ワイモバイルでiPhone 7に機種変更|お得に購入する完全ガイド

  • 2019年12月9日
  • by 
ワイモバイルでiPhone 7に機種変更|お得に購入する完全ガイド

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ドコモキャンペーンバナー

ワイモバイルでは「iPhone 7」も販売しています。

同機種は2016年に登場したモデルですが、まだまだ現役で使えるスペックです。

このページでは、他社からワイモバイルに乗り換えでiPhone 7への機種変更を検討している方に向けて、iPhone 7のスペックやお得に購入する方法を紹介します。

トップ画像引用元:iPhone |Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

iPhone 7のスペック

iPhone7

画像引用元:iPhone 7 を購入|オンラインストア|Y!mobile(ワイモバイル)

はじめにiPhone 7のスペックを見てみましょう。

iPhone 7のスペック

機種名iPhone 7
OSiOS 13
SoCA10 Bionic
本体サイズ約138.3×67.1×7.1mm
重量約138g
ディスプレイ約4.7インチ
液晶
1,334×750
アウトカメラ約1,200万画素
インカメラ約700万画素
バッテリー容量1,821mAh
メモリ(RAM)2GB
内蔵ストレージ(ROM)32GB or 128GB
外部ストレージ-
生体認証指紋認証
防水・防塵IP67
Apple Pay
(≒おサイフケータイ)
対応
テレビ-
ワイモバイル価格32GB:54,000円
128GB:64,800円

→iPhone 7 を購入|オンラインストア|Y!mobile(ワイモバイル)

今でも十分!快適に使えるスペック

iPhone 7が発売されたのは2016年ですが、当時のハイエンドモデルだったこともあり、今でも現役で問題なく通用するスペックを備えています。

iPhone 7の特徴まとめ
  • 今では価格・スペック共にミドルレンジクラス
  • Apple Payで電子マネー決済ができる
  • 防水・防塵性能あり
  • 今の基準ではコンパクトと言えるサイズ感
  • 指紋認証あり、顔認証なし
ドコモキャンペーンバナー

まだゲームも遊べるレベル!

iPhone 7に搭載されているSoC(≒CPU)のA10 Bionicは、2019年型のiPadに搭載されているものと同じです。

スマホの総合的な処理能力を示すAnTuTuベンチマークスコアでは、約20万点を記録します。

普段使う分にはまったく問題なく快適に操作できることでしょう。

重たいゲームなどは、少しきついかもしれませんが、十分に遊べるレベルです。

電子マネー決済ができるようになった

Apple Pay

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

iPhone 7はFeliCaが初めて搭載されたモデルです。

これにより、日本でもApple Payで電子マネー決済ができるようになりました。

Apple Payは以下の3種類に対応しています。

Apple Pay対応の電子マネー
  • Suicaなど交通系電子マネー
  • iD
  • QUIC Pay

初めて防水・防塵性能がついたiPhoneでもある

iPhone 7は初めて防水・防水性能がついたiPhoneでもあります。

保護等級はIP67で、最高保護等級のIP68と比べると防水性能が一段落ちますが、「最大水深1メートルで最長30分間」、iPhoneを保護できるとのことです。

ちなみに、IP68だと「最大水深2メートルで最長30分間」または「最大水深4メートルで最長30分間」にわたり、iPhoneを保護することができます。

今の基準ではコンパクトなサイズ感

iPhone 7は4.7インチディスプレイを有した、今となってはコンパクトサイズの機種です。

iPhoneシリーズのサイズ比較

機種名ディスプレイ
サイズ
本体サイズ
(約)
重量
(約)
iPhone 74.7インチ138.3×67.1×7.1mm138g
iPhone 84.7インチ138.3×67.3×7.3mm148g
iPhone X5.8インチ143.6×70.9×7.7mm174g
iPhone XS5.8インチ143.6×70.9×7.7mm177g
iPhone 116.1インチ150.9×75.7×8.3mm188g

iPhoneは年々大型化しており、重量も増しています。

iPhone 7は、小さくて持ちやすいiPhoneを求めている方にぴったりな機種と言えるでしょう。

小さいスマホでおすすめの8機種|4インチ台の小型モデル【2020年版】

顔認証ではなく指紋認証に対応

iPhone 7は指紋認証に対応しています。顔認証には対応していません。

反対に、最新のiPhone 11などは指紋認証が使えず、顔認証だけに対応しています。

指紋認証のほうが好ましいというユーザーは今でも多く、それを理由にあえて最新のiPhoneは買わないという方も少なくないようです。

ワイモバイルでお得にiPhone 7を買う方法

iPhone7

画像引用元:オンラインストア|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

続いて、ワイモバイルでiPhone 7をできるだけ安く買うためのコツをご紹介します。

絶対にオンラインストアで買おう!

ワイモバイルオンラインストア

画像引用元:Libero S10 を購入|オンラインストア|Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルでiPhone 7を買うなら、絶対にオンラインのY!mobile公式ショップで購入してください。

それだけで、定価54,000円(税込)のiPhone 7(32GB)を、なんと14,400円引きの39,600円 で購入できます(「新規・MNP」の場合)!

128GBモデルも定価64,800円(税込)が14,400円引きされ、50,400円に。

しかも、オンラインストアなら事務手数料3,000円(税抜)が0円になります。

「実店舗で買うのは損!」と言い切ってしまえるくらい、圧倒的にオンラインストアの方がおすすめです。

下取りプログラムを利用すれば月額から割引される

ワイモバイル

画像引用元:下取りプログラム|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルに乗り換える際、下取りプログラムを利用すると、ワイモバイルの月額から下取り機種に応じた割引額が最大24ヶ月間差し引かれます。

新規・MNP向けの下取り対象機種と割引額

機種正常品
割引額
破損ありの
割引額
iPhone X36,000円
(1,500円×24回)
10,800円
(450円×24回)
iPhone 8 Plus24,000円
(1,000円×24回)
7,200円
(300円×24回)
iPhone 819,200円
(800円×24回)
5,760円
(240円×24回)
iPhone 7 Plus16,800円
(700円×24回)
5,040円
(210円×24回)
iPhone 79,600円
(400円×24回)
2,880円
(2,880円×1回)
iPhone 6s Plus7,200円
(300円×24回)
2,160円
(2,160円×1回)
iPhone 6s4,800円
(200円×24回)
1,440円
(1,440円×1回)
iPhone 6 Plus4,800円
(200円×24回)
1,440円
(1,440円×1回)
iPhone 63,600円
(150円×24回)
1,080円
(1,080円×1回)
iPhone SE3,000円
(3,000円×1回)
900円
(900円×1回)
iPhone 5s2,000円
(2,000円×1回)
600円
(600円×1回)
Galaxy S8+9,600円
(400円×24回)
2,880円
(2,880円×1回)
Galaxy S89,600円
(400円×24回)
2,880円
(2,880円×1回)
Galaxy S7 edge6,000円
(250円×24回)
1,800円
(1,800円×1回)

なお、この割引で安くなるのはワイモバイルの利用料金です。

機種代金は変わりません。

料金プランは自由に選んでよし!

料金プラン

画像引用元:スマホベーシックプラン|料金|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルで提供している料金プランは、機種代金と通信料金が分かれている分離プランです。

「○○プランなら機種代金が安くなる」といった複雑なルールはありません。

ですから、料金プランは自分のライフスタイルに合っているものを選んでくださいね。

オンラインストアなら39,600円でiPhone 7が買える!

iPhone7

画像引用元:オンラインストア|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

以上、ワイモバイルへの乗り換えでお得にiPhone 7に機種変更するコツについてでした。

ワイモバイルでiPhone 7に機種変更まとめ
  • iPhone 7は今でも十分使える
  • 定価は54,000円(32GB)
  • 新規・MNPでY!mobile公式ショップから購入すれば39,600円になる
  • 料金プランは好きに選んでOK

iPhone 7(32GB)は定価56,000円(税込)ですが、新規・MNPの方であれば、オンラインストアで購入するだけで39,600円になります。

なんと14,400円もの割引です。

128GBモデルも定価64,800円が50,400円になります。

事務手数料3,000円(税抜)もオンラインストアなら0円に。

実店舗よりも断然オンラインストアで買った方がお得です。

2016年発売のiPhone 7は、今でもミドルレンジクラス並みのスペックを有しています。

ほとんどのゲームは問題なくプレーできることでしょう。

また、今となってはコンパクトなサイズ感や、指紋認証に対応している点は、「むしろ最新iPhoneよりも7の方が好み」という方も多いのではないでしょうか。

日本での電子マネー決済と防水に初めて対応したiPhone 7。

普段使いの使い勝手は、最新iPhoneと比べてもほとんど遜色ないでしょう。

ワイモバイルの料金をリアルにシミュレーション!どのくらい安くなる?

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー
この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ