ワイモバイルとUQモバイルはどっちを契約すべき?5つの違いを徹底比較

  • 2020年12月22日
  • by.a-sato

ワイモバイルとUQモバイル

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルとUQモバイルはよく比較される傾向にある格安SIMですが、細かく見るとそれぞれのサービス内容は大きく異なります。

そこで今回は、ワイモバイルとUQモバイルのサービス内容を比較し、どのような違いがあるのかまとめました。

どちらも格安SIMの中で人気が高く、特に通信速度の速さに魅力がありますが、通話やデータオプションなど相違点がたくさんあります。

ワイモバイルとUQモバイルで迷っている人は、是非どちらの格安SIMが自分のニーズとより合っているのかチェックしてみてください。

【結論】ワイモバイルとUQモバイルの違い

iPhone12のSIMトレイ

項目ワイモバイルUQモバイル
3GB2,680円1,980円
10GB3,680円2,980円
14GB4,680円-
最初の6ヶ月間-500円-
1回10分以内のかけ放題無料+770円
完全かけ放題+1,100円+1,870円
データ繰越サービス×
データ節約モード
回線ソフトバンクau

まず、ワイモバイルとUQモバイルのサービスの比較表を簡単に作りました。

一見するとワイモバイルが高く感じますが、1回10分以内の通話かけ放題が料金に含まれています。

UQモバイルで1回10分以内の通話かけ放題をつけると、ワイモバイルと同額です。

「ワイモバイルとUQモバイルどっちがいいか」について、結論から書くと判断基準は下記5つです。

違い1:利用できる回線の種類が違う

楽天モバイル

画像引用元:通信・エリア | 楽天モバイル

格安SIMは、それぞれ使えるキャリア回線が異なります。

中には複数キャリアの回線を使うことができる格安SIMもありますが、ワイモバイルとUQモバイルは1つのキャリア回線しか使えません。

ワイモバイルとUQモバイルで使える回線
  • ワイモバイル:ソフトバンク
  • UQモバイル:au

ワイモバイルはソフトバンク、UQモバイルはauの回線を使うことになります。

自宅や職場など、特定の回線しか繋がらない環境にある人は注意が必要です。

違い2:ワイモバイルは1回10分間の通話かけ放題が料金に含まれている

ワイモバイル 10分通話無料

画像引用元:無料通話やかけ放題はあるの?通話料金は? | Y!mobile乗り換えガイド | Y!mobile

ワイモバイルとUQモバイルでは、10分以内の国内通話であれば通話料無料になるオプションがあります。

しかし、それぞれ利用料金が異なるので注意する必要があります。

ワイモバイルとUQモバイルの10分かけ放題の料金
  • ワイモバイル:無料
  • UQモバイル:770円

ワイモバイルでは、プラン料金の中に10分かけ放題が組み込まれているので、別途料金が発生することはありません。

一方で、UQモバイルは別途770円のオプション料金が毎月必要になります。

10分かけ放題を使わないのであれば問題ありませんが、通話の頻度が高いという人はワイモバイルの方がお得です。

違い3:ワイモバイルの方が完全かけ放題が安い

iPhone 12 mini
10分かけ放題とは別に、ワイモバイルとUQモバイルには完全かけ放題のオプションもあります。

完全かけ放題なら、時間を気にすることなく好きなだけ通話することが可能です。

完全かけ放題のオプション料金も異なるので、必ずチェックしましょう。

ワイモバイルとUQモバイルの完全かけ放題
  • ワイモバイル:1,100円
  • UQモバイル:1,870円

ワイモバイルとUQモバイルの完全かけ放題には770円の差額があります。

10分かけ放題も同様に、お得に通話を利用したいのであればワイモバイルがおすすめです。

違い4:UQモバイルはデータ容量の繰越が可能

UQモバイルでiPhoneが利用できる

画像引用元:スマホそのままで料金がおトクに!?|UQコミュニケーションズ

格安SIMには、当月余った通信量を翌月に繰越すことができるオプションがあります。

定額プランの場合、プランの通信量分の料金を払って使っているわけですから、当月使い切れないからといって余った通信量がなくなってしまうのはかなり勿体ないですよね。

多くの格安SIMでは、翌月まで余った通信量を使える繰越オプションがあるので、データ通信量を無駄なく使うことが可能です。

この点、UQモバイルには繰越オプションがありますが、ワイモバイルにはありません

毎月使う通信量にばらつきがある人は、UQモバイルの方がお得にネットを利用できるでしょう。

違い5:UQモバイルはデータ節約モードが使える

UQモバイルターボ機能

画像引用元:UQ mobileポータルアプリ│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)

UQモバイルでは、利用するアプリやコンテンツによって通信速度を切り替えるデータ節約モードが利用できます。

SNSのような文字を読むだけの、比較的通信速度が遅くてもサクサク利用できるコンテンツでは節約モード、音楽や動画などを楽しみたい時には高速モード、という使い方が可能です。

節約モードは、速度が遅くなる一方で通信量の消費がゼロになるため、プランの通信量を使わずに済みます。

SNSや文字ばかりのWEBサイトを節約モードで閲覧する分、浮いた通信量を動画や音楽、ゲームなどのアプリに充てることができるということです。

UQモバイルでは節約モードを使うことができますが、ワイモバイルにはありません

通信量をよりお得に無駄なく使うのであれば、UQモバイルがおすすめです。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

結局どっちを契約すればいい?判断基準は3つ

UQモバイル

画像引用元:店舗受取サービス | 格安スマホ・格安SIM | UQ mobile(UQモバイル)

これまで、ワイモバイルとUQモバイルの違いについて触れていきました。

次に、どちらを契約するか考えた時に、具体的にどのような基準で選べば良いのか解説していきます。

ワイモバイルとUQモバイルを選ぶ時の判断基準
  • 使いたい回線の種類があるかどうか
  • 通話はどの程度するのか
  • 月によってデータ消費量のばらつきがあるかどうか

使いたい回線の種類はあるか

前章でも解説した通り、ワイモバイルとUQモバイルでは使えるキャリア回線が異なります。

キャリア回線にこだわる理由は大きく分けて2つあります。

キャリア回線にこだわる時ってどんな時?
  • よくネットを使用するエリアで利用可能な回線が限られている時
  • 今まで使っていたスマホをそのまま使いたい時

職場や自宅など、使える回線が限られているエリアの場合は注意する必要があります。

また、UQモバイルでは基本的にauのスマホをSIMロック解除なしで使うことができるため、手間を掛けることなく今まで使っていたスマホをそのまま利用することが可能です。

※ワイモバイルではソフトバンク端末だとしても原則SIMロック解除は必要

このように、使いたい回線がある場合は間違えることなくどちらかを選ぶようにしましょう。

通話はどれくらいするか

通話をよくするという人は、同じ料金で10分かけ放題がついているワイモバイルの方がおすすめです。

たしかに1回10分以内のかけ放題をつけたUQモバイルはワイモバイルと同額ですが、ワイモバイルは最初の6ヶ月間割引が受けられます。

またUQモバイルで完全かけ放題を使うとなると、ワイモバイルよりも高額になってしまいます。

そのため通話を多くするという人は、ワイモバイルを選んだ方が安心です。

逆に通話を全くしない、着信を受け取るのがメインだという人は、必ずしもワイモバイルを選ぶ必要はありません。

月によってデータ消費量のばらつきがあるか

月によって使う通信量にばらつきがある・通信制限がかかってしまうからなるべく節約したいという人は、データ繰越や節約モードが使えるUQモバイルの方がおすすめです。

通話を重視したいならワイモバイルですが、より効率良くネットを使いたい場合はUQモバイルを選ぶべきでしょう。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルとUQモバイルの共通点

AQUOS sense4 パッケージ
ここまでワイモバイルとUQモバイルの相違点について触れてきたので、次に共通点について解説していきます。

ワイモバイルとUQモバイルの共通点
  • 大手キャリアのサブブランド
  • 通信速度が速い
  • サポートが充実
  • 販売されているiPhoneの種類
  • 通信制限時の最大速度が1Mbps

ワイモバイルとUQモバイルには、上記の5つの共通点があります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

大手キャリアのサブブランドである

ワイモバイルとUQモバイルはそれぞれソフトバンク・auのサブブランドとしてサービスが始まりました。

運営元はワイモバイルがソフトバンク、UQモバイルがKDDIなので、他社格安SIMのように別企業がキャリアの回線を借りて通信サービスを運営しているわけではありません

通信速度が速い

ワイモバイルとUQモバイルは大手キャリアとほぼ同じ通信品質でネットが使えると定評があります。

そのため、通信品質を重視して格安SIMを選びたい人にも人気があります

サポートが充実している

ソフトバンクやauショップと併設していることが多く、実店舗の数が他社と比べて圧倒的に多いのも魅力の1つです。

実店舗では、販売の他に修理や料金支払いの受付、操作説明などのアフターサービスも行われているため、他の格安SIMよりもサービスが充実している傾向にあります。

販売しているiPhoneの種類

ワイモバイルとUQモバイルではiPhoneも販売されています。

取り扱いiPhone
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 7(ワイモバイルは既に販売終了)

どちらも今年の4月に発売されたiPhone SE(第2世代)の取り扱いがあります。

価格も3万円~4万円台と、他のキャリアで購入するよりもリーズナブルなので、安くiPhoneを購入したい人にもおすすめです。

通信制限時の速度は最大1Mbps

ワイモバイルとUQモバイルの通信制限時の速度は1Mbpsです。

※ワイモバイルはスマホベーシックプランM/R、UQモバイルはスマホプランRが対象です。

大手キャリアの通信制限時の速度は128Kbpsと、ブラウザを開くことすらままならない程に遅くなるので、1Mbpsというのはかなり良心的です。

1Mbpsあれば、低画質のYouTube動画を観ることも可能です。

ワイモバイルがおすすめの人

iPhone SEとワイモバイル
では次に、具体的にどのような人にワイモバイルがおすすめなのか解説していきます。

下記にて詳しく触れていくので、是非チェックしてください。

ワイモバイルがおすすめの人
  • ソフトバンク回線を使いたい
  • 10分以内の通話の頻度が高い
  • 完全なかけ放題を安く利用したい

ソフトバンク回線を使いたい

ワイモバイルはソフトバンク回線の格安SIMなので、ソフトバンクを使いたい人におすすめです。

ただし、ソフトバンクのスマホをワイモバイルで使う場合もSIMロック解除が必要となるので注意してください。

ワイモバイルの会員サービスである「My Y!mobile」の仕様はほとんどMy SoftBankと同じなので、ソフトバンクのサービスを使い慣れている人にもぴったりです。

10分以内の通話が多い

UQモバイルと同じ料金で、10分かけ放題のオプションがついているのはかなりお得です。

10分以内の通話の頻度が高い・発信する方が多いという人は、ワイモバイルの方がおすすめです。

10分以内で電話が済むのか心配だという人は、10分で通話が自動的に切れるアプリ(ワイモバイルのアプリではありません)を使えば、通話時間が超えてしまうのを回避できます。

完全かけ放題を利用したい

通話時間を気にせずに電話ができる完全かけ放題のオプション料金は、ワイモバイルが1,100円・UQモバイルが1,870円とワイモバイルの方が安いです。

長電話の頻度が多い、ネットやアプリよりも電話を使うことが多いという人は、完全かけ放題をお得に使えるワイモバイルがぴったりです。

完全かけ放題が必要かどうか心配な人は、とりあえず数ヶ月オプションなしで使ってみて、通話料が継続的に1,100円(UQモバイルの場合は1,870円)を超える場合は加入を検討することをおすすめします。

ワイモバイル公式サイト

UQモバイルがおすすめの人

家族まとめてUQ

画像引用元:家族まとめてUQ、だぞっ│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】

次に、どのような人にUQモバイルがおすすめなのか解説していきます。

UQモバイルがおすすめの人
  • au回線を使いたい
  • データ容量の繰越を使いたい
  • データ節約モードを使いたい

3つの特徴について下記にて詳しく触れていくので、是非チェックしてください。

au回線を使いたい

UQモバイルではau回線を使うことになるため、auを使いたい人におすすめです。

また、UQモバイルではau端末をSIMロック解除なしで使うことができるため、これまで使っていたauのスマホを引き続き使いたいという人も手間なく利用できます。

ただし、念の為に公式サイトの「動作確認端末一覧」で、自分のスマホがSIMロック解除なしで使えるか確認しましょう。

データ容量の繰越を使いたい

毎月使う通信量にばらつきがある人や、せっかく購入した通信量を無駄なく使いたいという人は、データ繰越が可能であるUQモバイルがおすすめです。

ただし、繰越可能なのは翌月までなので、翌月中に余った通信量を使い切るようにしましょう。

データ節約モードで通信量を抑えたい

使うアプリやコンテンツによって通信速度の切り替えが可能なUQモバイルであれば、動画や音楽のような通信量をたくさん消費するアプリを効率良く使うことができます。

毎月通信速度が制限されてしまう・月末で足りなくなってしまうという人は、節約モードを使うことで、これまでよりも動画やゲームで使える通信量を増やすことができるでしょう。

1万円キャッシュバック実施中!

電話ならワイモバイル、データ通信ならUQモバイル

iPhone 12 mini XR 比較
最後に、ワイモバイルとUQモバイルの違いについてまとめます。

ワイモバイルとUQモバイルの違い
  • 10分かけ放題・完全かけ放題の料金
  • データ繰越オプションの有無
  • 節約モードの有無
  • 通話重視の人はワイモバイルがおすすめ
  • データ量をよりお得に使いたい人はUQモバイルがおすすめ

比較した結果、ワイモバイルは通話をたくさんしたい人向け・UQモバイルはネットを無駄なくお得に使いたい人向けであることがわかりました。

ワイモバイルはソフトバンク、UQモバイルはauの回線を大手キャリアと同じクオリティで使えるので、通信速度を重視したい人にもおすすめです。

自分のニーズとそれぞれの特徴を照らし合わせ、ぜひ自分に合った方を選んでくださいね。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?