Xperia 5のスペック・価格・発売日は!?Xperia 1との大きな違いは何?

  • 2019年10月6日
  • by.araki

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e-6

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソニーからXperia 5という、Xperia 1に次ぐ新作が発表されました。

発表はドイツで行われましたが、日本でも発売する予定とのことです。

Xperia 1が発売されたのは今年の6月。

まだそれほど経っていません。

それにもかかわらず登場するXperia 5とは、一体どんな機種なのでしょうか。

このページではXperia 5について、価格や発売日、スペックやXperia 1との違いなどについて紹介していきます。

トップ画像引用元:Xperia 5 – Official website – Sony Mobile (Global English)

Xperia 5もハイエンドモデル!

画像引用元:Xperia 5 – Official website – Sony Mobile (Global English)

Xperia 5はXperia 1と同じくハイエンドモデルとして発売されます。

では、Xperia 1はもう型落ち機種ということなのでしょうか。

実はそういうわけでもありません。

Xperia 5は、Xperia 1とほぼ同等のモデルとなります。

Xperia 5とXperia 1のスペック

項目Xperia 5Xperia 1
OSAndroid 9Android 9
SoC(≒SoC)Snapdragon 855Snapdragon 855
本体サイズ約158×68×8.2mm167×72×8.2mm
重量約164g約178g
ディスプレイ6.1インチ
有機EL
2,520×1,080ピクセル
6.5インチ
有機EL
3,840×1,644ピクセル
メモリ(RAM)6GB6GB
内部ストレージ(ROM)64GB or
128GB
64GB
外部ストレージmicroSD対応
(最大512GB)
microSD対応
(最大512GB)
アウトカメラ広角:約1,220万画素(F値1.6)
超広角:約1,220万画素(F値2.4)
望遠:約1,220万画素(F値2.4)
広角:約1,220万画素(F値1.6)
超広角:約1,220万画素(F値2.4)
望遠:約1,220万画素(F値2.4)
インカメラ約800万画素約800万画素
生体認証指紋認証指紋認証
防水・防塵IP68IP68
バッテリー容量3,140mAh3,200mAh

では、Xperia 5とXperia 1は一体何が違うのでしょうか。

ますます気になってきますよね。

なお、本記事に掲載しているスペック情報などは、すべてグローバル版のものです。

日本で販売される際は、スペックが変わっている可能性があります。

Xperia 5とXperia 1の違いはサイズ

画像引用元:Xperia 5 – Official website – Sony Mobile (Global English)

Xperia 5とXperia 1のスペックはほぼ同等なのですが、Xperia 5はXperia 1よりも若干コンパクトになり、軽量化しています。

正直なところ、この2点さえ抑えておけば、Xperia 5については9割方理解できたと言っても過言ではありません。

ソニー自身もXperia 5について、「『Xperia 1(エクスペリア ワン)』の新しい体験を、コンパクトなボディに凝縮」と宣伝しています。

Xperia 5とXperia 1のサイズの違い

項目Xperia 5Xperia 1
本体サイズ約158×68×8.2mm167×72×8.2mm
重量約164g約178g
ディスプレイ6.1インチ
有機EL
2,520×1,080ピクセル
6.5インチ
有機EL
3,840×1,644ピクセル

サイズがコンパクトになったことでディスプレイ解像度も小さくなり、Xperia 1のウリだった「4K」ではなくなりました。

カメラの位置にも変更あり

Xperia 1とXperia 5では、トリプルレンズカメラの位置も異なります。

Xperia 5のカメラ位置

画像引用元:Xperia 5 – Official website – Sony Mobile (Global English)

Xperia 1のカメラ位置

画像引用元:Xperia 1 SO-03L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

Xperia 1で中央に置かれていたカメラが、Xperia 5では端に寄る形となりました。

本体をコンパクトにした都合上、他の部品との兼ね合いでこのようなデザインとなったそうです。

ソニー自身は、Xperia 1の位置が理想としていますが、それでもカメラ性能自体には変更ありません。

むしろ演算処理能力が向上したり、「撮影アドバイス機能」が追加されたりと、ソフトウェア面で進化している部分もあります。

ただ、ソフトウェア面での進化は、アップデートによってXperia 1にも適用される可能性が高いです。

総じて「ほぼ同等」と考えたほうがいいかもしれません。

ソフトバンクのXperia 1をお得に購入する方法|価格やスペックは?

次の章では、Xperia 5の発売日と価格を見てみましょう。

発売日と価格は不明

現時点ではXperia 5の発売日も価格も不明となっています。

判明しているのは、「2019年秋以降に発売」ということだけです。

とはいえ、Xperia 1とスペックがほぼ同等であることを考えると、価格も大差ないと見るべきでしょう。

Xperiaの価格はドコモ・au・ソフトバンクいずれも10万円を超えています。

Xperia 1の価格

  • ドコモ:103,032円
  • au:109,080円
  • ソフトバンク:121,440円

※金額は2019年9月30日時点での税込価格です。

Xperia 5はXperia 1よりもコンパクトサイズではありますが、価格に差が付くほど小さくなったわけではありません。

また、Xperia 5自体も決して「小さいスマホ」とは言えないサイズです。

それなりの価格になることは覚悟しておいた方がいいと思います。

なぜ今、Xperia 5を出すのか?

画像引用元:Sony Japan | ニュースリリース | IFA 2019出展概要

サイズと重量、若干のデザイン変更以外は、Xperia 1とほとんど変わらないXperia 5。

なぜソニーはそんな機種を新作として発売しようとしているのでしょうか。

より馴染みやすいサイズで幅広い層に訴えかける!

Xperia 1のスペックはほぼそのままに、わざわざ本体サイズを若干小さくしたXperia 5を出すのは、「そのほうが売れる」と判断したからでしょう。

もともとXperia 1は、21:9という比率の6.5インチディスプレイを搭載した、超縦長スマホとして登場しました。

それが他スマホにはない個性だったのですが、一方で「長くて使いづらそう」という意見もあったのです。

今回登場するXperia 5でも、Xperia 1の21:9という個性は失われていません。

しかし、本体サイズは他社の大型スマホ程度にまで小さくなっています。

そうすることで、後は純粋なスペックで勝負できると踏んだのでしょう。

最新の「大型スマホ」同士のサイズ比較

機種ディスプレイサイズ本体サイズ重量
Xperia 56.1インチ約158×68×8.2mm約164g
Xperia 16.5インチ約167×72×8.2mm約178g
AQUOS zero26.4インチ約158×74×8.8mm約143g
Galaxy S10+6.4インチ約158×74×7.8mm約175g
Pixel 4 XL6.3インチ約160.4×75.1×8.2mm約193g
iPhone 116.1インチ約150.9×75.7×8.3mm約194g
iPhone 11
Pro MAX
6.5インチ約158×77.8×8.1mm約226g

面白いのは、Xperia 5とGalaxy S10+とiPhone 11 Pro MAXの縦幅が約158mmで並んでいることです。

これがユーザーに受け入れられる限界のサイズということなのでしょうか。

縦幅以外では、Xperia 5はGalaxy S10+やiPhone 11 Pro MAXより若干コンパクトとなっています。

重量に関しては結構軽いですね。

これで、長すぎるという理由で敬遠されることはなくなりそうです。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Xperia 5のココがいい!

画像引用元:Xperia 5 – Official website – Sony Mobile (Global English)

ここからは、Xperia 1との違いではなく、Xperia 1と同じところまで含めてXperia 5の魅力をご紹介していきます。

まずはスペックをおさらいしましょう。

Xperia 5
OSAndroid 9
SoC(≒SoC)Snapdragon 855
本体サイズ高さ:約158mm
幅:68mm
厚さ:8.2mm
重量約164g
ディスプレイ6.1インチ
有機EL
2,520×1,080ピクセル
アウトカメラ超広角:約1,220万画
望遠:約1,220万画素
約800万画素
インカメラ約800万画素
メモリ(RAM)6GB
内部ストレージ(ROM)64GB or
128GB
外部ストレージmicroSD対応
(最大512GB)
生体認証指紋認証
防水・防塵IP68
バッテリー容量3,140mAh
価格87,912円
ドコモ公式ショップ
90,720円
au公式ショップ
116,160円
ソフトバンク公式ショップ

※グローバル版の情報です。

高スペックな処理性能で何でも快適に動作

画像引用元:Xperia 5 – Official website – Sony Mobile (Global English)

Snapdragon 855という最高品質のSoC(≒CPU)を搭載しているXperia 5。

Snapdragon 855を搭載したスマホは、スマホの総合的な処理性能を示すAnTuTuベンチマークスコアで、約35万点を記録します。

この数値はiPad Air 3などとも同程度のレベル。

つまり、疑いようのない高スペックということです。

3Dゲームなど、あらゆるアプリが軽快に動作します。

ちなみに、同じSnapdragon 855を搭載しているXperia 1は、人気ゲーム「荒野行動」のeスポーツ大会の公式端末としても使われました。

ドコモのXperia 1 SO-03Lに機種変更|お得に購入する完全ガイド

次の章では、引き続きXperia 5の魅力を紹介します。

6.1インチの有機ELディスプレイ

画像引用元:Xperia 5 – Official website – Sony Mobile (Global English)

Xperia 5は6.1インチの有機ELディスプレイを搭載しており、大画面でとてもキレイな映像を楽しめます。

また、アスペクト比が21:9(かなり縦長)なので、忙しくスクロールしなくても、一度にたくさんの情報を得ることが可能です。

ただ、現在の多くの映像サービスのアスペクト比は16:9なので、横画面にしたとき、左右に余白ができてしまうという欠点もあります。

これについてソニーは、いずれは21:9に対応したコンテンツが増えていくと睨んでいるようです。

こだわりのステレオスピーカー

映像にこだわるなら、同じくらい音にもこだわりたいものですが、Xperia 5はハイエンドモデルらしいステレオスピーカーを備えています。

大画面スマホはもう珍しくありませんが、スピーカーがステレオなのは、今でもハイエンドモデルならではの強みです。

Xperia 1では、左右のバランスの違いが感じられないレベルで、しっかりステレオの分離感を楽しめました。

音質自体もよく、非常にクリアに聴こえます。

Xperia1の体験をコンパクトに落とし込んだというXperia 5のスピーカーも、同じく高性能であるはずです。

最高クラスのトリプルレンズカメラを搭載

画像引用元:Xperia 5 – Official website – Sony Mobile (Global English)

Xperia 5のアウトカメラは、広角+超広角+望遠のトリプルレンズカメラとなっています。

  • 標準:約1,220万画素(F値1.6)
  • 超広角:約1,220万画素(F値2.4)
  • 望遠:約1,220万画素(F値2.4)

解像度もF値も、スマホのカメラとしては現状トップクラスです。

安心の防水・防塵設計

Xperiaシリーズならもはやお馴染みですが、Xperia 5もIP68という最高保護等級の防水・防塵設計となっています。

欠点なし!強いて言うなら顔認証がない

Xperia 5には、欠点と言えるようなものがありません。

他社のスマホと比べても、間違いなくトップクラスのハイエンドモデルです。

ただ、強いて言うなら、顔認証がない点は気になるかもしれません。

指紋認証と顔認証、どちらにも対応しているスマホも増えてきているので、この点については少し残念です。

指紋認証には、手が濡れていたり、クリーム等を塗っていたりすると正しく読み取れないという弱点があります。

そんなときに、顔認証も使えると便利なのですが……。

ちなみに、Xperia 1にも顔認証はありませんでした。

Xperia 1が少しコンパクトになったXperia 5

画像引用元:Xperia 5 – Official website – Sony Mobile (Global English)

以上、Xperia 5のスペックについてでした。

Xperia 5の情報まとめ
  • Xperia 1が少しコンパクトになった機種
  • スペックはXperia 1とほぼ同等
  • 日本でも発売予定
  • 発売日や価格はまだ不明

ソニーによる、「『Xperia 1(エクスペリア ワン)』の新しい体験を、コンパクトなボディに凝縮」というフレーズが、Xperia 5のほとんどすべてを物語っています。

Xperia 5の特長は、Xperia 1の高いスペックはそのままに、少しだけ小さくなって持ちやすくなったという点に尽きます。

縦に長過ぎることが個性であるのと同時に欠点でもあったXperia 1ですが、Xperia 5での改善は果たして功を奏するのでしょうか。

発売日や価格こそ不明なものの、日本でも発売されることは決定しています。

進展が楽しみですね。

Xperia 5実機レビュー|縦長ディスプレイ搭載のコンパクトモデル

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ