【ZenFone 5 VS Galaxy S9+】6インチ台でRAM6GBの高性能スマホを比較

  • 2018年8月20日
  • by 
【ZenFone 5 VS Galaxy S9+】6インチ台でRAM6GBの高性能スマホを比較

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

高コスパで人気が高いZenFoneシリーズの2018年最新モデルZenFone 5が人気を集めています。

年々デザインが改良され、もう安いSIMフリーモデルとは思えない見た目になりましたね。しかし、ドコモやauではGalaxy S9+も発売されています。

そのためキャリア利用の方は、Android最高峰のモデルのGalaxy S9+かSIMフリーのZenFone 5にするか悩む方が多いようです。

そこで今回は、ZenFone 5とGalaxy S9+を性能や利用シーン別に比較します。

この記事で、あなたがどちらの機種を選ぶべきなのかわかりますよ!

今回の流れ

  • ZenFone 5とGalaxy S9+のスペック徹底比較
  • ZenFone 5とGalaxy S9+のどちらがピッタリ!?利用シーン別に徹底解説!
  • ZenFone 5とGalaxy S9+を最安値で買うには?

トップ画像引用元:ZenFone 5 (ZE620KL) | スマートフォン

1 ZenFone 5とGalaxy S9+のスペック徹底比較


画像引用元:ZenFone 5 (ZE620KL) | スマートフォン

まずZenFone 5とGalaxy S9+の基本性能を比較します。

ZenFone 5とGalaxy S9+のスペック比較

内容ZenFone 5Galaxy S9+
サイズ高さ153 × 幅75.6 × 厚さ7.7 mm高さ158 × 幅74 × 厚さ8.5(mm)
重さ約165g187g
CPUSnapdragon 636 1.8GHz(オクタコア)Snapdragon 845
2.8GHz + 1.7GHz(オクタコア)
メモリ6GB6GB
ストレージ64GB64GB
画面サイズ6.2インチ Super IPS+
2,246 × 1,080(Full HD+)
6.2インチ Super AMOLED(有機EL)
2960x1440(Quad HD+)
カメラ画素数メイン:約1,200万画素+約800万画素デュアルカメラ
サブ: 約800万画素
メイン:1200万画素(広角・望遠)デュアルカメラ
サブ:800万画素
防水・防塵-IPX5/IPX8等級・IP6X等級
ワンセグ-
おサイフケータイNFCFelica/NFC
スペックを比較すると、ZenFone 5とGalaxy S9+はかなり似通っている機種だということがわかりますね。

ただし、次の2つのポイントでGalaxy S9+の方が優れています。

  • 処理能力は断然Galaxy S9+の方が高い!
  • 日本向けの付加機能もGalaxy S9+に軍配

1-1 処理能力は断然Galaxy S9+の方が高い!


画像引用元:Galaxy S9+ SC-03K | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

Galaxy S9+に搭載されているCPUは、2018年夏時点で最高スペックのSnapdragon 845です。

一方、ZenFone 5に搭載されているのはSnapdragon 636なので、CPU性能はかなりの差があります。

CPUスコアの差

  • Snapdragon 845:約27万スコア
  • Snapdragon 636:約13万スコア

よく利用されるベンチマークアプリ「AnTuTu」を用いてCPU性能を計測すると、2倍以上のスコア差が出てしまいます。

そのため、性能を重視するならGalaxy S9+を選んだ方が良さそうですね。

1-2 日本向けの付加機能もGalaxy S9+に軍配


画像引用元:パフォーマンス | Galaxy S9 and S9+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

日本のスマホは付加機能が世界一豊富だと言われます。

国内モデルで当たり前になっている防水やおサイフケータイも、海外モデルの多くは搭載していません。

ZenFone 5も例外ではなく、おサイフケータイ機能としてNFCのみ搭載していますが、防水・防塵やワンセグは非対応です。

一方、Galaxyシリーズはずっと日本のキャリアで取り扱われていたので、海外メーカーですが国内向け機能が充実しています。

Galaxy S9 / S9+レビュー|最高のデザインにフラッグシップのスペック

防水・防塵非対応で困ること

  • 雨の日にうっかり濡らすと故障する
  • お風呂の中に持ち込めない
  • 現場仕事の方など、環境によっては故障の原因になる
  • 夏場は汗で水濡れ反応が起こることもある

国内シェア1位のiPhoneシリーズも、iPhone 7でやっと防水・防塵やおサイフケータイに対応しました。

Appleが対応したことで、今後は海外モデルも防水・防塵やおサイフケータイ搭載モデルは増えるでしょう。

しかし、現時点でZenFone 5を選ぶ方は日本向けの付加機能がない点に注意してくださいね。

次のページでは利用シーン別にZenFone 5とGalaxy S9+のどちらがおすすめなのか解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ