ワイモバイルの料金プランを徹底解説!月々の請求額はいくらか確認

ワイモバイルの料金プランを徹底解説!月々の請求額はいくらか確認

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルの料金プランは大手キャリアに比べると圧倒的に安いです。

テレビCMを積極的に放映しているので知名度も高く、多くの方が乗り換えを検討しています。

そこで、今回はワイモバイルの料金プランを徹底解説します。

夫婦や家族で利用の場合も想定し、月々の請求額のシミュレーションもしていますので、ぜひチェックしてみてください。

シンプルな料金体系で選びやすい
  • データ通信量の異なる3種類から選ぶシンプルなプラン構成
  • どのプランにも「1回10分通話無料」が付いているため、通話が多いユーザーには非常にお得
  • 2年契約・契約解除料などがなくなり、実質「2年縛り」は撤廃された
  • 通信も通話も込みのわかりやすい料金プラン

画像引用元:Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ソフトバンクのサブブランド、ワイモバイルとは

ワイモバイル

画像引用元:Y!mobile(ワイモバイル)

「ワイモバイル」は、通信事業を展開しているソフトバンクのサブブランドにあたる格安SIMです。

ソフトバンクグループであることに加えて、ドコモやau、ソフトバンクのようにたくさんのショップも出店しています。

そのため、

  • 格安スマホについてよくわからない
  • スマホの料金を少しでも下げたい

と考えているユーザーにとって、乗り換え先の格安SIM候補として人気を集めています。

ワイモバイルの通信速度

一般に格安SIMの事業者はドコモやau、ソフトバンクなどの通信事業者から回線の一部を借り受けて通信サービスを運営しています。

そんな格安SIMでよく耳にするのが、「みんなが一斉にスマホを使い始める昼休みの時間帯に、通信速度が遅くなる」という声です。

速度の下げ幅はかなりのもので、通常なら数10Mbpsは出るような環境でありながら1Mbps以下にまで低下することも珍しくありません。

ですがワイモバイルは、

  • ワイモバイル独自の通信回線
  • 親会社であるソフトバンクから借りている通信回線

の両方を使ってサービスを提供しているため、通信速度が落ちにくいという特長があります。

速度の速い格安SIMとしてワイモバイルは有名です。

「格安SIMでも安定した通信速度は譲れない」という方にぴったりですよ。

ワイモバイルには実店舗がある

ワイモバイル実店舗

実店舗数の少なさは、格安SIMの弱点のひとつです。

最近は全国に多くの店舗を持つ格安SIMも増えてきましたが、大手キャリアは数千店を構えていますからまだまだ遠く及びません。

その点、ワイモバイルは

  • 家電量販店
  • ショッピングモール
  • 路面店舗

といったように、多くの店舗を展開しています。

その総数はおよそ2,000店舗。でありドコモやau、ソフトバンクにも近い数です。

ショップへ出かけて諸々の手続きをすることができますし、スタッフにスマホの使い方を直接尋ねることもできます。

ワイモバイルの料金プラン

ワイモバイル

画像引用元:Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルの主力となる料金プランは、データ通信容量の異なる3種類から選ぶシンプルな構成です。

スマホベーシックプラン

以下3つのプランの内容については、後ほど詳しく解説します。

項目プランSプランMプランR
月額料金2,680円3,680円4,680円
データ量3GB
→4GB※
9GB
→12GB※
14GB
→17GB※
通話料1回10分以内の国内通話無料
10分超過分は20円/30秒

※「データ増量キャンペーン2」を適用した場合

上の表の通り、ワイモバイルの料金プランは通信・通話がひとまとめになっているので、複雑なことを考える必要がありません。

また、2019年10月1日からは新料金プランもスタート。

これにより、従来のプランにあった「2年契約」や「契約解除料」はすべて撤廃され、プランの使い勝手が格段にアップしました。

シンプルでわかりやすい料金プラン構成

ワイモバイルの料金プランがシンプルである理由のひとつとして、通話オプションを提供していない点が挙げられます。

例として、UQモバイルの音声通話オプションと比較してみましょう。

UQモバイルでは、データ通信の料金プランとは別に音声通話オプションを提供しており、次の3種類から選べる仕組みになっています。

UQモバイルの通話オプション

項目月額料金内容
かけ放題
(24時間いつでも)
1,870円24時間かけ放題
かけ放題
(10分/回まで無料)
770円10分まで無料

30秒ごとに20円
従量課金0円30秒ごとに20円

これに対し、ワイモバイルで利用できる音声通話と料金システムは以下の通りです。

ワイモバイルの音声通話
  • 1回の国内通話で10分以内無料
  • 1回の国内通話で10分超の通話に対し、30秒あたり20円の通話料金

つまり、UQモバイルのかけ放題と同じですね。

言い換えると、ワイモバイルでは3つのプランのうちどれを選んでも、UQモバイルのかけ放題と同じ音声通話サービスを利用できる、ということになります。

ワイモバイルの選びやすいプラン構成
  • データ通信量を3種類から選ぶだけ
  • すべての料金プランには10分間かけ放題が付いている

短い通話をよくする人に最適!

ワイモバイルの音声通話と料金システムの最大の特長は、すべてのプランで「10分間までの通話が何回でも無料」であることです。

そのため、「家族との連絡で、短時間ながら毎日通話が発生する」という人にはまさに打ってつけと言えるでしょう。

基本の料金プラン「スマホベーシックプラン」

項目プランSプランMプランR
月額料金2,680円3,680円4,680円
データ量3GB
→4GB※
9GB
→12GB※
14GB
→17GB※
通話料1回10分以内の国内通話無料
10分超過分は20円/30秒

※「データ増量キャンペーン2」を適用した場合

ワイモバイルでは、上の3つの料金プランを提供しています。

それぞれ月に使えるデータ容量が異なるので、自分のスマホの使い方に合っているものを選びましょう。

データ増量キャンペーン2

ワイモバイルでは「データ増量キャンペーン2」を実施しています。

増量されるデータ量は、上の表に記載されている通りです。

キャンペーン概要
  • 対象:新規・MNP・PHSからの契約変更
  • 内容:データ増量オプション(月額500円)が1年間無料になる

1年が経過した後、データ増量オプションは有料になります。

データ容量を分け合う「シェアプラン」

シェアプラン

画像引用元:Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

「シェアプラン」は、スマホやタブレットのデータ容量を別のタブレットやSIMフリーのスマホとシェアできるプランです。

データを分けるスマホやタブレットが親回線、分けられるタブレットやSIMフリースマホが子回線となります。

プラン子回線の料金データ通信量
スマホプランS980円3GB
→4GB
スマホプランM490円9GB
→12GB
スマホプランR490円14GB
→17GB
データプランS980円1GB
データプランL0円7GB

シェアプランが適用される親回線

シェアプランは、親回線が

  • スマホプラン/スマホベーシックプラン
  • データプラン/データベーシックプラン

のどちらかを使っている場合に適用されます。

データプランとデータベーシックプランは、タブレットでデータ通信を行うためのプランです。

スマホだけでなく、タブレットのデータ通信量も別のデバイスへ分けられるということですね。

シェアプランが適用される子回線

シェアプランが適用される子回線は、タブレットとSIMフリースマホです。

子回線にもワイモバイルのUSIMカードが提供され、デバイスに挿入することで利用できるようになります。

子回線ではデータ通信だけが可能で、音声通話をすることはできません。注意してください。

また、子回線として使用できるデバイスの数は最大3台までです。

シェアプランって必要?

タブレットとスマホの両方をワイモバイルで利用するなら、それぞれ別個の料金プランを契約するより、シェアプランを利用した方がお得です。

シェアプラン利用料金

画像引用元:Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

また、毎月スマホのデータ量が余っていた人でも、シェアプランを利用することで、無駄なくデータを使い切れる可能性が高まります。

シェアプランを有意義に

画像引用元:Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

シェアプランセット割

指定のプランとシェアプランを契約したユーザーを対象に基本料金が割り引かれる、「シェアプランセット割」も受付中です。

シェアプランセット割の概要
  • 「スマホプランM/R/スマホベーシックプランM/R」を契約している場合:月額490円を割引
  • 「スマホプランL/スマホベーシックプランL」「データプランL/データベーシックプランL」を契約している場合:月額980円を割引

こちらの割引も上手に利用してくださいね。

スマホベーシックプランに適用できる割引

ワイモバイル

画像引用元:Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルのスマホベーシックプランに割引が適用されるとどのくらい安くなるのでしょうか。

加入した次の月からお得になる「新規割」

まずは、加入翌月から6ヶ月間、割引が適用される「新規割」です。

この割引サービスは、新規契約と他社からの乗り換えが対象となるので、多くのユーザーが利用できます。

割引が適用された後のスマホベーシックプランの料金は以下の通り。

項目プランSプランMプランR
月額料金2,680円3,680円4,680円
新規割
(6カ月間)
-700円-700円-700円
合計月額料金1,980円2,980円3,980円
データ量3GB
→4GB※
9GB
→12GB※
14GB
→17GB※
通話料1回10分以内の国内通話無料
10分超過分は20円/30秒

※データ増量オプション2を適用した場合

注目すべきは、「1回10分以内の通話が無料」という通話プランが込みになっていることです。

たとえばUQモバイルで同様のオプションを選ぶと、月額は770円になります。

家族で利用するなら「家族割」

家族でワイモバイルを契約するなら、「家族割」がお得です。

2台目以降は毎月の基本料金から500円が割引されます。なお、主回線にあたる1台目は割引の対象になりません。

割引適用後のスマホベーシックプランの料金は以下の通りです。

項目プランSプランMプランR
月額料金2,680円3,680円4,680円
新規割
(6ヶ月目まで)
-700円-700円-700円
家族割引サービス-500円-500円-500円
合計月額料金1,480円2,480円3,480円
データ量3GB
→4GB※
9GB
→12GB※
14GB
→17GB※
通話料1回10分以内の国内通話無料
10分超過分は20円/30秒

※データ増量オプションを適用した場合

新規割と組み合わせることで、「スマホベーシックプランS」の料金が、CMでよく流れている「1,480円」になります。

自宅のネット回線と一緒にお得に「おうち割光セット(A)」

SoftBank Air

画像引用元:【公式】SoftBank 光(光回線のソフトバンク光)

ワイモバイルの携帯電話と下記の固定回線サービスをセットで契約すると、「おうち割光セット(A)」が適用されます。

おうち割光セット(A)の対象サービス
  • SoftBank光
  • SoftBank Air

割引適用後のスマホベーシックプランの料金は以下の通りです。

項目プランSプランMプランR
月額料金2,680円3,680円4,680円
新規割
(6ヶ月目まで)
-700円-700円-700円
家族割引サービス
または
おうち割光セット
(A)
-500円-500円-500円
合計月額料金1,480円2,480円3,480円
月に使える
データ量
3GB
→4GB※
9GB
→12GB※
14GB
→17GB※
通話料1回10分以内の国内通話無料
10分超過分は20円/30秒

※データ増量オプションを適用した場合

SoftBank光は、月額500円からの指定オプションを契約する必要があります。

なお、「家族割引サービス」と「おうち割光セット(A)」は併用できないので注意してください。

割引サービスのまとめ
  • 新規割が適用されると、6ヶ月間にわたり700円の割引
  • おうち割光セット(A) or 家族割が適用されると、毎月500円の割引
  • 6ヶ月間は条件次第で最大1,200円の割引を受けることが可能

ワイモバイルの請求額は月々いくらになる?

ワイモバイルのSIMカード

画像引用元:Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルで発生する月額料金を、ケース別にシミュレーションしてみました。

今回のシミュレーションでは、以下2つのケースについて、それぞれ家族割を適用した場合の毎月の料金を計算しています。

シミュレーションのケース
  • 夫婦でそれぞれ1台ずつスマホを契約した場合の月額料金
  • 家族4人で利用した場合の月額料金

夫婦でワイモバイルを契約した場合

親回線と子回線の合計2台を契約し、

  • 親回線はスマホベーシックプランM
  • 子回線はスマホベーシックプランS

を選択した場合の3年目までにかかる月額料金です。

使用年親回線
プランM
子回線
プランS
合計
1~6ヶ月目2,980円1,480円4,460円
7~12ヶ月目3,680円2,180円5,860円
2年目3,680円2,180円5,860円
3年目3,680円2,180円5,860円

「7~12ヶ月目」で値上がりしているのは、新規割の影響です。

新規契約時(1ヶ月目)、親回線のプランMには新規割の700円、子回線のプランSには新規割と家族割の500円が適用されます。

しかし、新規割が有効なのは6ヶ月目までです。そのため、7ヶ月目以降は親回線・子回線ともに700円ずつの値上がりに。

一方、子回線に適用されている家族割はなくなりません。7ヶ月目以降は夫婦とも、新規割がなくなった料金となります。

データ使用量とデータ増量オプション

ワイモバイルを新規契約したユーザーには、1年間限定でデータ増量無料オプションが付きます。

ただし、1年を過ぎると月額500円の有料サービスになるので、オプションがなくても問題ない場合は外しておきましょう。

しかし、オプションを外すことで料金プランのデータ容量をオーバーしてしまいそうな場合は、有料であっても増量オプションを付けておくことをおすすめします。

容量オーバーで速度制限がかかった場合、解除するために500円を払って500MBのデータ容量を追加しなければならないからです。

一方、データ増量オプションを使っていれば、500円でプランSなら1GB、プランM・プランRの場合は3GB増量することができます。

家族4人でワイモバイルを契約した場合

親回線と子回線3台、合計4台を家族割で契約した場合のシミュレーション結果です。

  • 親回線はスマホベーシックプランM
  • 子回線は1台がスマホベーシックプランMで、2台がスマホベーシックプランS

とします。

使用年親回線
プランM
子回線
プランM
子回線
プランS×2
合計
1~6ヶ月目2,980円2,480円1,480円×28,440円
7~12ヶ月目3,680円3,180円2,180円×211,220円
2年目3,680円3,180円2,180円×211,220円
3年目3,680円3,180円2,180円×211,220円

月々3年目までにかかる請求額です。

親回線には新規割の700円、子回線にはそれぞれ新規割と家族割の500円が適用されています。

家族の合計で考えると、新規割が終わる7ヶ月目からは4人分の新規割がなくなるため、2,800円の値上がりに。

とはいえ、どちらのケースもキャリアでの月額料金に比べたら破格の安さです。

ワイモバイルの特典

Yahoo!プレミアムのロゴ

画像引用元:Yahoo!プレミアム – いつものお買いものをお得・安心に!

ワイモバイルの料金プランには、ソフトバンクグループである利点を活かした特典が付いているものもあります。

通信料金コミコミでヤフープレミアム会員になれる

ワイモバイルの以下のプランを契約すると、Yahoo!プレミアム会員になることができます。

Yahoo!プレミアム会員の対象プラン
  • スマホプラン/スマホベーシックプラン
  • データプラン/データベーシックプラン

ワイモバイルで初期登録したYahoo!JAPAN IDで、Yahoo!プレミアムの会員に登録されます。

ワイモバイルと契約した際は、忘れずに初期登録をしましょう。

ワイモバイルのポピュラーなプランが対象になっているため、ほぼすべてのユーザーが当てはまります。

Yahoo!プレミアム会員のメリット

Yahoo!ショッピングとLOHACOを利用したとき、ポイントがいつでも5倍になります。

月額料金や追加料金は発生しないので、普段からYahoo!のサービスを利用している方にとってはメリットでしかありません。

また、そのほかにも「お買い物安心保障」など、さまざまなサービスが付いてきます。

Y!mobileメールが利用できる

ワイモバイルでは、「Y!mobileメール」を利用できます。

ドコモやau、ソフトバンクのキャリアメールと同じように使えるメールアドレスです。

ワイモバイルはとにかくシンプル!

今回は、ワイモバイルの新料金プランについて解説しました。

シンプルな料金体系で選びやすい
  • データ通信量の異なる3種類から選ぶシンプルなプラン構成
  • どのプランにも「1回10分通話無料」が付いているため、通話が多いユーザーには非常にお得
  • 2年契約・契約解除料などがなくなり、実質「2年縛り」は撤廃された
  • 通信も通話も込みのわかりやすい料金プラン

ワイモバイルの通信速度は大手キャリア並みです。

ドコモやau、ソフトバンクから格安SIMに乗り換えて、月々の通信費を安くしたい方には非常におすすめできます。

また、実店舗数が大手キャリア並みであることも魅力のひとつ。急なトラブル発生時に、すぐ駆け込める場所があるのは助かりますよね。

【7月最新】ワイモバイルキャンペーン情報まとめ|今一番お得なのはコレ!

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ