ZenFone ARレビュー|RAM8GBのモンスタースペックスマホの評価

ZenFone ARレビュー|RAM8GBのモンスタースペックスマホの評価

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

VR元年と騒がれ、ポケモンGOの大ブームでARも広く認知された2016年の翌年、2017年6月に発売されたのが「ZenFone AR」でした。

最先端の技術を詰め込んだ、まさに「モンスタースペックスマホ」でしたが、発売当初はその先進性故にスペックを生かしきれなかった一面も。

「ZenFone AR」を取り巻く環境はどう変化しているのか?スペックを再検証し、レビューします。

TOP画像引用元:ZenFone AR | ASUS

1 ZenFone ARは価格もスペックもハイクラス

画像引用元:ASUS

SIMフリースマホ市場では2~4万円台のモデルが中心となる中、ZenFone ARは税込で10万円を超える価格で発売されました。

高価格となった理由は最先端の技術に見合った性能にあります。

1-1 ZenFone ARなぜここまでハイスペックなのか?

ZenFone ARの発売当初の価格は、

  • RAM8GB、ROM128GBの上位モデル、ZS571KL-BK128S8が99,800円
  • RAM 6GB/ROM64Gモデル、ZS571KL-BK64S6でも82,800円

となっていました。(税別価格)

4GBまでのモデルが主流だったSIMフリースマホの中でZenFone ARはまさに規格外で、特に上位モデルの8GBのRAMは世界初となりました。

なぜ、ここまでのスペックが必要かというと世界初で「DaydreamとTango両方に対応」という特徴からです。

SIMフリースマホ最新おすすめランキング【2018夏モデル】

1-2 ZenFone ARはDaydream・Tango対応に必要な性能を持っている

画像引用元:ZenFone AR | ASUS

DaydreamはVR技術、TangoはAR技術でこの技術をスマホで表現・実現させる為に必要な性能がZenFone ARには備わっています。

逆に言うと、この性能無しにDaydreamもTangoも機能しません。

例えば、美しいVRの映像表現には高い解像度のディスプレイと高性能なセンサーが必要です。

一方ARの「Tango」には通常のカメラには無い、空間認識する為の特別なカメラやセンサーが必須です。

負荷の高い両機能の処理に対応する為必要だったのが、スマホには過剰とも言える8GBのRAMだったわけです。

2 ZenFone ARのDaydreamとTangoとの対応

画像引用元:Daydream

世界で初めてDaydreamとTangoに対応して注目を浴びたZenFone AR。

このZenFone ARの評価を左右することになるのが、目玉であるふたつの技術の動向でした。

2-1 ZenFone ARに対応するDaydreamとは?

DaydreamはGoogleが開発に注力しているVR技術で、専用のヘッドセット「Daydream View」に対応するスマホを装着。

付属のコントローラを使ってDaydream Viewで作りだしたバーチャルな世界を自由に動き回ることが可能になっています。

バーチャルな世界に入り込み、ゲームを楽しんだり、大画面で映画やライブを鑑賞したり、世界中の行きたかった場所に行ったり宇宙旅行を楽しんだり。

自分のしたいことを実現してくれるVRアプリをインストールすることで様々なVR体験ができるようになります。

2-2 ZenFone AR | 発売時は日本未発売だったDaydream View

画像引用元:Daydream | Daydream View

ZenFone ARでVRの世界を100%楽しむ為に必須となるDaydream Viewですが、2017年6月の発売当初は日本未発売で発売時期も未定と、せっかくのDaydream対応も購入を躊躇する一因となったのではないでしょうか。

そんな状況が一変したのが約半年後の2017年末のDaydream Viewの日本での発売スタート。

発売直後は入手困難となるほどの人気となりました。

Chromecastと連携することでTVに表示内容を映し、VR体験を共有出来たり、Googleならではの対応コンテンツの多さもDaydream Viewの魅力でしょう。

次のページでは、ZenFone ARのスペックについて紹介します。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

iPadを格安SIMで安く運用する方法|おすすめMVNO比較【2019】... iPadを外でも使いたい。皆さん一度はそう考えたことがあるのではないでしょうか。 しかしながら、スマホと違って必需品とは言い難いiPad。高額な通信料を支払うのはもったいない、と購入を断念した方は少なくないでしょう。 それ以前に...
ワイモバイルの学割は親も使用可能?家族利用で最も安くなるプラン... ワイモバイルの学割では、学生本人だけでなく家族も割引を受けることができます。 家族みんなでワイモバイルを新規契約すれば、毎月の携帯料金がとてもオトクに。家族の携帯代を安く抑えたいという人は必見です。 ワイモバイルの学割を学生が使...
LINE Payキャンペーン!20%還元+最大2000円が当たる「春の超Payトク祭り」... 2019年3月31日までの限定キャンペーンとして、LINE Payで超お得なキャンペーンが開催されることになりました。 その名も「春の超Payトク祭り」。 春の超Payトク祭りのキャンペーン期間中にLINE Payを利用して買い...
ASUSが「ZenSIM」を発表!IIJmioの音声SIMをZenFone向けに販売... ASUSの人気シリーズ「ZenFone」の新作とセットになったSIM「ASUS ZenSIM powered by IIJ」が2019年3月15日に発売されました。 このSIMパッケージは、早期購入することで適用される割引キャンペーン...