【2023年最新】Xperia歴代シリーズ徹底比較|おすすめモデルはこれだ!

2023年購入できるXperiaのサイズ・スペックを徹底比較!また歴代機種(1 5 10の違い)の紹介から最新機種の情報もご紹介します。ドコモ/au/ソフトバンク/格安SIMそれぞれで発売しているXperiaの価格や割引も載せているので、自分がお得に購入・機種変更できる携帯会社を選びましょう。
  • 2023年2月3日
  • by.araki

Xperiaスマホを徹底比較

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では歴代のXperiaシリーズを比較し、おすすめのモデルを紹介していきます。

Xperiaシリーズは、日本の総合電機メーカー「ソニー」が開発しているスマホブランドです。

2010年4月に初代Xperiaを発売以降、多くのモデルを発売してきました。

シリーズの種類が豊富で、スマホ初心者から高性能スマホが欲しい人まで幅広い機種をラインナップしているのが特徴です。

しかし、種類が多く年に何種類も新機種が登場するため、どのモデルを購入すればよいか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

本記事では、歴代Xperiaシリーズの価格やスペックなどについて詳しく解説していきます。

Xperiaスマホの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

歴代Xperiaシリーズの一覧比較表

Xperia 1 IVのディスプレイ

画像引用元:Xperia 1 IV(エクスペリア ワン マークフォー) | ディスプレイ | Xperia(エクスペリア)公式サイト

まずは国内で発売された全Xperiaスマホと発売日を見てみましょう。

発売日は、国内でもっとも早い日付を表記しています。

そして例えばドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアで発売されている「Xperia 1 IV」は区別せずひとまとめにしています。

発売日モデル名
2010年4月1日Xperia SO-01B / X10
2011年3月24日Xperia arc
6月24日Xperia acro
8月27日Xperia ray
10月26日Xperia PLAY
10月28日Sony Ericson mini S51SE
2012年2月24日Xperia NX
3月10日Xperia acro HD
8月9日Xperia GX
8月10日Xperia SX
11月2日Xperia VL
11月16日Xperia AX
2013年2月9日Xperia Z
5月17日Xperia A
5月25日Xperia UL
9月18日Xperia feat. HATSUNE MIKU
10月23日Xperia Z1
12月19日Xperia Z1 f
2014年1月25日Xperia Z Ultra
5月21日Xperia Z2
5月23日Xperia ZL2
6月19日Xperia A2
10月23日Xperia Z3
11月12日Xperia Z3 Compact
2015年4月20日Xperia J1
9月2日Xperia J1 Compact
METAL GEAR SOLID V : THE PHANTOM PAIN Edition
6月10日Xperia Z4
6月18日Xperia A4
10月29日Xperia Z5
11月13日Xperia Z5 Compact
11月20日Xperia Z5 Premium
2016年6月24日Xperia X Performance
11月2日Xperia X Compact
11月2日Xperia XZ
2017年6月16日Xperia XZ Premium
5月26日Xperia XZs
11月10日Xperia XZ1
11月17日Xperia XZ1 Compact
2018年5月31日Xperia XZ2
6月22日Xperia XZ2 Compact
7月27日Xperia XZ2 Premium
11月9日Xperia XZ3
2019年6月1日Xperia Ace
10月25日Xperia 5
10月25日Xperia 8
2020年5月22日Xperia 1 II
5月29日Xperia 10 II
9月1日Xperia 8 Lite
10月17日Xperia 5 II
2021年2月10日Xperia PRO
6月18日Xperia 10 III
5月28日Xperia Ace II
7月9日Xperia 1 III
8月27日Xperia 10 III Lite
11月12日Xperia 5 III
12月15日Xperia PRO-I
2022年6月3日Xperia 1 IV
6月10日Xperia Ace III
7月8日Xperia 10 IV
2022年10月21日Xperia 5 IV

現在のXperiaシリーズは、性能ごとに名称が分かれているのが特徴です。

Xperiaシリーズの種類
  • 「Pro」「1」「5」シリーズ:ハイエンドモデル
  • 「10」シリーズ:ミドルレンジモデル
  • Aceシリーズ:エントリーモデル

Xperiaシリーズは機種が豊富で、必要とする機能や性能から選ぶことができます。

最新モデルか型落ちモデルどちらを買うべき?

迷っているなら、最新モデルを購入するのがおすすめです。

最新機種は型落ちモデルより性能がアップしているため、より快適に使用できます。

また、XperiaシリーズはAndroid OSを採用しています。

Android OSはiPhoneと比べてアップデート期間が短く、発売から2年程度でサポート期間が終了してしまうものがほとんどです。

Xperiaも同様に2年程度でサポート期間が終了するため、型落ち機種ではすぐに最新のOSにアップデート出来なくなる可能性があります。

長く使い続けたいなら、最新モデルから選ぶと良いでしょう。

一方、性能が良いスマホを安く手に入れたい人は、型落ちモデルを購入するのもおすすめです。

Xperiaシリーズは年数回新機種が発売されるため、早いタイミングで値下げされる傾向があります。

1年程度の型落ちモデルであれば、性能も十分高くコスパは高いです。

OSのサポート期間にも余裕があるため、型落ちモデルを購入するなら発売から1年以内の機種なら長く利用することができるでしょう。

価格重視から性能重視かを良く考え、使い方に合ったモデルを選びましょう。

最新モデルか型落ちモデルどっちがおすすめ?
  • 性能やサポート期間を重視するなら最新モデル
  • 価格重視なら型落ちモデル
  • 型落ちモデルは発売から1年以内のものがおすすめ

【徹底比較】Xperiaシリーズおすすめモデル7選

Xperia 1 IVのカメラ

画像引用元:Xperia 1 IV(エクスペリア ワン マークフォー) | カメラ | Xperia(エクスペリア)公式サイト

Xperiaのおすすめモデルを7つ紹介します。

スペックと価格も一緒に紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

【2023年】Xperiaおすすめモデル7選
  • Xperia 1 IV
  • Xperia 5 IV
  • Xperia 10 IV
  • Xperia 5 III
  • Xperia 10 III Lite
  • Xperia Ace III
  • Xperia PRO-I

おすすめ 1:Xperia 1 IV

Xperia 1 IV

画像引用元:Xperia 1 IV SO-51C

Xperia 1 IVは、2022年6月3日に発売された最新のハイエンドモデル。

CPUにSnapdragon 8 Gen 1を搭載しており、2023年1月時点で最も優れた性能を有しています。

Xperia 1 IVのスペック

Xperia 1 IV
サイズ約71×165×8.2mm
ディスプレイ約6.5インチ
重さ約187g
カラーブラック
メインカメラ超広角:約1,220万画素
広角:約1,220万画素
望遠:約1,220万画素
サブカメラ約1,220万画素
メモリ12GB
ストレージ256GB
バッテリー容量5,000mAh
充電時間約120分
OSAndroid 12
CPUSnapdragon 8 Gen 1 Mobile Platform
防水/防塵防水(IPX5/IPX8)
防塵(IP6X)
生体認証指紋認証
詳細Xperia 1 IV の評価レビュー
Xperia 1 IVのポイント
  • Snapdragon 8 Gen1とRAM 12GB搭載の最高スペック
  • 5G対応
  • 前モデルより約50%明るい6.5インチ有機ELディスプレイ
  • 世界初の85-125mmの光学ズーム搭載
  • 超広角・望遠でもオートフォーカス各機能が使える
  • 防水対応
  • FeliCa対応
  • 指紋認証対応
  • ワイヤレス充電対応

Xperia 1 IVの価格

項目価格割引適用時詳細
ドコモ190,872円110,352円公式サイトを見る
au148,645円89,125円公式サイトを見る
ソフトバンク188,640円94,320円公式サイトを見る
ソニーストア174,900円-公式サイトを見る

販売価格は、キャリアでは約15万~19万円と高額です。

公式ストアでも17万円とかなり高額ですが、発売から半年以上経過し、発売当時より若干値下げしているキャリアもあります。

また、キャリアでは独自の購入サポートを利用すれば約半額の8万円台で購入が可能。

Xperia 1 IVを購入する際は、購入サポートが利用できるキャリアでの購入がおすすめです。

処理能力は実質据え置き

Snapdragon 8 Gen1を搭載するXperia 1 IVは、AnTuTuベンチマークスコアで80万点弱のスコアを記録することが多いようです。

スペック的には90万〜100万点が狙えるポテンシャルがありますが、Snapdragon 8 Gen1は結構発熱があります。

熱を抑えるため、通常稼働でベンチマークを測ると思ったようにスコアが伸びません。

参考までに、iPhone 13 Proは約83万点、Snapdragon 888搭載のXperia 1 IIIは約81万点です。

ベンチマークを基準に判断すると、実質的な処理能力は従来モデルと同等と考えた方がいいかもしれません。

世界初の「85〜125mm光学ズーム望遠カメラ」

Xperia 1 IVには、85〜125mmの光学ズームができる望遠レンズが搭載されています。

レンズの切り替えなくスムーズに寄せられて、遠景の撮影がより快適になります。

超広角・望遠でもAF機能が使える

また、Xperia 1 IVでは、超広角や望遠でも連写や瞳AF、リアルタイムトラッキングAFが利用できるようになりました。

今までは広角カメラでしか使えなかった機能が対応したことで、少し離れた場所の被写体がブレなく撮れます。

子供の運動会や車・電車の撮影などで活躍しそうですね!

▲目次に戻る

おすすめ2:Xperia 5 IV

Xperia 5 IV

画像引用元:Xperia 5 IV | Xperia公式サイト

Xperia 5 IVは、2022年10月21日に発売された最新モデルです。

スペックはXperia 1 IVとほぼ同じで、最新のCPU「Snapdragon 8 Gen 1」を搭載しています。

Xperia 1 IVと比べて本体サイズがコンパクトで、片手でも操作しやすいのが特徴です。

Xperia 5 IVのスペック

Xperia 5 Ⅳのスペック
SoCSnapdragon® 8 Gen 1
Mobile Platform
3.0GHz/1+2.5GHz/3+1.8GHz/4
OSAndroid 12
5G対応
内蔵RAM/ROM8GB/128GB
ディスプレイサイズ/
解像度
6.1インチ/
2,520×1,080 FHD+
バッテリー容量5,000mAh
本体サイズ/
重量
156x67x8.2(mm)/
172g
メインカメラ構成1,220万画素×3
トリプルレンズカメラ
フロントカメラ1,220万画素
ハイレゾオーディオ対応
防水・防塵防水(IP5X/IPX8)、防塵(IP6X)
SIMカードnanoSIM/eSIM
カラーブラック・エクリュホワイト・グリーン
詳細Xperia 5 IV 実機レビュー

Xperia 1 IVとの違いはRAMの容量。

Xperia 1 IVは12GBなのに対し、Xperia 5 IVは8GBです。

一度に処理できる容量が少ないため、Xperia 5 IVの方が若干処理能力が劣ります。

とはいえXperia 5 IVでも十分な容量があるので、普段使用していて不便さを感じることはないでしょう。

Xperia 5 IVのポイント
  • Snapdragon 8 Gen 1を搭載したハイエンドモデル
  • 5G対応
  • 広角・超広角・望遠のトリプルカメラ搭載
  • フルステージステレオスピーカー搭載
  • オーディオジャック搭載で変換アダプター不要
  • 5,000mAhの大容量バッテリー搭載
  • 120Hzの高リフレッシュレートに対応した有機ELディスプレイ
  • 画面の最高輝度が前モデルから約50%向上
  • 防水対応
  • Felica対応
  • 指紋認証対応
  • ワイヤレス充電対応

Xperia 5 IVの価格

Xperia 5 IVは、2022年10月に発売されたばかりの最新のハイエンドモデルです。

Xperia 1 IVと比べると僅かに安いですが、高額なことには違いありません。

項目価格割引適用時詳細
ドコモ137,280円73,920円公式サイトを見る
au134,900円74,060円公式サイトを見る
ソフトバンク147,600円73,800円公式サイトを見る
楽天モバイル119,900円100,900円公式サイトを見る

通常価格は約11万~約14万円。

ドコモ・au・ソフトバンクなら独自の購入サポートを利用することで約7万円で購入できます。

Xperia 5 IVの購入を検討しているなら、キャリアの購入サポートを活用しましょう。

おすすめ3:Xperia 10 IV

Xperia 10 IV

画像引用元:Xperia 10 IV | Xperia公式サイト

Xperia 10 IVは、2022年7月8日(金)発売のエントリーモデルです。

Xperia 10 IVのスペック

Xperia 10 IV
サイズ高さ:153mm
幅:67mm
厚さ:8.3mm
重量約161g
ディスプレイ6.0インチ
アウトカメラ超広角:約800万画素
広角:約1,200万画素
望遠:約800万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー5,000mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 695 5G
防水・防塵性能IPX5/IPX8・IP6X
認証指紋
カラーミント
ホワイト
ブラック
ラベンダー(ドコモ・au)
詳細Xperia 10 IV 評価レビュー

普段使いなら快適なスペックで、デザインはXperia 1 IVよりカラフルなカラーバリエーションです。

もちろん、防水やFeliCaにもしっかり対応し、前モデルに引き続き電池持ちは全Android中でも圧倒的に良くなっています。

キャリアの購入プログラムで実質約4万円になるので、Xperiaをコスパ良く持ちたい方におすすめの1台です。

Xperia 10 IVのポイント
  • Snapdragon 695 5G搭載
  • 5G対応
  • 6.0インチ有機ELディスプレイ
  • 防水対応
  • FeliCa対応
  • 指紋認証対応
  • 5,000mAhの大容量バッテリー搭載
  • ワイヤレス充電非対応
  • しかし電池持ちはAndroidスマホの中でも最長

Xperia 10 IVの価格

項目価格割引適用時詳細
ドコモ64,152円41,712円公式サイトを見る
au69,985 円38,065円公式サイトを見る
ソフトバンク74,880円37,440円公式サイトを見る
UQモバイル69,985円47,985円公式サイトを見る
楽天モバイル59,800円51,800円公式サイトを見る
IIJmio59,800円39,800円公式サイトを見るIIJmio
mineo59,400円-公式サイトを見る
NUROモバイル54,780円-公式サイトを見る
OCNモバイルONE55,869円-公式サイトを見る
BIGLOBEモバイル59,400円-公式サイトを見る

※ ドコモはいつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラム、ソフトバンクは新トクするサポートによる割引フル適用、UQモバイルはMNP、楽天モバイルはポイント還元の場合

通常価格は約7万円で、キャリアの購入サポートを利用すれば3万円台で購入できます。

十分なスペックながら購入しやすい価格設定なので、コスパ重視の人に最適なモデルです。

バッテリー持ちは全Androidでトップクラス

Xperia 10 VIは5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

さらに、搭載SoCの省エネ性能やソニー独自の節電技術により、数日使っても余裕の電池持ちです。

各種性能を独自計測している海外サイト「CSM Arena」によると、Xperia 10 IVのバッテリー持ちは約163時間もあります。

他の国内販売されている現行Androidは150時間でも良い方なので、Xperia 10 IVのバッテリー持ちは圧倒的です。

ソース:Battery life tests – GSMArena.com

エントリーモデルとしては高い性能

Xperia 10 IVのベンチマークスコアは約39万。

ミドルレンジモデルの中でも比較的性能が良く、データが重いゲームも十分快適にプレイできるでしょう。

コスパ重視でXperiaを選ぶなら、ぜひXperia 10 IVを検討してください。

▲目次に戻る

おすすめ4:Xperia 5 III

Xperia 5 III

画像引用元:Xperia 5 III(エクスペリア ファイブ マークスリー) | Xperia(エクスペリア)公式サイト

Xperia 5 IIIは2021年11月に12日に発売されたコンパクトモデル。

Xperia 1 IIIとほぼ同等の性能を有し、カメラ性能や処理能力が非常に高いです。

ワイヤレス充電非対応など一部非搭載の機能がありますが、片手でも操作しやすいコンパクトサイズのスマホが欲しい人におすすめです。

Xperia 5 IIIのスペック

Xperia 5 IIIのスペック
SoCSnapdragon 888 5G
OSAndroid 11
5G対応
内蔵RAM/ROM8GB/128GB
ディスプレイサイズ/
解像度
6.1インチ/
2,520×1,080 FHD+
バッテリー容量4,500mAh
本体サイズ/
重量
157x68x8.2(mm)/
168g
メインカメラ構成1220万画素×3
トリプルレンズカメラ
フロントカメラ800万画素カメラF値2.0
ハイレゾオーディオ対応
PS4リモートプレイ対応
イヤホンジャック有り
防水・防塵防水(IP5X/IPX8)、防塵(IP6X)
SIMカードnanoSIM
カラーフロストブラック、フロストシルバー、グリーン、ピンク
詳細Xperia 5 IIIのレビュー
Xperia 5 IIIのポイント
  • Snapdragon 888搭載
  • 5G対応
  • 6.1インチ有機ELディスプレイ
  • 防水対応
  • FeliCa対応
  • 指紋認証対応
  • ワイヤレス充電非対応

Xperia 5 IIIの価格

項目価格割引適用時詳細
ドコモ113,256円32,076円公式サイトを見る
ソフトバンク137,520円68,760円公式サイトを見る

Xperia 5 IIIはハイエンドモデルのため、通常価格は10万円以上と高額です。

しかし、2022年10月に後継機Xperia 5 IVが発売されたことと、発売から1年以上が経過したことでドコモでは値下げが行われています。

キャンペーンや購入サポートを利用すれば3万円台で購入が可能。

今でも十分高性能なスマホが格安で手に入ります。

高性能モデルを安く手に入れたい人は、ぜひXperia 5 IIIの購入を検討してみましょう。

▲目次に戻る

おすすめ5:Xperia 10 III Lite

Xperia 10 III Lite

画像引用元:Xperia 10 III / 10 III Lite| Xperia(エクスペリア)公式サイト

Xperia 10 III Liteは2021年8月27日に発売されたスマホです。

ほとんどのスペック/機能はXperia 10 IIIと同じですが、ストレージ減少などの変更点があり、格安SIMを中心に販売しています。

Xperia 10 III Liteのスペック

Xperia 10 III Lite
ディスプレイ6.0インチ
本体サイズ高さ:154mm
幅:68mm
厚さ:8.3mm
重さ169g
アウトカメラ標準:1,200万画素
超広角:800万画素
望遠:800万画素
インカメラ800万画素
RAM6GB
ROM64GB
CPUQualcomm
Snapdragon 690
OSAndroid 11
バッテリー4,500mAh
認証指紋認証
カラーブラック、ホワイト、
ブルー、ピンク
詳細Xperia 10 III Lite 評価レビュー
Xperia 10 III Liteのポイント
  • Snapdragon 690搭載
  • 5G対応
  • 6.0インチ有機ELディスプレイ
  • 防水対応
  • FeliCa対応
  • 指紋認証対応
  • ワイヤレス充電非対応

Xperia 10 III Liteの価格

販売元機種代金詳細
楽天モバイル25,000円公式サイトを見る
nuroモバイル43,800円nuro mobile公式サイトを見る

Xperia 10 III Liteはキャリアでの取り扱いは楽天モバイルのみで、主に格安SIMで取り扱われていました。

しかし、発売から1年以上が経過し、現在は販売終了しているところが多いです。

楽天モバイル・nuroモバイルでは現在も購入が可能で、楽天モバイルでは2万円台で手に入ります。

Xperia 10 III Liteはミドルレンジモデルなので比較的性能が高く、価格も安いのが特徴です。

型落ちでも良いから安くXperiaを購入したい人はぜひチェックしてみてください。

低価格になりeSIM・デュアルSIMに対応

Xperia 10 III LiteはXperia 10 IIIよりも低価格になり、eSIM・デュアルSIMに対応しています。

ドコモ・au・ソフトバンク版でも対応してほしいところなんですけどね。

ROMは128GBから64GBへ

Xperia 10 III LiteはXperia 10 IIIと比べると、ROMの容量が128GBから64GBにグレードダウンしています。

またXperia 10 III LiteはFMラジオが使えない点にも注意です。

とはいえ、microSDの差し込みは可能なので、コスパの良さで言えばXperia 10 III Liteに軍配が上がります。

おすすめ6:Xperia Ace III

Xperia Ace Ⅲ

画像引用元:Xperia Ace III SO-53C

Xperia Ace IIは、2022年6月10日に発売されたエントリーモデルのXperiaです。

前モデルまではドコモの専売でしたが、今回はauとUQモバイル・ワイモバイルも取り扱います。

Xperiaシリーズの中では最もスペックが低く、サイズがとても小さいのも大きな特徴です。

ちなみに、前モデルのXperia Ace IIは、「普段使いもキツいスペック」と言われていました。

この声を受けて、Xperia Ace IIIは搭載SoCがアップグレードされ、ゲームをプレイしなければ十分快適に使える性能になりました。

Xperia Ace IIIのスペック

Xperia Ace III
画面サイズ5.5インチ
本体サイズ高さ:140mm
幅:69mm
厚さ:8.9mm
重さ約162g
アウトカメラ標準:約1,300万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,500mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUSnapdragon 480 5G
認証指紋
防水・防塵IP68
カラーブラック
グレー
ブリックオレンジ

Xperia Ace IIのポイント
  • Snapdragon 480 5G搭載
  • 5Gにも対応
  • 5.5インチ液晶ディスプレイ
  • ハイエンドモデルと同じ強化ガラスを採用
  • 防水対応
  • FeliCa対応
  • 指紋認証対応
  • ワイヤレス充電非対応

Xperia Ace IIIの価格

Xperia Ace IIIの通常価格は3万円台ですが、各社割引で1〜2万円台まで大幅に安くなります。

キャリア機種代金割引適用時詳細
ドコモ34,408円26,488円公式サイトを見る
au33,415円26,335円公式サイトを見る
ワイモバイル31,680円3,980円公式サイトを見る
UQモバイル33,415円11,415円公式サイトを見る
※ドコモはいつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラム、UQモバイルはMNPかつ増量オプションII加入時、ワイモバイルは他社から乗り換えかつシンプルM契約時

特にワイモバイルとUQモバイルは機種代金からの直接値引きなので、2年目に返却する必要がありません。

5.5インチのコンパクトボディで持ちやすい

Xperia Ace IIは、最近のスマホの中では小さい5.5インチディスプレイを搭載し、片手でも持ちやすいサイズです。

また、他のXperiaのディスプレイは、21:9という独自の超縦長アスペクト比です。

Xperia Ace IIIは18.7:9と一般的な比率に限りなく近く取り扱いやすく感じるでしょう。

ちなみに、液晶をカバーしている強化ガラスは、ハイエンドモデルと同じGorilla Glass Victusです。

今最も耐久力のある強化ガラスを採用し、小型・軽量なボディと相まって画面割れのリスクは最小限のスマホとなっています。

▲目次に戻る

おすすめ7:Xperia PRO-I

Xperia PRO-1

画像引用元:Xperia PRO-I(エクスペリア プロ-アイ) | デザイン | Xperia(エクスペリア)公式サイト

Xperia PRO-Iは、Snapdragon 888を搭載したハイエンドモデルです。

カメラには1型センサーを搭載しているため、Xperia 1 IIIよりカメラ性能が優れています。

Xperia PRO-Iのスペック

Xperia PRO
画面サイズ約6.5インチ
本体サイズ高さ:166mm
幅:72mm
厚さ:7.9mm
重さ181g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
超広角:約1,200万画素
望遠: 約1,200万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,000mAh
RAM12GB
ROM512GB
CPUSnapdragon 865
認証顔・指紋
防水IP68
カラーブラック
Xperia PRO-Iのポイント
  • Snapdragon 888搭載
  • 5G対応
  • 6.5インチ有機ELディスプレイ
  • 防水対応
  • FeliCa対応
  • 指紋認証対応
  • ワイヤレス充電非対応

Xperia PRO-Iの価格

Xperia PRO-Iはキャリアでの取り扱いがありません。

ソニーストアでのみ購入が可能です。

販売価格は発売当初は179,300円でしたが現在は値下げされており、159,500円で購入できます。

1型センサー搭載ではありますが、チップはXperia 1 IIIやXperia 5 IIIと同じSnapdragon 888であることを考えると、コストパフォーマンスはやや微妙な気がします。

Xperiaシリーズのスペック・性能を比較

Xperia 1 IVのデザイン

画像引用元:Xperia 1 IV(エクスペリア ワン マークフォー) | デザイン | Xperia(エクスペリア)公式サイト

近年発売されたXperiaのチップ・コア数・RAMを比べてみました。

これらはスマホのスペックの根幹となる部分です。

モデルチップコア数RAM
Xperia AceSnapdragon630オクタコア4GB
Xperia Ace IIHelio P35
Xperia 8Snapdragon 630
Xperia 8 LiteSnapdragon 630
Xperia 10 IISnapdragon 665
Xperia 10 IIISnapdragon 6906GB
Xperia 10 III LiteSnapdragon 690
Xperia 5Snapdragon 855
Xperia 1 IISnapdragon 8658GB
Xperia 5 IISnaodragon 8658GB
Xperia PROSnapdragon 865
Xperia 1 IIISnapdragon 88812GB
Xperia 5 IIISnapdragon 8888GB
Xperia PRO-ISnapdragon 88812GB
Xperia 1 IVSnapdragon 8 Gen 112GB
Xperia 10 IVSnapdragon 6956GB
Xperia Ace IIISnapdragon 4804GB
Xperia 5 IVSnapdragon 8 Gen 18GB

もっとも重要なのはチップで、これを見るだけでも大方のスペックがわかります。

「Snapdragon 690のくせに高い」とか「Snapdragon 888の割に安い」など、コスパの良し悪しも搭載チップに対する価格で語られることが多いですね。

Xperiaシリーズのサイズを比較

Xperia 10 IV

画像引用元:Xperia 10 IV(エクスペリア テン マークフォー) | Xperia(エクスペリア)公式サイト

最後に、近年発売されたXperiaのサイズと重量を比較してみましょう。

モデル重量本体サイズ画面
Xperia Ace154g高さ:140mm
横幅:67mm
厚さ:9.3mm
5インチ
Xperia Ace II159g高さ:140mm
横幅:69mm
厚さ:8.9mm
5.5インチ
Xperia 8170g高さ:158mm
横幅:69mm
厚さ:8.1mm
6.0インチ
Xperia 8 Lite170g高さ:158mm
横幅:69mm
厚さ:8.1mm
6.0インチ
Xperia 10 II151g高さ:157mm
横幅:69mm
厚さ:8.2mm
6.0インチ
Xperia 10 III169g高さ:154mm
横幅:68mm
厚さ:8.3mm
6.0インチ
Xperia 10 III Lite169g高さ:154mm
横幅:68mm
厚さ:8.3mm
6.0インチ
Xperia 5164g高さ:158mm
横幅:68mm
厚さ:8.2mm
6.1インチ
Xperia 1 II181g高さ:166mm
横幅:72mm
厚さ:7.9mm
6.5インチ
Xperia 5 II163g高さ:158mm
横幅:68mm
厚さ:8.0mm
6.1インチ
Xperia 1 III188g高さ:165mm
横幅:71mm
厚さ:8.2mm
6.5インチ
Xperia PRO181g高さ:166mm
横幅:72mm
厚さ:7.9mm
6.5インチ
Xperia 5 III168g高さ:157mm
横幅:68mm
厚さ:8.2mm
6.2インチ
Xperia PRO-I211g高さ:166mm
横幅:72mm
厚さ:8.9mm
6.5インチ
Xperia 1 IV187g高さ:165mm
横幅:71mm
厚さ:8.2mm
6.5インチ
Xperia 10 IV161g高さ:153mm
横幅:67mm
厚さ:8.3mm
6.0インチ
Xperia Ace III162g高さ:140mm
横幅:69mm
厚さ:8.9mm
5.5インチ
Xperia 5 IV172g高さ:156mm
横幅:67mm
厚さ:8.2mm
6.1インチ

Xperia PRO-Iを抜かせば重たくても180g台と、そこまでの重量ではないのもXperiaの特徴かもしれません。

iPhoneでは、6.1インチのiPhone 13 Proが203g、6.7インチのiPhone 13 Proが238gと、年々重たくなっていっていますからね。

筆者の場合、210gを超えると日頃持つのが辛く感じます。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

自分に合ったXperiaスマホを選ぼう!

おすすめのXperiaシリーズについて紹介してきました。

おすすめのXperiaシリーズまとめ
  • スペック重視ならSnapdragon 8 Gen1搭載のXperia 1 IV
  • コンパクトかつ高性能なスマホならXperia 5 IV
  • コスパ重視の人なら安さと性能のバランスが良いXperia 10 IV
  • スペックより安さを重視するならXperia Ace III

スペック重視の人は、高性能CPU「Snapdragon 8 Gen 1」を搭載したXperia 1 IV・Xperia 5 IVがおすすめです。

カメラ性能も非常に優れており、高精細で美しい写真を撮影できます。

コスパ重視であれば、ミドルレンジモデルのXperia 10 IVや型落ちモデルのXperia 5 IIIの購入を検討してみましょう。

ハイエンドモデルと比べると性能は劣りますが処理能力は高いので、ゲームも快適にプレイできますよ。

安さ重視の人には、エントリーモデルのXperia Ace IIIがおすすめです。

必要十分な性能を備えており、キャリアの購入サポートを利用すれば2万円台で手に入れることができます。

Xperiaスマホの購入を検討している人は、ぜひ記事で解説したスペックや価格を参考に自分にぴったりなモデルを選んでくださいね。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴3年。クラウドワークスでは「TOPプロクラウドワーカー」に認定される。 常に最新のAndroidとiOSを使うのがモットーで、5GやWi-Fi 6にもすぐ飛びついた新しいもの好き。iPadやApple Watchも愛用中。ただしパソコンはWindowsがメイン。 暇さえあればYouTubeを見ている。
【2022年】おすすめスマホランキング