない分、余計なオプションはつける必要がなくなります。

また頭金も無料です。
ドコモの店頭だけでなく家電量販店でもドコモ端末を取り扱っていることがありますが、この場合も頭金が発生することが多いためオンラインを使うようにしましょう。

ドコモのオンラインショップで契約をするメリット

ドコモオンラインショップでは、好きなようにプランを選択することができます。
ドコモのスタッフに聞きながら契約した方が一番安いプランを契約できるのでは?と思いがちですが必ずしもそうではありません。

スタッフの知識は人によってかなり代わってきますし、安いプランを勧めてくれるスタッフだけではありません。
自分で最安値プランを探したり、気になる場合はコールセンターなどを利用することで適切なプランを知ることができます。

また店舗ではほぼ必ず契約までに待ち時間が発生し、契約完了までに時間も要します。
オンラインショップの場合はスマホも自宅へ郵送されてくるため、時間を効率的に使えます。
24時間いつでも申し込めることから、多忙な方でも使いやすいシステムです。

オンラインショップでは手数料の軽減もある

ドコモを利用していて機種変更だけを考えている場合、機種を変えるだけで事務手数料が2000円かかります。
店舗や家電量販店、どこで契約しても同じです。

ですがドコモオンラインショップでは人が契約を行わないので、事務手数料が無料に設定されています。

2018年9月1日より全てのオーダーで事務手数料が無料になりました。

オンラインショップで契約するだけで2000円お得に契約できることになるため、積極的にオンラインショップを使いましょう。

貯まっているdポイントを活用する

dカードを持っている方や、ポイントクラブに加入している方はdポイントを所持していることもありますよね。
dポイントは機種変更時にも利用が可能です。機種を問わずに使えるため、持っているなら利用しましょう。

用途限定のものは使えないケースもありますが、ドコモの支払いやショッピングで貯めたポイントは全ての用途に使えます。
普段使わないで貯めているのであれば、Xperiaの機種変更時に使うようにしましょう。

端末代が安くなるので、お得に機種変更が可能です。
また支払いなどでもまたポイントが貯まっていくので、次回の機種変更に使うこともできます。

MNPを検討しているなら151に電話をしてみる

現在ドコモで契約している方が機種変更だけ行いたいと考えている場合、お得に機種変更が可能になる方法があります。
それは、ドコモにMNPを考えていることを伝えることです。

3キャリアには、MNP予約番号を取得するためのサポートダイヤルが用意されています。
問合せなども受け付けていますが、ドコモケータイ・スマホからは151に電話をします。
ナビダイヤルに従って、MNP予約番号の発行を受け付けているダイヤルに電話をかけるとオペレーターが対応してくれます。

ドコモでXperiaを契約したいのに何故MNP予約番号を発行しなければならないの?

数年前からMNPを行う場合、利用中のキャリアから引き止められるようになっています。
もちろん言葉だけでやめないで欲しいと伝えても、大半の方の心は動きません。

そのためMNPを考えていると言う方には機種変更に使えるポイント還元を行って、MNPを防ぐようにしているのです。
ドコモでもMNP予約番号を取得しようとする方に向けて引き止めが行われています。

ただし公式のキャンペーンなどとは趣旨が違うため、必ず何万円もらえると決まっているわけではありません。
またポイントがもらえる対象者などもキャリアごとに異なると言われているため、対象者にならなかった場合は案内をされることはありません。

特にポイントの案内もされずもし本当にMNPを行うつもりがない場合は、キャンセルも可能なので同じ番号に電話をしましょう。
状況によっては行われなくなることも考えられるため、早めに利用するのがお得です。
平均的には2万円~3万円程度のポイントがもらえることが多いようです。

また強くのりかえの意志を示している場合には案内を途中で諦めてしまうことも考えられるため、オペレーターの話をしっかり聞くことが重要です。
またポイントがもらえることを確認できれば、MNPをやめるかどうか検討してみることを伝えましょう。

151にMNP目的で電話をかけて機種変更に使えるポイントをもらった場合、利用できる機種が限られていることもあります。また利用期限が設定されていることもあるようです。
またドコモインラインショップで使えないクーポンをもらえることもありますので、その点は気をつけておきましょう。

もらえるクーポンやポイントの種類によっては、どこもオンラインショップを利用した方がお得になることもあります。
仮にポイントをもらっても絶対に利用しなければならないわけではありませんので、機種変更の前にMNP取得番号を予約して機種変更クーポンの詳細を確認してみるのがおすすめです。

ドコモへの機種変更時にお得なdカードを利用する

ドコモオンラインショップでdカードを使って決済を行うと、通常100円で1ポイントのところ2ポイントがもらえます。
これを利用して端末の一括払いを行うと、2%のポイントが還元されます。

もちろんdカードよりもお得な還元率のクレジットカードを盛っている場合は問題ありませんが、ドコモを利用するのであればdカードはお得です。
通話料や通信料などの支払いでもポイントが貯まり、長期契約時にもポイントがもらえるなどさまざまなサービスがあります。

Xperiaをお得に機種変更したいなら、まずdカードを作成してみることも考えてみましょう。

dカードGOLDのクーポンを利用する

dカードGOLDには、利用特典が用意されています。

ケータイやスマホの機種変更・新規購入時に使える「ケータイ割引クーポン」もそのひとつです。
dカードGOLDの年額利用料金によってもらえるクーポンの額面が変わってきます。

2017年現在では、2018年5月31日までに申し込むと、2018年5月31日まで有効期限があるクーポンをもらうことができます。

dカードGOLDの利用でもらえるクーポンの額面
年間100万円以上の利用 10800円
年間200万円以上の利用 21600円

dカードGOLDのクーポンはMNPを申し込んだ時に利用できるポイントやdポイントなどとも併用が可能です。
また店舗だけでなく、ドコモオンラインショップでも利用することができます。
おつりが返ってくるわけではないため、クーポンの額面以上の機種に利用する方がお得です。

dカードGOLDの利用特典は、自分で申し込みをする必要があります。
ケータイ割引クーポンだけでなく、同額のdファッションクーポンやdトラベルクーポンも利用特典の対象となっています。
すでに別の利用特典を申し込んでいる場合には、ケータイ割引クーポンをもらうことはできないため注意が必要です。

また年間利用の特典はdカードにはありません。GOLDカードを所持している場合のみの特典になります。
dカードGOLDはドコモの支払いに利用すると10%がポイントで還元されることもあり、お得なカードです。

もし機種変更やドコモ支払いに利用することを考えているのであればGOLDカードの申し込みを検討してみましょう。

ドコモから送られてくるクーポンを利用する

2年定期契約などをしている場合は、更新月付近に機種変更クーポンが送られてくることがあります。
こちらも必ず送られてくるとは限りませんが、クーポンが送られてきた時に上記のMNPの検討を行うとお得に機種変更ができる可能性が高まります。
クーポンはdポイントとの併用も可能になっているため、端末料金が無料になるぐらいの割引を受けることも可能です。

更新月付近になれば、郵便受けをチェックしてみましょう。

更新ありがとうポイントを活用する

「カケホーダイプラン」「カケホーダイライトプラン」「シンプルプラン」「データプラン」の4種を2年契約で利用している場合、2年ごとに更新ありがとうポイントがもらえます。
ポイント獲得には申し込みが必要です。ずっとドコモ割を2年契約していると、更新の度に3000ポイントもらうことができます。
利用は6ヶ月間の期限があるため、気をつけておきましょう。

この時期に機種変更を行うことで、更新ありがとうポイントを機種変更に利用することができます。
その他のクーポンと併用できるかは状況や内容によって異なるため、サポートダイヤルや店舗で確認が必要です。

世代限定のキャンペーンを活用する

もし60代以上で初めてスマホを持とうと考えているのであれば「シニアはじめてスマホ割」が活用できます。
シニアはじめてスマホ割は、利用者が60歳以上でドコモでFOMA端末を所有している方や、他社ケータイからのりかえする際に利用できます。

申し込み期間は2017年6月1日~2018年2月28日までです。定期的に更新されているキャンペーンですが、2018年2月28日以降内容が変更される可能性もあるため現在の割引額で利用したい場合は申し込み期間を確認しておきましょう。

ドコモでの機種変更の場合は、FOMA機種を直近に利用していたかを確認されます。
また直近のケータイ機種を18ヶ月以上利用していることが条件です。
他社からののりかえの場合は、利用中のケータイ端末がMNP番号と一致しているか目視で確認が必要です。

なおシニアはじめてスマホ割は、カケホーダイとパケットパックへの加入が条件になっています。
2年定期契約または、ハーティ割引の申し込みも必要です。

シニアはじめてスマホ割の割引額
ドコモを使っている家族がいる場合
シェアパック子回線が利用できるため、最大24ヶ月800円からスマホを運用することができます。

月額料金の内訳
シンプルプラン(スマホ) 980円
Spモード 300円
シェアオプション 500円~
シニアはじめてスマホ割 980円割引

一人で加入する場合
一人で加入する場合でも、割引を活かせば最大24ヶ月3380円からスマホを運用することができます。

月額料金の内訳
カケホーダイライトプラン 1700円
SPモード 300円
データSパック(2GB) 3500円
ずっとドコモ割(ドコモを15年以上契約している場合) 600円割引
シニアはじめてスマホ割 1520円割引

初めてスマホを持つシニアは、かんたんスマホ講座を1回無料で受けることができます。
かんたんスマホ講座は通常1回1800円(ドコモを10年以上契約している場合は1回900円)です。

利用にはあんしんパック、あんしんパックプラス、あんしん遠隔サポートのどれかに加入しておくことが必要です。

かんたんスマホ講座はオペレーターと画面を一緒に確認しながら、スマホの使い方を学ぶことができる講座です。
もし講座を受けても心配な場合は、あんしん遠隔サポート(月額400円)を契約しておくと、電話やLINEでオペレーターがスマホの使い方を教えてくれます。

Xperiaをお得に使えるドコモ光

ドコモでは、時期によりますがドコモ光加入のキャンペーンを行っていることがあります。
2018年1月9日まではドコモ光の新規申し込みでdポイントが20000ポイントもらえるキャンペーンが行われています。

また、現在フレッツ光を利用している方もdポイントのキャッシュバック対象です。
こちらも2018年1月9日までの期間限定です。
こちらは10000ポイントになりますが、Xperiaの機種変更時にドコモ光へ切り替えることでお得に機種変更が可能です。

ポイントプレゼントの適用条件があるため、しっかり確認しておきましょう。
まずはキャンペーン期間中にドコモ光(タイプA・B・C)を申し込みます。フレッツ光からの転用の場合は、転用を申し込みます。
どちらも開通の期限は2018年7月9日までです。

1月9日までに申し込みを行っておけば半年の猶予があるので工事に時間がかかっても安心です。

またドコモ光の開通時には、ドコモ光の2年契約プランを契約する必要があります。
そしてペア回線の契約者はdポイントクラブの会員である必要があります。
dポイントがキャッシュバックされれば、お得にドコモを使えるのでインターネットののりかえや新規契約ができるなら検討してみましょう。

人気のXperia3機種にお得に機種変更する方法まとめ

ドコモのXperiaに機種変更する際は、下記のキャンペーンや方法を検討してみましょう。

・dカード(できればdカードGOLD)を契約し、年間利用特典やポイントキャッシュバックをもらう
ドコモオンラインショップで購入する(事務手数料と頭金の軽減、オプション契約を避けるため)
MNPのみ対象の端末購入サポートがあるため、他社からのりかえする
ドコモのサポートダイヤル151に電話をしてMNP予約番号を取得する(ポイントをもらうことが目的なら実際には取得は検討のみでOK)
・更新月付近に送られてくるクーポンを利用する
ドコモ光のキャッシュバックと月額料金の割引を活用する
・シニアはじめてスマホ割を利用する(60歳以上)
家族まとめて割を利用する(家族で端末を2つ以上購入する場合)
下取りプログラムを利用する
更新ありがとうポイントを利用する(2年契約でドコモの特定のプランを利用している場合のみ)
・その他の期間限定キャンペーンを利用する

ドコモはキャッシュバックや代理店利用などが難しいため、お得に機種変更を行うためには工夫が必要です。
キャンペーンなどはドコモの公式ホームページでも確認することができます。

できるだけポイントやキャンペーンを活用することで、機種変更の負担が少なくなります。

MNPでキャッシュバックを最大限に!オンライショップの選び方とコツ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • 還元率10%
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
発行まで
5日~14日
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ