【2020年4月】ワイモバイルのキャンペーンを徹底攻略|今一番お得なのはコレ!

毎月更新!ワイモバイルの最新キャンペーン情報をわかりやすくまとめました。格安SIMではキャッシュバックや端末割引などのキャンペーンが人気ですが、ワイモバイルもお得なキャンペーンがいっぱいです。お得にワイモバイルに乗り換えてスマホ代を節約しましょう!

  • 2020年4月5日
  • by 
【2020年4月】ワイモバイルのキャンペーンを徹底攻略|今一番お得なのはコレ!

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事では2020年4月に実施中のワイモバイルのキャンペーンを紹介します。

ワイモバイルのキャンペーンは、期間の短いものから長期のもの、オンラインストア限定のものまで多種多様です。

特にこれからワイモバイルと新規契約・乗り換え(MNP)する方は、実施中のキャンペーンを事前にチェックしておいて、お得に契約してください。

【2020年4月】ワイモバイルのキャンペーン
  • ワイモバ学割
  • データ増量キャンペーン2
  • 下取りプログラム

トップ画像引用元:ワイモバ学割|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

【2020年4月】ワイモバイルの最新キャンペーン

ワイモバイルのSIMカード

画像引用元:春のオンラインストア大感謝セール

それでは早速、2020年4月現在のワイモバイルのキャンペーンを見てみましょう。

一般の新規契約・乗り換えを検討中の方が抑えておきたいのは、下記の3つです。

キャンペーン名キャンペーン内容
ワイモバ学割最大13ヶ月間
月額1,000円割引
データ増量キャンペーン2データ増量オプション1年間無料
下取りプログラム最大19,200円相当の
PayPayボーナス

ワイモバ学割

キャンペーン期間:
2019年11月29日〜2020年6月1日

ワイモバ学割は5歳以上18歳以下の利用者登録をしている回線を対象に、最大13ヶ月間1,000円割引になるキャンペーンです。

ワイモバ学割は本人の回線だけでなく、家族の回線も割引されるのが特徴です。(家族の方もキャンペーン期間内にワイモバイルと契約した場合)

ワイモバ学割適用後の料金

項目プランSプランMプランR
通常料金2,680円3,680円4,680円
家族割引
(2回線目以降)
-500円
新規割
(6ヶ月間)
-700円
ワイモバ学割
(13ヶ月間)
0円-1,000円
割引後料金1,480円1,480円2,480円

ワイモバ学割が適用できるプランは、スマホベーシックプランM/Rです。

プランSには適用できないので注意しましょう。

スマホデビュープランのデータ容量
  • プランS:3GB
  • プランM:9GB
  • プランL:12GB

動画やゲームで遊ぶ場合は、プランSの3GBだと足りなくなる可能性が高いです。

ワイモバ学割が効いている最初の13ヶ月間は、プランSとプランMの料金が同額になるので、少なくとも初めはプランMのほうが良いでしょう。

ワイモバ学割の適用条件(本人)
  • 契約時点で契約者または利用者が5〜18歳
  • 新規(MNP・番号移行含む)またはPHSからの契約変更での契約
  • スマホベーシックプランM/Rのいずれかのプランに加入
ワイモバ学割の適用条件(家族)
  • ワイモバ学割を申し込んでいる回線と同じグループの家族割に加入
  • 新規(MNP・番号移行含む)またはPHSからの契約変更での契約
  • スマホベーシックプランS/M/R、ケータイベーシックプランSSのいずれかに加入
ワイモバ学割に申し込む際の注意点
  • 契約時に本人確認書類が必要
  • 家族の学割には家族割の申し込みが必要

受付期間の終了間際に、「あの書類がない!」と慌てないように、しっかりと確認しておきましょう。

ワイモバ学割に加入した場合の料金シミュレーション

学割対象者(5〜18歳)がワイモバ学割を適用して、スマホベーシックプランMに加入した場合、料金は下記の表のようになります。

スマホベーシックプランMでシミュレート

プランM初月2〜
7ヶ月目
8〜
13ヶ月目
14ヶ月目
以降
基本料金日割り3,680円
新規割--700円--
ワイモバ学割日割り-1,000円-
月額料金日割り1,980円2,680円3,680円

学割が適用されることで、最初の13ヶ月間はプランS(学割が適用されない)とプランMの料金差がなくなります。

よって、「あまりデータ容量は使わないかも」という方でも、スマホベーシックプランMを契約しておいて損はありません。

もちろん契約後でも、プランの変更は可能です。

実際に利用してみて、容量が毎月のように余ってしまう場合は、14ヶ月目に入る前にプランSに変更しましょう。

データ増量キャンペーン2

データ増量無料キャンペーン2

画像引用元:データ増量無料キャンペーン2|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile

キャンペーン期間:
2019年11月29日~終了未定

データ増量キャンペーン2は、スマホベーシックプランのデータ容量オプションが、1年間無料になるキャンペーンです。

ワイモバイルの新規契約・乗り換えと同時に、データ容量オプションも申込むことで適用されます。

データ容量オプションに加入しておけば、データ量を使い切った時のデータ量追加が、プラン毎に決められた容量まで無料に!

無料になるデータ追加料金
  • プランS:1GB(500MB×2回)
  • プランM/R:3GB(500MB×6回)

ワイモバイルでは、データ追加のためにMy Y!mobileでその都度手続きする必要があります。

データ増量オプションは、本来は月額500円(初月無料)のものです。

つまり、オプションに加入しないでデータ追加すると、500MBで500円かかってしまいます。

1年経過後にはオプション代が発生してしまいますが、それまではとりあえず加入しておいて損はありません。

下取りプログラム

ワイモバイル下取り

画像引用元:下取りプログラム|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile

キャンペーン期間:
2016年11月1日〜終了未定

下取りプログラムは、2016年11月からずっと続いている常設キャンペーンで、基本的にドコモ・au・ソフトバンクの下取り系プログラムと同じ内容です。

新規契約や機種変更の際に、それまで使っていたスマホを下取りに出すことができ、機種や状態に応じてPayPayボーナスが付与されます。

画面割れや軽微な破損があっても下取りに出せますよ!

下取り例

端末正常品破損品
iPhone X19,200円相当5,760円相当
iPhone 8 Plus16,800円相当5,040円相当
iPhone 813,200円相当3,960円相当
Galaxy S8+7,200円相当2,160円相当
Galaxy S87,200円相当2,160円相当
Galaxy S7 edge3,000円相当900円相当

下取りプログラムの対象機種や、付与されるPayPayボーナスの額は都度更新されます。

一般的には、発売が時間が経つほどに付与されるPayPayボーナスは減っていきます。

例えば2020年3月時点では、iPhone Xの正常品に対して36,000円相当のPayPayボーナスが付与されていました。

それが4月時点では19,200円相当まで下がっています。

オンライン限定のタイムセールも!

ワイモバイル

画像引用元:オンラインストア限定タイムセール!

これは2020年4月限定のキャンペーンというわけではありませんが、ワイモバイルでは、オンラインストア限定のタイムセールも度々やっています。

そこではアウトレット品が出品されることも。

通常よりもうんと安い価格で購入するチャンスです!

早速4月1日にもスタート

ワイモバイル タイムセール

画像引用元:オンラインストア限定タイムセール!|オンラインストア|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

4月1日の21時に、Android One X4のアウトレット品がタイムセールで販売されました。

購入条件は新規または乗り換え(MNP)の場合です。

通常25,560円が、15,120円で購入できます。

タイムセールは小刻みに行われる傾向があるので、公式ページをこまめに確認しておくことをおすすめします!

» オンラインストア限定タイムセール!

ワイモバイルの特長

Y!mobile ロゴ

画像引用元:【公式】ワイモバイル(Y!mobile)- 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルは、通信品質とお得な料金が両立できていることで、格安SIMの中でも特に人気が高いです。

正確にはソフトバンクの「サブブランド」で、他の格安SIMとは別物なのですが、一般ユーザーがそこまで意識する必要はありません。

それでは、人気の理由を詳しく見ていきましょう!

ソフトバンク回線だからエリアが広くて高速

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとして展開しているので、通信速度はソフトバンクと同じくらい高速です。

  • 「格安SIMにしたら遅い」
  • 「昼休みは使い物にならない」

こうした他の格安SIMで起こりがちな速度の問題も、ワイモバイルなら気にならないでしょう。

PayPayやYahoo!との連携が強い

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドなので、ソフトバンク同様、PayPayやYahoo!との連携が強いのも特徴です。

例えばワイモバイルユーザーなら、PayPayモールやYahoo!ショッピングでの買い物で、いつでも5%の還元を受けることができます!

また、ワイモバイルユーザーは、追加費用なしでYahoo!プレミアム会員(本来は月額462円)にもなれます。

シンプルな料金プランで縛りなし!

料金プランは、スマホベーシックプランS/M/Lのたった3種類です。

項目SML
月額2,680円3,980円4,980円
データ容量3GB9GB14GB
通話国内通話
1回10分以内無料

それぞれの違いは、月額とデータ容量のみ。縛りもありません。

このシンプルさは、ワイモバイルの強みのひとつと言えるでしょう。

欠点:通話オプションに実質強制加入

ワイモバイルのプランには、決定的に残念な点もあります。

それは、3GBで月額2,680円と、他のサブブランド・格安SIMより料金が高いことです。

auのサブブランドのUQモバイルと比べてみましょう。

UQモバイルの料金プラン

スマホプランプランSプランMプランL
月額1,980円2,980円3,980円
データ容量3GB9GB14GB

UQモバイルでは、3GBで月額1,980円。プランM/Lもワイモバイルより700円ずつ安いです。

逆になぜ、ワイモバイルは月700円も高いのでしょうか。

原因は明確で「国内通話1回10分無料」というサービスがセットで付いてくるからです。

一方UQモバイルでは、月額700円の「かけ放題」オプションを任意で付けることで、同様のサービスを利用できます。

UQモバイルの通話オプション

項目かけ放題通話パック
内容国内通話は
1回10分まで無料
国内通話は
月60分まで無料
月額700円500円

もともと通話オプションに加入したい方なら問題ないですが、そうでない場合、「国内通話1回10分無料」サービスはちょっと厄介な存在になるかもしれません。

全国にショップがあるから困ったら相談できる

ワイモバイルは全国に約4,000店舗のワイモバイルショップを構えています。

主要な駅周辺なら、必ずワイモバイルショップがあるといっても過言ではありません。

他の格安SIMも一部はショップ展開していますが、ワイモバイルほどではないのが現状です。

  • 「契約内容を直接相談したい」
  • 「操作方法を教えて欲しい」

このような悩みも、ショップがあれば安心ですよね。

【格安SIM比較】実店舗が多くサポートが充実してるのはどのMVNO?

SIMのみ契約OK!

ワイモバイルは他の格安SIMと同様、SIMカード単体での契約もできます。

SIM単体契約のメリットは、キャリアで利用しているiPhoneやAndroidスマホのまま、ワイモバイルに乗り換えできることです。

新たに機種を購入する必要がないので、節約になります。

ドコモやauで購入した機種を使うには、SIMロック解除が必要ですが、現在SIMロック解除は義務化されているため、各社で簡単に手続き可能です。

使い慣れたスマホをそのまま使えるのは助かりますよね。

テザリングが無料!

ワイモバイルはテザリング機能が無料かつ申し込み不要で使えます。

テザリングが使えれば、外出先でパソコンやタブレットをネット接続できるようになるので大変便利です。

格安SIMの他の会社では、テザリング非対応だったり、500円ほどの月額料金がかかってしまうことも少なくありません。

スマホだけでなくパソコンやタブレットも使っている方は、ワイモバイルでいつでもテザリングできるようにしておけば、安心して機器を持ち出せますね。

→Y!mobile公式ショップはこちら

ワイモバイルの特徴
  • ソフトバンク回線だからエリアが広くて高速
  • PayPayやYahoo!との連携が強い
  • シンプルな料金プランで縛りなし!
  • 全国にショップがあるから困ったら相談できる
  • SIM単体契約OK!
  • テザリングが無料!

ワイモバイルのキャンペーンでお得に契約しよう!

以上、2020年4月に実施中のワイモバイルのキャンペーンと、ワイモバイルのプランや特徴についてでした。

【2020年4月】ワイモバイルのキャンペーン
  • ワイモバ学割
  • データ増量キャンペーン2
  • 下取りプログラム

ワイモバイルのキャンペーンは、月の途中にいきなり実施されることが多いです。

できるだけこまめにチェックして、見逃さないようにしたいですね!

とはいえ、キャンペーンを使わなかったとしても、ワイモバイルは大手キャリアよりもずっと安いですし、料金プランがシンプルなのでおすすめです。

また、PayPayやYahoo!との連携が強い点も魅力のひとつと言えます。

【毎月更新】2020年4月の格安SIMキャンペーンまとめ|主要10社を比較

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ