ワイモバイルの評判|料金、通信の速度・安定度は?他の格安SIMと比較

ワイモバイルの評判|料金、通信の速度・安定度は?他の格安SIMと比較

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2012年10月にソフトバンクの完全子会社化とソフトバンクモバイルとの業務提携が発表され、2014年7月に誕生した「Y!mobile(ワイモバイル)」。

ワイモバイルは格安SIMキャリアとしてテレビコマーシャルなどでも広く認知されています。

ソフトバンクでは最新機種やハイエンドモデルを取り扱い、大容量のデータ通信を行うヘビーユーザーに対応した商品やサービスを提供しています。

それに対してワイモバイルはミドルスペックのスマホを中心に、価格を抑えてスマホを利用したいユーザー向けに対応し、両者で住み分けがなされています

通信速度・安定度の面でワイモバイルは、

  • 他の格安スマホキャリアと比べても速く
  • 混雑しやすい時間帯でも安定した通信速度

が強みともなっています。

メリットばかりのように見えるワイモバイルですが、他の格安SIMと比較し、そのメリットだけでなくデメリットについても詳しく紹介します

トップ画像引用元:ワイモバイル公式サイト「9月1日から、お値段そのままギガ増量!」

1 ワイモバイルの評判

格安SIMを選ぶ最大のメリットは月々の支払額が大手キャリアに比べ安く抑えられる点です。

大手キャリアでも格安SIMに対抗した低価格の料金プランを発表しています。

しかし、少ないデータ容量や、通話全てに料金が発生したり、一般的な使用では提示されている料金内に抑えることができず、追加料金によって結局高くなる可能性があります。

ワイモバイルを含めた格安SIMでは、ある程度の利用まで追加料金がかからない契約内容で、一般的な利用者やライトユーザーにとっては安心できる料金設定となっています。

ワイモバイルの評判では、

  • 他の格安SIMからのりかえて通信速度の速さに驚く声
  • 料金プランがとてもシンプルで分かりやすいという声

も聞こえてきます。

特にユーザーにとって評価の高い点としては、全国に1,000店舗以上展開しているワイモバイルの実店舗の存在が挙げられます。

2,000店舗以上展開している大手キャリアに比べると劣りますが、他の格安SIM会社と比べると直接相談できる窓口が身近にあるのは、大きなメリットともなっています。

ワイモバイルのおすすめポイント

  • スマホのライトユーザー、一般的なユーザー向け
  • 安定した通信速度は他の格安SIMに比べて速いと評判
  • 通話やデータ容量は使える安さの内容
  • 実店舗が1,000店もあって万が一のときに安心

2 ワイモバイルの料金プランはわかりやすさがポイント

画像引用元:ワイモバイル公式サイト「スマートフォンの料金プラン」

ワイモバイルの料金プランは、データ容量の違いで「スマホプランS」、「スマホプランM」、「スマホプランL」の3種類のみで非常にシンプルとなっています。

しかも、3種類のプラン全てに、1回10分以内の通話が無料になる「無料通話」が含まれています。

また、割引キャンペーンとして2016年から現在まで続いている「ワンキュッパ割」により、12ヶ月間基本料金が1,000円割引になります。

さらに、「データ増量無料キャンペーン」により、2年間は契約したデータ容量の50%増しで利用が可能です。

適用条件は新規・MNP・機種変更・契約変更のいずれの契約でも「データ増量オプション」に加入したワイモバイル利用者全てが対象です。

また、2年目までは「データ増量オプション」のオプション料金500円が無料で利用できます

ワイモバイルの料金プラン「スマホプランS/M/L」を契約した場合の月々の支払額を以下の表にまとめました。

ワイモバイル料金プラン(ワンキュッパ割適用)

料金プラン期間料金/月データ容量
スマホプランS1年目1,980円3GB
2年目2,980円3GB
3年目3,480円2GB
スマホプランM1年目2,980円9GB
2年目3,980円9GB
3年目4,480円6GB
スマホプランL
1年目4,980円21GB
2年目5,980円21GB
3年目6,480円14GB

いずれのプランも2年間の契約(2年縛り)を条件としているため、途中解約の場合は9,500円の契約解除料がかかります。2年契約なしでも契約は可能ですが利用料金が高くなります。

2年契約をしない場合のプラン料金は以下の通りです。

2年契約なしの料金

  • スマホベーシックプランS:5,480円/月
  • スマホベーシックプランM:6,480円/月
  • スマホベーシックプランL:8,480円/月

ワイモバイルの機種変更で最新スマホを安くゲットする方法

次のページでは、ワイモバイルとUQモバイルをさまざまな面で比較をしてみました。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

mineo(マイネオ)おすすめ最新スマホランキング【2018秋冬モデル】... 格安SIMでお馴染みのmineo(マイネオ)で2018年秋冬モデルが登場しました。 そこで今回は、2018年秋冬モデルを含めた現段階でmineo(マイネオ)で購入できるスマホのおすすめランキングを紹介します。 特におすすめしたい...
楽天モバイルおすすめ最新スマホランキング【2018秋冬モデル】... 楽天モバイルは格安SIM(MVNO)の中で「契約者数ナンバーワン」の人気を誇ります。楽天という有名企業が運営していることから知名度も抜群ですね。 そんな楽天モバイルですが、格安SIM業者の中でも選べるスマホのラインナップが豊富なことも...
UQモバイルおすすめ最新スマホ機種ランキング【2018秋冬モデル】... UQモバイルから発表された2018年の秋冬最新モデルは2種類です。 これに従来の機種を加えた合計8種類が、UQモバイルの秋冬ラインナップとなります。 今回はこの8種類のうち、特におすすめしたい5機種のスペックや魅力などをご紹介し...
SIMフリースマホ最新おすすめランキング【2018-19冬春モデル】... 格安SIMの人気が高まるにつれ、SIMフリースマホもラインナップが豊富になってきました。 格安SIMとSIMフリースマホの組み合わせはキャリアのスマホと比較すると、月額料金が格安になるのでおすすめです。 また、SIMフリースマホ...