ワイモバイルの下取りプログラムの金額・端末価格・条件をまとめてみた

  • 2021年8月18日
  • by.unishi

ワイモバイル

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

本記事ではワイモバイルの下取りプログラムについてまとめました。

ワイモバイルでは、のりかえや新規契約・機種変更の際に、今まで使用していたスマホを下取りに出せます。

今回は、この「下取りプログラム」について、2021年8月時点における対象機種・条件・価格を紹介していきます。

ワイモバイルの新規契約を考えている方、ワイモバイルを契約していて機種変更を考えている方は、ぜひとも参考にしてみて下さい。

ワイモバイルの下取りプログラム対象機種・条件・価格
  • 対象機種は新規契約か機種変更かで変わる
  • 下取りはPayPayボーナスもしくは購入機種代金値引きのどちらか
  • 条件は正常に動作するかどうか
  • 価格は最新iPhoneが高くAndroidは安め
  • 初期化やロック解除を忘れると下取り対象外となる
人気記事

ワイモバイルを契約する前には評判が気になりますよね。 いくらワイモバイルの料金やサービスに魅力を感じていても、実際に契約するまでは不安です。 この記事は、そんなワイモバイルの契約前に読んで欲しい内容となっています。 また、[…]

iPhone SEとワイモバイル

トップ画像引用元:下取りプログラム|Y!mobile

ワイモバイルの下取りプログラムとは

iPhoneSEをワイモバイルのSIMで運用
まずは、ワイモバイルが行っている下取りプログラムの概要についてサラッと紹介していきます。

ワイモバイルの下取りプログラムの主な特徴は以下の2点です。

ワイモバイルの下取りプログラムの特徴
  • 新規契約か機種変更によって対象機種が変わる
  • 下取りはPayPayボーナスもしくは購入機種代金値引きのどちらか

契約内容によって下取り対象機種かどうかが変動

ワイモバイルの下取りプログラムは、手続き内容により下取り対象機種が変わります

新規契約か乗り換えをするのか、機種変更をするのかで、下取り機種は変わりますので、事前に間違えないように覚えておきましょう。

下取りした分はPayPayボーナスもしくは購入機種代金値引きのどちらか

ワイモバイルで下取りした分は、PayPayボーナスにするか、機種代金値引きにするかを選べます。

そのため、現金のキャッシュバック狙いではこの下取りプログラムは利用できません。

もし現金のキャッシュバックを希望するなら、下取りプログラムは利用せずに家電量販店やフリマサイトなどでスマホを売りましょう。

ワイモバイル公式サイト

ワイモバイルの下取り対象機種まとめ

Xperia 10 llサイドセンス
それではここからは2021年8月時点での、ワイモバイル下取りプログラムの対象機種を紹介します。

下取りプログラムは「MNP含む新規契約」か「機種変更」かで対象機種が異なります。

どちらも紹介しますので、自分が今使っているスマホが対象かどうか確かめてみてください。

PayPayボーナスの場合

PayPayボーナスを受け取る場合の金額について、まずは見ていきましょう。

新規・MNP・番号移行時のPayPayボーナスの対象機種

機種名正常品破損あり
iPhone SE(第2世代)15,600円相当4,680円相当
iPhone 11 Pro Max51,600円相当15,480円相当
iPhone 11 Pro44,400円相当13,320円相当
iPhone 1133,600円相当10,080円相当
iPhone XS Max30,000円相当9,000円相当
iPhone XS22,800円相当6,840円相当
iPhone XR19,200円相当5,760円相当
iPhone X
iPhone 8 Plus15,600円相当4,680円相当
iPhone 88,400円相当2,520円相当
iPhone 7 Plus13,200円相当3,960円相当
iPhone 76,000円相当1,800円相当
iPhone 6s Plus
iPhone 6s3,600円相当1,080円相当
iPhone 6 Plus
iPhone 62,400円相当720円相当
iPhone SE
AQUOS R5G19,200円相当5,760円相当
AQUOS zero2
AQUOS R39,600円相当2,880円相当
AQUOS sense3 plus
AQUOS sense3 basic2,400円相当720円相当
Galaxy Fold19,200円相当5,760円相当
Galaxy Note 10+
Galaxy Z Flip
Galaxy S20 5G
Galaxy S10+
Galaxy S10
Galaxy Note9
Galaxy S9+9,600円相当2,880円相当
Galaxy S9
Galaxy S8+4,800円相当1,440円相当
Galaxy S8
Galaxy Note89,600円相当2,880円相当
Galaxy A30
Galaxy S7 edge2,400円相当720円相当
Google Pixel 3 XL9,600円相当2,880円相当
Google Pixel 34,800円相当1,440円相当
HTC U112,400円相当720円相当
HUAWEI P30 Pro19,200円相当5,760円相当
HUAWEI P20 Pro9,600円相当2,880円相当
HUAWEI P30 lite Premium2,400円相当720円相当
HUAWEI Mate10 Pro
Xperia 19,600円相当2,880円相当
Xperia XZ3
Xperia 5
Xperia XZ2 Premium4,800円相当1,440円相当
Xperia XZ2 Compact
Xperia XZ2
Xperia XZs2,400円相当720円相当
Xperia XZ1 Compact
Xperia XZ1720円相当360円相当
Xperia XZ Premium2,400円相当720円相当
Xperia XZ720円相当360円相当
V60 ThinQ 5G19,200円相当5,760円相当
Rakuten BIG21,600円相当6,480円相当
Rakuten Hand4,800円相当1,440円相当
Rakuten Mini
その他のスマートフォン720円相当360円相当
ケータイ・PHS1,200円相当360円相当

機種変更時のPayPayボーナスの対象機種

機種名正常品破損あり
iPhone SE(第2世代)15,600円相当4,680円相当
iPhone 76,000円相当1,800円相当
iPhone 6s3,600円相当1,080円相当
iPhone SE2,400円相当720円相当
Nexus 6・6P
Nexus 5・5X
720円相当360円相当
AQUOS Xx-Y
AQUOS CRYSTAL Y・Y2
DIGNO E・C・T
Android One 507SH
Android One
S1・S2・S4・S5 ・S6・S7
Android One
X1・X2・X3・X4・X5
かんたんスマホ
Nova lite
LUMIERE
Spray
ARROWS S
Libero S10
Xperia 8
P30 lite
P20 lite

機種変更となると、もともとワイモバイルでのiPhoneやAndroidの取り扱いモデルが少なく、金額が低くなってしまいます。

購入機種代金値引きの場合

それでは、PayPayボーナスではなく、購入機種代金からの値引きの場合はどうなるのでしょうか。

新規・MNP・番号移行時の購入機種代金値引きの対象機種

機種名正常品破損あり
iPhone SE(第2世代)14,400円4,320円
iPhone 11 Pro Max50,400円15,120円
iPhone 11 Pro43,200円12,960円
iPhone 1132,400円10,080円
iPhone XS Max28,800円8,640円
iPhone XS21,600円6,480円
iPhone XR18,000円5,040円
iPhone X
iPhone 8 Plus14,400円4,320円
iPhone 87,200円2,160円
iPhone 7 Plus12,960円3,600円
iPhone 75,040円1,440円
iPhone 6s Plus5,760円2,160円
iPhone 6s2,880円1,440円
iPhone 6 Plus
iPhone 62,160円720円
iPhone SE
AQUOS R5G18,720円5,760円
AQUOS zero2
AQUOS R39,360円2,880円
AQUOS sense3 plus
AQUOS sense3 basic2,160円720円
Galaxy Fold18,720円5,760円
Galaxy Note 10+
Galaxy Z Flip
Galaxy S20 5G
Galaxy S10+
Galaxy S10
Galaxy Note9
Galaxy S9+9,360円2,880円
Galaxy S9
Galaxy S8+4,320円1,440円
Galaxy S8
Galaxy Note89,360円2,880円
Galaxy A30
Galaxy S7 edge2,160円720円
Google Pixel 3 XL9,360円2,880円
Google Pixel 34,320円1,440円
HTC U112,160円720円
HUAWEI P30 Pro18,720円5,760円
HUAWEI P20 Pro9,360円2,880円
HUAWEI P30 lite Premium2,160円720円
HUAWEI Mate10 Pro
Xperia 19,360円2,880円
Xperia XZ3
Xperia 5
Xperia XZ2 Premium4,320円1,440円
Xperia XZ2 Compact
Xperia XZ2
Xperia XZs2,160円720円
Xperia XZ1 Compact
Xperia XZ1720円720円
Xperia XZ Premium2,160円720円
Xperia XZ720円720円
V60 ThinQ 5G18,720円5,760円
Rakuten BIG20,880円6,480円
Rakuten Hand4,320円1,440円
Rakuten Mini
その他のスマートフォン720円720円
ケータイ・PHS1,440円720円

機種変更時の代金値引き対象機種

機種名正常品破損あり
iPhone SE(第2世代)14,400円4,320円
iPhone 75,040円1,440円
iPhone 6s2,880円1,440円
iPhone SE2,160円720円
Nexus 6・6P
Nexus 5・5X
720円
AQUOS Xx-Y
AQUOS CRYSTAL Y・Y2
DIGNO E・C・T
Android One 507SH
Android One
S1・S2・S4・S5 ・S6・S7
Android One
X1・X2・X3・X4・X5
かんたんスマホ
Nova lite
LUMIERE
Spray
ARROWS S
Libero S10
Xperia 8
P30 lite
P20 lite

購入機種代金からの値引きとなると、PayPayボーナスと比べると若干ですが、下がっています。

そのためPayPayを利用する頻度が多い場合は、PayPayボーナスを受け取ったほうがお得と言えるでしょう。

反対にPayPayを利用する頻度が少ないなら、機種代金値引きの方が恩恵を感じやすいと考えられます。

ワイモバイル公式サイト

下取りプログラムに出すための条件

ワイモバイルのオンライショップ

画像引用元:【公式】ワイモバイル(Y!mobile)- 格安SIM・スマホはワイモバイル

ワイモバイルの下取りプログラムを適用するには3つの条件があります。

ワイモバイルで下取りしてもらう条件
  • 契約条件:対象機種の購入と対象料金プランでの契約
  • 申し込み条件:下取り希望の端末をワイモバイルに下取りに出す

1つずつ詳しく見ていきましょう。

対象機種の購入と対象プランでの契約

ワイモバイル下取りプログラムの条件の1つは、ワイモバイルを対象プランで契約し、対象機種を購入することです。

対象機種の購入と対象プランでの契約が必要
  • ワイモバイルで販売している対象機種を購入
  • MNP含む新規契約・契約変更ではシンプルS/M/Lのどれかで契約
  • 機種変更の場合はシンプルS/M/Lまたはスマホプラン・スマホベーシックプランに加入していること

この条件を満たすのは難しいことではありません。

シンプルS/M/Lはワイモバイルの標準的な料金プランとなっています。

また機種変更の場合でも、過去のスマホプラン・スマホベーシックプランに加入していれば問題ありません。

基本的に、「ワイモバイルに契約し機種を購入する」と考えればOKです。

ワイモバイルに下取りに出す

そしてもう1つの条件が、新しい端末購入時に、以前使用していた端末を下取りに出すことです。

対象端末はワイモバイルに下取りに出す
  • 指定の下取り対象端末をワイモバイルが下取りする
  • 機種変更の場合の下取り対象端末はワイモバイルで過去に購入したもの

下取り対象の端末はしっかりと確認しておきましょう。

また機種変更の場合、下取り対象となるスマホがワイモバイルで購入したスマホであることという条件がネックになります。

ワイモバイルへ機種を購入せずに乗り換えた場合は利用できません。

軽度の破損は下取り可能だが価格は下がる

スマホ本体の保存状態の良さは必須条件ではありません。

下記事例であれば下取りプログラムを利用可能ですが、価格は下がりますので、その点は注意が必要です。

下取り価格が下がる可能性のある不具合
  • ガラス部分や筐体のヒビ割れ
  • カメラやボタンの破損や欠損
  • 液晶画面に液漏れや焼き付きがある
  • タッチパネルの操作不可
  • 液晶画面に縦線や横線がある
  • 液晶画面が暗く文字が読めない(液晶の不具合)
  • スマホ本体の歪み等の変形

あくまでも一例ですので、場合によっては下取りプログラムが受けられない可能性もあります。

参考までに留めておいてください。

その他の注意事項

他にも、ワイモバイルの下取りプログラムには注意事項がいくつかあります。

下取りプログラムの注意事項
  • 下取りプログラムの申し込み後のキャンセル・端末の返還請求は不可
  • 同一電話番号での適用は一回限り
  • ワイモバイルの解約後3ヶ月以内の再契約は対象外
  • 端末購入代金が特典金額を上回っていること

問題なく下取りプログラムを利用できるのか、しっかりと確認しておきましょう。

ワイモバイル公式サイト

下取りプログラムが適用不可となる事例

ワイモバイルでSIMのみ契約

画像引用元:月々のスマホ代がおトク!| Y!mobile

ここまで下取りプログラムを受ける条件を紹介しましたが、下取りプログラムを受けられなくなる事例についても紹介していきます。

自分に該当するものがないか、しっかりと確認しておきましょう。

下取りプログラムを受けられない場合
  • 下取りプログラム対象機種でない場合
  • 電源が入らないスマホは下取り不可
  • 初期化や認証のロックが解除されていない場合
  • 改造や不正契約を疑われるケース
  • 下取り対象機種の所有者以外が申し込んだケース
  • 過去に下取りプログラムを利用したことがある場合

下取りプログラム対象機種ではない場合

ワイモバイルの下取りプログラムは、申し込む時期によって対象機種が変わります。

3ヶ月程度で更新されているので「先月は下取りプログラムの対象だったが今月から対象外になってしまった」ということも起こり得ます。

下取りプログラムを利用するなら、対象機種になっている間にできるだけ早く手続きを進めましょう

電源が入らないスマホは下取り不可

軽い破損程度ならスマホを下取りに出せますが、電源が入らないスマホは下取りプログラムに出せません。

また電源ボタンやスリープボタンが正常に動作しないスマホも、同様に下取りには出せません。

電源が入らないスマホをお金にしたい場合は、家電量販店やフリマサイトにジャンク品として売りに出しましょう。

初期化や認証のロックが解除されていない場合

下取り予定のスマホは、郵送で送るかワイモバイルの店舗に持ち込むことになります。

この際に初期化されていない、ロック画面の認証がされていないスマホも対象外となります。

初期化を行えばロック画面の設定もリセットされるので問題ありません。

しかし、初期化せずに送ったり、初期化後にしばらく利用してロック画面を設定してから送ってしまい、断られるケースがあります

郵送で送る場合でも店舗に持ち込む場合でも、事前に初期化はきちんと行っておきましょう。

また、移行したいデータがあれば、事前にSDカードやクラウド上にバックアップをしておくのも忘れないでくださいね。

改造や不正契約を疑われるケース

下取りに出すスマホがメーカーの保証外となる改造を行っていると判断された場合は、下取りプログラムを利用できません。

代表的なメーカー保証外となる改造の例を挙げるなら、Androidは「root化」iPhoneでは「脱獄」という改造が該当します。

また製造番号(IMEI)が確認できないような不正契約を疑われるスマホも下取り対象外です。

ただ、一般的な使い方で改造や不正契約を行うケースはないと思いますので、この点を考慮する方は滅多にいないでしょう。

下取り対象機種の所有者以外が申し込んだケース

下取りを申込む人が下取り対象スマホの所有権を有している必要があります。

未成年の場合は親権者による同意も必要です。

これは不正契約を防ぐために必要で、古物営業法に基づく必要な手続きとなっています。

過去に下取りプログラムを利用したことがある場合

ワイモバイルの下取りプログラムの適用は1つの電話番号に付き1回までとなっています。

過去に下取りプログラムを利用した電話番号では下取りができません。

以前ワイモバイルに契約していた方は、既に下取りプログラムを利用している場合があるので、気を付けましょう。

ワイモバイル公式サイト

時期が変われば下取り対象機種・金額が変わるので早めに

ワイモバイルの下取りプログラムの対象機種・条件・下取り価格と適用不可となる事例を紹介してきました。

下取りプログラム対象機種は3ヶ月程度で変更される傾向にあります。

現在使用している機種が対象でなくても、今後対象機種に追加される可能性がありますし、またその逆も考えられます。

もし、現在の機種が対象なら、早めに申し込んでお得に乗り換えや機種変更を行いましょう

ワイモバイルの下取りプログラム対象機種・条件・価格
  • 対象機種は新規契約か機種変更かで変わる
  • 下取りはPayPayボーナスもしくは購入機種代金値引きのどちらか
  • 条件は正常に動作するかどうか
  • 価格は最新iPhoneが高くAndroidは安め
  • 初期化やロック解除を忘れると下取り対象外となる
【2021年最新】ワイモバイルおすすめスマホ機種ランキング|価格・スペックを比較

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
unishi
愛知県出身、平成7年生まれ。ライター歴2年。スマホやキャリアはそのときの気持ち次第で変化。現在はRakuten Miniのデザインに惹かれて楽天モバイルを契約中。タブレットはAmazon Fire HD 8。電子書籍はAmazon Kindle Paperwhite。スマートスピーカーはAmazon Alexa。身の回りはだいたいAmazonで固められています。趣味は旅行・バイク・漫画・ゲーム。FP3級保持。