【Xperia XZ2 Premium VS HTC U12+】キャリアとSIMフリーの最高Android対決!

  • 2018年9月7日
  • by.pnatsu

hero

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Xperiaの最上位機種に位置するXperia XZ2 Premiumが先日発売になり注目を集めています。

最も目を引く点としてはXperiaでは初となる、デュアルレンズカメラを搭載したところです。

Xperia XZ2 Premiumは現時点ではドコモとauから発売されています。

最近ではSIMフリースマホも高性能で高品質のスマホが多く、HTC U12+もその1つで、どちらを購入するべきか迷いどころです。

ここでは、Xperia XZ2 PremiumとHTC U12+を徹底的に比較しつつ、スマホ診断も紹介します。

Xperia XZ2 PremiumとHTC U12+、どちらが良いか迷っている方は、是非参考にしてください。

トップページ画像引用元:Xperiaスマートフォン|Xperia XZ Premium|ソニー公式サイト

1.Xperia XZ2 PremiumとHTC U12+のスペック徹底比較

画像引用元:製品|スマートフォン|HTC U12+|HTC公式サイト

まずは、2つのモデルのスペックの違いを見てみましょう。

項目Xperia XZ2 PremiumHTC U12+
メーカーソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社HTC
サイズ高さ158mm × 幅80mm × 厚さ 11.9mm高さ156.6mm × 幅73.9mm × 厚さ 8.7mm
質量約236g約188g
カラーバリエーションクロムシルバー、クロムブラックトランスルーセントブルー、セラミックブラック、フレームレッド
OSAndroid 8.0Android 8.0
ディスプレイ約5.8インチ 2,160×3,840(4K)6インチ 2,880 x 1,440(Quad HD+)
CPUQualcomm Snapdragon 845Qualcomm Snapdragon 845
メモリ(RAM)6GB6GB
メモリ(ROM)64GB128GB
外部ストレージmicroSD/microSDHC/microSDXC(2GB/32GB/400GB)microSD
アウトカメラ1,920万画素+1,220万画素1,200万画素+1,600万画素
インカメラ1,320万画素800万画素+800万画素
バッテリー容量3,400mAh3,500mAh

CPUについて


画像引用元:Products|Platforms|Snapdragon 845 Mobile Platform|Qualcomm公式ページ

Xperia XZ2 PremiumとHTC U12+のCPUは同じQualcomm製のSnapdragon 845を搭載しています。

処理能力がどれぐらいなのかを計測した結果は以下の通りとなります。

AnTuTuベンチマーク結果

Xperia XZ2 Premium:25.5万点
HTC U12+:26万点

結果を見るとHTC U12+の26万点に対して、Xperia XZ2 Premiumは25.5万点とわずかに低い結果です。

一般的に液晶画面のピクセル数が多いほどCPUの負荷は大きくなります

2つのモデルの液晶画面のの解像度を比較するとHTC U12+のQuad HD+(2880 x 1440)です。

それに対してXperia XZ2 Premiumは4K(2160×3840)となっています。

Xperia XZ2 Premiumの液晶画面のピクセル数が多いことが、CPUの処理能力に影響している結果になります。

メモリについて


メインメモリはXperia XZ2 PremiumとHTC U12+ともに6GBを搭載しています。

ちなみに、1世代前ではフラッグシップモデルのメインメモリは3GBから4GB程度が主流でした。

Androidスマホのアプリも次々に、高機能なものが増えておりアプリそのものがより大きなメモリを必要とする傾向にあります。

また、それらアプリをマルチタスクで快適に利用することを考えると、更に何倍ものメモリが必要となってきます。

今の時点でぎりぎり動作する程度のメモリを搭載したモデルを購入してしまうと、結果的に短い期間で性能不足を感じることになってしまいます。

RAM6GB以上の高性能Androidスマホおすすめランキング【2020年最新版】

カメラについて


Xperiaのカメラの性能は以前から評価が高く、今回のデュアルレンズ化で更に魅力が増しています。

HTC U12+も前モデルのU11からカメラの評判が高く、今回のモデルでデュアルレンズ化されています。

デュアルレンズ搭載のスマホは、一眼レフのようなボケ味のある写真が撮れるという特徴があります。

HTC U12+のインカメラもデュアルレンズ化されているため、凝ったセルフィーも可能になります

次の章では、主な利用シーン別に最適なスマホを紹介します。

2.あたなに合ったスマホはどれ?利用シーン別に比較してみた!


Xperia XZ2 PremiumとHTC U12+のスペックの詳細について違いがわかってきましたが、どちらを選択するか決めかねてしまいます。

そこで、いくつかの代表的な利用シーンによりXperia XZ2 PremiumとHTC U12+どちらが合っているのか、スマホを診断をしてみます。

代表的な利用シーンは以下の5パターンになります。

主なスマホの利用シーン5パターン
  • 指紋認証が使えない時がある40代女性
  • カメラの画質にこだわりのある30代男性
  • ゲームや動画を大画面で楽しみたい20代男性
  • 通信品質にこだわりのある40代男性
  • コストパフォーマンスが気になる30代女性

指紋認証が使えない時がある40代女性ならHTC U12+


スマホには連絡先などの重要な情報が記憶されているばかりではなく、アプリ経由で様々な情報にアクセスすることができます

そのため、悪意ある者にスマホが渡ってしまうことで、情報の漏えいだけではなく、金銭的な被害につながる危険性もあります。

そこで必須となるのがスマホをパスワードでロックすることですが、毎回パスワードを入力することは大変手間になってしまいます。

そこで、生体認証によるロック解除の機能が役立つことになりますが、現在は指紋と顔認証の2通りが主流になっています。

指紋認証は多くのスマホで採用されていますが、状況により上手く認識しないことがあります。

その主な理由は家事などで指が濡れている場合や、指先が肌荒れしている場合です。

上記のような理由で指紋が上手く認証しない場合であっても、顔認証に対応しているHTC U12+なら問題ありません。

Androidスマホのロックを設定・解除|指紋/虹彩/顔認証3つの方法

カメラの画質にこだわりのある30代男性ならXperia XZ2 Premium


画像引用元:Xperiaスマートフォン|Xperia XZ Premium|ソニー公式サイト

HTC U12+のカメラは前モデルU11から高い評価を得ていますが、デュアルレンズ化したことで更に性能がアップしています。

そして、Xperiaのカメラも以前から高い評価を得てきましたが、同じくデュアルレンズ化したことで従来よりも性能がアップしています。

メインカメラの画素数をあらためて比較すると以下になります。

Xperia XZ2 PremiumとHTC U12+カメラ比較

Xperia XZ2 Premium:1920万画素+1220万画素
HTC U12+:1,200万画素+1,600万画素

どちらも甲乙つけ難い性能ではありますが、画質の面ではXperia XZ2 Premiumに軍配があがります。

前述のとおりデュアルレンズの特徴を活かして、一眼レフのようなボケ味の効いた写真を撮影することができます。

その2つのレンズは世界最高クラスのISOレベルを達成しているため、薄暗い室内での撮影でも鮮明な写真を撮影することも可能になります。

Xperia XZ2 Premiumレビュー|最高スペックの世界初4K HDR対応スマホ

ゲームや動画を大画面で楽しみたい20代男性ならHTC U12+

画像引用元:製品|スマートフォン|HTC U12+|HTC公式サイト

スマホの処理能力が高くなるに連れて、スペックに依存するゲームも増え、ゲーム専用機並みに楽しむことも可能になってきました。

スマホのゲームは、ディスプレイのタッチパネルで操作を行うため、ディスプレイサイズが大きいほど操作性は向上します。

また、動画を視聴する際にもディスプレイサイズが大きいほど目の負担は少なく快適に観ることができます

そのため、主な用途がゲームや動画の方には、ディスプレイサイズが大きいHTC U12+がお勧めです。

通信品質にこだわりのある40代男性ならXperia XZ2 Premium


通信品質というとスマホの性能というよりは契約する通信事業者により左右される要素が大きくなります。

Xperia XZ2 Premiumはドコモとauから発売されているため、基本的にはどちらかのキャリアと契約することになります。

しかし、HTC U12+はSIMフリースマホのため、格安SIMの通信事業者と契約することになります。

格安SIMの場合、ドコモやauソフトバンクなどのキャリアの帯域を一部借り入れて事業を展開しています。

そのため、予め確保してある帯域が小さく、急激に利用者が増えてしまうというケースもあります。

その場合、格安SIM利用者の通信品質が悪化することになります。

影響としては、時間帯によって通信速度が極端に低下するということにつながります。

IP電話やアプリ通話を利用する方の場合には、通話品質に影響が出るため注意がひつようとなります。

通信品質にこだわりがある方の場合には、ドコモやauから発売されているXperia XZ2 Premiumがお勧めです。

コストパフォーマンスが気になる30代女性ならHTC U12+


スマホの性能の高さは誰もが望むことではありますが、性能の高さは本体価格に比例します。

同じぐらいの性能であれば、より本体価格の安いスマホが良いという思いは多くの方が抱くことではないでしょうか。

Xperia XZ2 PremiumとHTC U12+の本体価格がいくらなのかを比較すると以下のようになります。

Xperia XZ2 PremiumとHTC U12+本体価格比較

Xperia XZ2 Premium:112,752円(ドコモオンラインショップ)
HTC U12+:102,600円(HTCオンラインショップ)

スペックを見ると処理能力は、HTC U12+の方がわずかに上回っていますが、本体価格はHTC U12+が安くなっています。

このことからも、コストパフォーマンスという観点からは、HTC U12+がお勧めとなります。

HTC U12+レビュー|最高のスペックにカメラ評価はトップクラス

次の章ではXperia XZ2 PremiumとHTC U12+が通信料金込みでいくらで使えるのかを紹介します。

3 Xperia XZ2 PremiumとHTC U12+最安料金はいくらになるか


先ほどの項目ではXperia XZ2 PremiumとHTC U12+の本体価格を確認してきました。

Xperia XZ2 Premiumはauがドコモよりも安く、HTC U12+はHTCオンラインショップよりも楽天モバイルが安いという結果です。

本体価格が安いauと楽天モバイルで契約した場合、通信料金を含めていくらなのかを比較します。

auでXperia XZ2 Premiumを購入する場合


画像引用元:製品|スマートフォン|Xperia XZ2 Premium SOV38|au公式サイト

本体価格

本体価格:2,250円×48回(108,000円)
MNPサポート割引:-16,200円
アップグレードプログラムEX:390円
実質負担金:1,912円×48回(91,800円)
本体価格合計:2,302円(税込)

通信料金

auピタットプラン(カケホ):3,480円
スマホ応援割:1,000円
通信料金合計:2,480円(税込2,678円)

利用料金合計(1GBまで)

1年目:4,980円(税込)
2年目以降:5,980円(税込)

利用料金合計(2GBまで)

1年目:6,060円(税込)
2年目以降:7,060円(税込)

料金の詳細

auピタットプラン(カケホ)は1通話あたり5分までの通話料金は定額に含まれ、5分を超えた分は20円/30秒で加算されます。

また、このプランにはデータ利用料金も含まれていますが、利用量に応じて段階的に料金が加算されます。

ピタットプランの「カケホ」または「スーパーカケホ」を選択した場合には、「スマホ応援割」の対象となり1,000円/月の割引が1年間受けられます。

au 2018夏|Xperia XZ2 Premium SOV38に最安値でお得に機種変更する方法

HTC U12+を楽天モバイルで運用する場合


画像引用元:端末|スマートフォン|HTC U12+|楽天モバイル公式サイト

本体価格

4,041円×24回(税込96,984円)

通信料金

スーパーホーダイ(プランS):1,480円(税込1,598円)

利用料金合計:5,639円

1年目:5,639円(税込)
1年目:5,639円(税込)

料金の詳細

スーパーホーダイ(プランS)は音声通話が1通話につき10分までは定額で利用でき、10分を超えた分は20円/30秒で加算されます。

データの利用量は1ヶ月に2GBまで高速通信を利用でき、オーバーした場合には1Mbpsに速度制限がかかります。

制限されても1Mbpsなので、WEBの閲覧は快適に利用できますし、動画でも画質によっては通常通り再生できるレベルです。

楽天会員の場合には、500円/月の割引となり、3年契約とすることで更に1,000円/月の割引になります。

両方を適応することで、通常2,980円(税込3,218円)のところが1,480円(税込1,598円)で利用できるため、2年間は本体価格込みで5,639円(税込)で利用できます。

【2020年9月】楽天モバイルの端末でおすすめはこれ!目的別に紹介

Xperia XZ2 PremiumとHTC U12+徹底比較まとめ

ここまで、Xperia XZ2 PremiumとHTC U12+を徹底的に比較してきた内容をまとめると以下になります。

Xperia XZ2 PremiumとHTC U12+スペックの違い
  • CPU処理能力はらHTC U12+がわずかに早い
  • 搭載メモリは6GBと互角
  • ディスプレイサイズはHTC U12+が6.0インチと大きい
  • ディスプレイ解像度はXperia XZ2 Premiumが4Kと高精細
利用シーン別のお勧めスマホのまとめ
  • 指紋認証が使えない時がある40代女性ならHTC U12+
  • カメラの画質にこだわりのある30代男性ならXperia XZ2 Premium
  • ゲームや動画を大画面で楽しみたい20代男性ならHTC U12+
  • 通信品質にこだわりのある40代男性ならXperia XZ2 Premium
  • コストパフォーマンスが気になる30代女性ならHTC U12+

スペックや機能面ではと両者とも優れているため、優劣つけがたい内容ですが強いて優劣をつけると上記のような結果になります。

通信量を含めてもわずかに違いは見られるものの、大きな違いが出ていないためどちらを選択するのか悩みどころです。

どちらを選択をするかの決め手になるのは、どのような利用方法をするのかというところです。

ここで紹介したスマホ診断をあなたにぴったりの1台を選ぶための参考にしていただけたらと思います。

【2018夏モデル】最新Androidスマホのスクリーンショットの撮り方

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
pnatsu
pnatsu
pnatsuと申します。 iPhone好きで、便利機能やアプリの情報を集めることが好きです。 趣味や経験を活かして、スマホ関連全般の記事を主に作成しています。 みなさんの快適なスマホライフのお役に立てる情報をお届けすることが最大のミッションです。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ