Xperia比較|最新から初代まで歴代モデルを価格/サイズ/スペックで比べてみた

2021年購入できるXperiaのサイズ・スペックを徹底比較!また歴代機種の紹介から最新機種Xperia 5 IIの情報もご紹介します。ドコモ/au/ソフトバンク/格安SIMそれぞれで発売しているXperiaの価格や割引も載せているので、自分がお得に購入・機種変更できる携帯会社を選びましょう。
  • 2021年6月15日
  • by.nuko

Xperia5lI

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

XperiaはSONYが取り扱っているスマホシリーズの名称であり、日本製スマホの中での人気度はトップクラスです。

デザイン性と性能の高さ、音質の良さなどに定評があり、多くの人が愛用しています。

そこで今回は、2021年現在発売中のXperiaスマホをピックアップし、価格やサイズ、スペックなどを比較してみました。

高額なイメージの強いXperiaですが、最近では5万円以下で購入できる機種も増えています。

是非、自分に合った機種を見つけてくださいね。

併せて、歴代のXperiaスマホにはどのような機種があるのかまとめてみました。

Xperiaの購入を検討中の人は是非参考にしてください。

※本記事中の価格は税込み表示

トップ画像引用元:Sony US

2021年発売中のXperia一覧

Xperia 5 II

画像引用元:Xperia 5 II | Xperia(エクスペリア)公式サイト

まず、ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアと格安SIMで2021年現在発売中のXperia機種について見ていきましょう。

モデル取り扱い発売日
Xperia Ace IIドコモ2021年5月28日
Xperia 5 Ⅱドコモ2020年11月12日
au2020年10月17日
ソフトバンク
Xperia 10 Ⅱドコモ2020年6月25日
au2020年6月4日
ワイモバイル2020年5月29日
Xperia 1 Ⅱドコモ2020年6月18日
au2020年5月22日
Xperia 8格安SIM2019年10月下旬
Xperia Ace格安SIM2019年10月上旬

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Xperiaスマホをメインで扱っているのはドコモ・au

以前までXperiaスマホは、主にドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアが販売していました。

しかし、最近はソフトバンクがXperiaに対してやや消極的である傾向にあるようです。

そのため、大手キャリアで現在もXperiaをメインに取り扱っているのは、ドコモとauとなります。

実際、2021年6月中旬以降に登場予定のXperia 10 IIIは、ドコモとauでは発売予定ですがソフトバンクの取り扱いはありません。

Xperiaスマホが好きな人や、これからもXperiaを使い続けたい人は、ソフトバンクよりもドコモやauを利用するのがおすすめです。

格安SIMでも取り扱い機種が増えてきている

格安SIMが普及し始めた頃は、どの会社も海外製の知名度の低い機種を取り扱ってばかりでした。

そのため、格安SIMでのiPhoneやXperia、Galaxyなど国内で人気の機種の取り扱いはありませんでした。

それがネックとなり格安SIMの契約を躊躇する人も多かったのですが、最近ではXperiaを取り扱う格安SIMがかなり増えています。

Xperiaシリーズには5万円台で購入できるミドルレンジスペックの機種がいくつかあり、格安SIMユーザーのニーズにも合うためです。

そのため、大手キャリアで販売されているような高スペック機種はないものの、格安SIMでもXperiaスマホを購入することはできます。

2021年発売予定のXperiaは?

エクスペリアテンマークスリー

画像引用元:Xperia 10 III | Xperia(エクスペリア)公式サイト

2021年6月中旬以降には、ドコモ・auから2種類、ソフトバンクから1種類のXperiaスマホが発売予定です。

加えて日本での発売は未定の1機種も発表されており、合計で3機種が新たに登場することになります。

現在発売中の機種を見ていく前に、まずは軽くこれらのポイントを見ていきましょう。

モデル取り扱い発売日
Xperia 1 IIIドコモ2021年7月以降
au
ソフトバンク
Xperia 10 IIIドコモ2021年6月18日
au
Xperia 5 III国内発売未定2021年6月中旬以降

Xperia 1 IIIの特徴

Xperia 1 Ⅲ

画像引用元:Xperia(エクスペリア)公式サイト

Xperia 1 IIIは「Snapdragon 888 5G」搭載のハイエンドモデルです。5Gはミリ波にも対応しています。

Xperia 1 IIのいい点を継承しつつ、カメラ性能やオーディオ性能がアップしており、まさに上位互換のような機種といえます。

さらにディスプレイは4K+120Hz+HDR対応の有機ELと、まさにてんこ盛りスペックとなっています。

Xperia 1 IIIの特徴
  • 「Snapdragon 888 5G」搭載
  • 世界発の「可変式望遠レンズ」でカメラ性能◎
  • 4K+120Hz+HDR対応の有機ELディスプレイ搭載
  • ソニーの立体音響技術に対応のスピーカーも

Xperia 1 IIIの価格

キャリア機種代金割引適用時※予約
ドコモ154,440円102,960円ドコモドコモ公式ショップを見る
au未定au公式ショップを見る
ソフトバンク未定ソフトバンク公式ショップを見る

※ ドコモはスマホおかえしプログラム、auはかえトクプログラム、ソフトバンクはトクするサポート+適用時の場合

Xperia 10 IIIの特徴

Xperia-10-III

画像引用元:Xperia(エクスペリア)公式サイト

Xperia 10 IIIは「Snapdragon 690 5G」搭載で、ミドルレンジモデルのXperiaでは初めて5Gに対応しています。

Xperia 10 IIと比べるとメモリ容量やストレージが増えたほか、バッテリー容量も進化しています。

本体サイズも少しだけ小ぶりになっているので、持ちやすさも信頼できる一台です。

Xperia 10 IIIの特徴
  • 「Snapdragon 690 5G」搭載
  • カメラの新機能としてシーン「ペット」が追加
  • 4,500mAhの大容量バッテリー搭載
  • 5Gはミリ波非対応に注意

Xperia 10 IIIの価格

キャリア機種代金割引適用時予約
ドコモ51,480円なしドコモドコモ公式ショップを見る
au53,985円36,225円au公式ショップを見る
ワイモバイル54,000円未定Y!mobile公式ショップ

Xperia 5 IIIの特徴

Xperia 5 IIIは小型でハイスペック

画像引用元:Sony US

Xperia 5 IIIはXperia 1 IIIの小型モデルとして発表されました。

これまでの機種とは異なり国内での発売は未定となっています。

スペックはXperia 1 IIIとあまり違いがないため、サイズ重視の人にはオススメです。

Xperia 5 IIIの特徴
  • スマホ本体がコンパクトで持ちやすい
  • 「Snapdragon 888 5G」搭載
  • 世界発の「可変式望遠レンズ」でカメラ性能◎
  • 国内での発売は未定なので注意

▲目次に戻る

Xperia Ace IIの特徴・サイズ・スペック

Xperia Ace II SO-41B

画像引用元:Xperia Ace II SO-41B

ここからは国内で発売中のXperiaシリーズについて見ていきます。

Xperia Ace IIは、2021年5月28日に発売されたエントリーモデルのXperiaです。

Xperia Ace IIのスペック

Xperia Ace II
画面サイズ5.5インチ
本体サイズ高さ:140mm
幅:89mm
厚さ:8.9mm
重さ約159g
アウトカメラ標準:約1,300万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,500mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUMediaTek Helio P35
認証指紋
防水IPX5/8
カラーブラック・ホワイト・ブルー
詳細Xperia Ace IIの詳細・レビュー

処理能力は前モデルのXperia Aceとそれほど変わりませんが、大容量バッテリーや使いやすいカメラを搭載し、全体的にバランスが良くなりました。

「ゲームには興味がないけれどXperiaが使いたい。」

そんな方にぴったりな1台に仕上がっています。

Xperia Ace IIの特徴
  • 22,000円で手に入る激安Xperia
  • 5.5インチのコンパクトボディで持ちやすい
  • 4,500mAhの大容量バッテリー搭載
  • 防水・おサイフケータイ・指紋認証と必要な機能はバッチリ

Xperia Ace IIの価格

Xperia Ace II

画像引用元:Xperia Ace II SO-41B

Xperia Ace IIの価格は次の通りです。

キャリア機種代金詳細
ドコモ22,000円ドコモ公式ショップ

一括払いでも22,000円と、Xperiaなのに海外製の激安SIMフリーモデルと同じような価格帯です。

価格重視でXperiaを選ぶなら、Xperia Ace IIをまず検討してください!

5.5インチのコンパクトボディで持ちやすい

Xperia Ace IIは、最近のスマホの中では小ぶりな5.5インチディスプレイを搭載し、片手でも持ちやすいサイズ感です。

6〜6.5インチスマホと比べるとかなり小さな画面ですが、SNSから動画視聴まで全く問題なく利用できます。

4,500mAhの大容量バッテリー搭載

Xperia Ace IIいは4,500mAhの大容量バッテリーを搭載し、1日使っても余裕の電池持ちを実現しています。

また、いたわり充電など独自の充電技術を活用し、3年使っても劣化しにくい長寿命バッテリーになっています。

ライトユーザーは1台を長く利用する傾向にあるので、劣化しにくいバッテリーは嬉しいポイントといえるでしょう。

防水・おサイフケータイ・指紋認証と必要な機能はバッチリ

Xperia Ace IIは22,000円の激安モデルですが、機能面がかなり充実しています。

特に防水やおサイフケータイにも対応しているのは嬉しいですね。

Xperia Ace IIの機能
  • 防水・防塵(IP58等級)
  • おサイフケータイ
  • 指紋認証
  • 背景ぼかしができるカメラ
  • イヤホンジャック搭載

同じ価格帯の激安SIMフリーでは、防水やおサイフケータイを諦めないといけない機種ばかりです。

しっかり機能が充実していることは、Xperia Ace IIを選ぶ大きな要因になるのではないでしょうか。

Xperia 5 IIの特徴・サイズ・スペック

Xperia 5 II

画像引用元:Xperia 5 II | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

Xperia 5 IIは2020年10月17日に発売されたXperiaスマホです。

スペックは下記の通りです。

Xperia 5 IIのスペック

Xperia 5 II
画面サイズ約6.1インチ
本体サイズ高さ:158mm
幅:68mm
厚さ:8.0mm
重さ約163g
アウトカメラ超広角:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
望遠: 約1,200万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,000mAh
RAM8GB
ROM128GB/256GB
CPUSnaodragon 865
認証顔・指紋
防水IP68
カラーピンク・ブルー・グレー・
ブラック・パープル(ドコモ限定)
詳細Xperia 5 llの実機レビュー

5G対応Xperiaの最新機種であり、現在キャリアから発売されているXperiaスマホの中では性能もダントツに良いです。

この章では、そんなXperia 5 IIの特徴やスペックについて詳しく解説していきます。

Xperia 5 IIの特徴
  • 最先端の5G対応スマホ
  • Snapdragon 865G 5G搭載でハイスペック
  • RAM8GB/ROM128GBと大容量メモリ
  • Photography Proが搭載されたトリプルカメラ
  • ストリーミングで聴く音楽もハイレゾ相当の高音質に

Xperia 5 IIの価格

Xperia 5 II

画像引用元:Xperia(エクスペリア)公式サイト

Xperia 5 IIの価格についてまず見ていきましょう。

キャリア機種代金割引適用時※詳細
ドコモ99,000円66,000円ドコモオンラインショップドコモ公式ショップを見る
au88,140円51,060円au公式ショップを見る
ソフトバンク115,200円57,600円ソフトバンク(公式)を見る

※ ドコモはスマホおかえしプログラム、auはかえトクプログラム適用時、ソフトバンクはトクするサポート+適用時の場合

2021年6月中旬以降の新モデル発売を見越してか、auの価格が値下げされました。

その関係で、現在はauが1番安くなっています。

搭載CPUとRAM容量はハイスペックモデル並み

Xperia 5 IIに搭載されているのは、Snapdragon 865G 5G Mobile Platformと呼ばれる5G対応のCPUです。

これは高速・大容量・低遅延通信の5Gに対応しており、非常にハイスペックです。

またRAM容量が8GB、本体に保存できるデータ容量であるROMが128GBと、高性能と呼ばれるスマホと同等のスペックを兼ね備えています。

大容量通信が可能な5Gを使ってもサクサクと快適に利用できるので、スペック重視の人におすすめです。

Photography Pro搭載でプロレベルの撮影体験ができる

Xperia 5 IIに搭載されているのは超広角・広角・望遠のトリプルカメラであり、Photography Proと呼ばれる機能が搭載されています。

人物や動物の瞳に常にフォーカスするので、振り向いた時など一瞬のシャッターチャンスを逃すことなく撮影できます。

また、1秒当たり20コマ撮影できるAF/AE追従高速連写では、動き回る子どもやペット、一瞬の水しぶきなども鮮明に撮影することが可能です。

スマホでプロレベルの撮影体験が可能となります。

自分好みにカメラ設定を編集できる

また、Xperia 5 IIのカメラでは、シーンに合わせて利用するカメラを切り替えたり、シャッタースピードの調整・露出やホワイトバランスなどを編集したりできるなど、自分の好きなように設定変更が可能です。

調整を行うことで、同じシーンでも全く違う雰囲気の写真に。カメラ性能にとことん拘りたいという人にもぴったりの機種です。

ストリーミングで聴く音楽もハイレゾ相当の高音質で聴ける

Xperiaスマホといえば、音質に定評があることでも知られていますが、Xperia 5 IIでは音響性能も格段にパワーアップしています。

ストリーミング再生された音楽でもハイレゾ相当の高音質で聴くことができたり、Dolby Atmos機能も搭載されているので臨場感のある迫力満点のサウンドも楽しめます。

スマホのフロント部分にスピーカーが2つ搭載されているので、みんなで音楽を聴きたい時にもおすすめです。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

▲目次に戻る

Xperia 1 IIの特徴・サイズ・スペック

Xperia 1 II

画像引用元:Xperia 1 II SO-51A

Xperia 1 IIは2020年6月に発売されたハイスペックモデルです。

Xperia初の5G対応スマホであり、現在発売されているXperiaスマホの中ではXperia 5 IIに次いで高い性能を誇ります。

Xperia 1 IIとXperia 5 IIの違いは大きくはないですが、主にカメラ性能やディスプレイにあります。

Xperia 1 IIのスペック

Xperia 1 II
ディスプレイ6.5インチ
本体サイズ高さ:166mm
幅:72mm
厚さ:7.9mm
重さ約181g
アウトカメラ広角:約1,200万画素
超広角:約1,200万画素
望遠:約1,200万画素
ToFカメラ
インカメラ約800万画素
バッテリー4,000mAh
RAM8GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 865
OSAndroid 10
認証指紋
カラーブラック・ホワイト・パープル
詳細Xperia 1 II 実機レビュー

Xperia 1から始まったトリプルレンズカメラも搭載され、音楽をハイレゾ相当の高音質で聴ける機能なども利用できます。

Xperia 1 IIの特徴
  • 2画面操作が可能な21:9の縦長ディスプレイ
  • 最高20コマ/秒の高速連写が可能
  • 5G対応の高性能スマホなので高い処理速度が期待できる
  • 手持ちの音源をハイレゾ相当の高音質で聴くことも可能

Xperia 1 IIの価格

Xperia 1 II

画像引用元:Xperia 1 II(エクスペリア ワン マークツー) | Xperia(エクスペリア)公式サイト

Xperia 1 IIの価格は、以下の通りです。

キャリア価格割引適用時購入
ahamo71,500円~-ahamo公式
ショップ
au110,095円64,975円※1au公式ショップ

※1 かえトクプログラム適用時

本体価格は10万円越えと高いですが、auの割引を使えばお得に購入することができます。

また、ドコモ版はahamoでの販売に切り替わり、ドコモオンラインショップでの取り扱いはなくなっています。

トリプルレンズカメラ搭載!最高20コマ/秒の高速連写が可能

Xperia 1から搭載されるようになったトリプルレンズカメラが、Xperia 1 IIではさらに進化しています。

1秒あたり最高20コマ撮れる高速連写が可能となり、自動的に被写体へフォーカスし露出を調整することができるようになりました。

これにより、動いている被写体の写真が撮りやすくなっています。

手持ちの音源をハイレゾ相当の高音質に

Xperiaスマホは元々高音質に定評のあるスマホですが、Xperia 1 IIも音楽好きにはぴったりな機能が搭載されています。

自分が普段聴いている音楽をハイレゾ相当の音質で聴くことができるようになるため、自分の好きな音楽を臨場感のある大迫力サウンドで楽しむことができます。

通勤や通学中など普段からスマホで音楽を聴く機会のある人におすすめです。

2つのアプリが同時に操作できる便利な機能

従来のXperiaスマホのように、Xperia 1 IIの画面比率は映画館と同じ21:9であり、サイズも他社のスマホに比べて縦長である傾向があります。

さらに画面サイズも大きいので、1つの画面でアプリを2つ使うことができる2画面操作が可能です。

そのため、地図を見ながら連絡したり、ゲームをしながら攻略サイトを確認するなど、より効率の良くスマホを使えるようになります。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

▲目次に戻る

Xperia 10 IIの特徴・サイズ・スペック

Xperia 10 II SO-41A

画像引用元:Xperia 10 II SO-41A | スマートフォン(4G)

Xperia 10 IIは2020年6月に発売されたXperia 1 IIと並ぶ最新モデルです。

発売時期はXperia 10 IIの方が遅く、低価格で購入しやすい点が特徴です。

Xperia 10 IIのスペック

Xperia 10 II
ディスプレイサイズ6インチ
本体サイズ高さ:157mm
幅:69mm
厚さ:8.2mm
重さ151g
アウトカメラ超広角:約800万画素
標準:約1,200万画素
望遠:約800万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー3,600mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUSnapdragon665
OSAndroid 10
認証指紋
カラーブラック・ホワイト・ミント
詳細Xperia 10 II実機レビュー

Xperia 1 IIの後の機種なので、Xperia 10 IIも5G対応なのでは?と思うかもしれませんが、この機種は4G対応のみとなっています。

5G対応スマホが欲しい人は注意してください。

Xperia 10 IIの特徴
  • ミドルレンジXperia初の有機ELディスプレイ
  • 21:9の縦長サイズで2画面操作が可能
  • 4万円台で購入できるスマホでありながらトリプルレンズカメラ搭載
  • ハイレゾ音源対応

Xperia 10 IIの価格

Xperia 10 II

画像引用元:Xperia 10 II SO-41A

Xperia 10 IIの価格は、以下の通りです。

キャリア価格割引適用時購入
ドコモ41,976円-ドコモ公式ショップ
au43,945円35,305円※au公式ショップ
ワイモバイル25,200円
~46,800円
-ワイモバイル公式ショップ

※ かえトクプログラム適用時

ミドルレンジXperia初の有機ELディスプレイ搭載

Xperia 10 IIは、今回ミドルレンジクラスのXperiaでは初めて有機ELディスプレイが搭載されました。

有機ELディスプレイは従来の液晶ようなカラーフィルターやバックライトなど、複数のパネルを組み合わせる構造とは大きく異なり、たった1枚で全ての役割を担うことができます。

構造上、これまでの液晶はどうしても分厚くなりがちでした。しかし、有機ELディスプレイを採用することで、より薄型のスマホを設計できるようになったのです。

また有機ELディスプレイは曲げることもできます。この特長をいかし、画面占有率の高いスマホを作ることも可能になりました。

さらに、有機ELディスプレイは従来の液晶よりも黒色をとても鮮明に表現できます。

色彩と黒の美しいコントラストが、ディスプレイの華やかさを一気にアップしてくれますよ。

縦長サイズなので2画面操作が可能

Xperia 10 IIは、Xperia 1 IIと同様に21:9の縦長サイズなので、2画面操作が可能です。

2つのアプリを一度に操作できるので、調べ物をしたい時や仕事での作業効率が向上するでしょう。

4万円台でトリプルレンズカメラ搭載と高コスパ

Xperia 10 IIは格安SIM会社であるワイモバイルでも販売されており、キャリアでも4万円台で購入できる非常にリーズナブルなスマホです。

全体的な性能もミドルレンジクラスなので、性能を重視している人には不向きな機種といえますが、カメラ性能だけは別です。

Xperia 10 IIにはトリプルレンズカメラが搭載されており、「プレミアムおまかせオート」では撮影シーンに応じて最適な設定に自動で調整してくれる機能が利用できます。

そのため、スマホで写真を撮影することが苦手な人も、簡単に綺麗な高いクオリティの写真が撮れるようになります。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

▲目次に戻る

Xperia 8の特徴・サイズ・スペック

エクスペリアエイト

画像引用元:Xperia 8(エクスペリア エイト) SOV42

Xperia 8は2019年10月に発売されたミドルスペックのXperiaです。

ハイスペックなXperiaを求めている人からの評価は微妙ですが、価格で見ると優秀な端末です。

Xperia 8のスペック

Xperia 8
ディスプレイ6.0インチ
本体サイズ高さ:158 mm
幅:69 mm
厚さ:8.1 mm
重さ170g
アウトカメラ1,200万画素+800万画素
デュアルカメラ
インカメラ800万画素
バッテリー2,760mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUSnapdragon 630
OSAndroid 9
カラーブラック・ホワイト・
オレンジ・ブルー
詳細Xperia 8 実機レビュー

価格は2万円から4万円台とほかのスマホと比較してみても安く、手が届きやすい一台です。

Xperia 8の特徴
  • 21:9比率の6インチでスマートなフォルム
  • ハイエンドモデルと変わらぬ上質なデザイン
  • ライトなユーザーにおすすめ
  • 格安SIMでも購入可能

Xperia 8の価格

Xperia8

画像引用元:Xperia 8(エクスペリア エイト)| デザイン| ソニーモバイル公式サイト

Xperia 8の価格は、以下の通りです。

キャリア価格割引適用時購入
ワイモバイル36,000円-ワイモバイル公式ショップ

キャリアだけでなく格安SIMでも購入できるリーズナブルなスマホ

Xperia 8はキャリアでも販売されていましたがが、2021年6月現在は格安SIMやSIMフリーモデルのみとなりました。

格安SIMだと最安2万円台で購入できるので、安くXperiaを手に入れたい人にもおすすめです。

さらに、格安SIMならプラン料金も非常に安いので、スマホの通信料金を安くしたいと考える人にも適しています。

スペックはミドルレンジなのでライトユーザーに◎

価格が安い分スペックもミドルレンジスペックなので、ゲームや動画アプリのヘビーユーザーなど性能を重視する人には向かない機種だといえます。

一方で、あまりスマホを使わないという人や動画を多少観たり、SNSを使う程度の人であれば十分快適に使うことができるでしょう。

▲目次に戻る

Xperia Aceの特徴・サイズ・スペック

エクスペリアエース

画像引用元:Xperia Ace SO-02L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

Xperia Aceは2019年6月に発売された端末です。こちらも価格が抑えられたミドルスペックという立ち位置になっています。

2021年5月28日にXperia Ace IIがドコモから発売されましたが、格安SIMで購入するならまだまだ現役モデルです。

Xperia Aceのスペック

Xperia Ace
ディスプレイサイズ5インチ
本体サイズ高さ:140mm
幅:67mm
厚さ:9.3mm
重さ154g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
インカメラ超広角:約800万画素
バッテリー2,700 mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUSnapdragon630
OSAndroid 9
認証指紋
カラーパープル・ホワイト・ブラック
詳細Xperia Ace 実機レビュー

価格が安い分、他のXperiaよりもスペックは低いものの、前面に強化ガラス、背面部にグラスファイバー強化プラスチックを採用しており剛性は高めです。

劣化しにくいバッテリーと防水・防塵機能も搭載。スペックよりも購入のしやすさや普段使いに重点を置いたモデルと言えるでしょう。

Xperia Aceの特徴
  • 5インチのコンパクトなデザイン
  • 価格は約3万円とコスパが良い
  • ハイレゾ対応かつイヤホンジャック搭載
  • 超広角インカメラで自撮りがしやすい

Xperia Aceの価格

エクスペリア エース

画像引用元:Xperia(エクスペリア) Ace | ソニーモバイル公式サイト

Xperia Aceの価格は、以下の通りです。

キャリア価格購入
楽天モバイル29,800円楽天モバイル公式サイト
mineo27,720円mineo公式サイトマイネオ

片手でも使いやすいコンパクトサイズ

6インチ以上が当たり前になっている今日のスマホ。そんな中、Xperia Aceは5インチと非常にコンパクトです。

大きな画面のスマホは嵩張って使いにくい、落としやすいと感じている人も多いでしょう。

Xperia Aceなら片手でも使いやすいサイズ感なので、手の小さな女性や子ども、コンパクトサイズのスマホが欲しい人にもおすすめです。

3万円程度で購入できるコスパ重視ユーザー向けスマホ

Xperia Aceは主に格安SIMで取り扱っています。

ドコモがXperia Ace IIを発売したことで、価格が3万円弱まで安くなり非常にリーズナブルです。

Xperia 5やXperia 1 IIのように高性能ではありませんが、スマホとしてごく一般的な使い方をする上では問題のないスペックを備えています。

スペックよりもコスパを重視したいユーザー向けのスマホといえるでしょう。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

▲目次に戻る

Xperiaの比較まとめ

ここまで紹介してきたXperiaのモデルをまとめてみました。

最新の5Gモデルから安くなったコスパ重視のモデルまで、様々なタイプの機種が発売中です。

2021年発売中のXperiaスマホ
  • Xperia Ace II
    コンパクトで機能が充実した22,000円の激安エントリーモデル
  • Xperia 5 II
    より進化した5G対応ハイスペックモデル│Photography Pro搭載
  • Xperia 1 II
    Xperia初の5G対応ハイスペックスマホ
  • Xperia 10 II
    4万円台で購入できるコスパ抜群の最新モデル
  • Xperia 8
    3万円台で購入できるリーズナブルなXperiaスマホ
  • Xperia Ace
    格安SIMで主に取り扱われている5インチのコンパクトスマホ

▲目次に戻る

eSIM対応のXperiaはある?

eSIMとは

画像引用元:eSIMとは | sim | 楽天モバイル

XperiaにeSIM対応の機種はありません

ソニーストアで発売中のSIMフリー版もeSIM非対応です。

ただ、ソニーストアのSIMフリー版は「デュアルSIM」対応ではあります。

eSIM対応である最大のメリットは、デュアルSIMにできることです。デュアルSIM対応なのであればeSIM対応でなくても構わない、という人が多いのではないでしょうか。

デュアルSIM対応Xperia
  • Xperia PRO
  • Xperia 1 II
  • Xperia 5
  • Xperia 1

デュアルSIMとは

デュアルSIMとは、1つの端末に2つのSIMを入れられることです。

そのためスマホ1台で実質2台持ちの役割をこなすことができます。

キャリアで発売されているXperiaはデュアルSIM対応ではありませんが、ソニーストアのSIMフリー版はデュアルSIM対応です。

つまり、ソニーストアのSIMフリー版は、キャリア版よりスペックが高いと言えます。

デュアルSIMにするメリット

デュアルSIMでは1台のスマホに2つの電話番号を設定できるため、スマホを2台持ちする必要がなくなります。

例えばプライベート用スマホと仕事用スマホを常に2台持ち歩くよりは、1台にまとめられたほうが便利なことも多いでしょう。

またデータ専用SIMを上手く使えば、通信費を節約することもできます。特に楽天モバイル+IIJmioのデータ専用SIMの組み合わせがおすすめです。

楽天モバイルは、~1GBなら0円、~3GBなら1,078円、~20GBなら2,178円、それ以上なら3,278円という、使った分だけ支払う従量課金制です。

しかも通話は無料。毎月~1GBに抑えれば、ずっと0円で使い続けることができます。

ただ、どうしても1GBや3GBを少しだけオーバーしてしまう場合は、IIJmioのデータ専用SIMを契約したほうが出費を抑えられるでしょう。

IIJmioのデータ専用SIM料金
  • 2GB:748円
  • 4GB:968円
  • 8GB:1,408円
  • 15GB:1,738円
  • 20GB:1,958円

全体的に楽天モバイルよりも安いです。

通話が無料の楽天モバイルと、データ通信がより安いIIJmioを組み合わせることで、シングルSIMの時よりも通信費を節約できます。

ソニーストアでのXperia価格

ソニーストアでは現在、4つのXperiaを発売中です。

ソニーストアでの価格
  • Xperia PRO:249,800円
  • Xperia 5 II:114,400円
  • Xperia 1 II:118,800円
  • Xperia 5:64,900円

ただ最新のXperia 1 IIIやXperia 10 IIIの発売予定は発表されていません

これは、「ソニーストアで購入 VS キャリアで購入」という構図にならないよう、ソニーがキャリアに配慮しているためだと見られています。

なお、ソニーストア版を中古ショップなどで買いたい場合は、本当にソニーストア版かどうか注意してください。

「SIMフリー」と表記されていても、単にキャリア版のSIMロックを解除しただけなのか、ソニーストアで購入したデュアルSIM対応のものなのか、注意深く確認する必要があります。

参考までにイオシスで調査したところ、ソニーストア版のXperia 1 IIが84,800円~、Xperia 5が49,800円~で販売されていました。

Xperiaの価格を比較|ドコモ/au/ソフトバンク/格安SIM

ドコモショップ丸の内店

画像引用元:ドコモショップ丸の内店 | NTTドコモ

Xperiaスマホといえば「高スペック」「かっこいい」というイメージがある反面、多くの人は「価格が高い」という印象を抱いているのではないでしょうか。

しかし、前述のスペック紹介にもあったように、Xperiaの中にはミドルレンジ向けのリーズナブルな機種もあります。

そこでこの章では、取り扱いキャリア・格安SIMごとにXperiaスマホの機種代金をそれぞれまとめました。

ドコモの最新Xperia価格一覧

ドコモで取り扱っているXperiaスマホの価格を調べました。

モデル金額割引適用時※購入
Xperia 1 III
(7月以降発売)
154,440円102,960円ドコモドコモ公式ショップ
Xperia 10 III
(6月中旬以降発売)
51,480円-
Xperia Ace II22,000円-
Xperia 5 Ⅱ99,000円66,000円
Xperia 10 Ⅱ41,976円-
Xperia XZ359,400円39,600円

※スマホおかえしプログラム・端末購入割引・5G WELCOME割などの適用時

ドコモでは最新モデルのXperiaを複数取り扱い、Xperia Ace IIに関しては独占販売となります。

また、2021年6月10日現在の最新モデルはXperia 5 IIですが、6月中旬以降に順次Xperia 1 IIIとXperia 10 IIIが販売開始になる予定です。

今ドコモでXperiaを購入するなら「最新モデルはXperia 5 II」「格安モデルならXperia Ace II・Xperia 10 II」という選び方がベターでしょう。

ドコモには回収と査定を条件に機種代金がお得になる「スマホおかえしプログラム」があるので、約2年のスパンで新しい機種に変えたい人は是非利用しましょう。

auで発売中のXperiaの価格一覧

次に、auで取り扱っているXperiaスマホの価格について見ていきましょう。

モデル金額割引適用時※購入
Xperia 1 III
(7月以降発売)
未定au公式ショップ
Xperia 10 III
(6月中旬以降発売)
53,985円36,225円
Xperia 5 II88,140円51,060円
Xperia 10 II43,945円35,305円
Xperia 1 II110,095円64,975円

※かえトクプログラム適用時

高性能なXperia 1 II、Xperia 5 IIだけでなく、ミドルレンジスペックで価格もリーズナブルなXperia 10 IIも取り扱っています。

かえトクプログラムを利用すれば、次の機種変更時に機種代金がお得になるので、回収することに問題がなければ是非利用しましょう。

なお、ドコモと同様に2021年6月中旬以降にXperia 1 IIIとXperia 10 IIIを発売する予定です。

ソフトバンクで発売中のXperiaの価格一覧

次に、ソフトバンクで取り扱われているXperia の価格を調べました。

モデル金額割引適用時※購入
Xperia 1 III
(6月中旬以降発売)
未定ソフトバンク
公式ショップ
Xperia 5 II115,200円57,600円
Xperia 591,440円45,720円

※トクするサポート適用時

現在ソフトバンクで購入できるXperiaスマホは2機種です。

3キャリアの価格を比較すると、ソフトバンクの機種代金が1番高い傾向にあります。

しかし、トクするサポート+を利用すれば、実質的な支払い額は1番安くなります。

プログラムを利用して将来安く機種変更したい人は、ソフトバンクを選ぶと良いでしょう。

また、ソフトバンクは今後Xperia 1 IIIを発売しますが、Xperia 10 IIIの発売はありません。

どうしてもXperia 10 IIIを狙っている方は、ドコモやauへの乗り換えを検討しましょう。

格安SIMで発売中のXperiaの価格一覧

Xperiaシリーズを取り扱っている格安SIMと価格をまとめたのが下記表です。

モデル格安SIM金額
Xperia Ace楽天モバイル29,800円
mineo27,720円
Xperia 8ワイモバイル36,000円
Xperia 10 Ⅱ41,760円
~46,800円

※ワイモバイルでは契約種別によって機種代金が若干変動

格安SIMで取り扱われているXperiaスマホの中でも特筆すべきは、ワイモバイルのXperia 10 IIです。

ワイモバイルは格安SIMに分類されるサービスの中で唯一、最新のXperiaスマホを取り扱っています。

ワイモバイルで使える回線はソフトバンクのものです。子会社という関係上、格安でありながら通信品質もソフトバンクとほぼ変わらないほど快適に使えると定評があります。

ソフトバンクではXperia 5 / 5 IIしか取り扱っていません。しかし、ワイモバイルならソフトバンク回線で最新のXperia 10 IIが使えますよ。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

▲目次に戻る

歴代のXperia一覧

Xperia SO-01B-トップページ

画像引用元:Xperia™ SO-01B | ソニーモバイルコミュニケーションズ

Xperiaシリーズは2008年から発売されているロングセラーモデルです。

公式ホームページを参照すると日本国内で発売されたモデルだけでも、下記のように膨大な数になります。

Xperiaシリーズのモデル一覧
  • Xperia 1 III
  • Xperia 10 III
  • Xperia Ace II
  • Xperia 5 II
  • Xperia 10II
  • Xperia 1II
  • Xperia 8
  • Xperia 5
  • Xperia 1
  • Xperia Ace
  • Xperia XZ3 SO-01L
  • Xperia XZ2 Compact SO-05K
  • Xperia XZ2 Premium SO-04K
  • Xperia XZ2 SO-03K
  • Xperia XZ1 SO-01K
  • Xperia XZ Premium SO-04J
  • Xperia XZ1 Compact SO-02K
  • Xperia XZs SO-03J
  • Xperia X Compact SO-02J
  • Xperia XZ SO-01J
  • Xperia X Performance SO-04H
  • Xperia Z5 Premium SO-03H
  • Xperia Z5 Compact SO-02H
  • Xperia Z5 SO-01H
  • Xperia Z4 Tablet SO-05G
  • Xperia A4 SO-04G
  • Xperia Z4 SO-03G
  • Xperia Z3 Compact SO-02G
  • Xperia Z3 SO-01G ※ソフトバンクでXperia XZ3という名称でデビューしたXperia
  • Xperia Z2 Tablet SO-05F
  • Xperia A2 SO-04F
  • Xperia Z2 SO-03F
  • Xperia Z1 f SO-02F
  • Xperia Z1 SO-01F
  • Xperia A SO-04E
  • Xperia Tablet Z SO-03E
  • Xperia Z SO-02E
  • Xperia AX SO-01E ※auでは「Xperia VL SOL21」
  • Xperia SX SO-05D
  • Xperia GX SO-04D
  • Xperia acro HD SO-03D ※auでは「Xperia acro HD IS12S」
  • Xperia NX SO-02D
  • Xperia PLAY SO-01D
  • Xperia ray SO-03C
  • Xperia acro SO-02C ※auでは「Xperia acro IS11S」
  • Xperia arc SO-01C
  • Xperia SO-01B

※一覧はドコモの情報をもとに作成。au、ソフトバンクでも取り扱っている重複モデルは除外

Xperiaシリーズを国内で初めて取り扱ったのはドコモです。

そのためか、Xperiaにはドコモ限定モデルも多数存在しますが、逆に下記4種のようにドコモ以外の限定モデルも存在します。

ドコモ以外での限定モデル
  • Xperia VL SOL21 au
  • Xperia Z Ultra SOL24 au
  • Xperia mini 「Sony Ericsson mini S51SE」という名称でワイモバイルから発売
  • Sony Xperia J1 Compact 楽天モバイル

さらにタブレットのXperiaシリーズも3種あります。

タブレットのXperiaシリーズ
  • Xperia Z4 Tablet
  • Xperia Z3 Tablet Compact
  • Xperia Z2 Tablet

このように、歴代Xperiaシリーズと一口に言っても相当なモデルがあるのです。

なお、タブレットのXperiaシリーズは、2015年に発売されたXperia Z4 Tabletを最後にリリースされていません。

Androidタブレットの市場自体が縮小気味なので、今後もリリースされるかは未定です。

初のXperiaは海外専用モデルでHTC製の「Xperia X1」

機種名Xperia X1
CPUMSM7200A 528MHz
OSWindows Mobile 6.1
内蔵RAM/ストレージ256MB/512MB
本体サイズ/重量110×53×16.7mm/158g
ディスプレイサイズ3.0インチ

今でこそ国産ハイスペックAndroidの代名詞とも言えるXperiaシリーズですが、実は初代XperiaのXperia X1は海外専用モデルでした。

OSはAndroidではなくWindows Mobileで、しかもHTC製という今のXperiaとは似ても似つかぬ物だったことは、あまり知られていません。

初めて日本国内で発売されたのは、シリーズ4機種目のXperia X10です。ドコモから発売されたXperia SO-01Bがこれにあたります。

国内初Xperia「Xperia SO-01B」の価格はなんと3万~4万円台だった!

国内初のXperiaシリーズ「Xperia SO-01B」は、当初ドコモで3~4万円で発売されていたようです。

1台10万円以上するスマホも少なくない今と比べると、非常に安価なAndroidスマホと言えますね。

価格は店舗によって異なるため、正確な情報は残っていません。しかし、店舗の頭金を考慮しても、現在のスマホよりかなり安かったことは間違いないでしょう。

2014年発売から5年間「液晶サイズ最大」の椅子を守り続けた「Xperia Z Ultra」

歴代Xperiaシリーズの中には、変わり種のモデルも少なくありません。

その中でもトップクラスの変わり種が、auで取り扱っていたXperia Z Ultraです。

機種名Xperia Z Ultra SOL24
CPUMSM8974
OSAndroid 4.2.2
内蔵RAM/ストレージ2GB/32GB
本体サイズ/重量179×92×6.5mm/214g
ディスプレイサイズ6.4インチ

Xperia Z Ultraは2014年に発売されました。ディスプレイサイズは、当時としては珍しい6.44インチ。「液晶サイズ最大」のXperiaスマホでした。

しかし、発売から5年後の2019年。6.5インチのディスプレイを搭載したXperia 1が登場しました。

これによりXperia Z Ultraは、「最も画面サイズが大きいXperiaスマホ」の座を明け渡すことになります。

ちなみに、Xperia 1は全画面液晶でしたが、Xperia Z Ultraはホームボタンを搭載した非全画面液晶だったため、本体サイズはXperia Z Ultraの方が大きめでした。

▲目次に戻る

Xperiaシリーズは5G対応からコスパ重視のモデルまで!

Xperia 5 II

画像引用元:Xperia 5 II | Xperia(エクスペリア)公式サイト

最後に、2021年発売中のXperiaスマホの特徴についてまとめます。

2021年発売中のXperiaスマホ
  • Xperia Ace II
    コンパクトで機能が充実した22,000円の激安エントリーモデル
  • Xperia 5 II
    より進化した5G対応ハイスペックモデル│Photography Pro搭載
  • Xperia 1 II
    Xperia初の5G対応ハイスペックスマホ
  • Xperia 10 II
    4万円台で購入できるコスパ抜群の最新モデル
  • Xperia 8
    3万円台で購入できるリーズナブルなXperiaスマホ
  • Xperia Ace
    格安SIMで主に取り扱われている5インチのコンパクトスマホ

新たに激安なXperia Ace IIが発売され、価格重視のライトユーザーの方は選択肢がさらに多くなりました。

Xperiaシリーズはハイスペックモデルだけでなく、エントリーモデルからミドルスペックモデルも豊富です。

また、6月中旬〜7月にXperia 1 IIIやXperia 10 IIIの発売もあるため、夏以降の最新モデルは使い方にあった最新Xperiaが選べるようになります。

自分のニーズに合ったXperiaスマホを是非見つけてくださいね!

最新スマホおすすめランキング|人気のiPhone/Androidまとめ【2021年】

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)