ワイモバイルの下取りプログラムの対象機種・条件・価格をまとめてみた

ワイモバイルの下取りプログラムの対象機種・条件・価格をまとめてみた

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルには他社からの乗り換えを含む新規契約、あるいはワイモバイルでずっと使っていたスマホを機種変更する時に下取りに出すことができます。

その名も『下取りプログラム』というサービスで、スマホによっては20,000円近い金額を受ける事も可能です。

しかし、ワイモバイルの『下取りプログラム』は条件こそほぼ同じなものの、対象機種や下取り価格が時期によって変わってきます。

そこで今回は2019年4月時点におけるワイモバイルの下取りプログラムの対象機種、条件、価格を調査し、まとめてみました。

ワイモバイルの新規契約を考えている方、ワイモバイルで契約していて機種変更を考えている方は是非参考にしてみて下さい。

ワイモバイルの下取りプログラム対象機種・条件・価格
  • 下取り対象機種は新規契約や機種変更で変わる
  • 下取りしたら24ヶ月の料金値引きに利用される
  • 下取り出来る条件は料金プラン加入や問題なく動作するかが重要
  • 価格は最新iPhone程高く、Androidの価格は安め
  • 初期化やロック解除を忘れると下取り対象外となるので注意

トップ画像引用元:下取りプログラム|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

1 ワイモバイルの下取りプログラムとは

下取りプログラムの対象機種・条件・価格を案内する前に、ワイモバイルが行っている下取りプログラムの概要を確認しましょう。

ワイモバイルが行っている下取りプログラムは、今まで使っていたスマホを下取りに出して料金の割引に利用する点は他のキャリアと変わりありません。

しかし、ワイモバイルの下取りプログラムは以下2点の特徴があります。

ワイモバイルの下取りプログラムの特徴
  • 新規契約か機種変更・契約変更によって対象機種が変わる
  • 下取りした金額はスマホ本体の値引きではなく24ヶ月の料金値引きに利用される(スマホによっては1ヶ月のみ)

1-1 契約内容によって下取り対象機種かどうかで変動

悩む女性

以下の2種類の手続き内容により下取り対象機種が変わります。

  • 他社から乗り換えるMNPや新規契約
  • ワイモバイルで今まで使っていたスマホの機種変更や契約変更

どの契約だとどのスマホが下取りの対象になるかは後述しますが、影響が少ないのはiPhoneシリーズで新規、機種変更共に下取り対象機種になっています。

Androidは新規契約だとGalaxyの一部スマホを除いて下取りの対象機種とならず、機種変更の方が下取り対象機種が多くなっています。

1-2 下取りした金額分を毎月の料金割引となるのが特徴

下取りした金額は現金やポイントでキャッシュバック…という訳ではなく下取りした金額を24回分で割り、2年分の料金を月々割り引いていく形となっております。

キャッシュバック狙いではワイモバイルの下取りプログラムは利用できませんのでご注意下さい。

2 ワイモバイルの下取り対象機種まとめ(2019年4月版)

iPhone8 and iPhone8 Plus

それではここからは2019年4月時点での、ワイモバイル下取りプログラムの対象機種一覧を紹介します。

下取りプログラムは

  • MNP含む新規契約
  • 機種変更・契約変更

で対象機種が異なります。

両方記載しますので、ご自身が今使っているスマホが対象かどうかお確かめください。

2-1 新規契約時の下取り対象機種まとめ

まずはMNP含む新規契約時の下取り対象機種の一覧表です。

機種名正常品下取り価格
(24回払い時の値引き額)
破損有の下取り価格
(24回払い時の値引き額)
iPhone X50,400円
(2,100円×24回)
15,120円
(630円×24回)
iPhone 8 Plus30,000円
(1,250円×24回)
9,000円
(375円×24回)
iPhone 823,760円
(990円×24回)
7,200円
(300円×24回)
iPhone 7 Plus23,760円
(990円×24回)
7,200円
(300円×24回)
iPhone 719,200円
(800円×24回)
5,760円
(240円×24回)
iPhone 6s Plus13,680円
(570円×24回)
4,200円
(175円×24回)
iPhone 6s12,000円
(500円×24回)
3,600円
(150円×24回)
iPhone 6 Plus11,400円
(475円×24回)
3,360円
(140円×24回)
iPhone 67,776円
(324円×24回)
2,322円
(2,322円×1回)
iPhone SE4,800円
(200円×24回)
1,440円
(1,440円×1回)
iPhone 5s3,240円
(3,240円×1回)
972円
(972円×1回)
Galaxy S8+12,000円
(500円×24回)
3,600円
(150円×24回)
Galaxy S812,000円
(500円×24回)
3,600円
(150円×24回)
Galaxy S7 edge9,600円
(400円×24回)
2,880円
(2,880円×1回)

iPhoneシリーズはワイモバイルではまだ取り扱いをしていないiPhone Xも対象ですが、Androidだと一部のGalaxyシリーズのみ対象というのが特徴です。

2-2 機種変更・契約変更時の下取り対象機種まとめ

iPhone

続いて機種変更・契約変更時の下取り対象機種の一覧表です。

機種名正常品の下取り価格(24回の値引き価格)破損有の下取り価格
(24回の値引き価格)
iPhone 719,200円
(800円×24回)
5,760円
(240円×24回)
iPhone 6s12,000円
(500円×24回)
3,600円
(150円×24回)
iPhone SE4,800円
(200円×24回)
1,440円
(1,440円×1回)
iPhone 5s3,240円
(3,240円×1回)
972円
(972円×1回)
Nexus 6P3,240円972円
Nexus 63,240円972円
Nexus 5X3,240円972円
Nexus 53,240円972円
AQUOS Xx-Y3,240円972円
AQUOS CRYSTAL Y23,240円972円
AQUOS CRYSTAL Y3,240円972円
DIGNO E3,240円972円
DIGNO C3,240円972円
DIGNO T3,240円972円
Android One 507SH3,240円972円
Android One S13,240円972円
Android One S23,240円972円
Android One X13,240円972円
LUMIERE3,240円972円
Spray3,240円972円
ARROWS S3,240円972円

※iPhone5sとAndroidの値引きは全て1回のみ

※契約変更の下取りプログラムは2019年4月時点では対象機種無し

機種変更・契約変更時はワイモバイルで購入して今まで使っていたスマホを下取りに出すので、iPhoneシリーズはもちろんAndroidもワイモバイルで再販売できます。

その為、機種変更・契約変更時になるとAndroidも下取り対象機種が大幅に増えるのが特徴です。

3 下取りプログラムに出すための条件

条件を確認する

ワイモバイルの下取りプログラムを適用するには3つの条件があります。

この条件を最低限満たす必要があるので、3つの適用条件を見てみましょう。

ワイモバイルで下取りしてもらう条件
  • 対象機種の購入と対象料金プランで契約
  • ワイモバイルに下取りに出す
  • 期限内に下取りプログラムを完了させる

3-1 対象機種の購入と対象料金プランで契約

  • スマホプランS/M/Lのどれかで契約する
  • MNP含む新規契約、契約変更、または指定機種の購入を伴う機種変更のいずれかを行う事

ワイモバイル下取りプログラムの条件の1つは、スマホプランS/M/Lのどれかで契約する事ことが必要です。

この条件を満たすのは難しい事ではなく、スマホプランS/M/Lはワイモバイルの標準的な料金プランで、対象の契約も元々行う予定の新規契約、契約変更や機種変更の為です。

ただ指定機種の購入を伴う機種変更というのがありますので、「指定機種が何か、自分の購入したいスマホなのか」を確認しておきましょう。

3-2 ワイモバイルに下取りに出す

パソコンとスマホ

  • スマホをワイモバイルが下取りする
  • 下取りするスマホがワイモバイルでバリュースタイル、通常契約のいずれかで購入している(機種変更・契約変更時のみ)

ワイモバイルの下取りプログラムを利用する以上、ワイモバイルに下取りを出すのが条件の2つめです。

また機種変更や契約変更の場合は下取りするスマホが、ワイモバイルで購入したスマホである事も必要条件となります。

3-3 期限内に下取りプログラムを完了させる

ワイモバイルの下取りプログラムは、いつでも申し込み出来る訳ではなく契約してから翌月末までに下取りの申し込みをする必要があります。

契約してから翌月末までというのがポイントで、契約したのが月初であれば翌月末までなので余裕を持って下取りプログラムの手続きを進められます。

逆に契約したのが月末になると翌月末まで、ほぼ1ヶ月程度しか期限が無いので急いで下取りプログラムの手続きを進める必要があります。

3-4 軽度の破損時も下取り可能だが価格は下がる

スマホの画面がひび割れ

スマホ本体の保存状態の良さは必須条件ではなく、軽い破損程度であれば下取りプログラムを受ける事が可能となっております。

ワイモバイルは下記事例であれば下取りプログラム可能ですが、価格は下がりますので、その点は留意してください。

  • ガラス部分や筐体のヒビ割れ
  • カメラやボタンの破損や欠損
  • 液晶画面に液漏れや焼き付きがある
  • タッチパネルの操作不可
  • 液晶画面に縦線や横線がある
  • 液晶画面が暗く、文字が読めない(液晶の不具合)
  • スマホ本体の歪み等の変形

あくまでも一例ですので、全損など激しい破損や下記の適用不可となる破損になると下取りプログラムが受けられない可能性もありますので参考までに留めておいてください。

Androidスマホの画面が割れた時のリスク|修理の値段・期間と応急処置

次の章では、下取りプログラムが適用不可となる事例について解説します。

4 下取りプログラムが適用不可となる事例

びっくり驚く女性

下取りプログラムを受ける条件を紹介しましたが、下取りプログラムを受けられなくなる事例は以下の事例がよく見受けられるようです。

4-1 下取りプログラム対象機種ではない

ワイモバイルの下取りプログラムは、申込む時期によって対象機種が変更されるのが特徴です。

2~3ヶ月で頻繁に変更されているので、今月は下取りプログラムの対象だったが翌月になってから対象外になってしまった…という事例もあります。

下取りプログラムを利用するなら対象機種になっている間に早めの手続きを行う事をおすすめします。

4-2 電源が入らないスマホは下取り不可

軽い破損程度ならスマホを下取りに出す事は可能ですが、電源が入らないスマホは下取りプログラムに出す事は不可能となっております。

また電源ボタンやスリープボタンが正常に動作しないスマホも同様に下取り出す事は不可能です。

原因がスマホ本体なのかバッテリーなのかソフトウェアなのかはさておき、電源が入らないスマホは下取りできませんので、その場合は諦めざるを得ません。

iPhoneのバックアップを取得して復元する方法【iCloud/iTunes】

4-3 初期化や認証のロックが解除されていない

スマホのロック

下取り予定のスマホは郵送で送るかワイモバイルの店舗に持ち込むことになります。

この際に初期化されていない、ロック画面の認証がされていないスマホも対象外となります。

初期化を行えばロック画面の設定もリセットされるので問題ありませんが、初期化せずに送ったり初期化後にしばらく利用してロック画面を設定して送り断られるケースがあります。

郵送で送る場合でも店舗に持ち込む場合でも、事前に初期化はきちんと行っておき、移行したいデータがあれば、事前にSDカードやクラウド上にバックアップをしておくのも忘れないで下さい。

4-4 改造や不正契約を疑われるケース

スマホの修理改造

下取りに出すスマホがメーカーの保証外となる改造を行っていると判断された場合、下取りプログラムの適用を受ける事が出来ません。

代表的なメーカー保証外となる改造の例を挙げるならAndroidでは『root化』、iPhoneでは『脱獄』という改造が該当します。

それらの改造を行ってしまったスマホは下取り対象外となり、また製造番号(IMEI)も確認できないような不正契約を疑われるスマホは下取り対象外です。

ただ一般的な使い方であれば改造や不正契約を行う事はしないと思いますので、この点を考慮する方は滅多にいないでしょう。

4-5 下取り対象機種の所有者以外が申込む

他社で使っているスマホであれ、ワイモバイルで契約しているスマホであれ下取りを申込む人が下取り対象スマホの所有権を有している必要があります。

具体的に言うと下取り対象スマホ本人からの申し込みが受け付け可能で、未成年の場合は親権者による同意も必要になります。

下取りを申込む場合は顔写真付きの身分証明書による本人確認も行われるので、下取り対象スマホの所有者と本人確認が一致しない場合は下取りプログラムが申込めません。

これは不正契約を防ぐために必要で、古物営業法に基づく必要な手続きとなっております。

4-6 過去に下取りプログラムを利用した事がある

スマホを操作する女性

ワイモバイルの下取りプログラムは1つの電話番号に付き1回までとなっており、過去に下取りプログラムを利用した電話番号では下取りが出来ません。

様々な格安MVNO業者を渡り歩くタイプの人だと、ワイモバイルでスマホとセット購入し古いスマホは下取り、後に他社にMNPで移ってワイモバイルに出戻りする方も少なくありません。

その場合は過去に下取りプログラムを利用している電話番号なので、下取り対象外となります。

下取りできない事例
  • 対象機種ではない
  • 電源が入らない
  • 初期化や認証ロックが解除されていない
  • <改造や不正契約の疑い/li>
  • 所有者以外の申し込み
  • 過去に下取りプログラムを利用している

時期が変われば下取り対象機種も変わるので早めに申し込みを

よろこぶ女性

ワイモバイルの下取りプログラムの対象機種・条件・下取り価格と適用不可となる事例を紹介してきました。

MNP含む新規契約はAndroidがGalaxyの一部なので、他社Androidを使っている人がMNPで乗り換え時に下取りするのは少し難しいかもしれません。

しかし、下取りプログラム対象機種は2~3ヶ月で変更していく傾向にあるので対象機種が更新された場合に対象となる可能性もあります。

もし、ワイモバイルの下取りプログラムを利用する予定なら、対象機種なら早いうちに申込んで乗り換えや機種変更を行うのがおすすめです。

ワイモバイルの下取りプログラム対象機種・条件・価格
  • 下取り対象機種は新規契約や機種変更で変わる
  • 下取りしたら24ヶ月の料金値引きに利用される
  • 下取り出来る条件は料金プラン加入や問題なく動作するかが重要
  • 価格は最新iPhone程高く、Androidの価格は安め
  • 初期化やロック解除を忘れると下取り対象外となるので注意

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ