ZenFone ARレビュー|RAM8GBのモンスタースペックスマホの評価

ZenFone ARレビュー|RAM8GBのモンスタースペックスマホの評価

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

VR元年と騒がれ、ポケモンGOの大ブームでARも広く認知された2016年の翌年、2017年6月に発売されたのが「ZenFone AR」でした。

最先端の技術を詰め込んだ、まさに「モンスタースペックスマホ」でしたが、発売当初はその先進性故にスペックを生かしきれなかった一面も。

「ZenFone AR」を取り巻く環境はどう変化しているのか?スペックを再検証し、レビューします。

TOP画像引用元:ZenFone AR | ASUS

1 ZenFone ARは価格もスペックもハイクラス

画像引用元:ASUS

SIMフリースマホ市場では2~4万円台のモデルが中心となる中、ZenFone ARは税込で10万円を超える価格で発売されました。

高価格となった理由は最先端の技術に見合った性能にあります。

1-1 ZenFone ARなぜここまでハイスペックなのか?

ZenFone ARの発売当初の価格は、

  • RAM8GB、ROM128GBの上位モデル、ZS571KL-BK128S8が99,800円
  • RAM 6GB/ROM64Gモデル、ZS571KL-BK64S6でも82,800円

となっていました。(税別価格)

4GBまでのモデルが主流だったSIMフリースマホの中でZenFone ARはまさに規格外で、特に上位モデルの8GBのRAMは世界初となりました。

なぜ、ここまでのスペックが必要かというと世界初で「DaydreamとTango両方に対応」という特徴からです。

SIMフリースマホ最新おすすめランキング【2018夏モデル】

1-2 ZenFone ARはDaydream・Tango対応に必要な性能を持っている

画像引用元:ZenFone AR | ASUS

DaydreamはVR技術、TangoはAR技術でこの技術をスマホで表現・実現させる為に必要な性能がZenFone ARには備わっています。

逆に言うと、この性能無しにDaydreamもTangoも機能しません。

例えば、美しいVRの映像表現には高い解像度のディスプレイと高性能なセンサーが必要です。

一方ARの「Tango」には通常のカメラには無い、空間認識する為の特別なカメラやセンサーが必須です。

負荷の高い両機能の処理に対応する為必要だったのが、スマホには過剰とも言える8GBのRAMだったわけです。

2 ZenFone ARのDaydreamとTangoとの対応

画像引用元:Daydream

世界で初めてDaydreamとTangoに対応して注目を浴びたZenFone AR。

このZenFone ARの評価を左右することになるのが、目玉であるふたつの技術の動向でした。

2-1 ZenFone ARに対応するDaydreamとは?

DaydreamはGoogleが開発に注力しているVR技術で、専用のヘッドセット「Daydream View」に対応するスマホを装着。

付属のコントローラを使ってDaydream Viewで作りだしたバーチャルな世界を自由に動き回ることが可能になっています。

バーチャルな世界に入り込み、ゲームを楽しんだり、大画面で映画やライブを鑑賞したり、世界中の行きたかった場所に行ったり宇宙旅行を楽しんだり。

自分のしたいことを実現してくれるVRアプリをインストールすることで様々なVR体験ができるようになります。

2-2 ZenFone AR | 発売時は日本未発売だったDaydream View

画像引用元:Daydream | Daydream View

ZenFone ARでVRの世界を100%楽しむ為に必須となるDaydream Viewですが、2017年6月の発売当初は日本未発売で発売時期も未定と、せっかくのDaydream対応も購入を躊躇する一因となったのではないでしょうか。

そんな状況が一変したのが約半年後の2017年末のDaydream Viewの日本での発売スタート。

発売直後は入手困難となるほどの人気となりました。

Chromecastと連携することでTVに表示内容を映し、VR体験を共有出来たり、Googleならではの対応コンテンツの多さもDaydream Viewの魅力でしょう。

次のページでは、ZenFone ARのスペックについて紹介します。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ワイモバイルの家族割の適用条件と注意点|おうち割光セットと併用不可!... 格安スマホでおなじみのワイモバイルの利用者の中には「家族みんなでワイモバイルを使いたいな」と考えている方もいるかもしれません。 ワイモバイルにも、家族で使うとお得な使い方があるのですが、そこには思わぬ落とし穴があるということをご存知で...
IIJmioひかりの評判|料金・速度を他社と比較した時のデメリット... 現在、日本中で光回線を使ったインターネットサービスは多数存在しますが、その中には格安MVNO業者のIIJmioが提供する『IIJmioひかり』があります。 しかし、世間での『IIJmioひかり』の評判はお世辞にも良いとは言えず、他の業...
mineo(マイネオ)の家族割引はお得?適用条件や割引金額を調査... 格安MVNO業者のmineo(マイネオ)は、家族も一緒にmineoを契約していると割引される家族割引が他の通信事業者同様にあります。 元々の基本料金が安いMVNO業者ですので大幅に割引される金額ではありませんが、せっかく受けられる割引...
UQモバイルの「UQ家族割」がお得!適用条件と申し込み方法... auのサブブランドとして知られており、利用者も多い格安SIMのUQモバイル。 実は、家族でまとめてUQモバイルで契約すればスマホをさらに安く持つことができるということはご存知でしょうか。 UQモバイルでは「UQ家族割」という割引...