y.u mobileの料金プランを徹底解剖!特徴から注意点まで完全ガイド

  • 2021年1月2日
  • by.haru.10

yuモバイルのパッケージ

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

シンプルで誰にでもわかりやすい料金プランが魅力の格安SIM「y.u mobile」が注目されています。

y.u mobile(y.uモバイル)はヤマダ電機とU-NEXTが合同して設立した格安SIMで、2020年の春からサービスが開始されました。

自分の利用方法に合わせて最もお得な格安SIMを探しているという人は、検討してみてはいかがでしょうか?

今回は注目の格安SIMであるy.u mobileの料金プランやメリット、注意点などについて解説いたします。

y.u mobileの料金プランを徹底解説!
  • 料金プランはシングルプランとシェアプランの2種類
  • データチャージは1GBあたり330円で業界最安値
  • 端末保証もテザリングも無料

※本記事中の価格は税込み表示

y.u mobileの詳細については「y.u mobileの評判が良い10つの理由|速度・料金を実際に使ってレビュー」をご覧ください。

トップ画像引用元:格安スマホ・SIM【y.u mobile(ワイユーモバイル)】

y.u mobileの料金プランはシンプルな2種類

y.u mobileの選択基準

画像引用元:格安スマホ・SIM【y.u mobile(ワイユーモバイル)】

y.u mobileでは、単純明快な2種類の料金プランが用意されています。

スマホのプランにありがちな契約期間の縛りやわかりにくい割引などもなく、安心してプランを選ぶことができるのが特徴です。

そんな、y.u mobileも料金プランはたったの2つです。

y.u mobileの料金プラン
  • シングルプラン:3GB
  • シェアプラン:20GB

それぞれのプランの料金について詳しく見ていきましょう。

シングルプラン:3GB

シングルプランは月間3GBまで利用できるプランで、音声通話SIMとデータSIMを選ぶことができます。

それぞれの料金は以下の通りです。

項目音声通話SIMデータSIM
(SMS機能あり)
データSIM
(SMS機能なし)
月額1,859円1,122円990円

音声通話SIMでも月額1,000円台で3GBまで利用できるので、格安SIMの中でも比較的安いプランであると言えるでしょう。

シェアプラン:20GB

シェアプランは月間20GBまで利用できるプランで、こちらもシングルプラン同様に音声通話SIMとデータSIMの2種類があります。

シェアプランの料金は、プラン基本料金とSIMの種類に応じたSIM基本料金を合計した金額となります。

それぞれの料金については以下の通りです。

項目音声通話SIMデータSIM
(SMS機能あり)
データSIM
(SMS機能なし)
月額6,589円6,182円6,050円

シェアプランはその名の通り、20GBを複数のSIMでシェアできるのが特徴となっています。

複数のSIMでデータ容量をシェアする場合は、追加SIMの契約をすることで、最大4回線までシェアすることができるようになっています。

SIMを追加する場合は、SIM基本料金が発生します。

なので、シェアプランを利用する場合の月額料金は、プラン基本料金+SIM基本料金(最大4回線)となります。

例えば、音声通話SIM4回線でシェアする場合、料金は以下のようになります。

シェアプラン
4回線利用時
月額料金
シェアプラン基本料金6,589円
追加SIM料金3,476円
(1枚あたり869円)
合計10,065円
1回線あたりの月額料金約2,516円

平均すると1回線あたり月間5GBまで利用でき、月額料金は2,000円台と非常に安く抑えることができます。

家族で利用する場合など、複数回線を契約する人にはお得なプランとなっています。

また、SIMの種類に制限はないので、音声通話SIMとデータSIMでデータ容量をシェアするということも可能です。

【3月1日まで】
当サイト特別23,000円キャッシュバックで実質1年間無料!

y.u mobileの料金プランのメリット

y.u mobileの端末修理費用の保険

画像引用元:乗り換えのステップ|格安スマホ・SIM【y.u mobile】

y.u mobileはプランがシンプルで、料金も安い格安SIMであるということがわかりました。

しかしながら、y.u mobileの魅力はこれだけではありません。

ここからは、y.u mobileの料金プランのさらなるメリットについて紹介していきます。

y.u mobileの料金プランのメリット
  • 1GBのチャージ料金が業界最安
  • 繰り越したギガに有効期限がない
  • 端末保証が料金に含まれている
  • y.uでんわアプリで通話料が半額
  • テザリングが無料で使える
  • シェアプランならU-NEXTの月額料金が無料

1GBのチャージ料金が業界最安

「1回線だけで契約したいけれども月間3GBじゃ足りないかも!」

y.u mobileの料金プランを見たときに、このように感じた人も多いのではないでしょうか。

実は、y.u mobileなら格安でデータチャージができるので、3GB以上使う場合もお得に利用することができるようになっています。

y.u mobileのデータチャージの料金は業界最安値となっており、1GBチャージがたったの330円で購入可能。です。

必要な分だけ購入することができるので、無駄なくお得に使うことができます。

また、ギガをまとめて購入したい場合には、10GBチャージがお得です。

10GBチャージなら2,640円と、通常の1GBチャージの場合に比べて、2GB分お得に購入することが可能です。

基本プランで使えるデータ容量を使い切っても、お得に使えるのがy.u mobileのメリットと言えます。

繰り越したギガに有効期限がない

また、y.u mobileでは余ったギガは期間の制限がなく、100GBまでなら永久に繰り越すことができます。

基本プランのギガが余った場合はもちろん、購入したギガが余った場合にも、繰り越しが可能です。

お得な10GBチャージでギガを購入して、数ヶ月に分けて使うということもできます。

購入したギガを無理に使い切るのに期限がないので、安心できます。

なお、繰り越しの上限は100GBとなっており、超える場合には古いものから失効するので注意しましょう。

端末保証が料金に含まれている

y.u mobileの音声通話SIMには、端末保証が含まれており、追加料金なしでスマホの修理代金の補填を受けることができます。

追加料金なしでの端末保証は、他の格安SIMはもちろん、大手キャリアにもないサービスです。

まさにy.u mobileならではのメリットと言えるでしょう。

y.u mobileの音声通話SIM契約者なら、年2回まで上限30,000円まで端末修理代金の補償を受けることができます。

詳しい端末保証の内容については、以下の通りです。

修理費用保険のサービス内容
毎月の保険料0円
年間の支払い上限額 30,000円
年間の支払い上限回数 2回
対象となる損害破損/ 水没/ 故障/ 全損
対象機器スマホ/ タブレット
ガラホ/ モバイルルーター
対象条件発売から5年以内
または
購入から1年以内
対象者音声通話SIMの契約者および追加SIM契約者
対象期間音声通話SIMの契約期間
保険金の支払日費用の申請から30日以内
引受保険会社さくら損害保険株式会社

事前の端末情報の登録など面倒な手続きも不要で、近くの修理店で修理をした後に、修理費用をy.u mobileに請求すると補填を受けることができます。

追加料金がかからないだけでなく、手続きが簡単なのも嬉しいポイントです。

もちろん、端末は新品・中古を問わず保険の対象とすることができます。

ただし、発売から5年以内の端末であること、または購入から1年以内の端末であることが条件となっているので注意が必要です。

保証の対象となるのは破損や水没などの故障の場合に限られており、紛失や盗難、バッテリー交換は保証対象外となる点にも注意しておきましょう。

y.uでんわアプリで通話料が半額

y.u mobile契約者専用のアプリ「y.uでんわアプリ」を利用することで、通話料金が半額になります。

通常の通話料金は、他のキャリアと同じく20円/30秒となっています。

y.uでんわアプリを経由して通話をした場合、10円/30秒と半額の料金で電話を掛けることができます。

アプリ経由といっても、LINEやSkypeなどのインターネット通話とは異なり、電話回線を利用しての通話なのでクリアな音質で通話ができます。

y.u mobileで音声通話SIMを使うなら、この「y.uでんわアプリ」は欠かせません。

また、通話頻度が多いという人の場合は、10分かけ放題や無制限かけ放題もオプションで用意されているので、こちらを利用するのも良いでしょう。

通話オプション月額料金
ベーシック0円
(10円/30秒)
10分かけ放題858円
無制限かけ放題2,970円

テザリングが無料で使える

y.u mobileはテザリングも無料で利用できます。

もちろん申し込みも不要で、y.u mobile契約者なら誰でも使えます。

シェアプランならU-NEXTの月額料金が無料

y.u mobileのシェアプランなら、動画配信サービス「U-NEXT」(月額2,189円)がなんと無料で利用できます。

U-NEXTは14万本以上の動画が見放題となっており、他の動画配信サービスと比べて、日本の映画やアニメの充実度が高いのが特徴です。

また、動画だけでなく雑誌や漫画などの電子書籍も楽しむことができます。

元々U-NEXTを利用している人はもちろん、これからU-NEXTを使ってみたいという人も、y.u mobileならお得に利用できるでしょう。

また、毎月もらえるU-NEXTポイントは、y.u mobileのデータチャージ料金に充当することもできます。

【3月1日まで】
当サイト特別23,000円キャッシュバックで実質1年間無料!

y.u mobileの料金プランの注意点

間違いをした時
ここまで見てきたように、y.u mobileはお得でシンプルな料金プランが魅力の格安SIMとなっています。

では、反対にy.u mobileのプランを検討する上で、どのような注意点があるのでしょうか?

y.u mobileのプランの注意点やデメリット
  • 3GBの料金は「最安」ではない
  • 選べるのはドコモ回線のみ
  • 30日以内にMNP転出すると手数料がかかる
  • 端末セットの契約ができない

ここからは、y.u mobileのプランの注意点やデメリットについて紹介していきます。

3GBの料金は「最安」ではない

y.u mobileは確かにお得な料金プランが魅力ではありますが、他社と比較して月額料金が最安という訳ではありません

毎月3GB以上使わず、ギガを追加購入する必要がなく、月額料金を最安値に抑えたいという人には、y.u mobileは向いていません。

主要な格安SIMの音声通話3GBプランの料金を比較すると、以下のようになります。

格安SIMの種類3GB(音声通話付)の最低料金
y.uモバイル1,859円
(シングルプラン)
mineo1,661円
(Aプラン)
LINEモバイル1,628円
(LINEデータフリー)

純粋に月額料金の安さだけで選ぶなら、LINEモバイルやmineoなどの方がおすすめです。

ここまで紹介したような、y.u mobileならではのメリットに魅力を感じない人にとっては、あまりお得ではないでしょう。

選べるのはドコモ回線のみ

y.u mobileはドコモ回線を使用した格安SIMです。

au回線やソフトバンク回線を選ぶことができません。

また、今ではほとんどありませんが、auやソフトバンクの回線にしか対応していないスマホを利用するような場合には、注意が必要です。

y.u mobileの公式サイトでは、動作確認済み端末を一覧で掲載しているので、気になる人は事前に確認しておくと良いでしょう。

30日以内にMNP転出すると手数料がかかる

y.u mobileには、基本的に契約期間の縛りがないので、解約やMNP転出による違約金は発生しません。

しかしながら、これには例外があります。

それは、契約から30日以内にMNP転出をする場合です。

この場合、「短期MNP予約番号発行にかかる追加手数料」として、10,450円の手数料が追加でかかってしまいます。

余程のことがない限りは、契約から30日以内に他社に乗り換えるということはないかと思いますが、契約時には注意をしておきましょう。

端末セットの契約ができない

現状、y.u mobileでは、端末をセットで購入することができず、SIM単体での契約しか受付を行っていません。

端末はSIMの契約とは別に自前で用意をする必要があります。

元々使っている端末にSIMカードを挿し替えて使う分にはあまり手間はありませんが、y.u mobileを契約するにあたって端末を買い換える場合には、別で購入しなければなりません。

キャリアでの契約などで、回線契約と同時に端末をセットで購入することに慣れている人には、少し手間に感じるかもしれません。

y.u mobileで端末セットは購入できる?持ち込みスマホを使う方法

y.u mobileの手数料一覧

考える女性
y.u mobileの利用にあたって必要な手数料について確認していきます。

y.u mobileの手数料一覧は、以下の通りです。

手数料金額
登録事務手数料3,300円/1回線
SIM発行手数料440円/1枚
MNP予約番号発行手数料3,300円/1回
短期MNP予約番号発行にかかる追加手数料10,450円/1回
SIM再配達手数料2,200円/1枚
SIM再発行手数料2,200円/1枚
通話明細発行手数料
770円/1通

契約時に登録事務手数料が1回線で3,300円、SIM発行手数料が1枚440円必要となり、これが契約時の初期費用ということになります。

また、解約にあたって費用は発生しませんが、y.u mobileから他社に乗り換える場合には、MNP予約番号発行手数料として3,300円が必要となります。

また、先ほど紹介したように、短期間(契約から30日以内)での転出の場合には、追加手数料が10,450円必要となるので注意しましょう。

y.u mobileの料金プランでよくある質問

y.u mobileで余計なオプションを利用しない

画像引用元:格安スマホ・SIM【y.u mobile(ワイユーモバイル)】

ここまで、y.u mobileの魅力や注意点について見てきました。

最後にy.u mobileの料金プランのよくある質問について、いくつか見ていきましょう。

初期費用はいくらかかりますか?

y.u mobileでは初期費用として、登録事務手数料とSIM発行手数料の2つの費用が発生します。

y.u mobileの初期費用
  • 登録事務手数料:3,300円
  • SIM発行手数料:440円

これらの金額を合計した3,740円が契約するSIMカード1枚ごとに必要となります。

また、この初期費用に加えて、初月の利用料金を合算した金額が初回請求分の料金になります。

初月の料金は日割りになりますか?

初月の料金は、y.u mobileの利用開始日から利用開始月末日までの料金が日割りで請求されます。

y.u mobileの利用開始日はMNPか新規契約かによって異なります。

MNPの場合は、MNP転入手続きの完了日、あるいはMNP有効期限の前日、いずれか早い日付が利用開始日となります。

また、新規の場合は、実際に初めて通信をした日、あるいはSIMカード出荷日の5日後、いずれか早い日付が利用開始日となります。

y.u mobileは店頭で契約することもできますが、店頭で契約をした場合は、申し込み手続きの完了日が利用開始日となります。

このように、y.u mobileでは、初月の料金が日割りになるので、月末に申し込みをすると損をするということもありません。

y.u mobileを申し込みをするなら、自分の都合の良いタイミングや、乗り換え元の回線の締め日に合わせて契約すると良いでしょう。

y.u mobileは単純明快な料金プランでお得

スマホの料金プランは複雑でわかりにくいものが多く、どのプランで契約をすれば良いのか迷ってしまいがちです。

また、料金の安いプランに変えたいけれども、オプション料金など思わぬところで料金が発生することにならないか不安に感じているという人も多いのではないでしょうか?

そんな人にもおすすめなのが、シンプルで単純明快な料金プランが特徴のy.u mobileです。

y.u mobileの料金プランのポイント
  • 料金プランはシングルプランとシェアプランの2種類
  • データチャージは1GBあたり330円で業界最安値
  • 端末保証もテザリングも無料

y.u mobileの2つの料金プランはともに定額制のプランなので、追加料金が発生することはほとんどありません。

データチャージは購入時に料金が発生しますが、330円と業界最安値の金額なので、必要な分だけ追加購入すれば無駄なくお得に利用することができます。

格安SIMへの乗り換えを検討している人は、わかりやすい料金体系が特徴のy.u mobileも検討してみてはいかがでしょうか?

y.u mobileのキャンペーン・キャッシュバック最新情報まとめ

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。