【ZenFone 5 VS HTC U12+】徹底比較|最強のSIMフリースマホはどっち!?

  • 2018年8月14日
  • by.pnatsu

d98da9c2397818cfdaf125ab42559baa

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ハイエンドSIMフリースマホとして発売が待たれてきたHTC U12+ですが、7月20日から順次出荷が開始されています。

HTCと並んで人気のSIMフリースマホといえばASUSのZenFoneシリーズです。

ASUSのZenFoneも新モデルZenFone 5が投入されたばかりでSIMフリースマホの購入をお考えの方は、どちらが良いか悩みどころではないでしょうか。

そこで、ZenFoneシリーズの最新モデルとなるZenFone 5とHTC U12+を徹底的に比較していきますので、どちらが良いか迷っている方は是非参考にしてください。

トップ画像引用元:製品|スマートフォン|HTC U12+|HTC公式ページ

1 ZenFone 5 VS HTC U12+スペックを徹底比較

画像引用元:HTC U12+ | HTC 日本

まずは、ZenFone 5とHTC U12+の基本的なスペック部分の比較をしていきます。

【ZenFone 5とHTC U12+スペック比較】

項目/機種ZenFone 5HTC U12+
サイズ高さ153mm × 幅75.6mm × 厚さ 7.7mm高さ156.6mm × 幅73.9mm × 厚さ 8.7mm
質量約165g約188g
カラーバリエーションスペースシルバー、シャイニーブラックスペースシルバー、シャイニーブラック
OSAndroid™ 8.0Android™ 8.0
ディスプレイ6.2インチ 2,246×1,080 (フルHD+) 6インチ 2880 x 1440(Quad HD+)
CPUQualcomm® Snapdragon™ 636Qualcomm® Snapdragon™ 845
メモリ(RAM)6GB6GB
メモリ(ROM)64GB128GB
外部ストレージmicroSDmicroSD
アウトカメラ1,200万画素、800万画素1,200万画素、1,600万画素
インカメラ800万画素800万画素+800万画素
バッテリー容量3,300mAh3500mAh

ZenFone 5の他機種との比較→Galaxy S9Xperia XZ2 premiumiPhone XAQUOS R2

HTC U12+の他機種との比較→Galaxy S9Xperia XZ2iPhone XHUAWEI P20

CPUの処理能力


画像引用元:products|Qualcomm公式ページ

ZenFone 5、HTC U12+どちらともCPUはQualcomm製のSnapdragonシリーズを採用しています。

CPU名称はZenFone 5はSnapdragon 636HTC U12+はSnapdragon 845になり、ベンチマークの結果は以下のようになります。

AnTuTuベンチマーク結果

Snapdragon 636:112,000点
Snapdragon 845:255,000点

現在発売されているスマホのハイエンドモデルのベンチマークのスコアは25万点以上ミドルレンジモデルのベンチマークスコアが6万点前後という状況です。

平均的なベンチマーク結果に照らし合わせてみるとHTC U12+はハイエンドモデル、ZenFone 5はハイエンドモデルとミドルレンジモデルの中間に位置するモデルであることがわかります。

メモリについて


メモリ(RAM)を比較すると両モデルともに6GBを搭載しています。このRAMはアプリを実行するときにアプリのプログラムを読み込んでおく領域になります。

アプリ単体で動作させる場合には、それほど多くのRAMは必要ではありませんが、Androidスマホは複数のアプリを同時に処理するマルチタスクに対応しています。

その場合、メインで動作しているアプリ以外もバックグラウンドで動作していることになります。

RAMの容量が小さい場合には、メモリの解放を自動的に行う頻度が高くなり、結果的にスマホ全体の処理速度の低下にもつながります。

一般的なスマホのメモリの搭載量を見るとハイエンドモデルが6GB、ミドルレンジクラスのスマホが3GB程度となっています。

そのような観点からすると両モデルともに十分な容量のメモリ(RAM)を搭載しているということになります。

RAM6GBの高性能Androidおすすめ機種ランキング【2018年最新版】

価格について


ZenFone 5とHTC U12+の基本スペックがわかってきたところで気になるのが価格ではないでしょうか。

ZenFone 5、HTC U12+はそれぞれ、ASUS、HTCのオンラインショップで購入することができ、価格は以下の通りとなります。

メーカーオンラインショップでの販売価格
  • ZenFone 5:57,024円(税込)
  • HTC U12+:102,600円(税込)

ZenFone 5が57,024円、HTC U12+が102,600円とHTC U12+がZenFone 5に比較すると1.8倍ほどの価格設定になっています。

金額の違いは45,576円となっているため、どちらを選択するかを検討するうえでも価格も多いなポイントになってきます。

次の章では利用シーン別にピッタリなモデルがどっちなのかを紹介します。

2 あなたにピッタリなのはどっち?利用シーン別に比較してみた!


先ほどの項目で紹介したように2つのモデルは性能面で大きな違いがあり、それにともない価格にも差がでています。

スペックと価格の比較だけではどちらを選択して良いのかが判断しにくいため、利用シーン別にどちらがピッタリなのかスマホ診断をしていきます。

よくある利用シーンは次の5つになります。

スマホの利用シーン
  • 最新ゲームをバリバリプレイする10代男性
  • インスタやTwitterに写真を投稿する10代から20代の女性
  • 屋外で仕事をする30代男性
  • 電子マネーを使いこなす30代女性
  • 基本性能で十分コスパ重視の40代男性

最新ゲームをバリバリプレイする10代男性ならHTC U12+


最新のゲームをストレスなくプレイするためには、スマホのCPUの処理能力の高さが必要になります。

処理能力が低くても動作自体はしますが、プレイ中に動作がカクついてしまうことがあります。

先ほどのページでも紹介しましたが、ZenFone 5に比較するとHTC U12+は高い処理能力を持っていることがわかります。

現在発売されているスマホの中でもトップクラスに入るため、最新ゲームをストレスなくプレイしたい方にはHTC U12+が合っています。

HTC U12+レビュー|最高のスペックにカメラ評価はトップクラス

インスタやTwitterに写真を投稿する10代から20代の女性ならZenFone 5


食事の時や旅先で写真を撮って、インスタやTwitterに写真をアップするという方も多いのではないでしょうか。

そのような利用シーンで重要なポイントとしては、カメラの起動時間の早さや画質になってきますが、ZenFone 5のメインカメラは起動時間が0.3秒と高速なため撮影がスムーズです。

また、AI機能が被写体を自動的に判別して適切な調整を行なってくれるため、被写体にカメラを向けてシャッターを押すだけで適切な設定で綺麗な写真を撮影することができます。

リアルタイムビューティーモードにより、人物の輪郭を判別し肌の色などを適切に補正をすることも可能なため、撮影後の補正などの手間も最小限に抑えることが可能になります。

屋外で仕事をする30代男性ならHTC U12+


仕事などで常に持ち歩き、屋外でもスマホを利用する機会が多い方もいらっしゃるのではないでしょうか。

屋外で利用する場合には、突然の雨などで濡れてしまう可能性も高くなります。

国内のスマホの大半は防水機能がほぼ標準化されていますが、SIMフリースマホではまだその段階ではありません。

そのような中で、HTC U12+は防水防塵に対応したモデルであるため、屋外でスマホを利用する機会の多い方であっても安心感は高まります。

また、家庭内であっても台所など水気の多い場所での利用の多い方であっても安心して利用することが可能になります。

電子マネーを使いこなす30代女性ならHTC U12+


最近はSuicaをはじめとして、Edyなどの多くの電子マネーか存在しており、駅の改札以外でもコンビニやスーパー、そしてファミレスなどでも電子マネーに対応している店舗が多くなっています。

既に電子マネーを使いこなしている方にとつては、機種変更時に電子マネーへの対応は重要なポイントになります。

大手キャリアのスマホの場合にはおサイフケータイへの対応が進んでいますが、SIMフリースマホの場合には、それほど進んでいない状況です。

HTC U12+は日本国内で採用されている電子マネーの規格FeliCaにも対応しているため、国内メーカーのスマホ同様に電子マネーを利用することが可能です。

スマホ決済|今さら聞けないApple Pay・NFC・FeliCa・おサイフケータイの違い

基本性能で十分コスパ重視の40代男性ならZenFone 5


スマホの処理能力は年々向上し続けているため、重たい処理をする必要がある場合でも快適に動作してくれます。

スマホを頻繁に利用するなら、特に重たい処理をする必要性がなくてもスマホ自体の動作が速いため快適に利用することができます。

しかし、スマホの利用頻度がそれほど高くなく、利用するとしてもメールなどのチェックや通話がメインという方にとってはオーバースペックになっている場合もあります。

最初の項目の金額の比較を見てもお分かりいただけると思いますが、ZenFone 5とHTC U12+の価格差は2倍ほど違いがあります。

もしそこまで高いスペックが必要ないという場合には、必要十分なスペックのスマホを選択することにより、費用を抑えることも可能になります。

ZenFone 5/5Zレビュー|最高級のスペックにAIカメラを搭載【ASUS2018】

次の章ではZenFone 5とHTC U12+を購入できるキャリアと通信料金を含めた金額を紹介します。

3 通信料金込みでいくらになるのか

画像引用元:HTC U12+ | HTC 日本

ZenFone 5とHTC U12+はメーカのオンラインストアでも購入することができることについては、スペックの項目でもお伝えしておりました。

他にも格安SIMを取り扱っているキャリアからも購入することが可能で、メーカーのオンラインストアよりもお得になる場合があります。

以下は、格安SIMのキャリアで購入する場合の本体価格になります。

※現在確認できている価格を安い順にピックアップしています。

ZenFone 5の価格
  • OCNモバイルONE:42,984円
  • IIJmio:52,704円
  • Nifmo:52,800円
HTC U12+の価格
  • 楽天モバイル:96,984円
  • LinksMate:96,984円
  • IIJmio:99,360円

ZenFone 5の通信費込みの料金


OCNモバイルONEでは、現在セール販売をおこなっているため通常57,024円のところが、42,984円で購入することができます。

ここでは、OCNモバイルONEを例として通信料金を含めた金額がいくらになるのかを調査しています。

OCNモバイルONEでは、一括払いで購入する方法のほかに24回の分割で購入することも可能で、それぞれの金額は以下の通りとなります。

ZenFone 5(OCNモバイルONE)

一括購入の場合:42,984円(税込)
24回の分割の場合:1,954円×24回(税込)

通信料金は以下のようになっています。(音声通話付きプラン)

1日あたり110MB:1,600円(税込1,728円)
1日あたり170MB:2,080円(税込2,246円)
1ヵ月あたり3GB:1,800円(税込1,944円)
1ヵ月あたり6GB:2,150円(税込2,322円)
1ヵ月あたり10GB:3,000円(税込3,240円)
1ヵ月あたり20GB:4,850円(税込5,238円)
1ヵ月あたり30GB:6,750円(税込7,290円)
500kbps(1ヵ月あたり15.0GB):2,500円(税込2,700円)

最安プランとの組み合わせの場合
  • 機種代金:1,954円/月
  • 1日あたり110MB:1,728円/月
  • 合計:3,682円/月

HTC U12+の通信費込みの料金

HTC U12+の端末代金は楽天モバイルLinksMateが同額で96,984円となっていますが、最近契約者数を大きく伸ばしている楽天モバイルの料金を参考として紹介します。

楽天モバイルも、一括払いで購入する方法のほかに24回の分割で購入することも可能で、それぞれの金額は以下の通りとなります。

HTC U12+(楽天モバイル)

一括購入の場合:96,984円(税込)
24回の分割の場合:4,041円(×24回(税込+分割手数料)

通信料金は以下のようになっています。(音声通話付きプラン)

ベーシックプラン 1,250円(税込1,350円)
3.1GBプラン 1,600円(税込1,728円)
5GBプラン 2,150円(税込2,322円)
10GBプラン 2,960円(税込3,196円)
20GBプラン 4,750円(税込5,130円)
30GBプラン 6,150円(税込6,642円)

楽天モバイルおすすめ最新スマホランキング【2018春夏モデル】

最安プランとの組み合わせの場合
  • 機種代金:4,041円/月
  • ベーシックプラン:1,350円/月
  • 合計:5,391円/月

次の章ではZenFone 5 VS HTC U12+徹底比較のまとめをお伝えします。

ZenFone 5 VS HTC U12+徹底比較のまとめ

画像引用元:ZenFone 5 (ZE620KL) | スマートフォン | ASUS 日本

ここまで紹介してきた内容を以下にまとめてみます。

ZenFone 5とHTC U12+のスペックの違い
  • CPUのベンチマークでは2倍程度HTC U12+が高速
  • メモリは両モデルとも6GB搭載で十分
  • 本体価格は1.8倍程度HTC U12+が高い
利用シーンのおすすめスマホまとめ
  • 最新ゲームをバリバリプレイする10代男性ならHTC U12+
  • インスタやTwitterに写真を投稿する10代から20代の女性ならZenFone 5
  • 屋外で仕事をする30代男性ならHTC U12+
  • 電子マネーを使いこなす30代女性ならHTC U12+
  • 基本性能で十分コスパ重視の40代男性ならZenFone 5
本体代金分割時の通信費込みの月額料金
  • ZenFone 5:3,682円/月〜
  • HTC U12+:5,391円/月〜

HTC U12+はハイエンドモデル防水・防塵、そしておサイフケータイにも対応しています。

そして、ZenFone 5はハイエンドとミドルレンジの中間的な位置付けですが、コストパフォーマンスの高いモデルです。

処理能力がどれぐらい必要なのか、どのような機能が必要なのかが選択の分かれ目になってきますので、ここで紹介したスマホ診断を参考に最適なスマホ選びの参考にしていただけたらと思います。

SIMフリースマホ最新おすすめランキング【2018夏モデル】

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
pnatsu
pnatsu
pnatsuと申します。 iPhone好きで、便利機能やアプリの情報を集めることが好きです。 趣味や経験を活かして、スマホ関連全般の記事を主に作成しています。 みなさんの快適なスマホライフのお役に立てる情報をお届けすることが最大のミッションです。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ