ワイモバイルを選ぶ理由は『料金プラン』通信量9GBのプランがお得

  • 2018年10月30日
  • by 
ワイモバイルを選ぶ理由は『料金プラン』通信量9GBのプランがお得

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

画像引用元:>安心して格安スマホ・SIMを選ぶなら、ワイモバイル |Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

月額2,980円で、通信量は最大9GB

  • 女性
  • 30歳・主婦
  • ワイモバイルの利用歴:1年5ヵ月
  • ワイモバイルの評価:4点(5点満点中)

ワイモバイルを選んだ理由

以前はドコモのキャリアを使っていたのですが、流石に最近の格安スマホやSIMのサービスが気になってきたので色々と検索をしてみました。

特にキャリアの回線をそのまま使っているサービスだと通信速度なども安定しており、値段も安く抑えられるのでこの辺から選ぼうと思いワイモバイルがいいかなと思いました。

その他のMVNOなどもお値段的に安いので気にはなったのですが、通信速度が安定しないという口コミが目立ったので、やはり速度面での快適性が高いのもワイモバイルを選んだ理由でしょう。

ワイモバイルのメリット

ワイモバイルですがこちらは機種変更などにも対応しているのですが、SIMカード単体でも販売をしているので、当面はこれでいいかなと思いました。

使っているスマホはiPhone 7だったので、さほど機種変更をする必要がなかったのでこれはありがたいなと思います。

ワイモバイルショップ自体にもiPhone SEや6から、HUAWEI、Android One 、Nexusシリーズなどが揃っているのでラインナップがいいのは新規の人にも嬉しい点だと思います。

肝心の料金プランですがこれがまたシンプルであり分かりやすいのはとても良いと感じました。

スマホプランSは1980円と非常に安いのですが最大3GBというのはもう厳しい時代だと思うので、今回はスマホプランMを選びました。

月額料金は2,980円であり最大で9GBという通信量となっているので、これは他社と比べても圧倒的な量なのは嬉しかったです。

どのプランでも国内通話が10分間無料というサービスがついてくるので、さほど時間を掛けない自分としてはこれもフィットするので良かったです。

肝心の通信ですが、やはりソフトバンクの回線を利用していることもあり、通信速度が極端に遅くなったことはまだありません。

半年ほど使った分ですが非常に通信速度は良好であり助かっています。

出先でソシャゲなどしたり動画などを見ることも多いので、通信速度は安定しているのは何より良いサービスだと思いますね。

ワイモバイルのデメリット

このようにワイモバイルはコスパがいいという点は圧倒的なのですが、一つだけデメリットとしては余ったデータ量の繰り越しサービスが無いというのは少し残念です。

それを補っても回線速度と料金の安さのバランスはとても良いので、ぜひ一度検討してみては如何でしょうか?

ワイモバイルで持ち込みiPhoneをAPN設定する方法と事前準備

初めの1年間は、基本料金が1000円引き

  • 男性
  • 35歳・会社員
  • ワイモバイルの利用歴:半年
  • ワイモバイルの評価:4.5点(5点満点中)

ワイモバイルを選んだ理由

携帯電話の料金に長年悩まされてきました。

私は長年ドコモユーザーでしたが、10年ほど前にそれまで使っていたガラケーからiPhoneに乗り換えたかったので、ソフトバンクに鞍替えしました。

当時はソフトバンクとauでのみのiPhoneの取り扱いだったためです。ドコモユーザー時代もiモードなどでの携帯電話料金は普段の財布を逼迫していました。

ソフトバンクに鞍替えした当時は乗り換え割が付いていましたので、かなり低額になったことを覚えています。

しかし、定額なのは2年間までで、その後はドコモ時代とあまり変わらない携帯料金になりました。

そもそも私は、外出中に動画等は見ないため普段のデータ使用量は少ないです。

自宅でスマホを使って動画等も見ますが、Wi-Fiでつなぐため自宅でのデータ通信はスマホ経由ではありません。

データ通信量で考えるならば、日中のデータ通信料は少量で事足りますし、通話も仕事で使いますがごく短いものがほとんどです。

そんな私にぴったりだったのがワイモバイルでした。

ワイモバイルのメリット

ワイモバイルのメリットはCMでも散々言っていますが、低料金にあると感じます。

基本料金1,980円は非常に安いです。しかもはじめの1年間は1,000円引きなので実質980円です。

動画等を出先で見ない私は高速データ通信量が必要ないために、定額プランはスマホプランSです。

このプランSですと基本1GBまでの通信量になりますが、私には十分です(はじめの2年間は2倍になるキャンペーン中です)。

おまけに私の普段の通話はごく短いものですが、ワイモバイルなら10分間以内の通話は基本無料なのでこちらも都合が良かったです。

もう一つ私が嬉しかったのは、料金体系が単純ということです。各携帯会社の料金体系の冊子を見ると、とても憂鬱な気分になります。

あの分厚い説明書、特に料金関連のページ(字も小さいと感じます)を読まなくて良いのは、とてもストレスが軽減されました。

しかも、最近は路面店が増えてきていて、私の自宅の近所にも2店舗できたので料金のことなど質問があれば来店すれば良いので何かと安心です。

ワイモバイルのデメリット

デメリットといえば、大容量プランがないことでしょうか。

格安SIM会社と比較すると、特に私は楽天モバイルと比較していましたが、大容量プランがないのでスマホでのデータ通信量が多い方にはオススメできません。

楽天モバイルには大容量プランがありますし、単純にデータ通信料の比較で考えると若干楽天モバイルに軍配が上がります。

もう一つ、やはり2年縛りがあるのがいただけません。結局更新の時に他社に乗り換えようかと考えてしまう人は多いでしょう。

私にとってはワイモバイルはぴったりでした。携帯料金も大幅に削減できましたし満足度は高いですが、スマホを使って日常的に動画を見たりデータ通信量が多い方には向いていない会社ではないかと感じています。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

格安SIM・格安スマホの中でも特にワイモバイルに向いてるユーザーは?

編集部まとめ

今回は、ワイモバイルユーザーがワイモバイルを選んだ理由について調査してみました。

格安SIMはやはり基本料金の安さが魅力ですが、特に月額2,980円で通信量が9GBというプランは中々無いと思います。

またワイモバイルはソフトバンクの回線を利用しているので、通信速度が安定しているのも大きなメリットです。

気になる方は是非参考にしてみてください!

【2020年】ワイモバイルおすすめスマホランキング|最新機種を比較

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ