ソフトバンクの48回払い・半額サポートを途中解約するとワイモバイルではどうなる?

  • 2022年1月2日
  • by.a-sato

半額サポート

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクには48回払いで機種を購入し、25ヶ月目以降に機種の回収・査定を行った上で機種変更すると、最大24回の支払いが免除になる「半額サポート」があります。

ソフトバンクで半額サポート利用中の場合、途中解約してワイモバイルなどの他社に乗り換えたらどうなるのか不安な人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、ソフトバンクで半額サポートを適用している間に、ワイモバイルに乗り換えたらどうなるのかという点について解説していきます。

併せて、半額サポートの詳細や新サービスの「新トクするサポート」の概要についても触れていくので、是非参考にしてください。

ソフトバンクの48回払い・半額サポートのポイント
  • 48回分割払いで条件を満たすと最大24回の機種代金の支払いが免除
  • 機種の回収と査定・機種変更が条件
  • ワイモバイルに乗り換えた後も継続して適用が可能
  • 現在半額サポートは終了しており新トクするサポートが適用できる

トップ画像引用元:半額サポート | モバイル | ソフトバンク

ソフトバンクの48回払い・半額サポートはワイモバイルでも使える?

半額サポート

画像引用元:半額サポート | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンクには48回払いでスマホを購入し、次回の機種変更と機種の回収・査定の条件を満たすことで、最大24回の支払いが免除される「半額サポート」があります。

他社に乗り換えると当然無効になりますが、ワイモバイルの場合は少々勝手が異なります。

この章では、半額サポートがワイモバイルでも使えるかどうかという点について解説していきます。

途中解約してもワイモバイルで継続適用は可能

結論から言うと、ソフトバンクを途中解約してワイモバイルに乗り換えた後も、半額サポートは適用可能です。

ワイモバイルとソフトバンクは同じソフトバンク株式会社が運営する通信サービスであり、元からこの2社間で乗り換えをすると手数料が無料になるなどの特典がありました。

このように同じ会社内での乗り換えとなるので、半額サポートも継続適用が可能となるのです。

次の機種変更もソフトバンクで行う必要がある

後述にて半額サポートについて詳しく解説しますが、このサポートを適用するには次回の機種変更が条件となります。

つまり、ワイモバイルで半額サポートを継続適用したとしても、実際に機種代金の支払いを免除させるためには次回もソフトバンクで機種変更しなければなりません

そのため、機種代金の支払いを免除したいのであれば、次回の機種変更も忘れないようにしましょう。

ソフトバンクの48回払い・半額サポートとは?

ソフトバンク半額サポート

画像引用元:半額サポート | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

では、ソフトバンクの半額サポートとは一体どのようなサービスなのか見ていきましょう。

半額サポートは既にキャンペーン終了しており、新規で加入することはできません

25ヶ月目以降に機種変更すると機種代金の支払いが最大24回免除

半額サポートを適用するには、まず機種代金を48回の分割で購入する必要があります。

そして、25ヶ月目以降に機種変更すると、機種代金の支払いが最大24回免除されます。つまり、機種代金が最大半額になるということです。

ただし、24回分が免除になるのは25ヶ月目に機種変更した場合であり、それ以降に機種変更した場合はその分免除回数が減ります。

半額にしたいのであれば、必ず機種購入から25ヶ月目に機種変更しないといけません。

一方で、25ヶ月未満でも差額を支払えば適用することも可能です。

半額サポートの対象機種

半額サポートの対象機種は、2019年9月13日以降に発売されたAndroidスマホ・iPhoneと以下の機種となります。

半額サポートの対象機種
  • iPhone XS Max
  • iPhone XS
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s 32GB
  • iPhone 6 32GB
  • iPhone SE(第1世代)
  • Google Pixel 3
  • Google Pixel 3 XL
  • Google Pixel 3a
  • Google Pixel 3a XL
  • Xperia 1
  • AQUOS R3
  • arrows U
  • LG K50
  • AQUOS R2 compact
  • HUAWEI Mate 20 Pro
  • AQUOS zero
  • Android One S5
  • Xperia XZ3
  • Xperia XZ2
  • AQUOS R2
  • HUAWEI Mate 10 Pro
  • DIGNO J
  • HUAWEI nova lite 2
  • シンプルスマホ4
  • Android One S3
  • Xperia XZ1
  • AQUOS R2 compact
  • Xperia XZs
  • DIGNO G
  • HTC U11
  • AQUOS Xx3 mini
  • DIGNO F
  • シンプルスマホ3

今ではほとんど取り扱いのない機種なので、基本的に2019年9月以降に発売された機種を購入することになると思います。

それ以前の機種が欲しい場合は、ソフトバンクショップに問い合わせてみてください。

機種変更前提のサポートなので注意

半額サポートは機種変更を前提にしたサポートなので、25ヶ月目に機種を回収・査定しても機種変更しなければサポートを適用することはできません。

前章でも述べましたが機種変更も適用条件に含まれるので、ソフトバンクで機種変更することを忘れないようにしましょう。

現在加入できる新トクするサポートは機種変更しなくても適用が可能です。後述にて解説するので是非参考にしてください。

既にキャンペーンは終了しており新規加入は不可

半額サポートは既にキャンペーンが終わっています。

そのため、現在は加入することができません。

ただし、今は半額サポートに代わる新しいサポートの取り扱いが始まっているので、これからソフトバンクのスマホを購入する人は新しいサポートに加入することになります。

下記にて、「新トクするサポート」について解説するので是非チェックしてください。

ソフトバンクの48回払い・半額サポート
  • 48回の分割で機種を購入するのが条件
  • 25ヶ月目以降に機種変更すると最大24回の支払い免除
  • 機種変更が前提なので注意
  • 現在はキャンペーン終了しており新規加入はできない

現在は新トクするサポートが使える

新トクするサポート

画像引用元:新トクするサポート | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

次に、新トクするサポートの詳細について解説していきます。

前章にて解説した半額サポートとは異なる内容となっているので、必ずチェックしましょう。

48回分割で機種代金が最大半額になるのは同じ

半額サポートと新トクするサポートの共通点は、機種を48回分割で購入し条件を満たすことで最大24回の支払いを免除するという点です。

新トクするサポートでも、機種代金を将来的に最大半額に抑えることが可能です。

同様に、25ヶ月目以降にサポート利用を申し込む必要があり、26ヶ月目以降に申し込むとその分免除される支払い回数が減るので注意してください。

特典利用の申し込みと回収・査定が条件

新トクするサポートを適用するには、特典利用の申し込みと回収・査定が必要となります。

後述しますが、新トクするサポートには機種変更の条件がないので、サポートを適用するには申し込みが必要となります。

機種の回収・査定については半額サポートと同じですね。

機種変更は条件に含まれない

半額サポートと新トクするサポートの大きな違いは、適用条件に機種変更があるかないかです。

新トクするサポートは機種変更が条件に含まれていないので、機種の回収と査定にクリアすればサポートを適用することができます。

次回機種変更する必要はなく、解約でも機種を回収し査定にクリアすれば、機種代金を最大半額に抑えることができるようになります。

査定に通らないと22,000円(不課税)の支払いが必要

これは半額サポートも同様ですが、適用する際に行われる査定で破損や故障がある場合、査定に通らない可能性があります。

その場合は、22,000円(不課税)の支払いが必要となり、機種代金を半額に抑えることができなくなります。

一方で、あんしん保証パックなどの対象の保証オプションに加入すると、2,000円(不課税)となるので不安な人は加入しておくと良いでしょう。

どちらにせよ、サポートを適用したい場合は約2年間大事に使用する必要があります。

新トクするサポート
  • 48回分割で申し込み最大24回の支払いが免除に
  • 特典利用の申し込みと回収・査定が条件
  • 機種変更は条件ではない
  • 査定に通らない場合は22,000円(不課税)の支払いが必要

ソフトバンクの半額サポートはワイモバイルでも使える!

ワイモバイルショップ
最後に、ソフトバンクの48回払い・半額サポートのポイントについてまとめます。

ソフトバンクの48回払い・半額サポートのポイント
  • 48回分割払いで条件を満たすと最大24回の機種代金の支払いが免除
  • 機種の回収と査定・機種変更が条件
  • ワイモバイルに乗り換えた後も継続して適用が可能
  • 現在半額サポートは終了しており新トクするサポートが適用できる

ソフトバンクの半額サポートを適用する場合は、48回の分割購入・機種の回収と査定・次回の機種変更が条件となります。機種代金が最大半額になるサポートなので、是非積極的に使いたいですよね。

また、ワイモバイルに乗り換える場合も継続して適用することが可能です。

しかし、その場合も次回の機種変更はソフトバンクで行ってください。

現在半額サポートのキャンペーンは終了していますが、新トクするサポートに加入することができます。

新トクするサポートは機種変更をしなくても、機種の回収と査定を行うことで適用することが可能です。

これからソフトバンクで機種を購入予定の人は、新トクするサポートをチェックしましょう!

【2022年1月】ワイモバイルのキャンペーン最新情報|乗り換え・機種変更をお得に!

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴5年。 iPhoneとXperiaの2台持ちで現在はドコモ。 ライターになる前は3年間携帯ショップの代理店で勤務。 愛猫と戯れるのが最大の癒し。