ワイモバイルでガラケーを使おう!おすすめ機種から料金プランまで完全ガイド

  • 2020年10月6日
  • by.bitWave編集部

AQUOS ケータイ3 806SH

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

スマホが一般的になってきているので、ガラケーを使う機会はそれほど多くないかもしれません。

格安スマホもあるので値段が安いスマホも手に入ります。

しかしガラケーにはスマホより軽く低コストなこと、さらに丈夫であるなどのメリットがあります。

ワイモバイルでガラケーを使うときに、どんな機種を選べるでしょうか?

この記事ではワイモバイルのガラケーのおすすめ機種や料金プランを解説していきます。

ワイモバイルのガラケー
  • 端末込みで安い
  • テザリングできるものも
  • シンプルな機能で通話にぴったり
  • データ通信量でプランを選択すべき!

通話メインでガラケーを選択したい方にぴったりの機種もあるので、ぜひ参考にしてください。

人気記事

ワイモバイルを契約する前には評判が気になりますよね。 いくらワイモバイルの料金やサービスに魅力を感じていても、実際に契約するまでは不安です。 この記事は、そんなワイモバイルの契約前に読んで欲しい内容となっています。 また、[…]

iPhone SEとワイモバイル

トップ画像引用元:AQUOS ケータイ3 806SH ワイモバイルの特長|シャープ

ワイモバイルで購入できるガラケーは3機種

DIGNO3ケータイ

画像引用元:DIGNO® ケータイ3| スマートフォン・携帯電話 | 京セラ

ワイモバイルで購入できるガラケーは、3機種あります。

基本的な性能は似ているのですが、機能に違いがあります。

それぞれの機種の基本的なスペックや特徴をご紹介していきましょう。

DIGNO ケータイ3

DIGNO ケータイ3のスペックは以下の通りです。

大容量バッテリーが搭載されているので、充電しなくても長く使えます。

DIGNO ケータイ3のスペック

項目スペック
サイズ約51×112×17.9mm
重量約131g
連続通話時間約650分
連続待受時間約600時間
充電時間約140分
バッテリー容量1,700mAh
外部メモリ 推奨最大容量最大32GB
ディスプレイ3.4インチ TFT液晶
防水・防塵防水:IPX5/IPX8
防塵:IP5X
メインカメラ有効画素数約800万画素
LINEアプリ 使用

VoLTEに対応していて通話音質が良いこと、Wi-FiやBluetoothにも対応しているのでデータ通信も問題ありません。

防水防塵に対応していたり、ワンセグに対応していたりするのも使いやすいポイントです。

DIGNO ケータイ3の特徴

DIGNO ケータイ3の特徴をご紹介しましょう。

通話メインで使うなら、仕事のときにガンガン通話することが多いです。

ビジネスシーンでの使用にぴったりのガラケーです。

頑丈である

防水防塵に対応していて、レベルはIPX5/IPX8等級です。

水の中に落としてしまったり、水の流れに入ってしまったりした場合でも問題ありません。

もちろんお風呂のような温度が高い所はダメです。

しかし水があるところや庭や畑仕事などをしていても問題ないほどの性能です。

「MIL規格」に準拠した試験が実施されているので、頑丈さも保証されています。

バッテリーが長持ち

ガラケーの中では、大容量の1,700mAhバッテリーが搭載されており、 長く使えます。

通常の使用では3日ほど、 バッテリーセーバーなどの設定を使えば1週間も持ちます。

出張や旅行で長時間充電できない環境でも安心ですね。

テザリングに対応

Wi-Fiでデータ通信できるだけでなく、テザリングにも対応しています。

データ通信量が多いプランを契約し、テザリングでノートパソコンと接続させることも可能です。

通話メインでも、時にはルーターとして使いたい方にもぴったりです。

AQUOS ケータイ3

AQUOS ケータイ3のスペックは以下の通りです。

AQUOS ケータイ3のスペック

項目AQUOS ケータイ3
サイズ
※縦・横・厚み
約115×51×17mm
重量約123g
ディスプレイ約3.4インチ
クォーターHD
バッテリー1,680mAh
カメラ約800万画素
カラーグリーン/ホワイト/ブラック
その他機能ワンセグ/防水/ボイスレコーダー

前作に比べると、重量が少しだけ軽くなっています。

またカラーはビジネスシーンで使いやすい色に変更されています。

AQUOS ケータイ3の特徴

AQUOS ケータイ3の特徴を見ていきましょう。

「通話するときにあったら便利」という機能が搭載されています。

ボタンにクイック起動キーがある

スマホの場合裁判にあるボタンは、ボリューム調整や電源ボタンです。

しかしAQUOS ケータイ3の下部にあるボタンは、頻繁に使用するツールが割り当てられています。

自分で好きな機能を設定して起動することも可能です。

ビジネスシーンでよく使うツールを割り当てておくと、何回もボタンを押す必要もありません。

相手の音が聞きやすい

レシーバー部分が変化されており、通話時の相手の声が聞き取りやすくなっています。

ガラケーは通話メインで使用されることが予想され、聞き取りやすいのは大きなメリットです。

通話録音機能が便利

通話録音機能あるので、サイドボタンの長押しをするだけで、録音開始が可能です。

最大60分の通話が録音できるので、手軽に録音できます。

仕事で使用している時に、後で確認したい内容を相手が話し始めたなら、すぐに録音できます。

Simply

Simplyの基本的なスペックは以下になります。

シンプルで、軽量なことがポイントです。

Simplyのスペック

項目Simply
サイズ
※縦・横・厚み
約132×50×13.8mm
重量約125g
ディスプレイ約2.4インチ
バッテリー1,770mAh
カメラ約200万画素
カラーレッド/ホワイト/ダークブルー
その他機能赤外通信

使える機能は電話とメールという簡単なものに絞った非常にシンプルなガラケーです。

Simplyの特徴

Simplyの特徴をご紹介します。

ストレートな形やシンプルな機能が魅力です。

ストレート型で使いやすい

ストレート形で折りたたむ必要もないシンプルな形なケータイです。

折りたたみ式のように、電話を掛けるときに開いたり閉じたりしなくてもよいので、通話にスポットを当てるならメリットです。

大容量バッテリーを搭載している

ガラケーで小さいボディの割に大きなサイズの1,770mAhのバッテリーを搭載しています。

他のガラケーよりも大容量のバッテリーを搭載しているので、 長時間安心して使えます。

SDカードに対応している

SDカードにも対応しているので、データ移行させることができます。

電話帳のバックアップデータを使って、簡単に連絡先を入れることが可能です。

機種変更したいときも手軽にできますね。

ワイモバイルのガラケー料金プラン

AQUOSケータイ3

画像引用元:AQUOS ケータイ3の充実機能|AQUOS:シャープ

ワイモバイルのガラケーが選べる料金プランを見ていきましょう。

ガラケーの場合は、選べるプランがある程度限られていますが、用途を定めてプラン選びすることが大切です。

まずは、プランの説明から見ていきましょう。

ガラケーが選べるプラン

ガラケーが選べるプランは、ケータイプランSSとスマホ用に設定されているスマホベーシックプランS・Mです。

ケータイプランSSは通話メインになるので、メールやネット接続のためにはパケット定額が必要です。

ガラケーが選べるプラン

項目ケータイ
プランSS
スマホ
ベーシックプランS
スマホ
ベーシックプランM
基本料金1,027円2,178円
7ヶ月目〜
2,948円
3,278円
7ヶ月目〜
4,048円
ネット接続330円
データ定額
(パケット定額)
0円〜
4,950円
合計1,357円~
6,307円
2,178円
7ヶ月目〜
2,948円
3,278円
7ヶ月目〜
4,048円

結論からすると、ある程度データ通信が必要になるなら、スマホベーシックプランを選ぶ方がよいです。

プラン別の料金を見ていきましょう。

【ケータイプランSS】通話メインの方

メールなどをほとんど送信せずに、通話がメインという場合にケータイプランSSが選択肢になるでしょう。

通話のみであれば月々1,027円の基本料金に、ネット接続させるならベーシックパック330円をプラスして1,357円~の基本料金です。

上記の表にもありますが、データ定額はデータ量が増えるとその分料金も増えていきます。

たくさん通信するのであれば、割高になります。

しかしパケット定額サービスの0円の範囲である毎月110MBに収まるのであれば、ケータイプランSSがよいでしょう。

【スマホベーシックプランS・M】データ利用ある方

ガラケーでネットに接続して検索したり、メールで写真や資料などを添付したりすることもあるなら、スマホプランがよいでしょう。

既述したように、パケット定額では110MBが0円の上限です。

通常のWEB検索やメール添付を行うと、すぐにデータ消費してしまうでしょう。

スマホプランなら、月に3GBまで使えて、月額2,948円です。

毎月2.5GBしか使えなくて、最大6,307円になるデータ定額を使うよりもよいです。

安く抑えたい気持ちもありますが、少しでもデータ通信がありそうなら、スマホベーシックプランがおすすめになりますね。

DIGNO ケータイ3はデータ増量オプションが1年間無料ですので、データ量が増量されます。

スマホベーシックプランSで4GB、スマホベーシックプランMで13GB使えるのはポイントです。

機種代金のみの比較

機種代金を見ていきましょう。

ガラケーの単体価格は以下の通りです。

どれも機種変更の価格になっています。

ガラケーの単体価格

DIGNO ケータイ3 28,000円
AQUOS ケータイ3  28,800円
Simply  21,600円

並べてみたときに、ガラケーのコスパのよさが光りますね。

36回払いを選択したときに、割賦金は以下になります。

36回払いの割賦金

DIGNO ケータイ3 800円
AQUOS ケータイ3 800円
Simply 600円

どのケータイを選択しても、差額は200円になっているので、負担は少なめといえるでしょう。

一番安いSimplyを選択して、ケータイベーシックプランSSを選んだ場合の月額は1,627円です。

端末代込みでも、安い値段でガラケーを維持できるのは魅力です。

ワイモバイルでガラケーに機種変更する手順

AQUOSケータイ3

AQUOSケータイ3 ワイモバイル

画像引用元:AQUOS ケータイ3 ワイモバイル

ワイモバイルでガラケーに機種変更するときでも、基本的に他のキャリアで機種変更するときと変わりありません。

ワイモバイルでガラケーに機種変更する手順
  1. 電話帳・写真のデータ移行準備
  2. オンラインストアで購入手続
  3. 料金プランの選択
  4. 機種代金の支払い方法の選択
  5. オプションの選択
  6. ガラケーが届いたら回線切り替え

上記の流れで、機種変更していきます。

それでは、詳しい手順を見ていきましょう。

ステップ1:電話帳・写真のデータ移行準備

ガラケーに機種変更するときには、データ移行の準備をします。

電話帳や写真、さらにメールなどをデータ移行させられるでしょう。

カレンダーなどは独自データになっていることもあるので、どの機能のデータ移行ができるのか確認しておきましょう。

データ移行させるには、以下の方法があります。

ガラケーでデータ移行させる方法
  • micro SD(最大32GB
  • 赤外線通信

電話帳のデータは、「.vcf」形式でデータ移行させられるので、以降させたい連絡先のデータを準備します。

もしくは、今使っているスマホやガラケーに赤外線通信があるなら、そのまま通信させてデータ移行できます。

ステップ2:ワイモバイルオンラインストアで購入手続

オンラインストアで必要なガラケーの購入をしましょう。

ワイモバイルショップで購入することもできますが、好きな時に機種変更できるオンラインショップがおすすめです。

タップして、必要事項を入力するだけで、簡単に手続きできるので試してみるとよいでしょう。

ワイモバイルのオンラインストアにアクセスした後、購入したいガラケーを選択。

Simply-senntaku

画像引用元:Simply ワイモバイルオンラインストアSimply

ここで色を選択。
Simply-color

画像引用元:Simply ワイモバイルオンラインストアSimply

新規なのか機種変更なのかを選びます。

ここでは、機種変更を選択します。

Simply 機種変更

画像引用元:Simply ワイモバイルオンラインストアSimply

機種変更であれば、ログインが必要です。

ステップ3:料金プランを選ぶ

端末を選択した後に、料金プランの選択。

Simply プラン選択

画像引用元:Simply ワイモバイルオンラインストアSimply

使いたいデータ量に合わせて選択します。

既述したように、料金プランを選択するポイントはデータ通信もあるのかということ。

メールでのやり取りも多くなるのであれば、スマホベーシックプランがおすすめです。

通話しかほとんどしないのであれば、ケータイベーシックプランSSが費用を抑えられるのでおすすめです。

ステップ4:機種代金の支払い方法を選ぶ

機種代金の支払い方法の選択。Simply 支払い方法

画像引用元:Simply ワイモバイルオンラインストアSimply

ガラケーはどれも端末代金が高くないので、一括払いを選択してもよいでしょう。

もちろん割賦払いの選択もできます。

割賦払いは36回払いと24回払いから選択します。

ステップ5:オプションの選択

オプションの選択。

Simply オプション

画像引用元:Simply ワイモバイルオンラインストアSimply

ケータイベーシックプランSSでデータ通信をするのであれば、ベーシックパックとパケット定額が必要です。

さらに「スーパーだれとでも定額」なら、他社を含めたすべてのスマホや固定電話への通話が無料です。

通話メインの方なら魅力的なオプションになりますので、こちらで選択しておきましょう。

最後に「ご購入手続きへ」をタップ。

Simply 注文

画像引用元:Simply ワイモバイルオンラインストアSimply

選択が完了すると、注文を確定させましょう。

ステップ6:ガラケーが届いたら回線切り替え

ガラケーを注文すると、数日から長くても1週間程度で届きます。

端末到着後には回線切り替えの手続きが必要になる場合もあります。

電源を入れて端末が動くことをチェックして、回線切り替えのダイヤルに電話しましょう。

機種変更したなら、My Y!mobileにログインしてから、「メールアドレスの変更」から手続きしておきましょう。

ステップ7:データ移行

回線の切り替えができたなら、データ移行していきましょう。

電話帳や写真などの必要なデータを準備した方法で、新しいガラケーに移行させます。

ワイモバイルでガラケーを使う際の注意点

AQUOS ケータイ3防水

画像引用元:AQUOS ケータイ3 ワイモバイル

ワイモバイルでガラケーを使うときの注意点をピックアップしていきましょう。

簡単にまとめると以下のポイントが注意点です。

ガラケーを使うときの注意点
  • アプリのインストール不可
  • 画像が小さいので文字が見にくい
  • テザリング機能がないものも

さらに詳しくご紹介します。

Google Playストアからのアプリインストール不可

ワイモバイルで販売されているガラケーは、どれもAndroidが搭載されていないものです。

つまり、Google Playストアから好きなアプリをダウンロードして使うということはできません。

もちろんガラケーの中に入っている機能は使えます。

しかしアプリを使ってメモを保存したり、便利な機能を追加したりという使い方はできません。

ガラホなどと呼ばれる、Androidが搭載されているもののようには使えないのは注意点です。

ガラケー向けのWebサイト等が利用できないことも

以前はガラケー向けのサイトが用意されていました。

しかしスマホが一般的になるにつれて、ガラケー向けサイトの数が減っています。

スマホ用のサイトを表示することはできますが、ガラケー用のゲームや着メロなどは利用できないのは注意点です。

ガラケー用のサイトで何かのサービスを契約しているなら、注意が必要でしょう。

ワイモバイルのキャリアメールになる

ワイモバイルのガラケーに機種変更するとワイモバイルのキャリアメールに変更されます。

フリーメールとは異なって、大手キャリアに送っても迷惑メールと判断されないです。

しかし使っているキャリアによってはメールアドレスが変更されることもあるでしょう。

使い勝手は変わらないとしても、各種サービスに登録しているメールアドレスを変更する必要があります。

必要な連絡が届かないという事態にもなりかねないので、よくチェックして必要なものは変更しましょう。

Web検索等のデータ消費量

ガラケー向けのWebサイトが表示されないことと似た点ですが、データ量が多くなることも注意点です。

ガラケー向けサイトより、PCやスマホ向けのサイトの方がデータ量が多いです。

それで、思っているよりも通信量が多いということも考えられます。

パケット定額では思ったよりもすぐにデータを消費してしまい、結果として高額な料金になることもあるでしょう。

どのくらいWeb検索を使用して、どの程度費用が高くなるかは注意しましょう。

画像が小さいので文字が見にくい

至極当たり前の話ですが、画面が小さいので文字は見にくくなります。

AQUOS ケータイ3には、はっきりビューという機能があるので、地図も見やすくはなります。

それでもスマホのように、大きな画面で表示するのには勝てません。

ガラケーなので、文字の大きさは割り切りが必要でしょう。

Simplyはテザリング機能なし

Simplyはテザリング機能がついていません。

他のガラケーの場合には、ノートパソコンと接続して、ルーター代わりに使うこともできます。

しかしSimplyはテザリング機能がないので、ルーター代わりには使えないです。

通話がメインであれば問題ありません。

ときにはルーターとして使いたいと思っているなら、DIGNO ケータイ3かAQUOS ケータイ3が選択肢になるでしょう。

家族割やおうち割光セットは対象外のケースも

ケータイベーシックプランSSの場合には、「家族割」や「おうち割光セット」が対象外となります。

家族でワイモバイルを使っていたり、ソフトバンク光を使っていたりすると、割引サービスがあります。

しかしケータイベーシックプランSSにすると、割引サービスが適用されません。

家族割は500円ですので、データ通信を使わないのであれば影響がほとんどありません。

しかし家族割とおうち割を使いたいと思っているなら、どのプランを選択するのか注意しておきましょう。

ガラケーを使うならワイモバイルがおすすめ!

ワイモバイルで機種変更できるガラケーと特徴、さらに手続き方法をご紹介してきました。

ポイントをまとめてみると、下記になります。

ワイモバイルでガラケーを使うなら
  • 端末代も安いので月額料金が安い
  • 頑丈な端末が多くガンガン使える
  • 通話のみなら料金も安い
  • テザリング機能付を選べばルーター代わり

通話をメインで使いたい方にも、テザリングをしてパソコンと接続して使いたい方にもよい端末があります。

アプリをダウンロードしてたくさんの機能を使うというよりも、通話メインだという方のサブ機としてぴったりです。

ガラケーをサブ機で考慮しているなら、ワイモバイルのガラケーはおすすめです。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
bitWave編集部
スマホ(iPhone・Android)やドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルなど通信キャリア情報を扱うメディア「bitWave」の編集部。携帯キャリアの料金プランや割引キャンペーン情報をはじめ、最新スマホの評価レビューから使い方までスマホ・通信にまつわる記事を幅広く制作。