Xperia XZ3レビュー|有機ELを搭載したAndroid最強端末の本当の評価とは?

  • 2018年12月5日
  • by 
Xperia XZ3レビュー|有機ELを搭載したAndroid最強端末の本当の評価とは?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ついにAndroidの本命、Xperia XZ3が発売になりました!実機が手に入ったので、Xperia XZ3を様々な観点からレビューします。

Xperia XZ3は前モデルであるXZ2からどういった点が進化したのか、スペックや性能、機能を徹底解説します。

この記事を読めば、あなたもXperia XZ3が欲しくなるかもしれません。
Xperia XZ3はドコモ・au・ソフトバンクと全てのキャリアから発売中です。

では、レッツレビューしていきます!

Xperia XZ3 開封の儀! 入手したカラーはボルドーレッド

画像引用元:Xperia(エクスペリア) XZ3 ドコモ SO-01L | ソニーモバイル公式サイト

今回入手したXperia XZ3のカラーはボルドーレッドです。ボルドーレッドと聞いてもピンとこない方も多いことでしょう。

ボルドーはワインレッドに近い色です。
Xperia XZ3のボルドーレッドも「深い紫色」をしています。

落ち着いたカラーリングは上品で大人っぽく飽きのこないカラーリングです。

Xperia XZ3の中身をチェック!

Xperia XZ3の中身をみていきましょう。

  • イヤフォン変換ケーブル
  • クイックスターターガイド
  • 取扱説明書
  • 本体

電源コードはUSB-typeCです。
なんと、イヤフォンや電源コードは一切入っていません。

イヤフォンはお気に入りのものを利用するとしても、電源はダメになることが多いので欲しいところ。

イヤフォンがない代わりに、イヤフォン変換ケーブルが封入しています。この変換ケーブルはテレビアンテナにもなるようです。

端末に比べて、外装はとってもシンプルな紙のボックスです。小さく畳めるので、捨てるのに困らなそうな感じです。

Xperia XZ3のスペックをチェック!

項目スペック詳細
OSAndroid 9
CPU2.8GHz(クアッドコア) +1.8GHz(クアッドコア)オクタコア
ディスプレイ約6.0インチ/トリルミナスディスプレイfor mobile
ディスプレイ解像度クアッドHD+ 2,880×1,440pixels/有機EL
サイズ158mm×73mm×9.9mm
質量193g
カメラMotion Eyeカメラシステム 1,920万画素/1,320万画素
内臓メモリ4GB/64GB
外部メモリmicroSD/microDHC
microSDXC512GB
バッテリー3,200mAh
その他防水・防塵
ワンセグ・フルセグ
生体認証(指紋)・ハイレゾ
カラーバリエーションブラック/ホワイトシルバー/フォレストグリーン/ボルドーレッド

ざっくりとスペックをチェックしてみましょう。

CPUは2.8GHz(クアッドコア) +1.8GHz(クアッドコア)オクタコア
ディスプレイは約6.0インチ/トリルミナスディスプレイfor mobileディスプレイです。

また解像度はクアッドHD+ 2,880×1,440と超高解像で、初めて有機ELを搭載しました。

OSが最新のAndroid 9を搭載するというソニーの動きの速さも注目です。
防水、FeliCa、指紋認証など全部入りAndroid端末に仕上がりました。

ここからは各項目ごとにXperia XZ3を細かくチェックします。

Xperia XZ3チェックポイント1:デザイン面は?

Xperia XZ3を語る上で、デザインは避けては通れません。

Xperiaシリーズはデザインにもファンがいるほど、見た目の良さは折り紙つきです。
今回のXperia XZ3のデザインもなかなか面白い形に仕上がっています。

ディスプレイ面・背面ともになめらかな曲線が印象的です。

ディスプレイサイズは約6.0インチの大画面ながら、片手で持ちやすスリムさです。

Xperia XZ3の持つ、曲面の美しさ

Xperia XZ3のサイドは薄っすらとカーブしています。

このカーブ感は好みが分かれそうですが、ベゼルレスに一躍かっていて洗練された印象です。

背面に指紋がつきにくい?

Xperia XZ3の背面はツルツルとした強化ガラスを使用しています。光沢感があり、とても美しいのですが指紋は多少つきますね。

ボルドーレッドに至ってはそこまで目立ちませんが、ブラックなどでは気になるかもしれません。

指紋よりも気になったのが、小さな埃が付きやすいところ。

ケースをつければ問題ないですが、美しいデザインはケースなしで使ってみたいですね。

Xperia XZ3チェックポイント2:サイズ感が素晴らしい

Xperia XZ3はディスプレイサイズが6.0インチと比較的大きな端末です。
上記の画像はXperia XZ3とiPhone XRを比較した画像です。

左からXperia XZ3、iPhone XR。

ディスプレイサイズ

  • Xperia XZ3:6.0インチ
  • iPhoneXR:6.1インチ

iPhoneXRのサイズは個人的には絶妙だと感じています。Xperia XZ3はどうなのか?

さらに絶妙なサイズ感といえるでしょう。
グリップした際にXperia XZ3の方がしっかりとホールドできます。

端末サイズはXperia XZ3の方が大きいのですが、横幅は狭いためグリップ感は増しています。

またディスプレイサイズはiPhone XRの方が大きいはずですが、表示領域はXperia XZ3の方が広いという逆転現象が。

ノッチがないのもXperia XZ3の最大のメリットではないでしょうか。
ノッチは正直、表示に関しては全く必要ないものですから。

Xperia XZ3チェックポイント3:あらゆる角度からみてみる

Xperia XZ3を様々な角度からチェックしてみましょう。

正面からみると、ディスプレイのサイドが曲面になっていることがわかります。

曲面である意味はほとんどありませんが、なんだか未来的な格好良さがあります。

Xperia XZ3の右サイドをチェック

右サイドには中央に電源ボタンがあります。
画面を消灯させたり、シャットダウンに使うボタンです。

上部には音量キー、カメラキーが設置されています。

この辺は特に他の端末と大きな違いはないでしょう。電源ボタンが中央に配置されているので、手が小さい人でも押しやすい印象です。

Xperia XZ3の左サイドをチェック

Xperia XZ3の左サイドは何もありません!
潔いですね。

Xperia XZ3の上部は?

Xperia XZ3の上部にはSIMカードのスロットと、セカンドマイクが設置されています。

セカンドマイクは通話相手が聞き取りやすいようにノイズを抑制する機能があります。

Xperia XZ3の下部は?

Xperia XZ3の下部は、USB type-C接続端子があります。

充電を行ったり、イヤホンの変換、テレビのアンテナケーブルを差し込んだりに使用します。下部にも小さなマイクがあり、こちらは通話用ですね。

Xperia XZ3の背面は?

背面に色々とあるのがAndroidらしいところです。ドコモ版には、

「docomoマーク」「 FeliCaマーク」「XPERA」「品番」が背面に印字されています。

中央には指紋センサー、カメラ、フラッシュ・フォトライトなどが並びます。
レンズの上の黒く楕円になっている箇所はレーザーAFセンサーです。

撮影時に被写体との距離を検知して自動でピントを合わせてくれます。

Xperia XZ3のスペックと価格は!?Xperia XZ2との大きな違いは何?

次のページでは「Xperia XZ3のチェックポイント4:ディスプレイがとにかく美しい」を解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

【iPhone XS VS Galaxy Note9】徹底比較|どっちが買いか?その理由... 各キャリアのAndroid2019年冬春モデルの発売が始まりました。 今回のモデルは全画面タイプが多くなり、大型のGalaxy Note9を買う人も多いようです。ただ、9月に発売されたiPhone XSと悩む方も。 そこで今回は...
【Xperia XZ3 VS Galaxy Note9】大画面スマホを徹底比較... 携帯電話大手キャリアから発表された2018年秋冬モデルですが、順次発売されつつある中、次回機種を検討してい方もいらっしゃるのではないでしょうか。 2018年秋冬モデルの中でも注目を集めているのが、ソニーの人気シリーズXperiaの最新...
RAM6GB以上の高性能Androidおすすめ機種ランキング【2018年最新版】... 2018年冬発売モデルも一通り発表され、今回も高性能なモデルからローエンドモデルまで数多く登場しました。 高性能な機種も種類が多く、どうしても機種選びに悩んでしまいますよね。 そこで今回は2018年冬モデルを中心に、RAM6GB...
AQUOS zeroのAQUOS R2からの進化点|新機種を買うべきか否か... ソフトバンクから2019年冬春モデルとしてAQUO zeroが発表されました。 国内Androidモデルとして人気の高いAQUOSシリーズなので、狙っている方も多いことでしょう。 ただ、AQUOS R2も高性能モデルで性能の違いがわ...