Xperia Ace III 実機レビュー|使ってわかったメリット・デメリット

  • 2022年9月9日
  • by.nuko

Xperia Ace III

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、ドコモなど複数キャリアで発売予定の「Xperia Ace III」の価格や発売日、スペックを実機レビューします。

Xperia Aceシリーズは、人気のXperiaの低価格モデルです。

スペックはそこまで高くないエントリーモデルですが、安くXperiaを使いたい方に人気があります。

今回、Xperia Ace IIIの実機を入手しましたので、発売日や価格、スペック、使ってみてわかったメリット・デメリットを詳しく解説します。

Xperia Ace IIIの購入を検討している方は参考にしていください。

Xperia Ace IIIのポイント
  • 2022年6月10日発売のエントリースマホ
  • 価格は31,680円〜
  • 割引利用で9,988円〜
  • Snapdragon 480搭載で前モデルから大幅スペックアップ
  • 約5.5インチのコンパクトボディ
  • 画面にGorilla Glass Victusを採用して割れ・傷に強い
  • 4,500mAhの大容量バッテリーで3年後も劣化が少ない

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

Xperia Ace IIIの発売日

Xperia Ace IIIのレビュー

Xperia Ace IIIは、2022年夏モデルとして登場する最新モデルでドコモ、au、ワイモバイル、UQモバイルから発売されています。

各キャリアの発売日はすべて同じで次の通りです。

Xperia Ace IIIの発売日
  • 2022年6月10日(金)

すでに販売が開始されているので、購入したい方は各キャリアのオンラインショップから手続きしましょう。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Xperia Ace IIIの価格

Xperia Ace IIIのおサイフケータイ

画像引用元:Xperia Ace III(エクスペリア エース マークスリー) | Xperia公式サイト

Xperia Ace IIIは、ドコモだけでなくau、ワイモバイル、UQモバイルから発売されます。

各キャリアの本体価格は次の通りです。

キャリア機種代金割引適用時詳細
ドコモ34,408円26,488円公式サイトを見る
au33,415円26,335円公式サイトを見る
ワイモバイル31,680円1円公式サイトを見る
UQモバイル33,415円11,415円公式サイトを見る
※ドコモはいつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラム、UQモバイルはMNPかつ増量オプションII加入時、ワイモバイルは他社から乗り換えかつシンプルM契約時

※ドコモはいつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラム、UQモバイルはMNPかつ増量オプションII加入時、ワイモバイルは他社から乗り換えかつシンプルM契約時

ドコモではいつでもカエドキプログラムを利用と乗り換え(MNP)することで、実質負担額は9,988円まで下がります。

Xperia Ace IIIの在庫状況(2022年9月現在)

Xperia Ace IIIのカラバリ

画像引用元:Xperia Ace III(エクスペリア エース マークスリー) | Xperia公式サイト

Xperia Ace IIIは現時点での在庫状況です。

カラードコモauワイモバイルUQモバイル
ブリックオレンジ在庫あり取り扱いなし在庫あり取り扱いなし
グレー予約可能在庫あり取り扱いなし在庫あり
ブラック在庫あり取り扱いなし在庫あり取り扱いなし
ブルー取り扱いなし在庫あり在庫あり在庫あり
詳細公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る

Xperia Ace IIIのカラーバリエーションはブラックオレンジ、グレー、ブラック、ブルーの4色ですが、キャリアによって取り扱う色が違います。

基本になりやすいブラックはドコモとワイモバイルのみ取り扱っています。

Xperia Ace IIIの外観をレビュー

Xperia Ace III

今回入手したXperia Ace IIIの実機はドコモモデルで、「グレー」というカラーです。

Xperia Ace IIIのサイズ
  • 高さ:約140mm
  • 幅:約69mm
  • 厚さ:約8.9mm
  • 重量:約162g

Xperia Ace IIIは約5.5インチの手のひらサイズですので、片手でスマホを使いたい方におすすめです。

デザインはXperia Ace IIと同様で、背面は傷が目立ちにくいマットな仕上げになっています。

サイズはiPhone13よりもひと回り小さいため、小型スマホに入ります。

重量も約162gなのでとても軽く感じます。

前面

Xperia Ace III

Xperia Ace IIIの前面にはホームボタンはなく、ティアドロップ型のノッチがあります。

Xperia Ace III ノッチ

エントリーモデルにしてはベゼルも狭いため、野暮ったさは感じません。

背面

Xperia Ace III

背面は触り心地の良いマットなテスクチャー仕様です。

サラサラしていて指紋は付かず、傷も付きにくく高級感があります。

エントリーモデルのデザインとしては100点なくらい質感がいいです。

Xperia Ace III

右上部にはカメラ、中央やや上にFeliCaマーク、中央にはソニーロゴが型押しされているのもオシャレです。

Xperia Ace III カメラ

カメラユニットは全く突起していないので、ケースを付けなくても気にせず使用できそうです。

グレーはとても「控えめな灰色」という感じでとてもセンスのいいカラーリングです。

側面

Xperia Ace III

左側面にはSIMスロットが設置されており、SIMピンは不要で爪で引っ張り出せるタイプです。

また、microSD/microSDHC/microSDXCは最大1TBに対応しています。

Xperia Ace III

右側面には上から音量キー、電源キー(指紋認証一体型)が配置されています。

無駄なキーが一切ないのも好印象です。

Xperia Ace III

電源キーは盛り上がっておらず、こちらで指紋認証を行います。

Xperia Ace III
側面の角には継ぎ目がないので、とてもスッキリしたデザインです。

このシンプルさと高級感のある質感は、そのままハイエンドモデルに採用しても人気が出そうです。

上部

Xperia Ace III

上部には3.5mmイヤホンジャックを搭載しています。

下部

Xperia Ace III

下部側面には中央にType Cコネクタ、左側にはマイク、右側にはスピーカーが設置されています。

エントリーモデルですので、音質にはあまり期待できません。

実際にYouTubeで音楽を聴いてみましたが、「下のスピーカーから音が鳴っている」といった感想です。

Xperia Ace IIIをグリップしてみた

Xperia Ace III

実際にグリップしたところ、背面のテクスチャー仕上げのおかげか手にフィットして持ちやすい印象です。

厚みはややありますが、小型スマホらしく操作がとてもしやすいです。

Xperia Ace III

右手で持った場合にはグリップした親指やや下あたりに電源キーがきます。

音量キーにも親指が無理なく届くので、片手操作に最適なサイズ感です。

Xperia Ace IIIのデザイン
  • 手のひらサイズで片手利用にぴったり
  • 落ち着いた色合いの4色展開
  • 滑りにくいマット仕上げ
  • 背面も指紋や傷が付きにくい

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Xperia Ace IIIのスペック

Xperia Ace III

画像引用元:Xperia Ace III SO-53C

Xperia Ace IIIのスペックについて見ていきましょう。

Xperia Ace IIIのスペックは以下です。

Xperia Ace IIIのスペック

Xperia Ace III
画面サイズ5.5インチ
本体サイズ高さ:140mm
幅:69mm
厚さ:8.9mm
重さ約162g
アウトカメラ標準:約1,300万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,500mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUSnapdragon 480 5G
認証指紋
防水・防塵IP68
カラーブラック
グレー
ブリックオレンジ

Snapdragon 480搭載

Xperia Ace IIIには、エントリーモデル向けのSoC「Snapdragon 480」を搭載しています。

前モデルXperia Ace IIは必要最低限の処理能力だったので、スペックに不満を感じる方もいました。

しかし、Xperia Ace IIIに搭載のSnapdragon 480なら、Web検索や動画視聴、SNSの利用なら全く問題なく使えます。

AnTuTuなどのベンチマークアプリでも、Snapdragon 480はHelio P35の約3倍の処理能力があります。

ただし、当たり前ですがあらゆる操作がややもっさりしています。

普段ハイエンドを使っている方は注意が必要です。

RAM4GB/ROM64GB

RAM4GB、ROM64GBとエントリークラスを絵に描いたようなスペックです。

価格がかなり安いので仕方ありませんが、注意すべきは64GBのストレージです。

Xperia Ace III ストレージ

購入してすぐの状態で約18GB使用しており、残りストレージは46GBほどです。

外部ストレージはmicroSD/microSDHC/microSDXC 最大1TBに対応していますが、写真や動画を大量に保存したい方は注意しましょう。

5G対応

近年は当たり前になりましたが、安くて小型で5Gに対応しています。

Xperia Ace IIIは「長時間使える4500mAhバッテリー&5G搭載スマートフォンとして世界最小」とのことです。

*2022年5月11日現在、4500mAhのバッテリーを搭載する5Gスマートフォンの面積として世界最小。ソニー調べ。

販売キャリアによって対応周波数が異なる

Xperia Ace IIIは、販売するキャリアによって対応周波数が異なります。

Xperia Ace IIIの周波数対応状況

バンドドコモ版au・UQモバイル版ワイモバイル版
Band 1
Band 3
Band 5--
Band 12--
Band 18--
Band 19--
Band 21---
Band 38---
Band 39---
Band 41--
Band 42--
n3-
n28-
n77-
n78-
n79--

格安SIMや格安プランで利用する場合、周波数が非対応だと電波状況に困る可能性があります。

Xperia Ace IIIを長期的に利用する予定の方は、購入前に周波数の対応状況をしっかり確認してください。

Xperia Ace IIIのカメラ

Xperia Ace III カメラ

Xperia Ace IIIのカメラは、メインカメラ1,300万画素、インカメラ500万画素と必要最低限の画素数です。

Xperia Ace IIIのカメラ
  • メインカメラは1,300万画素
  • F値1.8とAI機能で簡単にキレイに撮れる
  • インカメラ500万画素

F値1.8の明るいレンズとXperiaおなじみのプレミアムおまかせオートで、簡単にキレイな写真が撮影できます。

スマホで見たりSNSに投稿したりと、普段使いなら使いやすいカメラです。

カメラ性能を実機レビュー

今回は実機を入手しましたので、カメラ性能を実際に撮影してレビューします。

※注意:カメラのファームが最終ではありません。

Xperia Ace IIIの標準カメラで撮影

まずは明るい部屋の中で普通に撮影したものです。

Xperia Ace IIIのレビュー

かなりはっきりと鮮明に写りました。

カメラメインで使わない人にとって、この性能は申し分ないでしょう。

続いては少し部屋を暗くして撮ってみました。

Xperia Ace IIIのレビュー

専用のモードがないため、ややぼやけている気がします。

Xperia Ace IIIで撮影

Xperia Ace IIIで撮影

背景であっても、モノであっても明るさがしっかりとある場所では十分綺麗に撮影できます。

iPhone12 Proと比較

Xperia Ace IIIのカメラとハイスペックモデルであるiPhone12 Proで同じものを撮影します。

まずはXperia Ace IIIからです。

Xperia Ace IIIで撮影

Xperia Ace IIIで撮影

次にiPhone12 Proで撮影してみます。

iPhone12 Proで撮影

iPhone12 Proで撮影

やはりiPhone12 Proの方が明るくキリッとした写真が撮影でき、仕上がりが自然です。

価格差は10万円以上なので、当然の差と言えるでしょう。

標準以外のモードは3つだけ

Xperia Ace IIIのカメラモードは標準の撮影以外では「ポートレートセルフィー」「Google Lens」「パノラマ」の3つです。

背景をぼかすことのできるポートレートは自撮りの時にしか利用できません。

Xperia Ace IIIのディスプレイ

Xperia Ace III ディスプレイ

Xperia Ace IIIのディスプレイは約5.5インチと、最近のスマホの中では比較的小さい画面です。

Xperia Ace IIIのディスプレイ
  • 5.5インチの小型ディスプレイ
  • HD+の解像度で十分キレイな映像
  • Gorilla Glass Victsu採用で傷・割れに強い

解像度はHD+なので、動画もゲームもキレイに映せます。

文字のギザつきも特に感じませんし、発色も自然で問題ありません。

また、「Gorilla Glass Victus」を採用しているので、落としても割れにくく、ひっかき傷にも強いです。

落下試験では2mの高さでも耐えた実績があるので、うっかり落としてもそうそう割れることはないでしょう。

Xperia Ace III ディスプレイ

日光下でもディスプレイが見え辛いということもありませんでした。

Xperia Ace III 設定

ノッチが気になる場合には「ノッチを無効にする」をオンにすることで、擬似的にノッチは無くなります。

Xperia Ace III かんたんホーム

また、エントリーモデルらしく「かんたんホーム」も用意されており、ワンタップで簡単に切り替え可能です。

Xperia Ace IIIのバッテリー

Xperia Ace IIIのバッテリー

Xperia Ace IIIには、4,500mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

Xperia Ace IIIのバッテリー
  • 4,500mAhの大容量バッテリー
  • Xperiaおなじみの「いたわり充電」を搭載
  • ソニー独自の充電最適化技術も搭載
  • 3年後も劣化がほとんどなく使える

さらに、ソニー独自のいたわり充電と充電最適化技術で、3年後でもほとんど劣化しない長寿命バッテリーです。

特に、Xperia Ace IIIを購入するライトユーザーの方は、1台のスマホを長く使う方が多いのではないでしょうか。

バッテリー劣化で早々に機種変更の必要に迫られることがないので、購入したらずっと使い続けたい方におすすめです。

Xperia Ace IIIのバッテリー持ちをチェック

Xperia Ace IIIのバッテリー持ちはどの程度なのか、実験をしてみました。

YouTubeで動画(720p)を2時間視聴し、バッテリー残量をチェックします。

動画再生にはYouTubeのアプリを使用し、ディスプレイ輝度はMAXで音量は半分に設定しました。

実験環境
  • YouTubeアプリで2時間視聴
  • 720p
  • 明るさMAX
  • 音量半分

Xperia Ace III バッテリー

YouTube2時間視聴した場合の電池残量は83%、消費量は17%でした。

ハイスペックモデルのGalaxy S22 Ultraは19%消費、Xperia 1 IVは21%消費のため、Xperia Ace IIIのバッテリー持ちは良いと言えます。

YouTubeを約2時間視聴の電池持ち
  • Xperia Ace III:17%消費
  • Xperia 1 IV:21%消費
  • Galaxy S22 Ultra:19%消費
  • Xiaomi 11T Pro:10%消費

Xperia Ace IIIのおすすめケース

Xperia Ace IIIのケース

画像引用元:Android CASE 2022 SUMMER | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

ドコモオンラインショップでは、Xperia Ace IIIのケースも購入できます。

ラインナップは下記の7種類。

Xperia Ace IIIのケース
  • 花柄レザーフリップケース
  • ハイブリッドケース
  • スマートフリップケース
  • リングハイブリッドケース
  • レザーフリップケース
  • ソフトケース
  • Style Cover with Stand

おすすめケースは「リングハイブリッドケース」です。

リングハイブリッドケースの特徴

Xperia Ace III リングハイブリッドケース

画像引用元:SO-53C リングハイブリッドケース

リングハイブリッドケースは、名前の通りリングが付いているケースです。

リングは落下防止としても役立ちますが、好きな角度でスタンドとして使うこともできます。

さらに指紋防止コーティングが施されており、常にケースを清潔に保つことが可能です。

Xperia Ace IIIのメリット4つ

メリット
Xperia Ace IIIを実際に使用してみて感じたメリットは以下です。

Xperia Ace IIIのメリット
  • 端末のデザインと質感がいい
  • サイズがちょうどいい
  • 価格が安い
  • 必要な機能がしっかりある

端末のデザインと質感がいい

Xperia Ace IIIは側面に継ぎ目等がなく、スッキリとしたデザインです。

エントリーモデルのスマホの中では質感もよく、安っぽさがありません。

背面は指紋がつかない素材なので、ケースを付けなくても十分使えそうです。

シンプルで飽きのこないデザイン性の高さは、Xperia Ace IIIのメリットです。

サイズがちょうどいい

Xperia Ace IIIは小型スマホに分類されます。

約5.5インチのディスプレイを搭載しており、本体サイズはコンパクトで重量も162gと軽量です。

このサイズはiPhone13よりもひと回り小さいため、大きなスマホが苦手な人にはちょうどいいサイズです。

片手操作も無理なくできるので、老若男女問わず使いやす端末です。

価格が安い

Xperia Ace IIIの本体価格は31,680円〜と安く、割引を併用することで9,988円〜購入できます。

乗り換え(MNP)が条件にはなりますが、このレベルのスマホが1万円以下なのはお得です。

必要な機能がしっかりある

Xperia Ace IIIはエントリーモデルでありながら、以下のような基本機能をしっかり押さえています。

Xperia Ace IIIの機能
  • 防水(IPX5/IPX8)防塵(IP6X)
  • 指紋認証
  • FMラジオ
  • おサイフケータイ

防水や電源ボタンによる指紋認証、FMラジオやおサイフケータイ等の便利な機能はそろっています。

ワイヤレス充電、顔認証には対応していませんが、機能は充実しているので困ることはないでしょう。

Xperia Ace IIIのデメリット2つ

デメリット

Xperia Ace IIIを実際に使用してみて感じたデメリットは以下です。

Xperia Ace IIIのデメリット
  • カメラ性能が低い
  • 内蔵ROMが64GBと少ない

カメラ性能が低い

Xperia Ace IIIはカメラに特化したスマホではありません。

リアカメラもシングルで、超広角やナイトモードなどは一切ありません。

また、一眼レフ並みのハイスペックスマホのカメラに比べれば、やはり劣ります。

内蔵ROMが64GBと少ない

Xperia Ace IIIは内蔵ROMが64GBとかなり少ないです。

写真や動画の撮影はライトユーザーでも利用するでしょう。

エントリーモデルであっても128GBは欲しいところです。

Xperia Ace IIIの評判・口コミ

ここからは、Xperia Ace IIIの評判・口コミを見ていきましょう。

Xperia Ace IIIの評判・口コミ
  • デザインと質感が好評
  • 端末価格が安い
  • カメラがやや不満

エントリーモデルのデザインとして、高級感があるため好評のようです。

また、価格の安さもXperia Ace IIIの魅力です。

一方で、カメラ性能に関しては不満のある方もいました。

ただし、カメラのファームが最終ではないとのことです。

Xperia Ace IIIはどんな人におすすめ?

Xperia Ace IIIのディスプレイ

画像引用元:Xperia Ace III(エクスペリア エース マークスリー) | Xperia公式サイト

Xperia Ace IIIは、前モデルから処理能力が大幅に上がったことで、エントリースマホの中でも長く使える1台に仕上がっています。

カメラ性能など機能面で突出した部分はありませんが、シンプルに使いやすいですスマホと言えるでしょう。

また、価格も通常価格で3万円台と、コスパもなかなか優れています。

以上の評価レビューから、Xperia Ace IIIがおすすめな人・おすすめできない人は次の通りです。

Xperia Ace IIIがおすすめな人

Xperia Ace IIIは、次のような人におすすめです。

Xperia Ace IIIはこんな人におすすめ
  • WebやSNS中心で利用するライトユーザーの人
  • 片手サイズのスマホが欲しい人
  • 安くXperiaが使いたい人

Xperia Ace IIIはライトユーザーの方なら全く困らない性能があり、さらにバッテリーの劣化が少ないことで長期的に利用できます。

また、最近は片手サイズのスマホが少ないこともあり、取り回しの良いスマホが欲しい方にもおすすめです。

Xperia Ace IIIがおすすめでない人

一方で、Xperia Ace IIIは次のような人にはおすすめできません。

Xperia Ace IIIはこんな人におすすめできない
  • ゲームや高画質動画などスペック重視の使い方をしたい人
  • スマホで写真撮影・動画撮影が多い人
  • 今後格安SIM・格安プランの乗り換えが増える人

Xperia Ace IIIの性能は平均的なエントリースマホなので、高スペックスマホでの利用を想定している3Dゲームや4K以上の高画質動画には不向きです。

全く使えないことはありませんが、動作がカクカクになったり処理落ちしたりと、結構なストレスに感じるはずです。

また、カメラ性能もシングルカメラとしては機能が充実していますが、カメラ性能の高い機種と比べると見劣りしてしまいます。

加えて、2022年モデルでは、複数キャリアの周波数に対応したスマホが増えています。

しかし、Xperia Ace IIIは販売キャリアの周波数に特化しているため、格安SIM・格安プランを頻繁に乗り換える方は避けたほうがいいでしょう。

人気のXperiaを安く使いたいならXperia Ace IIIを選ぼう

Xperia Ace IIIの防水

画像引用元:Xperia Ace III | Xperia公式サイト

2022年注目のエントリースマホ「Xperia Ace III」の価格や発売日、スペックを実機を使ってレビューしました。

Xperia Ace IIIの評価レビューまとめ
  • 2022年6月10日発売のエントリースマホ
  • 価格は31,680円〜
  • 割引利用で9,988円〜
  • Snapdragon 480搭載で前モデルから大幅スペックアップ
  • 約5.5インチのコンパクトボディ
  • 画面にGorilla Glass Victusを採用して割れ・傷に強い
  • 4,500mAhの大容量バッテリーで3年後も劣化が少ない

Xperia Aceシリーズは、人気のXperiaの低価格モデルです。

前モデルまでの処理能力の低さを克服し、ライトユーザーなら全く困らないバランスのいいスマホです。

人気の高いXperiaを安く使いたい方は、ぜひ今回の解説を参考に、Xperia Ace IIIを選んでみてください。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!