Xperia 1(エクスペリア・ワン)は4K有機ELディスプレイにトリプルカメラ

Xperia 1(エクスペリア・ワン)は4K有機ELディスプレイにトリプルカメラ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今回は2019年2月に発表されたXperiaシリーズの新機種「Xperia 1」をご紹介します。

標準機能と安価な価格が特徴だったこれまでのXperiaシリーズとはまったく違うXperia 1。このスマホには、世界初の技術と機能がぎっしりと詰め込まれています。

では、そんなXperia 1が持つさまざまな魅力について見ていきましょう。

トップ画像引用元:Xperia(エクスペリア) XZ3 ドコモ SO-01L | ソニーモバイル公式サイト

※Xperia 1の機種画像は、まだ公式には発表されておりません。そのため、トップ画像を含め、記事中のスマートフォン画像はすべてイメージとなります。

1 Xperia 1は世界初の4K有機ELディスプレイ

Xperia 1のディスプレイ画面の仕様は以下のとおりです。

  • ディスプレイパネルは4K有機ELディスプレイを採用
  • 画面サイズは6.5インチ
  • 画面の解像度は3,840×1,644

Xperia 1が搭載している「有機ELディスプレイ」は、液晶ディスプレイに比べると発色が非常に綺麗で、ディスプレイの厚みもとても薄いという特徴を持っています。

現在のハイスペックスマホのディスプレイは、有機ELディスプレイが主流です。しかし、解像度が4Kの有機ELディスプレイを搭載したスマホは、Xperia 1が世界初となります。

新生XperiaシリーズのフラッグシップであるXperia 1ならではの特色と言えるでしょう。

1-1 シネマサイズに限りなく近い「21:9」

Xperia 1の画面サイズは6.5インチ、画面比は「21:9」です。現在のスマホの画面比は「18.5:9」が主流であるため、他のスマホと比べると細長い画面となっています。

本スマホの画面比が「21:9」である理由は、シネマコンテンツをより楽しむため。

映画でよく採用されている「2.35:1」というシネマスコープの画面比を、そのまま表現できるよう設計されています。

昨今のスマホで主流となっている「18.5:9」という画面比は、シネマスコープとの比率が合わないため、映画を視聴するサイズとしては最適ではありません。

映画作品によっては、上下に黒帯ができてしまうこともあります。しかし、Xperia 1の「21:9」という画面比であれば、黒帯が表示されることはありません。

映画作品の視聴において、Xperia 1と他のスマホとの大きな違いは、「黒帯があるかないか」というだけです。

「え、そのくらいしか違わないの?」と感じた方も多いかと思います。しかし、黒帯の有無によって、映像への没入感は想像以上に変わるものです。

スマホでさまざまな映画作品を楽しみたい方にとって、Xperia 1は最適のスマホであると言えますね。

1-2 持ちやすく扱いやすい「21:9」の画面比

「21:9」という画面比は、本体サイズにも大きな影響を及ぼします。他のスマホと比べると、異様に細長いのです。

一見、非常に使いにくく見えるのですが、幅が72mmしかないため、片手にすっぽりと収まります。厚さもわずか8.4mm、重さも約180gと平均的なサイズです。

また、本スマホではマルチウインドウが非常に効果的に使えます。

細長い画面に2画面を表示すると、それぞれの画面がほぼ正方形になるため、一般的な「18.5:9」の画面よりも見やすくく表示されます。

1-3 細長い画面はゲームでも威力を発揮

2019年3月の段階では、以下のゲームが「21:9」の画面に対応することが決まっています。

  • バトルロワイヤルTPS「フォートナイト」
  • レースゲーム「アスファルト9」
  • MOBA「Arena of Valor」

特にTPSと広視野な画面は相性が良く、敵の姿をいち早く発見できるので、有利に動けるようになるでしょう。

また、横長の画面はゲームへの没頭感を高めます。そのため、レースゲームとも相性が良いと言えますね。

そして、TPSほどではありませんが、やはりMOBAでも画面の広さは役に立ちます。広視野となることで確認できる画面範囲が広がるため、相手よりも優位に振る舞うことができるでしょう。

2 ソニーモバイル初のトリプルカメラを搭載!

Xperia 1のもう1つの特徴はカメラです。なんとソニーモバイル初のトリプルカメラシステムを採用しています。

搭載されている3つのカメラの特徴は以下のとおり。

  • 26mm(F1.6)の標準レンズ
  • 52mm(F2.4)の望遠レンズ
  • 16mm(F2.4)の超広角レンズ

なお、それぞれの画素はすべて1,200万画素となっています。

また、画像処理エンジンには、ソニーの一眼レフデジタルカメラブランド「α」の技術を生かした「BIONZ X for mobile」を搭載。

被写体の瞳にフォーカスを合わせることでシャープな写真を作り上げる「瞳AF」も、スマホカメラとしては初搭載です。

2-1 超一流のエンジニアを総結集したスマホ

現在のスマホにおいて、「撮影機能」は非常に重要な要素のひとつです。

そのため、Xperia 1の撮影機能の開発には、ソニーの一眼レフデジカメラ「α」や、液晶テレビ「ブラビア」、そして世界的な評価を得ている音響部門のエンジニアを総結集。

あの世界的な映画監督ジョージ・ルーカスの「スターウォーズ」シリーズを、プロの映像技術をもって支えてきたエンジニア達が、Xperia 1の撮影機能開発に関わっているのです。

その結果、他のスマホが絶対に真似できないプロレベルの撮影機能が完成がしました。

ここでは、その中でも代表的な2つの機能をご紹介します。

2-2 プロ用モニターの技術を応用したクリエイターモード

クリエイターモードは、映画製作で使用されるマスターモニターの技術を利用したモードです。

マスターモニターとは、映像制作の現場で利用されている映像機器のこと。製作された映像の最終確認のために使われます。

色の再現性能を極限まで追求したこのモニターは、1台あたり数百万円する高級機器。そんなモニターの技術をモバイル環境に応用したのがクリエイターモードなのです。

そのため、撮影者の意図を映像にしっかりと反映させることができるでしょう。

2-3 日常の映像が映画になるCinema Pro

「Cinema Pro」では、画面比21:9の4KHDR動画を撮影することができます。しかもフレームレートは24fps。これはシネマ規格の4KHDR動画と同じものです。

また、「Look」という機能を使えば、映像に色を付けて表情付けをすることもできます。日常の風景がまるで映画のワンシーンのように変身しますよ。

Xperia L3は低価格モデル|価格とスペックを鑑みてコスパはどう?

次のページでは、Xperia 1のスペックや特徴、価格などについて解説していきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

【2019年】ドコモ夏モデルキャンペーンまとめ|新機種購入前に必ず確認!... 2019年5月16日、ドコモより2019年の夏モデルの携帯電話が発表されました。 発表された機種は全部で12機種と非常に多く、早いものでは2019年6月1日から発売開始となります。 今回は、そんなドコモ2019年夏モデル機種の発...
ドコモ「AQUOS R3」キャンペーン|dポイント最大25,000ptプレゼント... シャープのAQUOS Rシリーズの最新機種「AQUOS R3」が2019年6月1日(土)にドコモから発売されます。 発売に先立ち、ドコモではAQUOS R3の予約・購入特典として最大25,000のdポイントがもらえる「AQUOS R3...
RAM6GB以上の高性能Androidおすすめ機種ランキング【2019年最新版】... 2019年も様々なスマホが登場し、特にフラグシップモデルは最新Snapdragon 855でさらに性能が上がりました。 ただ、高性能なスマホの機種が増えると、どうしても機種選びに悩んでしまいますよね。 そこで今回は2019年夏モ...
au2019年夏モデル9つの新機種の発売時期と価格とスペック... 2019年5月13日、auから2019年夏の新モデルスマホが発表されました。 例年は6~7機種ですが、今年は9種類もの新作が登場することになります。新しく生まれ変わった「Xperia」や、高い人気を誇る「Galaxy」シリーズからも3...