Xperia 5 llの発売日・価格・スペック・特徴からおすすめなのか解説

  • 2020年10月14日
  • by.affiprecious

Xperia 5 Ⅱ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2020年9月17日、ソフトバンクからXperiaシリーズの最新作である「Xperia 5 Ⅱ」が発売されました。

auでも発売を予定しているものの、発売時期は10月下旬とかなり遅い時期です。

本記事では、Xperia 5 Ⅱの価格やスペック、特徴を完全解説します。

フラッグシップモデルであるXperia 1 Ⅱや、前機種であるXperia 5と何が違うのかもあわせて解説していますので、Xperia 5 Ⅱが気になる方はぜひご覧ください。

画像引用元:Xperia 5 II| Xperia(エクスペリア)公式サイト

Xperia 5 llがおすすめな理由

Xperia 5 Ⅱ

画像引用元:Xperia 5 II| Xperia(エクスペリア)公式サイト

Xperia 5 Ⅱを一言で表すと、「お買い得なハイスペックスマホ」です。

Xperiaシリーズの現在のフラッグシップモデルは「Xperia 1 Ⅱ」ですが、この機種はすべてが最高峰の性能であるがゆえに、価格も最高峰レベルの12万円超なので簡単には手を出せません。

一方今回取り上げるXperia 5 Ⅱは、Xperia 1 Ⅱとまったく同じ性能とまではいかないものの、よく似たスペックを備えています。

Xperia 5 llのポイント
  • 6.1インチの有機ELディスプレイ搭載
  • リフレッシュレートは最大240Hz
  • スマホ前面にステレオスピーカー搭載
  • バッテリーダメージに配慮した充電機能を多数搭載

これらの機能は、どれもゲームプレイに直結するものばかりです。

リフレッシュレートは操作性に大きく寄与しますし、サウンドに力を入れているゲームでは、本機のステレオスピーカーが大活躍してくれることでしょう。

また、長時間のゲームプレイはバッテリーに大きな負担をかけてしまいますが、Xperia 5 Ⅱはそれを軽減する機能を備えています。

さらに、ゲームプレイに最適な「ゲームエンハンサー」も搭載。ゲームアプリを多用している方には嬉しい機能が満載です。

Xperia 5 ⅡとXperia 1 Ⅱの違い

Xperia 5 ⅡとXperia 1 Ⅱの主な違いは以下の3つです。

細かな部分まで含めれば、他にも相違点は存在します。

しかし、目立つ部分ではこれら3つのみとなっています。

Xperia 5 ⅡとXperia 1 Ⅱの相違点
  • カメラのToFセンサー
    Xperia 1 Ⅱは有、Xperia 5 Ⅱは無
  • ディスプレイ
    Xperia 1 Ⅱは4K対応、Xperia 5 ⅡはフルHD+
  • ディスプレイのリフレッシュレート
    Xperia 1 Ⅱが90Hz、Xperia 5 Ⅱは120Hz

動画の滑らかさやタッチ操作に関わるリフレッシュレートは、Xperia 5 Ⅱの方が優れています。

それでいて、Xperia 5 Ⅱの本体価格は115,200円。Xperia 1 Ⅱよりも安いのです。

なお、上記はソフトバンクでの価格となります。

前機種のXperia 5の価格は、auの方がソフトバンクより約17,000円安かったため、Xperia 5 Ⅱでも似たような価格設定となるでしょう。

つまり、auのXperia 5 Ⅱは9万円台後半~10万円台前半になることが予想されます。

実際、アメリカでの販売価格は950ドル前後(日本円で約10万円)になるとのことです。

上記3つの違いが特に気にならないのであれば、Xperia 5 ⅡはXperia 1 Ⅱよりお買い得なスマホと言えます。

Xperia 5 llのスペック・特徴

Xperia 5 Ⅱ

画像引用元:auオンラインショップ

ここからは、Xperia 5 Ⅱのスペックについて見ていきましょう。

Xperia 5 Ⅱのスペック

Xperia 5 II
画面サイズ約6.1インチ
本体サイズ高さ:158mm
幅:68mm
厚さ:8.0mm
重さ約163g
アウトカメラ超広角:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
望遠: 約1,200万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,000mAh
RAM8GB
ROM128GB/256GB
CPUSnaodragon 865
認証顔・指紋
防水IP65
カラーピンク・ブルー・
グレー・ブラック
Xperia 5 Ⅱの特徴
  • スペックは最高峰
  • 6.1インチの有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレートは最大240Hz
  • レンズとセンサーが進化したトリプルカメラシステム
  • スマホ前面にステレオスピーカー搭載
  • バッテリーダメージに配慮した充電機能を多数搭載
  • スリムで持ちやすいデザイン

廉価版とは思えない最高峰スペック

Xperia 5 ⅡはXperia 1 Ⅱをベースに作られているものの、使われているCPUは最高峰の性能を持つ「Snaodragon 865」。

メモリやストレージも申し分のない容量を備えており、バッテリーは4,000mAhと大容量です。

基本性能に関しては、Xperia 1 Ⅱとほぼ同等と言えるでしょう。

大幅に向上したディスプレイ性能

Xperia 5 Ⅱは6.1インチの有機ELディスプレイを搭載。ディスプレイの解像度はフルHD+で、HDR映像も再生可能です。

この点は前機種のXperia 5と同じですが、Xperia 5 Ⅱではリフレッシュレートが大幅に進化しました。

リフレッシュレートとは、1秒間の画面の更新回数を示すもので、60Hz=1秒間に60回の画面更新が行われることを意味します。

画面更新の回数が多ければ多いほど、動画は滑らかに動作するので、スマホで映像コンテンツを楽しみたい場合は特に意識したい指標です。

さて、現在スマホの一般的なリフレッシュレートは60Hzなのですが、なんとXperia 5 Ⅱでは倍の120Hzを実現しました

しかもゲームプレイ中は擬似的に240Hzにすることも可能です。

Xperia 1 Ⅱのリフレッシュレートは最大でも95Hzなので、映像コンテンツを楽しむなら、むしろXperia 5 Ⅱの方が優れていると言えますね。

なお、リフレッシュレートは、画面上の指の動きを感知する機能にも関係しているため、この数値が高い機種ほど指の動きも素早く感知してくれます。

つまり、Xperia 5 Ⅱの操作性はXperia 1 Ⅱをも超えるということです。

進化したカメラ機能

Xperia 5 Ⅱは、標準・超広角・望遠の3つのレンズを持つトリプルカメラシステムを搭載しています。

前機種のXperia 5もトリプルカメラではありましたが、今回はなんとドイツのレンズメーカー「ZEISS(ツァイス)」のレンズを使用しているのです。

「カールツァイスレンズ」といえば、写真が趣味の方にとっては憧れの存在。ソニーの一眼レフシリーズ「α」も、このレンズを採用しています。

加えて被写体をカメラに取り込むセンサーも、前機種に比べて大型化しました。

このように、Xpeira 5 Ⅱのカメラ性能は派手な変更点こそないものの、写真撮影の土台となる「レンズ」と「センサー」が進化しています。

ちなみに、撮影用アプリとして、Xperia 1 Ⅱと同じ「Photography Pro」をプリインストール。

ソニーの一眼レフシリーズ「α」と同じ使い心地でカメラ撮影を楽しめますよ。

音質が格段に進化

Xperia 5 Ⅱのスピーカーはスマホの前面、ユーザーに向かい合うように配置されています。

そのため、スマホのサイド部にスピーカーが搭載された前機種に比べ、より立体的で音場感がはっきりとしたサウンドを楽しめるようになりました。

また、Xperia 1 Ⅱと比較すると、低音の豊かさが向上しています。

Xperia 1 Ⅱと同じくイヤホンジャックも付属しているので、より良い音質で音楽を楽しめますよ。

充電機能も充実

Xpeira 5 Ⅱは充電機能も進化しました。

充電中にゲームをしても発熱が抑えられる「HSパワーコントロール」を搭載しているほか、バッテリー容量が3,140mAh(Xperia 5)から4,000mAhにアップ。

バッテリーを2年間使用しても劣化しにくい「いたわり充電」機能も搭載しています。

Xperia 1 Ⅱのようにワイヤレス充電には対応していないものの、バッテリーのダメージに配慮した機能を多く搭載しているのが特長です。

Xperia 5 Ⅱはディスプレイ機能も非常に優れているため、長時間ゲームをプレイしたい方には最適な機種と言えますね。

スリムで持ちやすいデザイン

最近のスマホの画面は「大型」がトレンドですよね。Xpeira 5 Ⅱもこの例に漏れません。

しかし、本機の本体サイズの横幅は7cm未満と細めで、片手でも無理なく握ることができます。

また、本体重量も約163gと軽め。

多くのハイスペックスマホが200g近い重量で、ポケットに入れるとズシッとした重さを感じてしまう中、Xperia 5 Ⅱはほとんど重さを感じることなく、気軽に持ち歩くことができます。

Xperia 5 Ⅱの携帯性は、ハイスペックスマホの中でも特に優秀と言えるでしょう。

Xperia 5 llの発売日・価格

Xperia 5 II

画像引用元:Xperia 5 II(エクスペリア ファイブ マークツー)| ディスプレイ| Xperia(エクスペリア)公式サイト

Xperia 5 Ⅱは、ソフトバンクから2020年9月17日に発売されました。

auも発売を予定していますが、発売日は2020年10月下旬になるとのことです。

また、Xperia 5 Ⅱの価格は以下の通りです。

キャリア本体価格割引適用時※購入
au109,425円63,825円au公式サイトauオンラインショップ
ソフトバンク115,200円57,600円ソフトバンクオンラインショップ

ソフトバンクでの本体価格は115,200円で、auはまだ未定です。

それぞれの割引を使うと、機種代金が定価よりも安くなるので要チェックです!

さらに旧機種のXperia 5の販売価格はauがソフトバンクより約17,000円も安かったため、auの価格には注目したいところですね。

Xperia 5 llをお得に購入するには?

Xperia 5 II

画像引用元:Xperia 5 II(エクスペリア ファイブ マークツー)| ディスプレイ| Xperia(エクスペリア)公式サイト

Xperia 5 ⅡはXperia 1 Ⅱの廉価版とはいえ、ソフトバンクでの価格は10万を超えています。

auの価格はまだ不明ですが、10万円を超える可能性は高いでしょう。

そこで、ここからはより安く端末を購入するための方法をご紹介していきます。

Xperia 5 Ⅱをお得に購入するには
  • オンラインショップを利用
  • キャンペーンを利用
  • 乗り換え+オンラインショップで使える割引を利用

オンラインショップを利用

auオンラインショップのメリット

画像引用元:au Online Shopなら、頭金なし!送料無料!来店不要! | au Online Shop

Xperia 5 Ⅱに限った話ではありませんが、最新スマホを購入する際は、オンラインショップの利用が断然おすすめです。

その最たる理由は、「頭金」の有無にあります。

実は携帯電話購入時にかかる頭金は、本体価格とは全く無関係のもので、店舗手数料のようなものなのです。

購入者にとっては余計な出費でしかありません。

例えば、ソフトバンクショップでXperia 5 Ⅱを分割払いで購入し、頭金が1万円だった場合、本体価格に1万円プラスされた125,200円を払うことになります。

これではXperia 1 Ⅱの本体価格とほぼ同じですよね。

一方、auやソフトバンクのオンラインショップでは、頭金がかかりません。いつでも頭金は0円です。

これはXperia 5 Ⅱに限った話ではありません。すべての携帯電話で共通の仕様となります。

つまり、オンラインショップを利用するだけで、実店舗のショップを利用するよりも、頭金の金額分は確実にお得になるということです。

Xperiaシリーズは非常に人気の機種なので、頭金が高く設定される傾向にあります。

頭金による損を避けるためにも、Xperia 5 Ⅱはできる限りオンラインショップで購入するようにしましょう。

オンラインショップのメリット

頭金以外にも、オンラインショップは下記のメリットを持っています。

オンラインショップのメリット
  • 事務手数料無料(ソフトバンクオンラインショップのみ)
  • auは2,750円、ソフトバンクは5,500円以上の買い物で送料無料
  • 自宅にいながら24時間いつでも手続き可能
  • 待ち時間が0分!

上記のとおり、契約に関する費用のほか、手続きの手間や時間の面でもオンラインショップはメリットがたくさんあります。

キャンペーンや割引を利用する

ソフトバンクトクするサポート+

画像引用元:ソフトバンク公式サイト|トクするサポート+

最新スマホを安く購入するうえで欠かせないのが、キャンペーンや割引の活用です。

ここでは、特に効果の高い常設の割引やキャンペーンを見ていきましょう。

本体価格を大幅割引してくれるプログラム

auとソフトバンクには、スマホの本体価格を4~5割も割引してくれる下記のプログラムがあります。

本体価格を大幅割引してくれるプログラム
  • au:かえトクプログラム
  • ソフトバンク:トクするサポート+

auの「かえトクプログラム」は本体価格から4割の割引、ソフトバンクの「トクするサポート+」は5割を割引してくれます。

Xperia 5 Ⅱのソフトバンクでの価格は115,200円ですが、トクするサポート+を適用すれば実質57,600円で購入できるということです。

上記のプログラムは誰でも利用できますが、最もお得な割引を受けるためには、スマホ購入から約2年後にスマホをauまたはソフトバンクに返却し、新たに機種変更する必要があります。

ただし、2年後もそのキャリアを使い続けるのであれば問題はありませんが、いろいろなキャリアを使ってみたい方にとってはデメリットにもなり得るので、その点だけは注意してください。。

このように、利用できる方を選ぶプログラムではあるものの、高い割引額は非常に魅力的です。

乗り換え+オンラインショップの割引を利用する

auオンラインショップお得割

画像引用元:au Online Shop お得割 | キャンペーン | au

他社からの乗り換え手続きをオンラインショップで行う場合は、下記の割引を適用できます。

au Online Shopお得割は22,000円、web割は21,600円が割引されます。

乗り換え+オンラインショップで使える割引
  • au:au Online Shopお得割
  • ソフトバンク:web割

しかも、上述したかえトクプログラムやトクするサポート+との併用もできるので、Xperia 5 Ⅱを半額以下で購入することも可能です。

なおソフトバンクのweb割は乗り換えのみが対象ですが、auでは乗り換えのほかに新規契約も対象に含まれます。

ただし、新規契約の割引額は乗り換えの半分になるので注意してください。

では、例として、ソフトバンクの2つの割引を利用した場合のXperia 5 Ⅱの購入金額をシミュレーションしてみましょう。

項目金額
本体価格115,200円
(2,400円×48回)
トクするサポート+-57,600円
(-2,400円×24回)
web割-21,600円
合計36,000円
(1,500円×24回)

11万円超えのスマホを、なんと3万円台まで値下げできました。

Xperia 5 Ⅱが約7割引で購入できるため、2つの割引の併用はぜひ利用したいですね。

映像コンテンツを存分に楽しめるXperia 5 Ⅱ!

本記事では、Xperia 5 Ⅱの価格やスペック、特徴を解説しました。

Xperia 5 Ⅱまとめ
  • Xperia 1 Ⅱとの機能差はわずか
  • 基本性能は最高峰レベル
  • ディスプレイのリフレッシュレートは最大240Hz
  • カメラレンズとセンサーが進化
  • スマホ前面に搭載のステレオスピーカーでサウンドが立体的に
  • 従来どおりイヤホンジャックも搭載
  • バッテリーダメージを抑える充電機能が多数搭載
  • 長時間のゲームプレイにも向いている
  • 横幅7cm以下で重さは163gと軽く持ちやすい

Xperia 5 Ⅱは、総合的に見ると映像コンテンツに関する項目が大きく強化された印象を受けます。

特に、映像美はもちろんサウンドも重要な要素となるゲームアプリには打ってつけで、長時間プレイに適したバッテリー性能も搭載。

Xperia 5 Ⅱは映像コンテンツを楽しみたい方には非常におすすめできるスマホです!

Xperia比較|最新から初代まで歴代モデルを価格/サイズ/スペックで比べてみた

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ